AX
本文へスキップ

商品先物取引 売買指針サービス En−Rich

本日の相場CONCEPT

 
  会員専用ページはPC版に掲載しております。
  http://www.e-erich.com/

本日の相場



2018年11月21日(水)

[金]
NY安と円安の強弱材料を受けて、小幅まちまちに始まった。その後は円相場の軟化を背景に水準を切り上げ、全限月がプラスサイドで取引を終了している。
先限は前日比7円高の4,420円、出来高は30,246枚。

[白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY白金時間外相場の戻りや円の緩みを背景に、下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比29円安の3,042円、出来高は7,747枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NYの急落を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外の戻り歩調を背景に、下げ幅を縮小して取引を終了している。
原油先限は前日比2,090円安の43,350円、出来高は26,428枚。ガソリン先限は前日比1,950円安の54,900円、出来高は4,569枚。

[ゴムRSS3]
上海の急落を受けて、続落して始まった。売り一巡後は上海ゴムが底堅く推移したほか、円相場の軟化を背景に下げ渋って取引を終了している。
先限は前日比0.7円安の152.9円、出来高は4,248枚。

[とうもろこし]
前日の急落を受けた買い戻しを受けて、小反発して始まった。その後はシカゴ相場の引き締まりを背景に、総じてプラス圏で推移したが、上値は重く、伸びきれず取引を終了している。
先限は前日比0円の24,180円、出来高は280枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
我れ事において後悔せず
宮本武蔵「独行道」に登場する一句。すべては自分の責任で行うという自己責任の
認識がなければ、相場も人生もあやふやなものになりかねません。
自分で決断した以上は、たとえ損を伴う結果になったとしても、後悔は少ないはずです。

その他情報は、こちらより。


2018年11月20日(火)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金が水準を切り下げる半面、円相場が軟化し、強弱両材料の綱引きとなり、決め手を欠いたままもみ合って取引を終了している。
先限は前日比7円高の4,413円、出来高は17,701枚。

[白金]
NY高を受けて、反発して始まった。その後は手掛かり材料難から狭いレンジで推移して取引を終了している。
先限は前日比26円高の3,071円、出来高は6,586枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外の軟化を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比620円安の45,440円、出来高は16,032枚。ガソリン先限は前日比590円安の56,850円、出来高は3,144枚。

[ゴムRSS3]
まちまちで始まった。その後は上海ゴム相場の下落を背景に、全限月がマイナス圏に沈んで取引を終了している。
先限は前日比1.9円安の153.6円、出来高は5,405枚。

[とうもろこし]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後はシカゴ相場の引き締まり、円相場の軟化を眺めて値を戻す場面もあったが、円相場が上昇すると次第に下げ幅を広げ、この日の安値圏で取引を終了している。
先限は前日比220円安の24,180円、出来高は696枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
割高に売りなく、割安に買いなし
相場は底値近くでは割高、天井近くでは割安に見えるものです。

その他情報は、こちらより。


2018年11月19日(月)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外の軟化を背景に水準を切り下げ、全限月がマイナスサイドで取引を終了している。
先限は前日比5円安の4,406円、出来高は25,847枚。

[白金]
円高を受けて、反落して始まった。その後はNY時間外の上げ一服を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比15円安の3,045円、出来高は5,361枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY安や円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は円相場の軟化を背景に、やや水準を切り上げて取引を終了している。
原油先限は前日比260円安の46,060円、出来高は15,946枚。ガソリン先限は前日比190円高の57,440円、出来高は4,225枚。

[ゴムRSS3]
上海高を受けて、反発して始まった。その後は上海ゴム相場の下落を背景に、全限月がマイナス圏に沈んで取引を終了している。
先限は前日比2.3円安の155.5円、出来高は4,318枚。

[とうもろこし]
上海安と円高を受けて、売りが先行して始まった。その後もシカゴ相場の軟調推移を背景に、買方の手じまいが先行し、大引けにかけて下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比340円安の24,400円、出来高は594枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
若い相場は目をつぶって買え
底値をついて立ち上がった相場は、すでに売りが出尽くし、
上値にシコリがないことから、多少の乱高下はあっても株価は上昇するものです。
このような理由で、若い相場は目をつむって買えと言われるのです。

その他情報は、こちらより。


2018年11月16日(金)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はもみ合いながらも水準を切り上げたが、大引けにかけて円相場の引き締まりを眺めて上げ幅を削り、この日の安値で取引を終了している。
先限は前日比2円高の4,411円、出来高は33,112枚。

[白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は決め手材料難から狭いレンジで推移して取引を終了している。
先限は前日比24円高の3,060円、出来高は7,226枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の戻りが続いているのを背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比290円高の46,320円、出来高は16,305枚。ガソリン先限は前日比490円高の57,250円、出来高は3,619枚。

[ゴムRSS3]
上海高を受けて、反発して始まった。買い一巡後は戻り売りに押され、期中・期先が引き緩み、マイナス圏で取引を終了している。
先限は前日比0.1円安の157.8円、出来高は2,469枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、続伸して始まった。その後は円相場の上昇につれて全般に水準を下げ、先ぎりを含め3限月がマイナス圏で取引を終了している。
先限は前日比30円安の24,740円、出来高は206枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
論を立て相場の逆を張る人は、論に勝っても相場には負け
相場には理屈で割り切れないことがたくさんあるので、
議論することは意味がありません。
理屈には負けても相場に勝つことを考えなさいということです。

その他情報は、こちらより。


2018年11月15日(木)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は上げ幅を縮小する場面があったものの、終盤にかけてNY金時間外の堅調地合いを背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比22円高の4,409円、出来高は30,872枚。

[白金]
NY安や円の引き締まりを受けて、続落して始まった。その後は決め手材料難から狭いレンジで推移して取引を終了している。
先限は前日比14円安の3,036円、出来高は8,909枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外と円相場が動意を欠く中、決め手材料難からもみ合いが続いて取引を終了している。
原油先限は前日比580円高の46,030円、出来高は21,440枚。ガソリン先限は前日比110円安の56,760円、出来高は7,668枚。

[ゴムRSS3]
戻り売りに押されて、売りが先行して始まった。その後は上海ゴム相場の軟調推移に加え、3営業日連続で年初来安値を更新するなど下値を追った当ぎり主導で下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比1.9円安の157.9円、出来高は4,162枚。

[とうもろこし]
決め手材料難から、小幅まちまちで始まった。その後は材料難の中、買方のポジション調整に軟化すると、午後は円の引き締まりを眺めた売りに押され下げ幅を広げて取引を終了している。
先限は前日比200円安の24,770円、出来高は252枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
連日の続く相場に逆らうな、ついて行くのが儲かる道
相場の上げ下げには素直についていくと、意外とラクに儲かるものです。
相場では体勢に逆らうことは禁物です。


その他情報は、こちらより。


2018年11月14日(水)

[金]
NY安や円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は円相場の下落とNY金の軟化の強弱材料が綱引きとなり、もみ合いが続いて取引を終了している。
先限は前日比8円安の4,387円、出来高は29,130枚。

[白金]
NY安や円高を受けて、続落して始まった。その後もNY時間外安を背景に、下げ幅を拡大し取引を終了している。
先限は前日比35円安の3,050円、出来高は8,116枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後も軟調なNY時間外を背景に下げ幅を拡大、この日の安値圏で取引を終了している。
原油先限は前日比3,000円安の45,450円、出来高は30,258枚。ガソリン先限は前日比3,280円安の56,870円、出来高は8,137枚。

[ゴムRSS3]
欧米原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後は石油市場の大幅安などに圧迫され下げ幅を広げたが、午後に入ると、上海ゴム相場高や円相場の軟化を背景に、期中と期先の4限月がプラス圏に浮上して取引を終了している。
先限は前日比0.5円高の159.8円、出来高は5,060枚。

[とうもろこし]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後は円相場、シカゴ相場ともに小動きで決め手を欠き、狭いレンジで推移して取引を終了している。
先限は前日比190円安の24,970円、出来高は255枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
漁師は潮を見る
漁師は潮の流れを見て魚場を探ると言われますが、
投資も同様。相場の流れを見て波に乗らなければなりません。

その他情報は、こちらより。


2018年11月13日(火)

[金]
NY安や円高を受けて、売りが先行して始まった。その後はやや円安に振れたことを背景に、買い戻され下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比18円安の4,395円、出来高は37,807枚。

[白金]
NY安や円高を受けて、続落して始まった。その後はNY時間外や円の上昇を背景に、マイナスサイドで推移して取引を終了している。
先限は前日比33円安の3,085円、出来高は9,157枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後はWTIの下げ渋り、円相場の軟化を眺め、下げ幅を縮めて取引を終了している。
原油先限は前日比1,280円安の48,450円、出来高は24,631枚。ガソリン先限は前日比1,080円安の60,150円、出来高は3,523枚。

[ゴムRSS3]
上海安を受けて、小幅続落して始まった。売り一巡後は買い戻しが入り、プラス圏に浮上する限月が相次いで取引を終了している。
先限は前日比0.8円高の159.3円、出来高は4,003枚。

[とうもろこし]
まちまちで始まった。その後は円相場の弱含みを眺めた買いがやや優勢となって取引を終了している。
先限は前日比20円高の25,160円、出来高は153枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
利は元にあり
大きな利益を得るためには、大きな資金が必要だということ。
資金に余裕をもって参加すれば、いざという時も冷静に対処できます。

その他情報は、こちらより。


2018年11月12日(月)

[金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY金時間外の軟調推移と円相場の軟化の強弱両材料が綱引きとなり、決め手材料を欠いて取引を終了している。
先限は前日比34円安の4,413円、出来高は34,844枚。

[白金]
NY安を受けて、続落して始まった。その後はNY白金時間外の戻りや円の緩みを背景に期先にかけて一時、プラス圏に切り返すなど下げ渋って取引を終了している。
先限は前日比4円安の3,118円、出来高は8,606枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後は円相場の軟化などを背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比400円高の49,730円、出来高は32,534枚。ガソリン先限は前日比280円高の61,230円、出来高は3,468枚。

[ゴムRSS3]
上海安を受けて、売りが先行して始まった。その後も上海安を背景に、水準を下げて取引を終了している。
先限は前日比2.5円安の158.5円、出来高は3,712枚。

[とうもろこし]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後は円相場の緩みを眺めて下げ幅を縮めたが、戻りは鈍く、全般に狭いレンジで取引を終了している。
先限は前日比20円安の25,140円、出来高は198枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
利乗せは最後にやられる
深追いや欲張りは禁物という意味。資金に余裕があるからといって下値で買い増して、
さらに大きな儲けを狙おうとすれば、裏目に出ることもあります。十分な注意が必要です。

その他情報は、こちらより。


2018年11月9日(金)

[金]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の軟調を背景に地合いを緩め、全限がマイナスサイドに沈んで取引を終了している。
先限は前日比9円安の4,447円、出来高は30,193枚。

[白金]
NY安を受けて、反落して始まった。その後はNY時間外の軟調を背景に下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比50円安の3,122円、出来高は10,514枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY原油の下落を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外の軟調を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比480円安の49,330円、出来高は25,345枚。ガソリン先限は前日比890円安の60,950円、出来高は3,816枚。

[ゴムRSS3]
円安を受けて、総じて買いが先行して始まった。その後は上海ゴムの底堅さを眺めて、堅調に推移して取引を終了している。
先限は前日比1.6円高の161.0円、出来高は5,626枚。

[とうもろこし]
シカゴの上昇を受けて、買いが先行して始まった。その後は週末を控えて仕掛ける向きは少なく、まちまちで取引を終了している。
先限は前日比120円高の25,160円、出来高は329枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
理屈に負けて相場に勝て
相場で儲けるためには、理屈を超えることが大切です。



11/12(月)の経済指標
08:50
日本 10月国内企業物価指数(前月比) 0.3%(前回) 0.1%(予想)
日本 10月国内企業物価指数(前年同月比)    3.0%(前回) 2.8%(予想)


11/9(金)の経済指標の結果
08:50
日本 10月マネーストックM2(前年同月比) 2.8%(前回) 2.8%(予想) 2.7%(結果)
10:30
中国 10月生産者物価指数(PPI)(前年同月比) 3.6%(前回) 3.3%(予想) 3.3%(結果)
中国 10月消費者物価指数(CPI)(前年同月比) 2.5%(前回) 2.5%(予想) 2.5%(結果)
18:30
イギリス 9月貿易収支 -111.95億ポンド(前回) -112.50億ポンド(予想) -97.31億ポンド(結果)
イギリス 9月鉱工業生産指数(前月比) 0.2%(前回) -0.1%(予想) 0.0%(結果)
イギリス 9月製造業生産指数(前月比) -0.2%(前回) 0.1%(予想) 0.2%(結果)
イギリス 9月月次国内総生産(GDP)(前月比) 0.0%(前回) 0.1%(予想) 0.0%(結果)
イギリス 7-9月期四半期国内総生産(GDP、速報値)(前期比)  0.4%(前回) 0.6%(予想) 0.6%(結果)
イギリス 7-9月期四半期国内総生産(GDP、速報値)(前年同期比) 1.2%(前回) 1.5%(予想) 1.5%(結果)
22:30
アメリカ 10月卸売物価指数(PPI)(前月比) 0.2%(前回) 0.2%(予想) 0.6%(結果)
アメリカ 10月卸売物価指数(PPI)(前年同月比) 2.6%(前回) 2.5%(予想) 2.9%(結果)
アメリカ 10月卸売物価指数(PPIコア指数、食品・エネルギー除く)(前月比)  0.2%(前回) 0.2%(予想) 0.5%(結果)
アメリカ 10月卸売物価指数(PPIコア指数、食品・エネルギー除く)(前年同月比) 2.5%(前回) 2.3%(予想) 2.6%(結果)
24:00
アメリカ 11月ミシガン大学消費者態度指数・速報値 98.6(前回) 98.0(予想) 98.3(結果)
アメリカ 9月卸売売上高(前月比) 0.8%(前回) 0.5%(予想) 0.2%(結果)
アメリカ 9月卸売在庫(前月比) 1.0%(前回) 0.3%(予想) 0.4%(結果)


2018年11月8日(木)

[東京金]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は決め手材料難からもみ合いとなって取引を終了している。
先限は前日比3円高の4,456円、出来高は21,432枚。

[東京白金]
NY高や円の緩みを受けて、続伸して始まった。その後は手掛かり材料を欠いたことから、狭いレンジで推移して取引を終了している。
先限は前日比15円高の3,172円、出来高は6,654枚。

[東京原油・東京ガソリン]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外、円相場ともに小動きで決め手を欠き、狭いレンジでもみ合って取引を終了している。
原油先限は前日比460円高の49,810円、出来高は27,535枚。ガソリン先限は前日比170円安の61,840円、出来高は2,419枚。

[東京ゴム]
上海安を受けて、売りが先行して始まった。その後は円安、日経平均株価の急伸を背景に、プラス圏に浮上する場面もあったが、戻り売りに押し戻されて取引を終了している。
先限は前日比0.9円安の159.4円、出来高は4,134枚。

[東京コーン]
シカゴの下落を受けて、反落して始まった。その後は円安に振れる為替相場を背景にプラス圏に切り返したが、一方で日本時間で9日未明発表の11月需給報告を前に仕掛ける向きはなく、あとは玉次第の動きになって取引を終了している。
先限は前日比10円高の25,040円、出来高は148枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
利食いに迷わば半手仕舞い
利益を出している相場で、全玉手仕舞いするかどうか迷った場合は、
後々の心残りにならないよう、半分だけ利食いして、半分残しておく
のもひとつの手です。


相場には勝った負けたは付き物です。勝ち負けだけで相場をやっているのであれば、そのうち偶然にも一度くらいは大きな利益をだすことも経験されると思います。しかし一度の利益を出すことは誰でも簡単なことではございますが、最終的に資金を増やすことは容易ではございません。相場を投資としてやる以上は、資産を残し財産を築きあげていかなければ意味はありません。
相場の世界では、常に勝ち続け ている投資家は1割もいないといわれています。9割近くの投資家達は1年と経たずに相場の世界から消え去っているのが実情です。
当サイトのシステムでは、目先の利益にはとらわ れず、大切な資産を残していくためにも年間プログラムを取り入れております。当然ながら短期間ではマイナスがでることもあります。しかし長い目で見た場合に、最終的には過去で実証されていますように、必ずといってよいほど年間成績はある平均値以上の結果を残すことが出来ます。
本格的な資産運用としてご紹介させていただいているため、独自のマネーマネジメントを取り入れております。
当たった、ハズれたの相場をやっていても意味はありません。
資産運用として真剣にお考えなのであれば、1ヶ月よりも当然ながら、半年、1年・・・と長期での運用の方が効果もかなり大きくなります。
実際に実感していただくためにも、なるべく長く運用するこ とをお勧めいたします。
そうすることによって、今まで味わったことのない喜びを感じて頂けるはずです。


2018年11月7日(水)

[東京金]
NY市場の続落を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY金、円相場とも動意を欠き、狭いレンジ内でのもみ合いで推移して取引を終了している。
先限は前日比0円の4,465円、出来高は20,995枚。

[東京白金]
NY高を受けて、反発して始まった。その後はNY白金時間外堅調を背景に上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比7円安の3,143円、出来高は9,011枚。

[東京原油・東京ガソリン]
NY原油の下落を受けて、軒並み反落して始まった。その後は円相場の軟化を背景に下げ幅を縮小する場面も見られたが、午後では円相場が再び上昇したことを受けて地合いを弱めて取引を終了している。
原油先限は前日比220円高の49,650円、出来高は13,694枚。ガソリン先限は前日比930円高の62,280円、出来高は5,718枚。

[東京ゴム]
上海ゴムの上昇を受けて、買いが先行して始まった。その後はもみ合いが続いたが、午後では上海ゴム相場の堅調を受けて地合いを引き締めて取引を終了している。
先限は前日比1.2円安の159.5円、出来高は4,106枚。

[東京コーン]
シカゴの下落を受けて、売りが先行して始まった。その後は当業者筋の買いなどを背景に期近・期中限月がプラス圏に切り返すと、軟調だった先ぎりも終盤に買い戻しが入り、堅調に推移して取引を終了している。
先限は前日比10円高の25,030円、出来高は219枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
利食い腰は強く、引かれ腰は弱く
利益が出ている時は、できる限りこの状態を長く保ち続けること。
一方、損をしている時の躊躇は禁物。早く見切りをつけて手仕舞いしましょう。


白金は、
デイトレ、スイングともに好調!

デイトレは連勝中。


今週、来週は注目!!

複数銘柄で面白い展開に。


2018年11月6日(火)

[東京金]
決め手材料難から小動きで始まった。その後はNY金時間外の軟調、円相場の軟化と強弱両材料が交錯し、もみ合いとなって取引を終了している。
先限は前日比0円の4,465円、出来高は20,995枚。

[東京白金]
NY安を受けて、反落して始まった。その後はNY白金時間外の戻りや円相場の緩みを背景に、終盤にかけて下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比7円安の3,143円、出来高は9,011枚。

[東京原油・東京ガソリン]
NY原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後は円相場の軟化を背景に、やや上げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比220円高の49,650円、出来高は13,694枚。ガソリン先限は前日比930円高の62,280円、出来高は5,718枚。

[東京ゴム]
小じっかりで始まった。その後は上海ゴム相場の下落を背景に水準を切り下げ、全限月がマイナス再度に沈んで取引を終了している。
先限は前日比1.2円安の159.5円、出来高は4,106枚。

[東京コーン]
前日の上伸を受けて、小口の手じまい売りが先行して始まった。その後は円相場の軟化を背景に、引き締まって取引を終了している。
先限は前日比10円高の25,030円、出来高は219枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
利食い急ぐな、損急げ
利食いよりも損切りの方が重要だということ。上げ相場の場合は、一時的に下っても、
儲け幅が多少減るだけで済みますが、損切りできない状態でいると、どんどん損失が
膨らむばかりです。

その他情報は、こちらより。


2018年11月5日(月)

[東京金]
NY高と円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外はやや水準を切り下げたが、円相場は一段と軟化し、強弱両材料の綱引きで、もみ合って取引を終了している。
先限は前日比5円高の4,465円、出来高は35,079枚。

[東京白金]
NY高や円の緩みを受けて、買いが先行して始まった。その後は決め手を欠いて狭いレンジで推移して取引を終了している。
先限は前日比21円高の3,150円、出来高は14,652枚。

[東京原油・東京ガソリン]
NY原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後もNY時間外の軟調推移を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比690円安の49,430円、出来高は12,620枚。ガソリン先限は前日比490円安の61,350円、出来高は5,431枚。

[東京ゴム]
円安を受けて、やや買いが先行して始まった。その後は上海ゴム相場下落を背景に、全限月がマイナス圏で推移して取引を終了している。
先限は前日比1.7円安の160.7円、出来高は5,257枚。

[東京コーン]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後はシカゴ高や円の軟化を眺めた買い戻しなどに水準を切り上げ、この日の高値圏で取引を終了している。
先限は前日比200円高の25,020円、出来高は431枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
理屈上手の商い下手
世の中には頭の良い人が沢山いますが、いくら話の筋が通っていたとしても、
生きている経済を相手にしていると、理屈通りには行かないものです。
それは相場の世界でも同じこと。
「予想上手の馬券下手」という競馬の世界にも同じような格言があります。

その他情報は、こちらより。


2018年11月2日(金)

[東京金]
NY市場の大幅上昇を受けて、軒並み急反発で始まった。その後はNY金時間外の続伸や円相場の軟化を背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比57円高の4,460円、出来高は56,465枚。

[東京白金]
NY高を受けて、軒並み買いが先行して始まった。その後はNY白金時間外相場の堅調地合いと円安進行を背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比87円高の3,129円、出来高は22,132枚。

[東京原油・東京ガソリン]
NY原油の大幅続落を受けて、軒並み続落して始まった。その後は下げ幅を拡大する場面も見られたが、引けにかけてはNY時間外の戻りや円相場の軟化を受けてげ下げ幅を縮小して取引を終了している。
原油先限は前日比650円安の50,120円、出来高は17,916枚。ガソリン先限は前日比1,320円安の61,840円、出来高は5,517枚。

[東京ゴム]
上海ゴムの上昇を受けて、買いが先行して始まった。買い一巡後は戻り売りに押されて伸び悩んだが、午後では日経平均株価の急伸や円相場の軟化を背景に地合いを引き締めて取引を終了している。
先限は前日比1.1円高の162.4円、出来高は6,661枚。

[東京コーン]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後はシカゴの軟化を背景に、軟調に推移して取引を終了している。
先限は前日比20円高の24,820円、出来高は375枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
利が乗れば売り重ね、買い増しこそ大事なり
底を買ったつもりが、上げ足のうちに下げ押し目になることがあります。
高値のうちに売っておけば良かったと後悔しがちですが、これこそ絶好の機会と考えるべきです。
買いに利が乗れば買い増して、売り方の踏みが出るまで手仕舞いしないことが肝心です。


先回り売り大成功!

原油、ガソリンのスイングは先月から売りサイン継続でした。
怖いところもさらに売り作戦。

ガソリンは年間獲得利益幅70,000円の大台を突破!
原油はここ3か月間だけで、驚異の30,000円幅獲得!


そして、
金、白金も11月早々に大幅利益獲得!

ガソリン、原油と違って、安いところはとにかく買いでした。


まだまだチャンスはこれからです。


ヒントは、

原油は、〇げ方向です!

金は、〇げ方向です!


2018年11月1日(木)

[東京金]
NY安と円高を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY金時間外の戻りを背景に、下げ渋って取引を終了している。
先限は前日147円安の4,403円、出来高は31,821枚。

[東京白金]
小幅まちまちで始まった。その後はNY白金時間外相場の堅調地合いを背景に、全限月がプラス圏に浮上して取引を終了している。
先限は前日比22円高の3,042円、出来高は12,614枚。

[東京原油・東京ガソリン]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外の軟調推移を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
原油3月限は前日比1,260円安の50,970円、新甫4月限は50,770円、出来高は17,033枚。ガソリン先限は前日比1,110円安の63,160円、出来高は4,445枚。

[東京ゴム]
円安一服や原油安を受けて、売りが先行して始まった。売り一巡後は買い戻しが入り、先ぎりがプラス圏に浮上する場面もあったが、再び戻りを売られ、結局、この日の安値圏で取引を終了している。
先限は前日比1.7円安の161.3円、出来高は6,769枚。

[東京コーン]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後は為替や取引中の海外相場に決め手が見当たらない中、期中以降は玉次第の動きが続き、期近は買い戻され取引を終了している。
先限は前日比70円安の24,800円、出来高は326枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
利食い金には休養を
相場とは不思議なもので、大きく儲かった後は大きく損するものです。
利益で気が大きくなり、売買が荒くなるせいかもしれませんが、
ここで一度冷静になることが大切だといっています。


その他情報は、こちらより。


2018年10月31日(水)

[東京金]
NY安と円安の強弱両材料から、小動きで始まった。その後はもみ合いが続いたが、NY金時間外の軟調推移を背景に、大引けにかけて水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日9円安の4,417円、出来高は40,530枚。

[東京白金]
NY高や円安を受けて、続伸して始まった。その後もNY時間外の堅調推移を背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比16円高の3,020円、出来高は11,369枚。

[東京原油・東京ガソリン]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後は円相場の軟化を背景に、下げ渋って取引を終了している。
原油先限は前日比350円安の52,230円、出来高は15,989枚。ガソリン先限は前日比580円安の64,270円、出来高は4,243枚。

[東京ゴム]
上海ゴム相場安を受けて、売りが先行して始まった。その後は円相場の軟化や株高を背景に、期先中心にプラス圏で取引を終了している。
先限は前日比0.8円高の163.0円、出来高は11,524枚。

[東京コーン]
シカゴ安を受けて、小幅続落して始まった。その後はシカゴ相場が軟調に推移する一方、円相場が軟化し、決め手材料難から狭いレンジで推移して取引を終了している。
先限は前日比20円高の24,870円、出来高は187枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
濫觴(らんしょう)軽んずるなかれ
物事の初めや起源を軽視してはいけないということの喩え。
最初は小さな動きでも、いずれ大きな動きに変わるものだから、
注意を怠らないようにしましょう。


今月も皆様お疲れさまでした。

今月の主役は石油商品のスイングでした!

ガソリンは、月間獲得利益幅7460円
原油は10190円

11月は複数銘柄で、
面白い展開に!!

ご参加まだの方はお早めに。


以下は、10月度の各コースの獲得利益幅です。

スイングトレード
東京金 ・・・−54円(1000倍)
東京白金 ・・・57円(500倍)
東京原油 ・・・10190円(50倍)
東京ガソリン ・・・7460円(50倍)
東京ゴム ・・・−8.6円(5000倍)
東京コーン ・・・660円(50倍)

日経225先物 ・・・1690円(ラージ1000倍、ミニ100倍)


デイトレード
東京金 ・・・312円(1000倍)
東京白金 ・・・131円(500倍)
東京原油 ・・・9660円(50倍)
東京ガソリン ・・・2670円(50倍)
東京ゴム ・・・53.2円(5000倍)



11月度もよろしくお願いします。


その他情報は、こちらより。


2018年10月30日(火)

[東京金]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外が水準を切り下げる半面、円相場が軟化し、強弱両材料の綱引きからもみ合いが続いて取引を終了している。
先限は前日8円高の4,426円、出来高は34,837枚。

[東京白金]
NY高や円安を受けて、続伸して始まった。その後はNY時間外相場の底堅さや円の緩みを背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比28円高の3,004円、出来高は11,485枚。

[東京原油・東京ガソリン]
NY安と円安の強弱材料から、小幅まちまちで始まった。その後はNY時間外の戻りや円相場の軟化を背景に全限月がプラス圏で推移、期中・期先がこの日の高値で取引を終了している。
原油先限は前日比440円高の52,580円、出来高は11,065枚。ガソリン先限は前日比70円高の64,850円、出来高は3,392枚。

[東京ゴム]
上海ゴム相場安を受けて、続落して始まった。その後は円安やアジア株の上昇を受けて下げ渋り、プラス圏に浮上する限月が相次いで取引を終了している。
先限は前日比0.2円高の162.2円、出来高は10,462枚。

[東京コーン]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後は下値を追う場面もあったが、大引けにかけて小口買いが入り、先ぎりが一時、プラス圏に切り返すなど全般に下げ渋って取引を終了している。
先限は前日比20円安の24,850円、出来高は162枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
寄引同事は分岐の前兆
同じ寄付と大引の値で終了する時は、相場の転換を意味します。
かなり上げたところで出れば天井、かなり下げたところで出れば底を暗示します。

会員各位
31日(水)は原油の納会日です。11月1日(木)の日中立会より新甫が発会されます。
原油コースの会員様は、11月1日以降に配信される売買サービス時記載の限月に、ご注意下さいますようお願い申し上げます。

*配信先アドレスのご登録は、携帯とPCといったように最大2つまで可能です。
追加アドレスをご希望の方は、お問合せもしくは会員専用メールアドレスよりお知らせ下さいますようお願いいたします。

その他情報は、こちらより。


2018年10月29日(月)

[東京金]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は決め手材料を欠く中、もみ合いが続いて取引を終了している。
8月限は前日10円安の4,423円、新甫10月限は4,418円、出来高は47,369枚。

[東京白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は手掛かり材料難から狭いレンジで推移して取引を終了している。
8月限は前日比20円高の2,980円、新甫10月限は2,976円、出来高は5,901枚。

[東京原油・東京ガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は決め手材料難からもみ合いとなったが、NY時間外の軟化を背景に、大引けにかけて上げ幅を縮小して取引を終了している。
原油先限は前日比640円高の52,140円、出来高は17,040枚。ガソリン先限は前日比70円高の64,780円、出来高は6,872枚。

[東京ゴム]
上海ゴム相場安や円高を受けて、売りが先行して始まった。その後一時は下げ渋ったが、午後にかけて再び下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比4.3円安の162.0円、出来高は8,642枚。

[東京コーン]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後はシカゴ相場、為替ともに取引材料に乏しく、もみ合う展開となって取引を終了している。
先限は前日比260円高の24,870円、出来高は678枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
善く戦う者は勝ち易きに勝つ者なり
勝つには勝つだけの理由があり、先の見通しがはっきりした時こそ
千載一遇のチャンスとして、生かせる人こそ本当の勝者と言えるでしょう。

その他情報は、こちらより。


2018年10月26日(金)

[東京金]
NY市場の軟化を受けて、総じて反落してして始まった。その後はもみ合いで推移したが、円相場の上昇を背景に地合いを緩めて取引を終了している。
先限は前日147円安の4,433円、出来高は26,544枚。

[東京白金]
NY市場の下落を受けて、反落して始まった。その後はNY時間外の軟調や円相場の引き締まりを背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比22円安の2,960円、出来高は6,480枚。

[東京原油・東京ガソリン]
NY市場の上昇と円相場の軟化を受けて、軒並み買いが先行して始まった。その後はNY時間外の軟調推移を背景に、上げ幅を縮小して取引を終了している。
原油先限は前日比260円高の51,500円、出来高は11,501枚。ガソリン4月限は前日比140円安の64,450円、新甫5月限は終値64,710円、出来高は3,032枚。

[東京ゴム]
上海ゴム相場の上昇を受けて、総じて買いが先行して始まった。その後は上海株安や日経平均の下落を背景に、上値の重い展開で推移して取引を終了している。
3月限は前日比0.1円安の164.9円、新甫4月限は終値166.3円、出来高は7,476枚。

[東京コーン]
シカゴ安を受けて、続落して始まった。その後はシカゴ相場、為替ともに決め手となる材料がなく、もみ合いが続いて取引を終了している。
先限は前日比150円安の24,610円、出来高は669枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
夜明け前がいちばん暗い
絶望の最中にいる時は暗くて当然。でも明けない夜はありません。
どん底にいる時こそ、新しいチャンスの準備期間です。

原油、ガソリンのスイング好調!

ガソリンはあっさり先月越えを果たし、7000円幅突破!

原油は10000円幅の大台超え!

1枚ベースの利益は、500,000円以上に!!


2018年10月25日(木)

[東京金]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後もNY金時間外の堅調推移を背景に、水準を切り上げ、当ぎりを除きプラス圏に浮上して取引を終了している。
先限は前日比7円高の4,447円、出来高は29,278枚。

[東京白金]
円の引き締まりを受けて、反落して始まった。その後は決めて材料難から、動意を欠いて取引を終了している。
先限は前日比12円安の2,982円、出来高は5,649枚。

[東京原油・東京ガソリン]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外の軟調推移を背景に、下げ幅を拡大する場面があったものの、売り一巡後はもみ合って取引を終了している。
原油先限は前日比560円安の51,240円、出来高は19,823枚。ガソリン先限は前日比920円安の64,590円、出来高は5,187枚。

[東京ゴム]
上海安と円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は原油安、日経平均株価の急落などを背景に、12月きり以降が下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比1.8円安の165.0円、出来高は4,358枚。

[東京コーン]
シカゴ安と円高を受けて、売りが先行して始まった。その後はシカゴ、円相場ともに動意に乏しく、もみ合いが続いて取引を終了している。
先限は前日比60円安の24,760円、出来高は338枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
善く戦う者は、これを勢いに求めて、人に責(もと)めず
孫子の兵法の言葉。戦のうまい者は、まず勢いに乗ることを重視し、
兵に過度の期待をしない。
相場にも上昇・下降トレンドがあり、これに勢いが加わると、
理屈を超えて止めることは出来ません。
相場も形を変えた戦と同様、勢いに乗ることは重要です。


会員各位
26日(金)は金・白金の納会日です。29日(月)の日中立会より新甫が発会されます。
金・白金コースの会員様は、29日以降に配信される売買サービス時記載の限月に、ご注意下さいますようお願い申し上げます。
*配信先アドレスのご登録は、携帯とPCといったように最大2つまで可能です。
追加アドレスをご希望の方は、お問合せもしくは会員専用メールアドレスよりお知らせ下さいますようお願いいたします。

その他情報は、こちらより。


2018年10月24日(水)

[東京金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY金時間外相場の引き締まりを背景に、堅調地合いを維持して取引を終了している。
先限は前日比25円高の4,440円、出来高は45,077枚。

[東京白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後も買いが優勢で取引を終了している。
先限は前日比46円高の2,994円、出来高は8,001枚。

[東京原油・東京ガソリン]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外の戻り歩調を背景に、下げ渋って取引を終了している。
原油先限は前日比1,600円安の51,800円、出来高は22,354枚。ガソリン先限は前日比1,490円安の65,510円、出来高は5,025枚。

[東京ゴム]
手掛かり材料難から、方向感を欠いて始まった。その後は上海ゴム相場の軟調を背景に、期先は続落で取引を終了している。
先限は前日比0.3円安の166.8円、出来高は2,701枚。

[東京コーン]
手掛かり材料難から、方向感を欠いて始まった。その後もシカゴ、円相場ともに動意に乏しく、狭いレンジで推移して取引を終了している。
先限は前日比20円高の24,820円、出来高は557枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
良い手を指そうとするよりは、悪い手を指さないよう自戒する
これは、将棋の大山康晴名人の言葉。将棋でも、相場でも、
戦いは大きなミスをした方が必ず負けるということです。

会員各位
25日(木)はガソリン・ゴムの納会日です。26日(金)の日中立会より新甫が発会されます。
ガソリン・ゴムコースの会員様は、26日以降に配信される売買サービス時記載の限月に、ご注意下さいますようお願い申し上げます。

*配信先アドレスのご登録は、携帯とPCといったように最大2つまで可能です。
追加アドレスをご希望の方は、お問合せもしくは会員専用メールアドレスよりお知らせ下さいますようお願いいたします。

その他情報は、こちらより。


2018年10月23日(火)

[東京金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY金時間外の戻り、円相場の上昇といった強弱両材料が交錯する中をもみ合いとなり、引けにかけてやや水準を下げて取引を終了している。
先限は前日比18円安の4,415円、出来高は22,543枚。

[東京白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY白金時間外の軟調地合いや円の引き締まりを背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比58円安の2,948円、出来高は11,309枚。

[東京原油・東京ガソリン]
NY高と円安を受けて、続伸して始まった。その後はNY時間外の軟化を眺めて値を消し、マイナス圏で推移して取引を終了している。
原油先限は前日比430円安の53,400円、出来高は11,354枚。ガソリン先限は前日比790円安の67,000円、出来高は3,671枚。

[東京ゴム]
様子見ムードが強く、小動きで始まった。その後は日経平均株価の急落などを眺めて軒並み下落、期近主導で下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比2.2円安の167.1円、出来高は2,843枚。

[東京コーン]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後はシカゴ、円相場ともに小動きで決め手を欠いたが、堅調地合いを維持して取引を終了している。
先限は前日比50円高の24,8000円、出来高は507枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
幽霊と相場は淋しい方に出る
相場の方向は、多くの人の思惑の逆に向かう傾向があり、
それがまるで人気のないところに現れる幽霊に似ているという喩え。

その他情報は、こちらより。


2018年10月22日(月)

[東京金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY金時間外の戻り歩調と円相場の軟化を背景に、全限月が切り返して取引を終了している。
先限は前日比3円高の4,433円、出来高は28,762枚。

[東京白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY白金時間外の堅調推移を背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比10円高の3,006円、出来高は4,465枚。

[東京原油・東京ガソリン]
NY高を受けて、2番ぎり以降買いが先行して始まった。その後はNY時間外が堅調に推移したほか、円相場の軟化を背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比440円高の53,830円、出来高は12,360枚。ガソリン先限は前日比60円高の67,790円、出来高は2,965枚。

[東京ゴム]
決め手材料難から小動きに始まった。その後は上海ゴム相場が中国株の急騰を背景に上昇したほか、内外原油高を眺めた買いが入り、大引けにかけて堅調に推移して取引を終了している。
先限は前日比2.5円高の169.3円、出来高は3,422枚。

[東京コーン]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後は新規材料難から見送りムードが強い中、狭いレンジで推移して取引を終了している。
先限は前日比90円安の24,750円、出来高は564枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
安くとも高値覚えで買い建てるな、時の事情を深く考えよ
2000年のITバブルの頃、1株5000円だったある銘柄は、
ITバブル崩壊後に300円まで暴落しました。
当時この暴落を誰にも予想できるはずはありません。そのため、この銘柄が
5000円から節目で下るたびに買う人もいれば、逆に300円だった株が数百
円値上りした時に、安易に空売りして大怪我した人もいます。
つまり、明らかに時の状況が変化しているのに、過去の株価にこだわって安易
な売買をしてはいけないということです。

その他情報は、こちらより。


2018年10月19日(金)

[東京金]
サウジアラビアをめぐる地政学リスクを背景に上昇したNY高を受けて、小幅続伸始まった。その後はNY時間外の堅調や円相場の軟化を受けて、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比28円高の4,430円、出来高は33,631枚。

[東京白金]
NY安と円高を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外の戻りや円相場の緩みを背景に、プラス圏に浮上するなど引き締まりを見せて取引を終了している。
先限は前日比12円高の2,996円、出来高は7,138枚。

[東京原油・東京ガソリン]
NY安を受けて、続落して始まった。その後はNY時間外取引の戻りや円相場の軟化を背景に、下げ幅を縮小して取引を終了している。
原油先限は前日比270円安の53,390円、出来高は16,375枚。ガソリン先限は前日比450円安の67,730円、出来高は2,810枚。

[東京ゴム]
上海ゴム相場の夜間取引での下げ渋りなどを受けて、買いが先行して始まった。その後は決め手材料難の中、ポジション整理の商いが中心となり、狭いレンジで推移して取引を終了している。
先限は前日比1.0円高の166.8円、出来高は2,849枚。

[東京コーン]
シカゴ安と円高を受けて、反落して始まった。その後はシカゴの底堅さを背景に、下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比60円安の24,840円、出来高は423枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
休むも相場
常に売ったり、買ったりする回転売買は失敗のもとです。
相場には上げか、下げか判断に迷う場面があります。
そんな時は、次の相場展開を待つつもりで相場を休む姿勢も必要です。

スイング
白金、原油、コーンが好調!

原油は間もなく50,000円台の大台を突破!

そして白金は、
2012年以来の4,000円台の大台を突破!


月末、そして11月と、

各相場面白い展開に!!


その他情報は、こちらより。