AX
本文へスキップ

商品先物取引 売買指針サービス En−Rich

本日の相場CONCEPT

 
  会員専用ページはPC版に掲載しております。
  http://www.e-erich.com/

本日の相場


先物キャンペーン2018!



2018年7月13日(金)

[東京金]
NY高や円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外相場の底堅さを背景に上げ幅を拡大したが、大引けにかけては利食い売りに押されて伸び悩み、この日の安値圏で取引を終了している。
先限は前日比21円高の4,496円、出来高は30,685枚。

[東京白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外高、円安を背景に、プラスサイドで取引を終了している。
先限は前日比38円高の3,038円、出来高は10,622枚。

[東京原油・東京ガソリン]
小幅まちまちで始まった。その後はおおむねマイナス圏に沈んだが、午後に入り、NY時間外の引き締まりなどを眺めて買い戻しが入り、プラス圏に切り返し取引を終了している。
原油先限は前日比120円高の49,850円、出来高は19,581枚。ガソリン先限は前日比160円高の62,420円、出来高は2,475枚。

[東京ゴム]
材料難を受けて、方向性に乏しく始まった。その後は3連休入りを前に調整売りに押され、マイナス圏に沈んだものの、引けにかけて一部が整理買いなどにプラス圏に切り返し取引を終了している。
先限は前日比0.3円高の172.9円、出来高は2,984枚。

[東京コーン]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。買い一巡後は戻りを売られ、大引けにかけて上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比70円高の23,320円、出来高は714枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
天底を待つ心が必勝の道
天底のチャンスを掴むには、それが現れるまで何ヶ月も待ち続ける忍耐力が大切です。


先物ニュース!!
7月17日営業日(7月13日夜間立会)より委託者証拠金が変更されます。
東京金 66,000円
東京金(ミニ) 6,600円
ゴールドスポット 6,600円
東京白金 54,000円
東京白金(ミニ) 9,600円
プラチナスポット 9,600円
東京銀 30,000円
パラジウム 70,000円
東京ガソリン(バージガソリン) 90,000円
東京灯油(バージ灯油) 90,000円
東京原油(ドバイ原油) 110,000円
軽油(バージ軽油) 125,000円
中京ガソリン(ローリーガソリン) 50,000円
中京灯油(ローリー灯油) 50,000円
東京ゴム 40,000円
とうもろこし 50,000円
一般大豆 70,000円
小豆 45,000円
東京コメ 60,000円
大阪コメ 10,000円
新潟コシ 10,000円

特別特典!

ここをご覧になられた方だけの特別な特典です。

いますぐこちらへ。


2018年7月12日(木)

[東京金]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は円相場が軟化したほか、NY時間外の上昇を背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比16円高の4,475円、出来高は113,557枚。

[東京白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後は円安進行を背景に買い戻しが入り、下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比8円安の3,000円、出来高は59,117枚。

[東京原油・東京ガソリン]
NY急落を受けて、大幅安で始まった。その後は円安の進行を材料に買い戻されたが、売り圧力も強く戻りは限られ取引を終了している。
原油先限は前日比1,240円安の49,730円、出来高は72,446枚。ガソリン先限は前日比1,250円安の62,260円、出来高は7,349枚。

[東京ゴム]
欧米原油安を受けて、続落して始まった。売り一巡後は、上海ゴム相場の上伸や円安進行を背景に期中以降がプラス圏に切り返して取引を終了している。
先限は前日比0.6円高の172.6円、出来高は30,185枚。

[東京コーン]
シカゴ安を受けて、続落して始まった。その後は円相場の軟化や取引中のシカゴ相場の上昇を背景に、下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比20円安の23,250円、出来高は5,459枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
天井三日、底百日
上げ相場が人気づいて売り方が出るようになると急激に高騰して天井圏になりますが、
その期間は俗に3日と言われます。一方、反落して底をつくと長い保ち合いに入るため、
俗に100日と言われるのです。

特別特典!

ここをご覧になられた方だけの特別な特典です。

いますぐこちらへ。


2018年7月11日(水)

[東京金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY金時間外相場の軟化を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比22円安の4,459円、出来高は33,001枚。

[東京白金]
NY安を受けて、下落して始まった。その後もNY時間外安を背景に、軟調に推移して取引を終了している。
先限は前日比27円安の3,008円、出来高は15,790枚。

[東京原油・東京ガソリン]
NY高を受けて、続伸して始まった。売り一巡後はNY時間外の底堅い動きを背景に、マイナスサイドを縮小して取引を終了している。
原油先限は前日比260円安の50,970円、出来高は33,365枚。ガソリン先限は前日比360円安の63,510円、出来高は2,492枚。

[東京ゴム]
上海安と円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は一部限月がプラス圏に浮上する場面もあったが、上値の重さから再びマイナス圏に沈むなど、狭いレンジで推移して取引を終了している。
先限は前日比1.2円安の172.0円、出来高は4,567枚。

[東京コーン]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後はシカゴの軟調推移を背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比530円安の23,270円、出来高は1,007枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
連日の続く相場に逆らうな、ついて行くのが儲かる道
相場の上げ下げには素直についていくと、意外とラクに儲かるものです。
相場では体勢に逆らうことは禁物です。

特別特典!

ここをご覧になられた方だけの特別な特典です。

いますぐこちらへ。


2018年7月10日(火)

[東京金]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の底堅さや円相場の軟化を背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比10円高の4,481円、出来高は29,905枚。

[東京白金]
まちまちで始まった。その後はNY時間外の軟推移を背景に、一部限月がマイナスサイドに沈んで取引を終了している。
先限は前日比6円安の3,035円、出来高は11,615枚。

[東京原油・東京ガソリン]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の上昇や円相場の軟化を背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比870円高の51,230円、出来高は30,765枚。ガソリン先限は前日比990円高の63,870円、出来高は2,505枚。

[東京ゴム]
まちまちで始まった。その後は円安に下値を支えられながらも、決め手を欠き、狭いレンジで推移して取引を終了している。
先限は前日比1.4円安の173.2円、出来高は4,112枚。

[東京コーン]
シカゴ安を受けて、反落して始まった。その後は為替相場や取引中のシカゴ相場に決め手がなく、方向性に乏しい動きが続いて取引を終了している。
先限は前日比70円安の23,800円、出来高は443枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
店頭に客があふれたら相場の転機
これは逆張り系の格言。
上昇相場が続くと、普段は株に興味を示さなかった人達も
「そんなに儲かるならやってみるか」と市場に押しかけてくるようになります。
ここまでくると相場は過熱状態にあるのは明らかで、
だいたい上昇相場も終わりに近づいているものです。

特別特典!

ここをご覧になられた方だけの特別な特典です。

いますぐこちらへ。


2018年7月9日(月)

[東京金]
円高を受けて、反落して始まった。その後はNY時間外の戻りを背景に、全限月がプラスサイドに浮上して取引を終了している。
先限は前日比7円高の4,471円、出来高は19,149枚。

[東京白金]
円の引き締まりを受けて、反落して始まった。その後はNY時間外の堅調推移を背景に、切り返して取引を終了している。
先限は前日比36円高の3,041円、出来高は10,888枚。

[東京原油・東京ガソリン]
円の上昇を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外の堅調地合いを背景に、徐々に水準を切り上げ、2番ぎり以降がプラスサイドで取引を終了している。
原油先限は前日比290円高の50,360円、出来高は26,336枚。ガソリン先限は前日比140円高の62,880円、出来高は2,233枚。

[東京ゴム]
上海安を受けて、売りが先行して始まった。その後は上海相場の戻りを背景に、切り返して取引を終了している。
先限は前日比3.2円高の174.6円、出来高は6,101枚。

[東京コーン]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後は円高で上値を抑えられながらも、堅調なシカゴ相場を背景に、プラスサイドで推移して取引を終了している。
先限は前日比190円高の23,870円、出来高は698枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
強気相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育ち、楽観とともに成熟し幸福のうちに消えて行く
ウォール街の有名な格言。
多くの投資家が悲観的な時は上昇相場の出発点で、先行きに警戒感があるうちは上昇する。
先行きに楽観的になった時は相場が天井圏で、幸福感に浸っているうちに上昇相場が終了するという意味。つまり、群集心理に惑わされず、自分の目で相場を冷静に観察することが大切だということです。

特別特典!

ここをご覧になられた方だけの特別な特典です。

いますぐこちらへ。


2018年7月6日(金)

[東京金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外相場の軟調地合いを背景に水準を切り下げたが、円相場の軟化に支えられ、寄り付きレベルまで値を戻し取引を終了している。
先限は前日比10円高の4,464円、出来高は23,315枚。

[東京白金]
円の引緩みを受けて、続伸して始まった。その後は円安やNY時間外相場の戻りを背景に買い戻され、この日の高値圏で取引を終了している。
先限は前日比15円高の3,005円、出来高は8,821枚。

[東京原油・東京ガソリン]
決め手材料難を受けて、小幅まちまちで始まった。その後はNY時間外の戻りや円相場の軟化を背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
原油先限は前日比90円高の50,070円、出来高は29,401枚。ガソリン先限は前日比40円安の62,740円、出来高は2,073枚。

[東京ゴム]
上海高を受けて、買いが先行して始まった。売り一巡後は買い戻され、期中以降の4限月は切り返して取引を終了している。
先限は前日比1.9円高の171.4円、出来高は7,212枚。

[東京コーン]
決め手材料難を受けて、ポジション調整の買いが先行して始まった。その後は手じまい売りに期先がマイナス圏に沈む場面もあったが、円相場の軟化を眺めて切り返して取引を終了している。
先限は前日比70円高の23,680円、出来高は537枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
常に売買に用い得べき若干の資金を用意せよ
相場人ならば、いかなる時でもすぐに仕掛けられるよう、
常に最低の資金は用意しておきましょう。

先物ニュース!
電力先物市場について
株式会社東京商品取引所は、2018年10月9日を目途に電力先物市場開設に向けた準備を進めていましたが、電力関係者等との調整に時間を要しており、市場開設は遅れる見込みです。

特別特典!

ここをご覧になられた方だけの特別な特典です。

いますぐこちらへ。


2018年7月5日(木)

[東京金]
強弱両材料の綱引きを受けて、決め手を欠いて始まった。その後は円の引き締まりを背景に、マイナスサイドに沈んで取引を終了している。
先限は前日比3円安の4,454円、出来高は19,331枚。

[東京白金]
円の引緩みを受けて、続伸して始まった。その後は買い先行の流れを背景に、プラスサイドで推移して取引を終了している。
先限は前日比14円高の2,990円、出来高は8,455枚。

[東京原油・東京ガソリン]
NY原油高を受けて、反発して始まった。買い戻し一巡後は、NY時間外取引の軟化を背景に、全限月がマイナスサイドに沈み、軟調な地合いのまま取引を終了している。
原油先限は前日比60円安の49,980円、出来高は11,709枚。ガソリン先限は前日比130円安の62,780円、出来高は1,715枚。

[東京ゴム]
上海安を受けて、売りが先行して始まった。売り一巡後は、底堅い動きに転じた上海相場を材料に買い戻す動きも見られ、期近などが引けにかけてプラス圏に切り返して取引を終了している。
先限は前日比1.6円安の169.5円、出来高は8,821枚。

[東京コーン]
売方のポジション整理を受けて、小反発して始まった。その後は円相場の引き締まりを眺めて値を消し、全限月がマイナス圏で取引を終了している。
先限は前日比210円安の23,610円、出来高は1,157枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
つかぬはやめよ
自分がツイていないと感じる時は、少し休んで様子を見るのも手。
チャンスはまた巡ってきます。

特別特典!

ここをご覧になられた方だけの特別な特典です。

いますぐこちらへ。


2018年7月4日(水)

[東京金]
NY高を受けて、上伸して始まった。その後はNY時間外相場の堅調を背景に、地合いを引き締めて取引を終了している。
先限は前日比43円高の4,457円、出来高は32,001枚。

[東京白金]
NY大幅高を受けて、急反発して始まった。その後はNY時間外相場の上伸などを背景に、堅調に推移して取引を終了している。
先限は前日比88円高の2,976円、出来高は21,007枚。

[東京原油・東京ガソリン]
NY原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外の戻りを背景に、下げ幅を縮小して取引を終了している。
原油先限は前日比37円安の50,040円、出来高は12,434枚。ガソリン先限は前日比390円安の62,910円、出来高は1,839枚。

[東京ゴム]
手がかり材料難からまちまちで始まった。その後は上海ゴムの軟調や為替の円高・ドル安を受けて売りが強まり、マイナス圏に沈んだ。引けにかけては弱気筋の手じまいなどを背景に下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比1.2円安の171.1円、出来高は11,257枚。

[東京コーン]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後は手仕舞い売りに押されて、マイナスサイドに沈んで取引を終了している。
先限は前日比40円安の23,820円、出来高は316枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
連れが出来たら儲からない
相場を張るのは孤独な作業です。まだ自分の相場勘も持てないような人が、
同じようなレベルの人(連れ)と話をすることで、自分の相場勘も曲げてしまいかねません。


7月度
デイトレードが総じて好調!


2018年7月3日(火)

[東京金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外相場の下落を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比23円安の4,414円、出来高は44,761枚。

[東京白金]
NY大幅高を受けて、急落して始まった。その後も投げを交えて売りが膨らみ、5営業日連続安で取引を終了している。
先限は前日比122円安の2,888円、出来高は55,312枚。

[東京原油・東京ガソリン]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外の戻りを背景に、下げ幅を縮小して取引を終了している。
原油先限は前日比50円安の50,410円、出来高は15,245枚。ガソリン先限は前日比100円安の63,300円、出来高は3,594枚。

[東京ゴム]
上海安を受け、売りが先行して始まった。買い一巡後は水準を切り下げ、マイナス圏でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比1.5円安の172.3円、出来高は10,095枚。

[東京コーン]
シカゴ大幅下落を受けて、売りが先行して始まった。その後は新規の手掛かり材料難から、マイナス圏でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比520円安の23,860円、出来高は1,119枚。

いつもありがとうございます。

本日の相場格言
小さく生んで大きく育てる
大きな利益より、小さな利益を目指す方がリスクは低くラクに勝ち取れます。
最良の方法は、その利益を積み上げて大きな利益にしていくことです。

特別特典!

ここをご覧になられた方だけの特別な特典です。

いますぐこちらへ。


2018年7月2日(月)

[東京金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外が水準を切り下げたのを背景に、全限月がマイナスサイドに沈んで取引を終了している。
先限は前日比10円安の4,437円、出来高は24,213枚。

[東京白金]
NY高を受けて、反発して始まった。その後はNY白金時間外相場の軟化を背景に、全限月が値を消して取引を終了している。
先限は前日比24円安の3,010円、出来高は14,538枚。

[東京原油・東京ガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の軟化を背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
原油11月限は前日比300円高の50,870円、新甫12月限は50,460円、出来高は20,821枚。ガソリン先限は前日比20円安の63,400円、出来高は3,779枚。

[東京ゴム]
先週後半の上昇した後を受け、戻り売りが先行して始まった。その後は上海相場安を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比2.5円安の173.8円、出来高は8,183枚。

[東京コーン]
シカゴ高を受けて、続伸して始まった。その後はシカゴ相場の堅調推移を背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比350円高の24,380円、出来高は696枚。

いつもありがとうございます。

本日の相場格言
調子に乗れば落ちる
自分がツイている時にドンドンいくのは悪いことではありません。
しかし、相場が調子づいている時、軽々しく人気に乗って買うと、高値をつかんで損することもあります。
調子に乗っているなと感じる時は、あえて気を引き締めてかかりましょう。

特別特典!

ここをご覧になられた方だけの特別な特典です。

いますぐこちらへ。


2018年6月29日(金)

いつもありがとうございます。

本日の相場格言
卵が生まれるまで卵を買うな
目先の情報だけで仕掛けるなという意味。
この鶏がもうすぐ卵を産むから、今のうちにその卵を買いませんか?
と言われて、卵を買う人はほとんどいません。
しかし、相場の世界では、そんな卵を買う人が多いようです。


特別特典!

ここをご覧になられた方だけの特別な特典です。

いますぐこちらへ。



今月も皆様お疲れさまでした。

以下は、6月度の各コースの獲得利益幅です。

スイングトレード
東京金 ・・・-315円(1000倍)
東京白金 ・・・450円(500倍)
東京原油 ・・・1,950円(50倍)
東京ガソリン ・・・3,690円(50倍)
東京ゴム ・・・47.1円(5000倍)
東京コーン ・・・400円(50倍)

日経225先物 ・・・-770円(ラージ1000倍、ミニ100倍)

デイトレード
東京金 ・・・328円(1000倍)
東京白金 ・・・36円(500倍)
東京原油 ・・・3,470円(50倍)
東京ガソリン ・・・6,290円(50倍)
東京ゴム ・・・43.5円(5000倍)


7月度もよろしくお願いします。


2018年6月28日(木)

[東京金]
NY安と円安の強弱両材料が綱引きとなり、小動きで始まった。その後は全般に決め手材料に乏しい中、全限月がマイナス圏に引き緩む場面もあったが、大引けにかけて再びしっかりに推移して取引を終了している。
先限は前日比3円高の4,433円、出来高は28,990枚。

[東京白金]
NY安を受けて、反落して始まった。その後は決め手材料難を背景に、もみ合いが続いて取引を終了している。
先限は前日比17円安の3,044円、出来高は15,048枚。

[東京原油・東京ガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY高を背景に、堅調に推移して取引を終了している。
原油先限は前日比860円高の50,210円、出来高は17,286枚。ガソリン先限は前日比980円高の63,240円、出来高は4,024枚。

[東京ゴム]
原油高を受け、買いが先行して始まった。その後は上海ゴム相場の伸び悩みなどを背景に、全般に上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比1.4円高の175.2円、出来高は10,970枚。

[東京コーン]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はシカゴ相場の下落を背景に、上値が抑えられたものの、大引けにかけてプラスサイドを維持して取引を終了している。
先限は前日比90円高の23,970円、出来高は519枚。

いつもありがとうございます。

本日の相場格言
正しい判断は絶望の中から生まれる
相場で何度も失敗を重ね、土壇場に追い込まれると、はじめて人は
相場を真剣に見つめられるようになり、正しい判断が生まれてくるものです。

夏季休業のお知らせ

平素は格別のお引き立てをいただき厚くお礼申し上げます。
En−Richでは、誠に勝手ながら下記日程を夏季休業とさせていただきます。
夏季休業期間
2018年7月25日(水)〜2018年8月1日(水)

スイングトレードに関しましてはシステムの反応があり次第、夏季休業期間中でも配信メールが自動で行われます。
デイトレードは夏季休業中での配信はございません。
7月度の月間成績に関しましては7月24日までを集計し、同日掲載させていただきます。
デイトレード会員の有効期限につきましては夏季休業期間中の日数分を延長とさせていただきます。

尚、現在開始中のキャンペーンにつきましては休業日に合わせて7月24日までと修正させていただきます。

また、休業期間中にいただいたお問合せについては、営業開始日以降に順次 回答させていただきます。


皆様には大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解の程お願い申し上げます。



2018年6月27日(水)

[東京金]
NY市場は下落したものの、円安を受けて総じて買いが先行して始まった。その後はNY金時間外の軟調を背景に、マイナスサイドに沈んで取引を終了している。
4月限は前日比15円安の4,433円、新甫6月限は4,430円、出来高は39,801枚。

[東京白金]
NY高を受けて、反発して始まった。その後もNY時間外の下落を背景に、上げ幅を縮小して取引を終了している。
4月限は前日10円高の3,066円、新甫6月限は3,061円、出来高は13,764枚。

[東京原油・東京ガソリン]
米国がイラン産原油の輸入停止を各国に要請したとの報を受けたNY原油の急反発を受けて、軒並み買いが先行して始まった。その後はNY時間外の堅調を背景に上げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比1,310円高の49,350円、出来高は21,722枚。ガソリン先限は前日比1,190円高の62,260円、出来高は3,175枚。

[東京ゴム]
円安や石油相場の上伸を受け、軒並み買いが先行して始まった。その後は円安一服や上海相場の伸び悩みを背景にマイナスサイドに沈み場面も見られたが、引けにかけては買い戻されて取引を終了している。
先限は前日比1.3円の173.8円、出来高は6,494枚。

[東京コーン]
円安とシカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後は円安一服やシカゴ相場の伸び悩みを背景に、上値を抑えられて取引を終了している。
先限は前日比160円高の23,880円、出来高は463枚。

いつもありがとうございます。

本日の相場格言
高下駄履いて米買うな
高下駄を履くのは天候が悪い時。こんな時は買いたい気になるものです。
ゆえに売りに向かわなければならないということです。


夏季休業のお知らせ

平素は格別のお引き立てをいただき厚くお礼申し上げます。
En−Richでは、誠に勝手ながら下記日程を夏季休業とさせていただきます。
夏季休業期間
2018年7月25日(水)〜2018年8月1日(水)

スイングトレードに関しましてはシステムの反応があり次第、夏季休業期間中でも配信メールが自動で行われます。
デイトレードは夏季休業中での配信はございません。
7月度の月間成績に関しましては7月24日までを集計し、同日掲載させていただきます。
デイトレード会員の有効期限につきましては夏季休業期間中の日数分を延長とさせていただきます。

尚、現在開始中のキャンペーンにつきましては休業日に合わせて7月24日までと修正させていただきます。

また、休業期間中にいただいたお問合せについては、営業開始日以降に順次 回答させていただきます。


皆様には大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解の程お願い申し上げます。


その他情報は、こちらより。