AX
本文へスキップ

商品先物取引 売買指針サービス En−Rich

本日の相場CONCEPT

 
  会員専用ページはPC版に掲載しております。
  http://www.e-erich.com/

本日の相場



2019年1月23日(水)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は円相場の軟化を受けて上げ幅を拡大し、買いが一巡した午後はもみ合いが続いて取引を終了している。
先限は前日比26円高の4,514円、出来高は31,924枚。

[白金]
まちまちで始まった。その後は円相場の緩みやNY時間外の戻りを背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比5円高の2,800円、出来高は9,965枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はWNY時間外の戻りと円相場の軟化を背景に下げ幅を縮小、一部を除きプラスサイドに浮上して取引を終了している。
原油先限は前日比60円高の41,000円、出来高は10,936枚。ガソリン先限は前日比160円高の52,480円、出来高は1,397枚。

[ゴムRSS3]
上海安を受けて、売りが先行して始まった。その後は買い戻しに一時は全限月がプラス圏に浮上したが、取引終盤はポジション調整の売りが優勢になり、マイナス圏に沈む限月が相次いで取引を終了している。
先限は前日比0.1円高の183.7円、出来高は7,450枚。

[とうもろこし]
ポジション調整の買いを受けて、買いが先行して始まった。その後も円相場の軟化、シカゴ相場の堅調推移を背景に、買方優勢で取引を終了している。
先限は前日比10円高の22,890円、出来高は151枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
買う気を挟んで目前を利せんと売るなかれ、ただ買い場を待つべし
相場が上がるだろうと見込みつつも、反動的に少し下がると、
つい売りに転じたくなりがちですが、これをしてはいけません。
天井を着くまで粘り、押し目ごとに買うことに集中しましょう。

先物ニュース!
10連休について
「天皇の即位の日及び即位礼正殿の儀の行われる日を休日とする法律(平成30年法律第99号)」が公布・施行されたことに伴い、株式会社東京商品取引所では、2019年4月30日(火)、5月1日(水)、5月2日(木)が休業日となります。このため、2019年4月27日(土)から5月6日(月)まで、10日連続の休業日となります。
詳しくはこちら

先物キャンペーン実施中!!
早い者勝ち♪

詳しくはこちら

その他情報は、こちらより


2019年1月22日(火)

[金]
NY安と円の軟化を受けて、方向感を欠いて始まった。その後はNY金時間外の軟調推移、円相場の引き締まりを背景に、全限月がマイナスサイドに沈んで取引を終了している。
先限は前日比15円安の4,488円、出来高は19,905枚。

[白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外の軟化を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比30円安の2,795円、出来高は8,268枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後もNY時間外の軟調推移、円相場の引き締まりを背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
原油先限は前日比680円安の40,940円、出来高は8,634枚。ガソリン先限は前日比670円安の52,320円、出来高は1,210枚。

[ゴムRSS3]
最近の上昇地合いを受けて、買いが先行して始まった。その後は上海ゴム相場安を背景に、期中以降が値を沈めて取引を終了している。
先限は前日比7.4円安の183.6円、出来高は8,448枚。

[とうもろこし]
材料難から決め手を欠いて始まった。その後はシカゴ相場の軟調や円相場の引き締まりを背景に、全限月がマイナス圏に沈み、期先は下げ幅を拡大させて取引を終了している。
先限は前日比200円安の22,880円、出来高は194枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
買い方の投げは早く、反発は急
大きな底を入れて、大きな天井を打つ大相場は、一年でも一回あるかないかが一般的。
そう思えば、目先相場にとらわれず、大局の方向に乗りやすくなります。
上げ相場では押し目を買い狙い、下げ相場では高値を狙う機敏さが大切です。

先物キャンペーン実施中!!
早い者勝ち♪

詳しくはこちら

その他情報は、こちらより


2019年1月21日(月)

[金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後は円相場の引き締まりやNY金時間外の軟調地合いを背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比25円安の4,503円、出来高は29,820枚。

[白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後は決め手材料難からもみ合いが続いて取引を終了している。
先限は前日比38円安の2,825円、出来高は9,645枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の堅調推移を背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
原油先限は前日比670円高の41,620円、出来高は10,709枚。ガソリン先限は前日比560円高の52,990円、出来高は1,660枚。

[ゴムRSS3]
上海高や円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は利食い売りに頭を押さえられる場面もあったが、大引けにかけて再び買われ、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比4.8円高の191.0円、出来高は8,909枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、続伸して始まった。その後は材料難とあって様子見ムードの中、各限月とも寄り値近辺で取引を終了している。
先限は前日比30円高の23,080円、出来高は91枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
思いつき商いは後悔のもと
相場は真剣勝負の世界。
思いつきや気まぐれで仕掛けると必ず痛い目に遭うのがオチです。

先物キャンペーン実施中!!
早い者勝ち♪

詳しくはこちら

その他情報は、こちらより


2019年1月18日(金)

[金]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は円相場の軟化を背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比13円高の4,528円、出来高は28,861枚。

[白金]
NY高や円安を受けて、続伸して始まった。その後はNY白金時間外の堅調や円の緩みを背景に、この日の高値圏で取引を終了している。
先限は前日比48円高の2,863円、出来高は11,186枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高や円安を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外の堅調推移を背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
原油先限は前日比930円高の40,950円、出来高は12,703枚。ガソリン先限は前日比840円高の52,430円、出来高は1,429枚。

[ゴムRSS3]
上海高や円安を受けて、買いが先行して始まった。その後も上海ゴム相場の上昇や円安、原油相場の水準切り上げを背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比1.4円高の186.2円、出来高は4,685枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、上伸して始まった。その後は為替相場の円軟化を眺めた売方の買い戻しが入り、始値近辺を挟んでおおむね堅調に推移して取引を終了している。
先限は前日比180円高の23,050円、出来高は272枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
押目待ちに押目なし
相場が人気で大幅に急騰すると、多くの人が押したら買い出動しようと手ぐすね
引いて待機しています。
安値での安易な売りも差し控えられるため、かえって相場は上伸。
このような時は、押し目を待たずに思い切って成り行き買いをしましょう。

先物キャンペーン実施中!!
早い者勝ち♪

詳しくはこちら

その他情報は、こちらより


2019年1月17日(木)

[金]
NY高や円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外の水準切り下げを背景に、上げ幅を徐々に縮小して取引を終了している。
先限は前日比22円高の4,515円、出来高は30,253枚。

[白金]
NY高や円安を受けて、続落して始まった。その後はNY時間外の軟化や円相場の引き締まりを背景に、伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日比17円高の2,815円、出来高は8,780枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高や円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の軟化、円相場の引き締まりを背景に、上げ幅を縮小して取引を終了している。
原油先限は前日比90円高の40,120円、出来高は23,344枚。ガソリン先限は前日比280円高の51,590円、出来高は1,330枚。

[ゴムRSS3]
小幅まちまちで始まった。その後は上海ゴム相場の上昇を映した買いに、期中以降がプラス圏に浮上した半面、期近はポジション整理の売りでマイナス圏に沈んで取引を終了している。
先限は前日比1.2円高の184.8円、出来高は5,075枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、反発して始まった。その後は為替の円安一服を眺めた買方の手じまい売りに上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比0円の22,870円、出来高は157枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
大保ち合いは大相場
長期間、保ち合いが続いた時は、必ず大相場に発展するとされています。

先物キャンペーン実施中!!
早い者勝ち♪

詳しくは
こちら

その他情報は、こちらより


2019年1月16日(水)

[金]
NY安を受けて、反落して始まった。その後は円高とやNY金時間外の戻りといった強弱感が交錯して、もみ合いで推移して取引を終了している。
先限は前日比5円安の4,493円、出来高は28.042枚。

[白金]
NY安を受けて、続落して始まった。その後は円相場の上昇を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比20円安の2,798円、出来高は10,732枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY原油の上昇を受けて、反発して始まった。その後はNY時間外の堅調を背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比510円高の40,030円、出来高は21,139枚。ガソリン先限は前日比710円高の51,310円、出来高は1,703枚。

[ゴムRSS3]
円高などを受けて、売りが先行して始まった。その後は上海ゴムの上昇を背景に、堅調に推移して取引を終了している。
先限は前日比0.8円高の183.6円、出来高は3,967枚。

[とうもろこし]
シカゴ安を受けて、軒並み反落して始まった。その後は円相場の上昇、シカゴの堅調といった強弱感が交錯してもみ合いで推移して取引を終了している。
先限は前日比210円安の22,870円、出来高は260枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
押し目の浅い相場は大相場
日経平均が大きく下落した日でも、強い銘柄の下げは相対的に小さいものです。
下がると、大口投資家などに底をさらわれてしまうので、特に押しの深い銘柄を好む傾向にある個人投資家は、押しの浅い銘柄に注目しましょう。

キャンペーン始まりました!!
このチャンス、お見逃しなく!!


その他情報は、こちらより


2019年1月15日(火)

[金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後は円安やNY金時間外の底堅さを受けて切り返し、全限月がプラスサイドで取引を終了している。
先限は前日比4円高の4,498円、出来高は24.611枚。

[白金]
NY安を受けて、大幅下落して始まった。その後は円相場の軟化を背景に、下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比49円安の2,818円、出来高は13,482枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外の戻りと円相場の軟化を背景に、下げ幅を縮小して取引を終了している。
原油先限は前日比940円安の39,520円、出来高は25,329枚。ガソリン先限は前日比720円安の50,600円、出来高は2,326枚。

[ゴムRSS3]
上海安を受けて、反落して始まった。その後は円軟化を眺めて下げ渋ったが、プラス圏には至らず取引を終了している。
先限は前日比0.7円安の182.8円、出来高は5,180枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後は円相場の軟化、シカゴの堅調に支えられ、買い優勢で取引を終了している。
先限は前日比300円高の23,080円、出来高は334枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
鬼より怖い一文新値
文(もん)は、現在の1円を意味し、新値は高値の更新を意味します。
前回の高値をわずか一文上回ったところで上昇が止まると、売り圧力
が強まるため、注意しなさいということです。


先物ニュース!
2018年12月の概況及び2018年年間取引高について
2018年12月の全商品合計一日平均取引高は84,488枚、前月比1.4%増加
2018年の全商品合計年間取引高は前年より 2.3%減少

詳しくはこちらをご覧ください

その他情報は、こちらより


2019年1月11日(金)

[金]
NY安を受けて、反落して始まった。その後はNY金時間外の堅調や円相場の軟化を背景に全限月が切り返し、この日の高値圏で取引を終了している。
先限は前日比8円高の4,494円、出来高は27,761枚。

[白金]
NY高と円の軟化を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY白金時間外の上伸や円の緩みを背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比0円の2,867円、出来高は6,839枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後NY時間外の堅調推移を背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
原油先限は前日比630円高40,460円、出来高は24,269枚。ガソリン先限は前日比700円高の51,320円、出来高は1,605枚。

[ゴムRSS3]
上海安を受けて、続落して始まった。その後は売方の手じまいや押し目買いが入り、切り返して取引を終了している。
先限は前日比0.3円高の183.5円、出来高は6,718枚。

[とうもろこし]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後は整理売りなどに急落、つれて2番ぎり以降も軟調に推移して取引を終了している。
先限は前日比90円安の22,780円、出来高は559枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
押し目待ちに押し目なし
押し目買いとは、上昇トレンドの株がわずかに下がるタイミングのこと。
相場は、いちど方向が定まるとしばらく継続する傾向があるため、
上昇を始めた株の押し目を買おうとしても、思惑通りに下がってくれるとは限りません。
逆に強い銘柄の押しはごく浅いので、自分が最初に設定した値段で待っていても、
買うことが難しくなります。

その他情報は、こちらより


2019年1月10日(木)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は円相場の引き締まりを背景に、上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比11円高の4,486円、出来高は27,611枚。

[白金]
円の引き締まりを受けて、買いが先行して始まった。その後は円相場の上昇とNY白金時間外相場の底堅い地合いの強弱両材料が交錯してもみ合いが続いて取引を終了している。
先限は前日比11円安の2,867円、出来高は8,108枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後NY時間外の軟化や円相場の上昇を背景に、上げ幅を縮小して取引を終了している。
原油先限は前日比570円高39,830円、出来高は22,722枚。ガソリン先限は前日比150円高の50,620円、出来高は2,793枚。

[ゴムRSS3]
円高を受けて、反落して始まった。売り一巡後は下げ渋って取引を終了している。
先限は前日比2.5円安の183.2円、出来高は6,543枚。

[とうもろこし]
シカゴ高と円高を受けて、小動きで始まった。その後はシカゴ相場の軟調や円の上昇を背景に、マイナスサイドに沈み、引けかけて下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比210円安の22,870円、出来高は324枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
大手の商いを恐れることなかれ、ただ相場の高下と大勢をかんがみよ
大手の商いだからといって、必ずしも相場の見通しが正しいとは限りません。
その時の情勢をしっかり見極める必要があります。
最後に頼れるのは、自分の判断だということを肝に銘じておきましょう。

その他情報は、こちらより


2019年1月9日(水)

[金]
NY高を受けて、反発して始まった。その後はNY金時間外の軟化を背景に、この日の安値で取引を終了している。
先限は前日比5円安の4,475円、出来高は27,213枚。

[白金]
NY安を受けて、続落して始まった。その後はNY白金時間外の堅調推移を背景に、切り返して取引を終了している。
先限は前日比6円高の2,878円、出来高は10,271枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外の堅調推移を背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比1,430円安高38,260円、出来高は13,249枚。ガソリン先限は前日比1,270円高の50,470円、出来高は2,706枚。

[ゴムRSS3]
上海高を受けて、買いが先行して始まった。その後も原油相場の堅調地合いを背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比4.1円高の185.7円、出来高は10,849枚。

[とうもろこし]
最近の底堅い地合いを受けて、買いが先行して始まった。その後は買方の手じまいに押され上げ幅を削る場面もあったが、期先は大引けにかけてシカゴ相場の堅調推移を背景に再び引き締まって取引を終了している。
先限は前日比100円高の23,080円、出来高は631枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
江戸の仇を長崎で討つ
人は自分の気に入った株が負けると、冷静さを失い、
今度は負けたその株を空売りして、すぐに損を取り返そうと考えがちです。
しかし、そのような感情的な売買は、さらに負けるもと。
市場は決して逃げることはありません。
一旦休養をして、新たなチャンスを待つ余裕が必要です。

先物ニュース!
1月16日営業日(1月15日夜間立会)より委託者証拠金が変更されます。
東京金 72,000円
東京金(ミニ) 7,200円
ゴールドスポット 7,200円
東京白金 48,000円
東京白金(ミニ) 9,600円
プラチナスポット 13,200円
東京銀 25,000円
パラジウム 90,000円
東京ガソリン(バージガソリン) 200,000円
東京灯油(バージ灯油) 200,000円
東京原油(ドバイ原油) 200,000円
軽油(バージ軽油) 140,000円
中京ガソリン(ローリーガソリン) 50,000円
中京灯油(ローリー灯油) 50,000円
ゴムRSS 40,000円
とうもろこし 30,000円
一般大豆 70,000円
小豆 50,000円
東京コメ 60,000円
大阪コメ 20,000円
新潟コシ 10,000円


その他情報は、こちらより


2019年1月8日(火)

[金]
円安を受けて、反発して始まった。買い一巡後、NY時間外の軟化を背景に水準を切り下げ、一時は全限月がマイナス圏に沈んだものの、大引けにかけて下げ渋って取引を終了している。
先限は前日比0円の4,480円、出来高は29,599枚。

[白金]
NY安を受けて、小反落して始まった。その後は決め手材料難を背景に、狭い範囲でもみ合い取引を終了している。
先限は前日比5円安の2,872円、出来高は9,622枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の軟化を背景に、全限月がマイナスサイドに沈んで取引を終了している。
原油先限は前日比30円安の37,830円、出来高は12,470枚。ガソリン先限は前日比220円高の49,200円、出来高は2,322枚。

[ゴムRSS3]
円の軟化を受けて、買いが先行して始まった。その後は買方の利食いに押されて上げ幅を削ったが、円安を眺め下値を拾われ、あとは水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比4.3円高の181.6円、出来高は8,685枚。

[とうもろこし]
円の軟化を受けて、買いが先行して始まった。その後はシカゴ相場の堅調推移を背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比340円高の22,980円、出来高は556枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
上値の三本同時は売り
相場がかなり上がりつめて上部に来た場合、各節に同じ値段が出れば、
いわゆる相場の転換を意味します。このような時は、売りに転じなければなりません。
反対に、下値に三本同時の場合は買いです。

その他情報は、こちらより


2019年1月7日(月)

[金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY金時間外の戻り、円相場の引き締まりと強弱両材料が交錯し、決め手難からもみ合いが続いて取引を終了している。
先限は前日比18円安の4,498円、出来高は42,289枚。

[白金]
NY高や円の軟化を受けて、反発して始まった。その後もNY時間外相場の堅調を背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比77円高の2,877円、出来高は13,442枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外が堅調に推移する一方、円相場は引き締まり、強弱材料の綱引きでもみ合って取引を終了している。
原油先限は前日比880円高の37,860円、出来高は12,452枚。ガソリン先限は前日比680円高の48,980円、出来高は2,796枚。

[ゴムRSS3]
上海高を受けて、大幅続伸して始まった。その後は上海相場の反落を背景に、上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比0.3円高の177.3円、出来高は14,796枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後はシカゴ相場の軟調を眺め伸び悩んだが、円安が下値を支え、全般に高値圏で推移して取引を終了している。
先限は前日比300円高の22,640円、出来高は340枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
売れば二上がり、買いや三下がり、切ってしまえば本調子
二上り、三上がり、本調子とは三味線用語。相場は個人の思うままに
ならないことを、三味線の本調子に例えた言葉です。
買いを外すと上がり、買うと下がる。
しばらく休むと、相場らしい展開になるということ。

その他情報は、こちらより


2019年1月4日(金)

あけましておめでとうございます!

旧年中は格別のお引立てを賜り、厚く御礼申し上げます。


本日より2019年度のスタートです!
おかげ様で新たなるステップに立つことができました。

本年も、当サイトのモットーである「お客様のご資産を豊かに!お客様とのご縁を大切に!」を合い言葉に更に前進する決意でございます。

皆様にさらにご満足いただけるよう、本年もスタッフ一同頑張りますので、従来同様のご愛顧、ご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。


[金]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外の堅調推移や円相場の上昇一服を背景に、下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比39円安の4,498円、出来高は41,486枚。

[白金]
円高にを受けて、続落して始まった。その後はNY時間外の戻りなどを背景に、下げ渋って取引を終了している。
先限は前日比40円安の2,800円、出来高は13,533枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後は材料難からもみ合ったが、大引けにかけてNY時間外の堅調推移や円相場の軟化を背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
原油5月限は前日比1,120円高の37,120円、新甫6月限は36,980円、出来高は16,683枚。ガソリン先限は前日比960円高の48,300円、出来高は2,621枚。

[ゴムRSS3]
上海高を受けて、買いが先行して始まった。その後は上海相場や原油相場が堅調に推移したほか、円高一服を背景に、上値を追って取引を終了している。
先限は前日比6.8円高の177.0円、出来高は9,476枚。

[とうもろこし]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後はシカゴ相場の堅調推移などを眺めた買い戻しが入り、下げ幅をやや縮小させて取引を終了している。
先限は前日比250円安の22,340円、出来高は356枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
売り買いは腹八分
ここで言う売り買いには、手仕舞いの売り買いと、
新たにポジションを建てする時の2種類があります。
前者は「頭と尻尾は猫にくれてやれ」と同じ意味で、
後者は過剰取引を戒めると同時に資金管理の重要さを伝えています。

その他情報は、こちらより


2018年12月29日(土)

いつもありがとうございます。


2018年度も無事終了となります。

今年は、石油関係銘柄主導でシステムもフル稼働しておりました。
原油もガソリンも、スイングでは1枚ベースでの年間利益が300万円を超えました。
非常に優秀な成績は残せたと思います。

商品先物スイングトータル利益(1枚ベース)
11,101,000円
商品先物デイトレトータル利益(1枚ベース)
11,375,500円

商品先物全コース年間総合利益(1枚ベース)
22,476,500円


今年も皆さんよりたくさんのお喜びの声を頂戴いたしました。
誠にありがとうございました。


大納会後にシステムメンテナンスも終了いたしております。
2019年度は更にパワーアップしたパフォーマンスが期待できそうです。
是非ともご期待ください!



以下は、12月度の獲得利益幅です。

スイングトレード
東京金 ・・・786 (1000倍)
東京白金 ・・・289 (500倍)
東京原油 ・・・3,120 (50倍)
東京ガソリン ・・・5,130 (50倍)
東京ゴム ・・・-19.6 (5000倍)
東京コーン ・・・4,080 (50倍)

日経225先物 ・・・-2,870 (ラージ1000倍、ミニ100倍)

デイトレード
東京金 ・・・248 (1000倍)
東京白金 ・・・376 (500倍)
東京原油 ・・・10,740 (50倍)
東京ガソリン ・・・10,630 (50倍)
東京ゴム ・・・38.6 (5000倍)



本年中のご愛顧に心より御礼申し上げますとともに、来年も変わらぬお引き立てのほどよろしくお願い申し上げます。

皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。


2018年12月28日(金)

本日システムメンテナンスを実施させていただきますので、更新は明日になります。
ご迷惑をおかけして申し訳ございません。


2018年12月27日(木)

[金]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は決め手材料を欠く中、もみ合いが続いて取引を終了している。
先限は前日比12円高の4,525円、出来高は35,132枚。

[白金]
NY高や円相場の緩みを受けて、続伸して始まった。その後は手掛かり材料難から狭いレンジで推移して取引を終了している。
先限は前日比42円高の2,857円、出来高は10,590枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY原油高と円安を受けて、急騰して始まった。その後はNY時間外の軟化を背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
原油先限は前日比3,020円高の36,900円、出来高は21,500枚。ガソリン先限は前日比3,340円高の47,910円、出来高は4,521枚。

[ゴムRSS3]
上海高を受けて、買いが先行して始まった。その後は上海相場の急伸や内外原油相場の堅調推移を背景に上げ幅を拡大し、大引けにかけて高値圏でのもみ合いが続いて取引を終了している。
先限は前日比4.3円高の172.3円、出来高は8,252枚。

[とうもろこし]
円の軟化を受けて、続伸して始まった。その後もシカゴ夜間相場の堅調を材料に買いが継続、期先を中心に値を伸ばして取引を終了している。
先限は前日比500円高の22,650円、出来高は450枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
売り気挟んで目前を利せんと買うなかれ、ただ売りを待つべし
先行き下がると見込んでいながら、目先戻りがあると思わず買いの誘惑にかられますが、
ここはじっと我慢。底をつくまで売りを通してから、戻りを狙うのが健全といえます。


会員各位
28日(金)は原油の納会日です。1月4日(金)の日中立会より新甫が発会されます。
原油コースの会員様は、1月4日以降に配信される売買サービス時記載の限月に、ご注意下さいますようお願い申し上げます。

*配信先アドレスのご登録は、携帯とPCといったように最大2つまで可能です。
追加アドレスをご希望の方は、お問合せもしくは会員専用メールアドレスよりお知らせ下さいますようお願いいたします。

その他情報は、こちらより


2018年12月26日(水)

[金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY金時間外の上昇を背景に、この日の高値で取引を終了している。
先限は前日比174円高の4,513円、出来高は0,424枚。

[白金]
小幅まちまちで始まった。その後はNY白金時間外の戻りを背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比30円高の2,815円、出来高は11,875枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後は円の下落とNY時間外の軟化の強弱材料が綱引きし、決め手を欠いて取引を終了している。
原油先限は前日比760円高の33,880円、出来高は13,716枚。ガソリン6月限は前日比1,490円高の44,710円、新甫7月限は44,570円、出来高は3,404枚。

[ゴムRSS3]
上海安を受けて、売りが先行して始まった。その後は上海の下落や為替の円高を背景にれ、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比2.2円安の168.0円、出来高は7,567枚。

[とうもろこし]
前日までの急落を受けて、利食い買いが先行して始まった。その後はシカゴ市場が休場の上、為替相場が動意を欠くなど、めぼしい材料が見当たらない中、戻り売りに頭を押さえられ、期先がこの日の安値圏で取引を終了している。
先限は前日比90円高の22,150円、出来高は461枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
売り買いを一度にするは無分別、二度に買うべし、二度に売るべし
一度の買いですべての資金を投入せず、まずは半分だけ買い、
その後の成り行きで買い乗せのチャンスを探ること。
売りの場合も同様に、資金に応じて、三度、四度に分けて投資
するのが理想的です。

その他情報は、こちらより


2018年12月25日(火)

[金]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は決め手材料を欠き、もみ合いが続いて取引を終了している。
10月限は前日比8円安の4,494円、新甫12月限は4,496円、出来高は23,898枚。

[白金]
NY安を受けて、反落して始まった。その後は円相場の引き締まりを背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
10月限は前日比49円安の2,786円、新甫12月限は2,785円、出来高は13,631枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後は円相場の上昇を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比3,860円安の33,120円、出来高は22,605枚。ガソリン先限は前日比4,080円安の43,220円、出来高は4,869枚。

[ゴムRSS3]
円高を受けて、続落して始まった。その後は決め手材料を欠き、もみ合いが続いて取引を終了している。
先限は前日比2.9円安の170.2円、出来高は8,353枚。

[とうもろこし]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後はシカゴ相場が軟調に推移したほか、円相場の引き締まりを背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比750円安の22,060円、出来高は761枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
うっかり仕掛けは見切りが良策
目先が不透明で相場が保ち合う時に、確信がもてないまま、
うっかり仕掛けることがありますが、このような仕掛け方は賢明とはいえません。
ゲーム感覚で相場を仕掛けても勝算は長続きしないのがオチです。

本日をもちまして、2018先物キャンペーンファイナルは終了いたしました。
たくさんのご参加誠にありがとうございました。


その他情報は、こちらより


2018年12月21日(金)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外は水準を切り下げたが、円相場の軟化がこれを打ち消し、狭いレンジでもみ合って取引を終了している。
先限は前日比27円高の4,502円、出来高は30,512枚。

[白金]
NY高を受けて、反発して始まった。その後はNY白金時間外相場の軟調を背景に、上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比3円高の2,835円、出来高は7,614枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外の戻り一服を背景に、終盤にかけて水準を切り下げて取引を終了している。
原油先限月は前日比1,250円安の36,980円、出来高は19,462枚。ガソリン先限は前日比1,340円安の47,300円、出来高は3,417枚。

[ゴムRSS3]
小幅まちまちで始まった。その後は上海ゴム相場の下落や内外原油相場の軟調を背景に、当ぎりを除きマイナスサイドに沈んで取引を終了している。
5月限は前日比1.3円安の173.0円、新甫6月限は173.1円、出来高は15,684枚。

[とうもろこし]
シカゴ安を受けて、続落して始まった。その後は週末要因やシカゴの戻りを材料に買い戻しが入り、安値圏から水準を引き上げて取引を終了している。
先限は前日比770円安の22,810円、出来高は1,113枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
受けて立つが相場のコツ
「飛びつく魚は釣られる」ということわざがあります。
同様に相場も飛びついて売買すれば、損のもと。
常に研究を怠らず、目標を定めて、いざという時のチャンスに乗りましょう。

まだの方はお早めに!
2018ファイナル先物キャンペーン!

その他情報は、こちらより


2018年12月20日(木)

[金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後は円相場の上昇を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比32円安の4,475円、出来高は42,958枚。

[白金]
NY高を受けて、反落して始まった。その後はNY時間外安と円上昇を背景に、軟調に推移して取引を終了している。
先限は前日比34円安の2,832円、出来高は8,205枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY原油高を受けて、反発して始まった。その後はNY時間外の軟化、円相場の上昇を背景に、軟調地合いのまま取引を終了している。
原油先限月は前日比80円安の38,230円、出来高は15,013枚。ガソリン先限は前日比560円安の48,640円、出来高は3,894枚。

[ゴムRSS3]
小口のポジション整理の買いに小じっかりで始まった。その後は上海ゴム相場の上昇を背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比3.2円高の174.3円、出来高は5,075枚。

[とうもろこし]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。売り一巡後は買い戻しに小戻した。ただ、為替が円高に振れたことで、大引けにかけて再び売り圧力が強まり、この日の安値圏で取引を終了している。
先限は前日比320円安の23,580円、出来高は639枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
一夜成金一夜乞食
相場の世界は、一寸先は闇であり、成功をおさめた人、相場で破滅した人
などさまざまです。相場は一夜で成金を生み出すことができますが、その
逆もまた真で、相場には常に魅惑と非情さが付きものといえるでしょう。

会員各位
21日(金)は金・白金の納会日です。25日(火)の日中立会より新甫が発会されます。
金・白金コースの会員様は、25日以降に配信される売買サービス時記載の限月に、ご注意下さいますようお願い申し上げます。

*配信先アドレスのご登録は、携帯とPCといったように最大2つまで可能です。
追加アドレスをご希望の方は、お問合せもしくは会員専用メールアドレスよりお知らせ下さいますようお願いいたします。

まだの方はお早めに!
2018ファイナル先物キャンペーン!

その他情報は、こちらより


2018年12月19日(水)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外の堅調地合い、円相場の引き締まりと強弱両材料が交錯する中をもみ合いが続いて取引を終了している。
先限は前日比5円高の4,507円、出来高は19,874枚。

[白金]
NY高を受けて、反発して始まった。その後はNY時間外の上げ一服や円の上昇を背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比8円高の2,866円、出来高は5,569枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後は新規の手掛かり材料難から、もみ合いが続いて取引を終了している。
原油先限月は前日比1,600円安の38,310円、出来高は21,793枚。ガソリン先限は前日比1,870円安の49,200円、出来高は4,438枚。

[ゴムRSS3]
整理売りを受けて、売りが先行して始まった。その後は手掛かり材料難を背景に、もみ合って取引を終了している。
先限は前日比0.2円安の171.1円、出来高は2,932枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。買い一巡後は円相場の引き締まりやシカゴ相場の下落を背景に、マイナスサイドで取引を終了している。
先限は前日比50円安の23,900円、出来高は315枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
イレたらしまい投げたらしまい
上昇相場で売り方が辛抱できずにイレ(踏み上げ)てきたら、上昇相場は終焉に近く、
逆に下げ相場で買い方の投げが出始めたら、底入れが近いと言うこと。
売り方の買戻しや、買い方の投売りで起こるオーバーシュートで相場がリセットされれば、
新たなチャンスの到来です。

会員各位
20日(木)はゴムの納会日です。21日(金)の日中立会より新甫が発会されます。
ゴムコースの会員様は、21日以降に配信される売買サービス時記載の限月に、ご注意下さいますようお願い申し上げます。

*配信先アドレスのご登録は、携帯とPCといったように最大2つまで可能です。
追加アドレスをご希望の方は、お問合せもしくは会員専用メールアドレスよりお知らせ下さいますようお願いいたします。

まだの方はお早めに!
2018ファイナル先物キャンペーン!

その他情報は、こちらより


2018年12月18日(火)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はもみ合う場面があったものの、円相場の引き締まりを背景に、徐々に水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比2円高の4,502円、出来高は19,338枚。

[白金]
NY高を受けて、反発して始まった。その後はNY時間外相場の軟調や円の上昇を背景に、上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比6円安の2,858円、出来高は6,241枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外の軟調地合い、円相場の上昇を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限月は前日比1,410円安の39,910円、出来高は17,577枚。ガソリン先限は前日比1,900円安の51,070円、出来高は2,992枚。

[ゴムRSS3]
上海高を受けて、買いが先行して始まった。その後は円相場の上昇、上海相場の堅調地合いを背景に、方向感を欠いて取引を終了している。
先限は前日比0.3円安の171.3円、出来高は5,096枚。

[とうもろこし]
新ポ発会を受けた売方の玉整理に上昇して始まった。その後は円相場の引き締まりを背景に、引けにかけやや下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比100円安の23,950円、出来高は467枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
何時も柳の下にドジョウはいない
人は最初の売りで成功すると、常に売りに回りたくなるものですが、
これは失敗の原因。相場の強弱を考えて見込みを判断するべきで、
決して売買の一方に偏らないようにしましょう。

まだの方はお早めに!
2018ファイナル先物キャンペーン!

その他情報は、こちらより


2018年12月17日(月)

[金]
NY安や円高を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY金時間外の軟調、円の軟化と強弱両材料の綱引きで決め手を欠き、もみ合いとなって取引を終了している。
先限は前日比14円安の4,500円、出来高は22,756枚。

[白金]
NY安や円高を受けて、続落して始まった。その後はNY時間外相場の軟調推移を背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比38円安の2,864円、出来高は10,157枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外が軟調に推移する半面、円相場は軟化と、強弱両材料が交錯する中でもみ合って取引を終了している。
原油先限月は前日比510円安の41,320円、出来高は10,609枚。ガソリン先限は前日比330円安の52,970円、出来高は1,466枚。

[ゴムRSS3]
上海高を受けて、買いが先行して始まった。その後も上海相場の堅調地合いや円安を背景に、買い優勢で取引を終了している。
先限は前日比3.0円高の171.6円、出来高は6,388枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後は円相場の軟化を背景に、やや上げ幅を拡大して取引を終了している。
11月限は前日比120円高の24,010円、新甫1月限は24,050円、出来高は280枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
何時とても売りの落城の高峠、恐い所を売るが極意ぞ
相場は安心して売買した時は、結果的に損になっていることが多いものです。
売りの極意とは、踏み上げたところで売りに出ること。
勇気を振りしぼって恐る恐る売りに出たときこそ儲けとなるのです。

まだの方はお早めに!
2018ファイナル先物キャンペーン!

その他情報は、こちらより


2018年12月14日(金)

[金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY金時間外の軟調や円の引き締まりを背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比17円安の4,514円、出来高は24,289枚。

[白金]
NY安を受けて、反落して始まった。その後もNY時間外の弱地合いや円の上昇を背景に、軟調に推移して取引を終了している。
先限は前日比40円安の2,902円、出来高は10,858枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外が軟化したほか、円相場の上昇を背景に、伸び悩んで取引を終了している。
原油先限月は前日比390円高の41,830円、出来高は17,380枚。ガソリン先限は前日比330円高の53,300円、出来高は2,169枚。

[ゴムRSS3]
上海安を受けて、売りが先行して始まった。売り一巡後は押し目を拾われ、期中・期先が値を戻して取引を終了している。
先限は前日比0.3円安の168.6円、出来高は9,489枚。

[とうもろこし]
円安を受けて、上伸して始まった。その後はシカゴ相場の軟調を眺めて伸び悩んだが、下値では売方の手じまいが入り、総じて狭い範囲で推移して取引を終了している。
先限は前日比100円高の23,890円、出来高は310枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
一貫性のない相場師は敗者
相場とは儲けようとすればするほど、儲からないものです。
弱くなると売り、強くなると買うといった目先相場で短時間に儲けようとすると、
冷静な判断ができません。まずは儲けたい気持ちを抑えて方針を決め、
その目標に集中して売買することです。

まだの方はお早めに!
2018ファイナル先物キャンペーン!

その他情報は、こちらより


2018年12月13日(木)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は円相場の軟化やNY金時間外の底堅さを背景に、引けにかけて水準を切り上げ、この日の高値圏で取引を終了している。
先限は前日比6円高の4,531円、出来高は17,720枚。

[白金]
NY高を受けて、続伸して始まった。その後もNY時間外の堅調地合いや円の緩みを背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比71円高の2,942円、出来高は12,206枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後は円相場の軟化を背景に、下げ幅を縮小して取引を終了している。
原油先限月は前日比280円安の41,440円、出来高は21,569枚。ガソリン先限は前日比210円安の52,970円、出来高は1,720枚。

[ゴムRSS3]
上海高を受けて、買いが先行して始まった。その後は上海相場の堅調推移や円相場の軟化に加え、中国筋の旺盛な投機的な買いに上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比4.2円高の168.9円、出来高は10,504枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、続伸して始まった。買い一巡後はシカゴ相場の軟化や、来週17日の新ポ発会を意識した売りに押されて値を消して取引を終了している。
先限は前日比70円安の23,790円、出来高は262枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
一文惜しみは天底逃し
買う時は安く、売る時は高く売りたいのが人情というもの。
しかし天底で売買できる確率の低さを考えると非現実的です。
目先のわずかな動きに惑わされて、チャンスを逸してしまうことほど残念なことはありません。

まだの方はお早めに!
2018ファイナル先物キャンペーン!

その他情報は、こちらより


2018年12月12日(水)

[金]
NY安を受けて、反落して始まった。その後は全限月がプラス圏に切り返したものの、NY金時間外の戻り一服を背景に、終盤にかけて水準を下げて取引を終了している。
先限は前日比1円安の4,525円、出来高は25,001枚。

[白金]
NY高や円の軟化を受けて、下落して始まった。その後もNY白金時間外相場の堅調や円の軟化を背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比32円高の2,871円、出来高は9,454枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の堅調推移を背景に、水準を切り上げ、この日の高値圏で取引を終了している。
原油先限月は前日比970円高の41,720円、出来高は24,971枚。ガソリン先限は前日比1,380円高の53,180円、出来高は2,191枚。

[ゴムRSS3]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は上海ゴム相場の上昇や為替の円安を背景に、期先も上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比3.3円高の164.7円、出来高は10,253枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後は買方の手じまいに期中以降がマイナス圏に沈んだが、引けにかけ、シカゴ相場の堅調などを眺め、総じてプラス圏に切り返して取引を終了している。
先限は前日比0円の23,860円、出来高は250枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
一枚の紙にも裏表
一枚の紙にも裏表があるように、相場でも材料が強材料、弱材料になることがあります。
材料の表裏をよく見極めることが重要です。

まだの方はお早めに!
2018ファイナル先物キャンペーン!

その他情報は、こちらより


2018年12月11日(火)

[金]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の水準切り上げを背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比21円高の4,526円、出来高は23,992枚。

[白金]
NY安を受けて、下落して始まった。その後はNY白金時間外の弱地合いを背景に、下値を追って取引を終了している。
先限は前日比24円安の2,839円、出来高は7,709枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後は円相場、NY時間外ともに小動きで決め手を欠き、レンジ内でもみ合って取引を終了している。
原油先限月は前日比1,250円安の40,750円、出来高は23,624枚。ガソリン先限は前日比1,050円安の51,800円、出来高は2,860枚。

[ゴムRSS3]
小幅まちまちで始まった。その後は当ぎりが買い戻しなどに急伸、つれて2番ぎり以降もプラス圏に浮上した。ただ、大引けにかけて戻り売りに上値を抑えられ、先ぎりが唯一マイナスサイドで取引を終了している。
先限は前日比0.1円安の161.4円、出来高は9,990枚。

[とうもろこし]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は円相場が小動きの中、シカゴ相場の軟調地合いを背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比140円安の23,860円、出来高は293枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
意地商いは破滅のもと
相場は個人の思惑通りに動かないのが常。
相場の動きに逆らい、意地になって難平を続けても、
冷静な判断を欠くだけで、身の破滅がオチです。
時には意地を通す場面も必要ですが、どんな投資家でも精神的・物理的な限界点を
超えて相場をするのは、限界があることを悟るべきです。

いつもありがとうございます。

本日の相場格言
一枚の紙にも裏表
一枚の紙にも裏表があるように、相場でも材料が強材料、弱材料になることがあります。
材料の表裏をよく見極めることが重要です。


2018年12月10日(月)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は円相場が引き締まった局面で上げ幅を縮小し、午後に入ると決め手材料難からもみ合いが続いて取引を終了している。
先限は前日比19円高の4,505円、出来高は32,567枚。

[白金]
まちまちで始まった。その後は円の上昇を背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比0円の2,863円、出来高は6,911枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY原油高を受けて、買いが先行して始まった。買い一巡後はNY時間外の水準切り下げを背景に、伸び悩んで取引を終了している。
原油先限月は前日比1,310円高の42,000円、出来高は40,012枚。ガソリン先限は前日比1,060円高52,850円、出来高は3,762枚。

[ゴムRSS3]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は上海ゴムの軟化や円高を背景に、ポジション整理の売りが強まっり、午後は安値圏でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比2.9円安の161.5円、出来高は4,290枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後は円相場の引き締まりやシカゴ相場の軟調推移を眺めて伸び悩み、先ぎりが小幅ながらマイナス圏に沈んで取引を終了している。
先限は前日比20円安の24,000円、出来高は207枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
意志は強固なるを要する
わずかな失敗で落ち込んでいるようでは、相場を継続することはできません。
相場で成功するためには、どんな状況に置かれている時でも、強い意志を持ち
続けるべきです。

まだの方はお早めに!
2018ファイナル先物キャンペーン!

その他情報は、こちらより


2018年12月7日(金)

[金]
NY安を受けて、反落して始まった。その後はNY金時間外の堅調地合いと円相場の軟化を背景に切り返し、全限月がプラスサイドに浮上して取引を終了している。
先限は前日比5円高の4,486円、出来高は23,689枚。

[白金]
NY安と円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は円相場の軟化などを背景に、下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比15円安の2,863円、出来高は13,919枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外の軟調推移を背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
原油先限月は前日比1.070円安の40,690円、出来高は39,280枚。ガソリン先限は前日比740円安の51,790円、出来高は4,643枚。

[ゴムRSS3]
上海ゴム安を受けて、売りが先行して始まった。その後は上海ゴム相場の引き締まりなどを背景に、プラスサイドに浮上する限月が相次いで取引を終了している。
先限は前日比0.4円高の164.4円、出来高は3,895枚。

[とうもろこし]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後は買方のポジション整理に総じて下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比230円安の24,020円、出来高は228枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
意見聞くなら一人だけ
人の意見は十人十色と言っていいほど、それぞれ違います。
いろんな人の意見を鵜呑みにしたところで、結局は混乱を招くだけ。
最後はやはり自分自身の決断にかかっています。
人の意見は十人十色と言っていいほど、それぞれ違います。
いろんな人の意見を鵜呑みにしたところで、結局は混乱を招くだけ。
最後はやはり自分自身の決断にかかっています。

まだの方はお早めに!
2018ファイナル先物キャンペーン!

その他情報は、こちらより


2018年12月6日(木)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外の堅調推移、円相場の引き締まりと強弱両材料が交錯する中でもみ合いとなったが、午後に水準をやや下げて取引を終了している。
先限は前日比6円高の4,481円、出来高は19,865枚。

[白金]
NY高を受けて、反発して始まった。その後はNY白金時間外相場の軟化や円の上昇を背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比2円安の2,878円、出来高は10,785枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後も軟調に推移するNY時間外を背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
原油先限月は前日比130円安の41,760円、出来高は20,689枚。ガソリン先限は前日比520円安の52,530円、出来高は2,761枚。

[ゴムRSS3]
上海ゴム安や円高を受けて、小動きで始まった。その後はNY時間外の軟化、円相場の上昇を背景に、水準を切り下げ全限月がマイナスサイドで取引を終了している。
先限は前日比0.5円高の164.0円、出来高は6,189枚。

[とうもろこし]
円の軟化を受けて、買いが先行して始まった。その後は決め手材料難からもみ合ったが、為替相場が円高に向かうと、先ぎりは上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比10円安の24,250円、出来高は227枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
行き過ぎもまた相場
相場は材料だけで動くものではなく、人気も作用しています。
相場が行き過ぎるメカニズムは一言では語れず、定期的に常識では
考えられない乱高下が発生します。
つまり、思惑や常識通りの動きだけではなく、それ以上の動きがある
のも相場と心得ておきましょう。

まだの方はお早めに!
2018ファイナル先物キャンペーン!

その他情報は、こちらより


2018年12月5日(水)

[金]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外が水準を切り下げる一方、円相場が軟化し、強弱両材料が交錯する中でもみ合いとなって取引を終了している。
先限は前日比14円安の4,475円、出来高は26,091枚。

[白金]
NY安や円高を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外相場の軟調地合いを背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比38円安の2,880円、出来高は12,322枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後も軟調に推移するNY時間外を背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
原油先限月は前日比560円安の41,890円、出来高は18,432枚。ガソリン先限は前日比1,030円安の53,050円、出来高は3,218枚。

[ゴムRSS3]
上海ゴム安や円高を受けて、小動きで始まった。その後は堅調に推移する上海相場を背景に、軒並み引き締まって取引を終了している。
先限は前日比0.9円高の163.5円、出来高は9,338枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、小幅高で始まった。その後は決め手材料難から様子見ムードが広がり、始値を中心に狭いレンジの動きにとどまり、プラス圏とマイナス圏を行き来して取引を終了している。
先限は前日比40円高の24,260円、出来高は113枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
余るは足らぬの始まり
過剰生産されたモノは、一般的に希少性や付加価値を失いやすく、
ゼロに近い価値になりやすいものです。
相場を需給関係で判断する時は、この点を忘れないようにしましょう。

今年主役の石油相場
原油スイングは年間獲得利益幅60,000円突破!
ガソリンスイングは70,000円超え!

白金も好調キープ。
白金スイングの年間獲得利益幅は、4000円を突破!

まだの方はお早めに!

2018ファイナル先物キャンペーン!

その他情報は、こちらより


2018年12月4日(火)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外の堅調を背景に、終盤にかけて水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比25円高の4,489円、出来高は39,275枚。

[白金]
NY安を受けて、総じて売りが先行して始まった。その後はNY白金時間外相場の軟調や円の引き締まりを背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比42円安の2,918円、出来高は9,435枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY原油の下落を受けて、売りが先行して始まった。その後もNY時間外は堅調に推移したものの、円相場の引き締まりを受けて地合いを弱めて取引を終了している。
原油先限月は前日比320円安の42,450円、出来高は17,089枚。ガソリン先限は前日比370円安の54,080円、出来高は2,873枚。

[ゴムRSS3]
上海ゴム夜間相場の急落を受けて、反落して始まった。その後は上海相場の軟調や円相場の上昇を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比2.3円安の162.6円、出来高は7,837枚。

[とうもろこし]
シカゴの上昇を受けて、買いが先行して始まった。その後もシカゴ相場の下落と円相場の引き締まりを背景に、上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比80円高の24,220円、出来高は308枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
当たり屋につかず、曲がり屋に向かえ
当たり屋は利が乗ると程々のところで利食いしてうまく逃げますが、
相場の動きに追随して売買する人は、利食いのタイミングを失い大きな損失を招きがちです。
このことから、常に相場と反対に仕掛けたほうが賢明だということ。


相場には勝った負けたは付き物です。勝ち負けだけで相場をやっているのであれば、そのうち偶然にも一度くらいは大きな利益をだすことも経験されると思います。しかし一度の利益を出すことは誰でも簡単なことではございますが、最終的に資金を増やすことは容易ではございません。相場を投資としてやる以上は、資産を残し財産を築きあげていかなければ意味はありません。
相場の世界では、常に勝ち続け ている投資家は1割もいないといわれています。9割近くの投資家達は1年と経たずに相場の世界から消え去っているのが実情です。
当サイトのシステムでは、目先の利益にはとらわ れず、大切な資産を残していくためにも年間プログラムを取り入れております。当然ながら短期間ではマイナスがでることもあります。しかし長い目で見た場合に、最終的には過去で実証されていますように、必ずといってよいほど年間成績はある平均値以上の結果を残すことが出来ます。
本格的な資産運用としてご紹介させていただいているため、独自のマネーマネジメントを取り入れております。
当たった、ハズれたの相場をやっていても意味はありません。
資産運用として真剣にお考えなのであれば、1ヶ月よりも当然ながら、半年、1年・・・と長期での運用の方が効果もかなり大きくなります。
実際に実感していただくためにも、なるべく長く運用するこ とをお勧めいたします。
そうすることによって、今まで味わったことのない喜びを感じて頂けるはずです。


2018年12月3日(月)

[金]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外の水準切り上げを背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比13円高の4,464円、出来高は23,680枚。

[白金]
小幅まちまちで始まった。その後はNY白金時間外相場の戻りを背景に、下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比1円高の2,960円、出来高は13,426枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY原油高と円安を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外の堅調地合いを背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
原油4限月は前日比1,560円高の43,000円、新甫5月限は42,770円、出来高は28,126枚。ガソリン先限は前日比1,820円高の54,450円、出来高は4,850枚。

[ゴムRSS3]
円安を受けて、上伸して始まった。買い一巡後は上海ゴムの軟化を背景に、戻り待ちの売りに押されて伸び悩んて
で取引を終了している。
先限は前日比3.9円高の164.9円、出来高は13,816枚。

[とうもろこし]
米中貿易戦争の一時休戦を手掛かりに買われたことを背景に、上伸して始まった。その後もシカゴ相場の堅調地合いを背景に、高値圏で推移したが、後半は円相場の引き締まりを映した整理売りに上げ幅を縮め取引を終了している。
先限は前日比170円高の24,140円、出来高は539枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
頭と尻尾はくれてやれ
多くの人が大底で買って天井売りすることを夢見がちですが、
その確率は宝くじに当たるようなもの。
大底買いや天井売りを狙っていると、最良のタイミングを逃してしまうことが多いため、
結局はゆとりのある態度が上手くいくことだと悟ることが肝心です。

2018ファイナル先物キャンペーン!を開催させていただいております。
今年最後の皆様へのプレゼントをご用意させていただきました。

早い者勝ち!

大納会までチャンスはまだまだたくさんあり。

チャンスを最大限に活かし、2018年を良い締めくくりにしましょう!


2018ファイナル先物キャンペーン!

その他情報は、こちらより


2018年11月30日(金)

[金]
NY安と円安の強弱材料を受けて、小幅まちまちで始まった。その後は狭いレンジで推移する中、NY金時間外の底堅さを背景に、全限月が若干のプラスサイドで取引を終了している。
先限は前日比1円高の4,451円、出来高は25,026枚。

[白金]
NY安を受けて、続落して始まった。その後はNY白金時間外の軟調地合いを背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比50円安の2,959円、出来高は14,689枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の堅調推移を背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
原油先限は前日比900円高の41,440円、出来高は20,905枚。ガソリン先限は前日比510円高の52,630円、出来高は3,825枚。

[ゴムRSS3]
上海高を受けて、小じっかりで始まった。その後も上海の堅調や内外原油の上伸を背景に、期先を中心に上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比1.6円高の147.0円、出来高は2,368枚。

[とうもろこし]
小幅まちまちで始まった。その後は全限月が水準を切り下げ、この日の安値圏で取引を終了している。
先限は前日比330円安の23,970円、出来高は691枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
上げ相場へと変われば、押し目押し目を狙え
底値圏から少しずつ上昇相場になっていれば上昇相場の前兆です。
ここで決して売らないように!押し目は絶好の買い場です。

今月も皆様お疲れさまでした。

以下は、11月度の各コースの獲得利益幅です。

スイングトレード
東京金 ・・・133円(1000倍)
東京白金 ・・・9円(500倍)
東京原油 ・・・7230円(50倍)
東京ガソリン ・・・9370円(50倍)
東京ゴム ・・・0円(5000倍)
東京コーン ・・・3180円(50倍)

日経225先物 ・・・0円(ラージ1000倍、ミニ100倍)


デイトレード
東京金 ・・・287円(1000倍)
東京白金 ・・・179円(500倍)
東京原油 ・・・3230円(50倍)
東京ガソリン ・・・−2800円(50倍)
東京ゴム ・・・73.2円(5000倍)


12月度もよろしくお願いします。


会員各位
30日(金)は原油の納会日です。12月3日(月)の日中立会より新甫が発会されます。
原油コースの会員様は、12月3日以降に配信される売買サービス時記載の限月に、ご注意下さいますようお願い申し上げます。
*配信先アドレスのご登録は、携帯とPCといったように最大2つまで可能です。
追加アドレスをご希望の方は、お問合せもしくは会員専用メールアドレスよりお知らせ下さいますようお願いいたします。

2018ファイナル先物キャンペーン!を開催させていただいております。
今年最後の皆様へのプレゼントをご用意させていただきました。

早い者勝ち!

大納会までチャンスはまだまだたくさんあり。

チャンスを最大限に活かし、2018年を良い締めくくりにしましょう!


2018ファイナル先物キャンペーン!

その他情報は、こちらより


2018年11月29日(木)

[金]
NY高受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外が水準を切り上げる半面、円相場が引き締まり、強弱両材料が綱引きとなって取引を終了している。
先限は前日比17円高の4,450円、出来高は29,832枚。

[白金]
NY安を受けて、続落して始まった。その後は手掛かり材料難から狭いレンジで推移し取引を終了している。
先限は前日比26円安の3,009円、出来高は12,139枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外の軟調地合いや円相場の引き締まりを背景に、終盤にかけて下げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比1,790円安の40,540円、出来高は19,990枚。ガソリン先限は前日比1,5801円安の52,120円、出来高は3,914枚。

[ゴムRSS3]
上海高を受けて、買いが先行して始まった。買いが一巡すると上海の軟化につれて伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日比1.0円高の145.4円、出来高は1,882枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、上伸して始まった。買い一巡後は、円相場の引き締まりを背景に上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比60円高の24,300円、出来高は339枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
上げ基点は買い、上げの極点は売り
相場は、世の中の空気が弱気に転じた時は、底値を打って上昇するものです。
その逆に、世の中が高揚し、高騰しそうに思われる時は、必ず下る傾向にあります。
上昇相場では下ることだけを考え、安値相場では上がることだけを考えましょう。


2018ファイナル先物キャンペーン!を開催させていただいております。
今年最後の皆様へのプレゼントをご用意させていただきました。

早い者勝ち!

大納会までチャンスはまだまだたくさんあり。

チャンスを最大限に活かし、2018年を良い締めくくりにしましょう!


2018ファイナル先物キャンペーン!

その他情報は、こちらより


2018年11月28日(水)

[金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY金時間外と円相場がともに動意薄となり、決め手材料を欠いたことから、もみ合いが続いて取引を終了している。
先限は前日比13円安の4,433円、出来高は31,942枚。

[白金]
NY安を受けて、続落して始まった。その後は手掛かり材料難から狭いレンジで推移して取引を終了している。
先限は前日比28円安の3,035円、出来高は6,600枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の水準切り上げを背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比940円高の42,330円、出来高は14,581枚。ガソリン先限は前日比1,380円高の53,700円、出来高は4,597枚。

[ゴムRSS3]
上海安を受けて、売りが先行して始まった。売り一巡後は上海相場の上昇を背景に切り返し、全限月がプラス圏で取引を終了している。
先限は前日比1.4円高の144.4円、出来高は1,963枚。

[とうもろこし]
円の軟化を受けて、上伸して始まった。その後はシカゴ相場の軟調な動きを材料に上げ幅を削る場面もあったが、為替の円安に下支えされて底堅い展開となって取引を終了している。
先限は前日比100円高の24,240円、出来高は229枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
商いは急がず時を待て
売買をする時の焦りは禁物。市場はいつでもあります。
もしも仕掛けるタイミングを逃したと思ったら、次のタイミングまで待ちましょう。


本日より
2018ファイナル先物キャンペーン!を開催させていただいております。
今年最後の皆様へのプレゼントをご用意させていただきました。

早い者勝ち!

大納会までチャンスはまだまだたくさんあり。


チャンスを最大限に活かし、2018年を良い締めくくりにしましょう!



2018ファイナル先物キャンペーン!

その他情報は、こちらより