AX
本文へスキップ

商品先物取引 売買指針サービス En−Rich

本日の相場CONCEPT

 
  会員専用ページはPC版に掲載しております。
  http://www.e-erich.com/

本日の相場



2024年7月12日(金)

[金]
為替市場で急激に進んだ円高・ドル安を受けて、売りが先行して始まった。その後は取引中のニューヨーク金先物相場の軟調を嫌気し、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比71円安の12,344円、出来高は79,920枚。

[白金]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後も整理売りに押され、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日60円安の5,130円、出来高10,651枚。

[ドバイ原油]
為替相場の急激な円高・ドル安を眺めた買方の手仕舞いなどを受けて、売りが先行して始まった。その後も、売り優勢の展開が続き、値位置をじりじりと切り下げて取引を終了している。
中心限24年12月限は前日比1,750円安の79,900円、25年9月限は前日比1,390円安の73,800円、出来高は3,838枚。

[ゴムRSS3]
為替市場の円高・ドル安を受けて、売りが先行して始まった。その後は週末とあって低調な取引の中、株安にも圧迫されて、マイナス圏でのもみ合いが続いて取引を終了している。
中心限月24年12月限は前日比3.0円安の324.9円、25年6月限は前日比1.1円安の318.9円、出来高は781枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
まだはもうなり
多勢がこの相場はまだまだ高いという時は、既に天井近くであるため、迷わず利食いすること。まだまだ弱いという時も、この反対を狙うことです。


その他情報は、こちらより


2024年7月11日(木)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外が強含みに推移し、外国為替相場は円安・ドル高へと振れる中、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比93円高の12,415円、出来高は33,554枚。

[白金]
NY白金高を受けて、買いが先行して始まった。買い一巡後は方向感を欠き、伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日60円高の5,190円、出来高7,973枚。

[ドバイ原油]
NY原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の堅調や為替相場の円安・ドル高を眺めた買いが入り、大半がこの日の高値圏で取引を終了している。
中心限24年12月限は前日比1,520円高の81,650円、25年9月限は前日比1,230円高の75,190円、出来高は10,005枚。

[ゴムRSS3]
小動きで始まった。その後は手じまい売りに押され軟調に推移して取引を終了している。
中心限月24年12月限は前日比3.6円高の327.9円、25年6月限は約定なし、出来高は508枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
負ける人は、なんとか負け金を払える余裕があるから負けるのである
‘雀聖’と呼ばれた阿佐田哲也の一節。
余裕があり過ぎると人は緊張感をなくし、勘が鈍くなることがあります。
ウォール街の格言にも『人の一生に投機をしてはならない時が二度ある。
投機をする余裕のない時と、余裕のある時がそれだ』とあります。

その他情報は、こちらより


2024年7月10日(水)

[金]
NY高や円安を受けて、買いが先行して始まった。その後も取引中の円の軟化やNY時間外相場の上昇を支えに、堅調に推移して取引を終了している。
先限は前日比57円高の12,322円、出来高は27,538枚。

[白金]
NY白金安を受けて、売りが先行して始まった。その後も弱気の売りに押され、終盤にかけて下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日103円安の5,130円、出来高14,885枚。

[ドバイ原油]
NY原油の続落を受けて、売りが先行して始まった。その後もNY時間外の弱含みを眺めた売りが継続し、大半がこの日の安値で取引を終了している。
中心限24年12月限は前日比1,440円安の80,130円、25年9月限は約定なし、出来高は9,949枚。

[ゴムRSS3]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は戻り売りに押されてマイナス圏に沈んだが、中盤以降、株高や上海の持ち直しを眺めて再び買い優勢に推移して取引を終了している。
中心限月24年12月限は前日比4.7円高の324.3円、25年6月限は約定なし、出来高は1,138枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
褒められる仕手は全盛の極み、人より先に提灯を消せ
褒められる仕手とは相場の天底にある人のこと。
この人に提灯をつけたら素早く逃げましょう。
とんだ振るい落としに引っかかる可能性があります。

その他情報は、こちらより


2024年7月9日(火)

[金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外がじり高をたどった中、日本時間今夜に予定されているパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の議会証言を待つムードもあり、下げ渋って取引を終了している。
先限は前日比73円安の12,265円、出来高は33,520枚。

[白金]
NY白金安を受けて、売りが先行して始まった。売り一巡後は下値を買い拾われ、下げ幅を縮めて取引を終了している。
先限は前日32円安の5,233円、出来高11,771枚。

[ドバイ原油]
NY原油安を受けて、小安く始まった。その後は為替相場の円安・ドル高や株価の上昇を眺めた売方の手じまいなどに切り返し、一部限月がプラスサイドで取引を終了している。
中心限24年12月限は前日比10円高の81,570円、25年9月限は約定なし、出来高は9,453枚。

[ゴムRSS3]
上海高を受けて、小反発して始まった。その後は株価の上昇に支えられて堅調に推移したものの、中盤に7月当ぎりが値を崩すと、期近限月がこれになびきマイナス圏に沈んで取引を終了している。
中心限月24年12月限は前日比2.5円高の318.5円、25年6月限は約定なし、出来高は991枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
豊作に売りなし
古くから米相場に伝わる格言。豊作の年は米が十分にあると思い、
つい浪費して結局米不足を招いたりするものです。
つまり、豊作だからと言って油断せず、計画性を持つことが大切だ
ということです。

その他情報は、こちらより


2024年7月8日(月)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後も高値圏で推移し、終値ベースで先ぎりが7週間ぶりに最高値を更新して取引を終了している。
先限は前日比90円高の12,338円、出来高は54,756枚。

[白金]
NY白金高を受けて、買いが先行して始まった。その後は終盤に手じまいに押されて上げ幅を縮めて取引を終了している。
先限は前日70円高の5,265円、出来高16,769枚。

[ドバイ原油]
NY原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後も、弱含みに推移するNY時間外を眺めた散発的な売りに押され、下げ幅を広げて取引を終了している。
中心限24年12月限は前日比790円安の81,560円、25年9月限は約定なし、出来高は9,658枚。

[ゴムRSS3]
原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後も、軟調な上海相場を眺めた売りが継続し、全般がこの日の安値圏で取引を終了している。
中心限月24年12月限は前日比7.0円安の317.1円、25年6月限は前日比0.0円の320.0円、出来高は1,048枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
兵は詭道(きどう)なり
孫子の言葉で、「兵」は戦争、「詭道」は人を偽り欺くことを意味し、
「戦争は騙し合いである」ということです。
相場にも、買い手と売り手という敵がいて、勝つために可能な限り、
手段を選びません。
当然、騙す側が悪いのですが、騙される側にも非がないとは言い切れません。
騙されないためには、敵が使う詭道(手のうち)を理解することも必要です。

先物ニュース!
2024年7月8日〜7月12日の委託者証拠金額
金(標準) 326,000円
金(ミニ) 32,600円
ゴールドスポット 35,600円
銀 297,000円
白金(標準) 106,500円
白金(ミニ) 21,300円
プラチナスポット 23,200円
パラジウム 1,017,000円
ゴムRSS3 92,500円
ゴムTSR20 50,500円
とうもろこし 79,000円
一般大豆 112,000円
小豆 40,000円
バージガソリン 143,500円
バージ灯油 155,000円
ドバイ原油 314,000円
バージ軽油 123,000円
中京ローリーガソリン 32,600円
中部ローリー灯油 32,000円

その他情報は、こちらより



2024年7月5日(金)

[金]
手掛かり材料が乏しい中、まばらな買いが先行して始まった。その後は6月の米雇用統計を今夜に控え、新たな売買が手控えられる中、為替相場の円高・ドル安を映したポジション調整の売りに押され、軒並みマイナス圏で取引を終了している。
先限は前日比2円安の12,248円、出来高は20,004枚。

[白金]
NY白金安を受けて、反落して始まった。その後も円高が重しとなり、全般は弱含みに推移して取引を終了している。
先限は前日20円安の5,195円、出来高7,656枚。

[ドバイ原油]
NY原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外が米雇用統計を控えた利益確定の売りに値を消したことから売り優勢となり、全般がマイナスサイドで取引を終了している。
中心限24年12月限は前日比290円安の82,350円、25年9月限は約定なし、出来高は8,840枚。

[ゴムRSS3]
上海安を受けて、売りが先行して始まった。その後は円高・ドル安や上海安が圧迫し、全般が弱含みに推移して取引を終了している。
中心限月24年12月限は前日比6.1円安の324.1円、25年6月限は約定なし、出来高は1,876枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
下手な難平(なんぴん)、怪我のもと
難平の難は損のことで、平は平均化するということ。
勝った銘柄が値下がりした場合、さらに買い増すことによって、
平均の買いコストを下げ、次の上昇時に利食いしやすくする行為のことを言います。
しかし、難平はトレンドに逆らう行為のため、そのタイミングを間違えると損失が拡大
することもあり、非常に危険です。

その他情報は、こちらより


2024年7月4日(木)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は利益確定の売りに上げ幅を縮めた。先ぎりは夜間取引で一時1万2297円まで上昇し、中心限月継続足で5月20日以来約1カ月半ぶりに最高値を更新して取引を終了している。
先限は前日比75円高の12,250円、出来高は42,930枚。

[白金]
NY白金高を受けて、買いが先行して始まった。その後も堅調に推移し、終値としては6月3日以来約1カ月ぶりの高値水準で取引を終了している。
先限は前日35円高の5,215円、出来高10,421枚。

[ドバイ原油]
NY原油高を受けて、続伸して始まった。その後はNY時間外が利益確定の売りに下落したことから値を削り、12月きりなど一部限月がマイナス圏に落ち込んで取引を終了している。
中心限24年12月限は前日比30円安の82,640円、25年9月限は約定なし、出来高は1,149枚。

[ゴムRSS3]
決め手となる材料が乏しい中、もちあいで始まった。その後は上海相場に追随する動きとなり、一時はプラス圏へ浮上したものの、終盤にかけては値を削り、結局、マイナス圏で取引を終了している。
中心限月24年12月限は前日比1.2円安の330.2円、25年6月限は約定なし、出来高は1,127枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
踏んだらしまい、投げたらしまい
相場において重要なのは、踏み(売り方が損をして買い戻すこと)か、
投げ(買い方が損をして投げ出すこと)の見極めです。
踏みが出尽くしたら天井、投げが出尽くしたら底と言われます。

その他情報は、こちらより


2024年7月3日(水)

[金]
NY金安を受けて、小安く始まった。その後は円安・ドル高に振れ、NY金時間外も堅調に推移したことから買いが優勢となり、全般がこの日の高値圏で取引を終了している。
先限は前日比35円高の12,175円、出来高は28,857枚。

[白金]
NY白金高を受けて、買いが先行して始まった。その後は伸び悩んだが、終盤にかけては円の軟化に支えられ、値を戻して取引を終了している。
先限は前日75円高の5,180円、出来高13,211枚。

[ドバイ原油]
NY原油の反落を受けて、売りが先行して始まった。その後は外国為替市場の円安・ドル高を背景に買いが優勢となり、全般がプラスサイドへ切り返して取引を終了している。
中心限24年12月限は前日比170円高の82,670円、25年9月限は約定なし、出来高は1,517枚。

[ゴムRSS3]
内外原油相場の下落を受け、総じて安寄りして始まった。その後は株高を眺めて切り返したが、その後は上海相場が軟化したことから再び売り優勢に推移して取引を終了している。
中心限月24年12月限は前日比2.6円安の331.4円、25年6月限は約定なし、出来高は919枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
降ると見ば積もらぬうちに払えかえし雪に折れぬ青柳の糸
相場を仕掛ける前に、相場が思惑と反対に動いた時のことを考えて、
損金額を設定して逆指値をしておくこと。
そうすれば、現実にその通りになってもリスクを回避できます。

その他情報は、こちらより


2024年7月2日(火)

[金]
NY金の上昇を受けて、買いが先行して始まった。その後は円の軟化を手掛かりに買いが継続し、先限は終値として5月22日以来約6週間ぶりの高値となって取引を終了している。
先限は前日比83円高の12,140円、出来高は36,209枚。

[白金]
NY白金の下落を受けて、売りが先行して始まった。その後は円の軟化を支えに下げ渋って取引を終了している。
先限は前日45円安の5,105円、出来高13,505枚。

[ドバイ原油]
NY原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外の堅調を眺めて、しっかりで推移して取引を終了している。
中心限24年12月限は前日比1,330円高の82,500円、25年9月限は約定なし、出来高は1,730枚。

[ゴムRSS3]
上海夜間取引や内外原油相場の上昇、為替市場の円安・ドル高を受け、買いが優勢で始まった。その後は株高にも支援され、全般は高値圏でもみ合って取引を終了している。
中心限月24年12月限は前日比5.6円高の334.0円、25年6月限は約定なし、出来高は779枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
覆水盆に返らず
一度したことは取り返しがつかないことの喩えで、相場においては、慎重かつ迅速な判断が大切だということです。


その他情報は、こちらより


2024年7月1日(月)

[金]
ポジション調整絡みの売りを受けて、小幅安で始まった。その後はプラス圏に浮上したが、戻り売り圧力も強く、全限月がマイナス圏で取引を終了している。
先限は前日比9円安の12,057円、出来高は24,264枚。

[白金]
ポジション調整の売りが先行して始まった。その後もNY白金時間外の軟調地合いを背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日25円安の5,150円、出来高12,596枚。

[ドバイ原油]
NY原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外が中国の6月の財新製造業購買担当者景況指数(PMI)の好調を受けて引き締まったことを受け、下げ幅を縮めて取引を終了している。
中心限24年11月限は前日比160円安の82,130円、25年8月限は約定なし、出来高は1,730枚。

[ゴムRSS3]
買い戻しを受け、反発して始まった。その後は上海安を背景にマイナス圏に沈んだが、上海相場が持ち直したことから中盤以降は引き戻し、おおむね横ばい圏で取引を終了している。
中心限月24年11月限は前日比0.5円高の328.0円、25年6月限は約定なし、出来高は778枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
風林火山
武田信玄の旗印として有名な言葉ですが、原文は「ソノ疾キコト風ノゴトク、ソノ徐カナルコト
林ノゴトク、侵掠スルコト火ノゴトク、動カザルコト山ノゴトシ」(孫子の『兵法』)。
この4文字が表しているのは、風・火の部分の「動」 林・山の「静」の使い分けです。
つまり、相場において、逆境の時は、「静」を貫き、再びチャンスが巡ってきたら、
躊躇せず「動」に転ずることと解釈できます。

その他情報は、こちらより


2024年6月28日(金)

[金]
NY高や円安を受けて、買いが先行して始まった。その後も取引中の円相場が一段安となったことから上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比174円高の12,066円、出来高は38,788枚。

[白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外相場の下げ渋りや円の軟化を背景に買い拾われ、下げ渋って取引を終了している。
先限は前日20円安の5,175円、出来高14,789枚。

[ドバイ原油]
NY原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外の堅調さに追随して水準を上げて取引を終了している。
中心限24年11月限は前日比1,070円高の82,290円、25年8月限は前日比210円安の74,680円、出来高は4,181枚。

[ゴムRSS3]
上海安を受け、売りが先行して始まった。その後は週末とあって模様眺めムードが強い中、上海安に圧迫されて、おおむねマイナス圏でのもみ合いが続いて取引を終了している。
中心限月24年11月限は前日比5.3円安の327.5円、25年6月限は約定なし、出来高は1,039枚。


いつもありがとうございます。

今月も皆様お疲れさまでした。

以下は、6月度の各コースの獲得利益幅です。

スイングトレード
金標準 ・・・196円(1000倍)
白金標準 ・・・2197円(500倍)
ドバイ原油 ・・・13310円(50倍)
ゴム(RSS3) ・・・-35.3円(5000倍)
とうもろこし ・・・3240円(50倍)

デイトレード
金標準 ・・・907円(1000倍)
白金標準 ・・・412円(500倍)
ドバイ原油 ・・・6510円(50倍)
ゴム(RSS3) ・・・77.1円(5000倍)

7月度もよろしくお願いします。


本日の相場格言
人の行く裏道に道あり花の山
花見の時は人が大勢いくより所よりも、人があまり行かない裏山にこそ美しい
花の山があったりするものです。
相場も同じで、人気の少ない方につくのが鉄則です。

その他情報は、こちらより


2024年6月27日(木)

[金]
NY安と円安の強弱材料の交錯の中、小動きで始まった。その後は円相場が下げ渋る中で軟調となり、軒並みマイナス圏で取引を終了している。
先限は前日比13円安の11,892円、出来高は26,442枚。

[白金]
NY高と円安を受けて、買いが先行して始まった。その後円相場上昇の影響で序盤に比べると上げ幅を削ったものの、先ぎりは終値として月初来の高値水準を回復して取引を終了している。
先限は前日86円高の5,195円、出来高19,178枚。

[ドバイ原油]
円安を受けて、小反発して始まった。その後は一時値を消す場面もあったが、午後はドル安・ユーロ高を背景にNY時間外が下げ渋ったため、小幅に水準を切り上げて取引を終了している。
中心限24年11月限は前日比160円高の81,220円、25年8月限は約定なし、出来高は1,940枚。

[ゴムRSS3]
上海高を受け、買いが先行して始まった。その後は上海相場の軟化と円の引き締まりにつれて伸び悩んで取引を終了している。
中心限月24年11月限は前日比0.9円高の332.8円、25年6月限は約定なし、出来高は634枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
久しく動かざりし相場が動き始めたる時はこれを売るなかれ
長期間、保ち合っていた相場が動き始めると、ほぼ上昇する傾向にあります。
ここで決して売らないようにしましょう。

その他情報は、こちらより


2024年6月26日(水)

[金]
手掛かり材料難の中、小動きで始まった。その後はNY時間外が軟調に推移したことから次第に売りが優勢となり、この日の安値圏で取引を終了している。
4月限は前日比34円安の11,900円、新甫6月限は11,905円、出来高は25,913枚。

[白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はポジション調整の買いが入り、下げ幅を縮めて取引を終了している。
4月限は前日33円安の5,100円、新甫6月限は5,109円、出来高11,833枚。

[ドバイ原油]
NY原油安を受けて、反発して始まった。その後は為替市場のドル安・ユーロ高を眺めてNY時間外が切り返し、ドバイ原油も追随して下げ渋って取引を終了している。
中心限24年11月限は前日比0円の81,060円、25年8月限は約定なし、出来高は1,412枚。

[ゴムRSS3]
上海夜間取引や内外原油相場の下落を受け、売りが先行して始まった。その後も上海安などに圧迫されて売り優勢に推移したが、終盤は株高を眺めて下げ幅を縮めて取引を終了している。
中心限月24年11月限は前日比2.6円安の331.9円、25年6月限は約定なし、出来高は446枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
必勝法はないが、多勝法はある
投資の必勝法など存在しません。なぜなら、負けを100%排除することは
決してできないからです。ですが相場で勝率をあげることは可能です。

その他情報は、こちらより


2024年6月25日(火)

[金]
NY高を受けて、上昇して始まった。その後はNY金相場が軟化し、円相場は上昇したことから下げに転じ、午後は小安く推移して取引を終了している。
先限は前日比19円安の11,934円、出来高は23,181枚。

[白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY相場が引き締まった一方で円は上昇と、強弱材料の綱引きで仕掛けにくい中、方向性を欠いた動きとなって取引を終了している。
先限は前日48円高の5,133円、出来高12,137枚。

[ドバイ原油]
NY原油タカを受けて、カイが先行して始まった。その後は決め手を欠き、NY時間外が利食い売りに上げ幅を消したのを眺め、日中始値からやや水準を下げて取引を終了している。
中心限24年11月限は前日比680円高の81,060円、25年8月限は約定なし、出来高は2,424枚。

[ゴムRSS3]
上海夜間取引の急伸や内外原油相場の上昇を受け、大幅高デ始まった。その後は株高を支えに上値を追う場面もあったが、上海相場が伸び悩んだことから上値は抑えられて取引を終了している。
中心限月24年11月限は前日比6.7円高の334.5円、25年5月限は約定なし、出来高は1,195枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
万人が万人ながら強気なら、たわけになりて売るべし
多勢の逆を狙ってこそ大成功の可能性があるということ。
同意語に「野も山も皆一面に弱気なら、阿呆になりて相場を買うべし」。

その他情報は、こちらより


2024年6月24日(月)

[金]
NY金の大幅安を受けて、売りが先行して始まった。その後は円安・ドル高となったことから一段安は回避され、売り一巡後は寄り値付近での往来相場が続いて取引を終了している。
先限は前日比142円安の11,953円、出来高は35,436枚。

[白金]
NY高と円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は追加材料待ちとなり、プラス圏でもみ合って取引を終了している。
先限は前日42円高の5,085円、出来高14,379枚。

[ドバイ原油]
NY原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外が押し目買いに下げ渋ったのを眺めて下げ幅を縮小し、一部限月はプラス圏に浮上して取引を終了している。
中心限24年11月限は前日比0円の80,380円、25年8月限は約定なし、出来高は2,052枚。

[ゴムRSS3]
円安を受け、買いが先行して始まった。その後は上海相場の軟調を背景にマイナス圏に沈むなど軟化したが、中盤以降は株高に支えられて、再び買い優勢に推移して取引を終了している。
中心限月24年11月限は前日比0.3円高の327.8円、25年5月限は約定なし、出来高は1,150枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
バラを切るごとく売るべし
どうせバラをもらうなら、満開よりも八分咲きのほうが長く楽しめて嬉しいものです。
相場も同じ。八分目ぐらいで利食いして、実現益を手にすることが賢明だとされます。

会員各位
24日(月)はゴムRSS3・25日(火)は貴金属の納会日です。ゴムRSS3は25日(火)・貴金属は26日(水)の日中立会より新甫が発会されます。
ゴムRSS3、貴金属コースの会員様は、25,26日以降に配信される売買サービス時記載の限月に、ご注意下さいますようお願い申し上げます。


*配信先アドレスのご登録は、携帯とPCといったように最大2つまで可能です。
追加アドレスをご希望の方は、お問合せもしくは会員専用メールアドレスよりお知らせ下さいますようお願いいたします。

その他情報は、こちらより


2024年6月21日(金)

[金]
円安を受けて、大幅高で始まった。その後は堅調なNY時間外を背景に新たな買いが誘われ、値位置を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比164円高の12,095円、出来高は40,415枚。

[白金]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はマイナス圏に沈む場面もあったが、終盤にかけて持ち直して取引を終了している。
先限は前日14円高の5,043円、出来高11,877枚。

[ドバイ原油]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後も最近の堅調地合いや為替市場の円安・ドル高を支えに、日中始値付近をしっかりに推移して取引を終了している。
中心限24年11月限は前日比730円高の80,380円、25年8月限は610円高の73,750、出来高は1,684枚。

[ゴムRSS3]
円安を受け、続伸して始まった。上海相場が下げに転じたことから、寄り後は売りが優勢になり、マイナス圏に沈んで取引を終了している。
中心限月24年11月限は前日比3.0円安の327.5円、25年5月限は前日比0.0円の330.0円、出来高は828枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
早耳の早倒れ
早耳は、昔は役に立っても、情報網が発達した今日ではあまり効果がありません。
早耳であると思っていたら、すでに遅耳だったということもあるからです。

その他情報は、こちらより


2024年6月20日(木)

[金]
円安・ドル高を受けて、買いが先行して始まった。その後は円の軟化やニューヨーク金先物相場のじり高を眺めた買いが優勢となり、約定価格を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比89円高の11,931円、出来高は23,713枚。

[白金]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY白金高になびき、値を伸ばして取引を終了している。
先限は前日57円高の5,029円、出来高8,980枚。

[ドバイ原油]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後も円の軟化を眺めた買いが勝り、しっかりに推移して取引を終了している。
中心限24年11月限は前日比210円高の79,650円、25年8月限は約定なし、出来高は1,538枚。

[ゴムRSS3]
上海市場の夜間取引が上昇した流れを受け、買いが先行して始まった。その後は戻り売りが出て上値を抑えられ、一部がマイナス圏に沈んで取引を終了している。
中心限月24年11月限は前日比0.0円の330.5円、25年5月限は約定なし、出来高は335枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
初押しは買い、初戻りは売り
相場は上がり始めの押しは絶好の買い、下げ始めの戻りは絶好の売り場面と、三段高下の原則に基づいています。

その他情報は、こちらより


2024年6月19日(水)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は寄り値近辺に下押す場面もあったが、全般に底堅く、終盤まで上値でのもみ合いが続いて取引を終了している。
先限は前日比42円高の11,842円、出来高は24,072枚。

[白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は売りをこなしながら、高値圏で取引を終了している。
先限は前日17円高の4,972円、出来高9,029枚。

[ドバイ原油]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は米国市場が休場とあって決め手を欠いたことから、日中始値付近で小幅な値動きに終始して取引を終了している。
中心限24年11月限は前日比1,030円高の79,440円、25年8月限は約定なし、出来高は2,026枚。

[ゴムRSS3]
上海安を受け、売りが先行して始まった。その後はもみ合いが続いたが、上海相場が上げに転じたことや原油相場の上昇を眺め、中盤以降は買い優勢に推移して取引を終了している。
中心限月24年11月限は前日比2.4円高の330.5円、25年5月限は約定なし、出来高は1,186枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
売買の気の安らかな安楽商い、福徳円満な駆け引きと知れ
あまり自分の目標にこだわらず、ある程度利が乗ったら、
それ以上欲張らずに利食いするのが福徳円満な駆け引きだということ。

その他情報は、こちらより


2024年6月18日(火)

[金]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の上昇になびき、約定価格帯を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比60円高の11,800円、出来高は20,336枚。

[白金]
NY高と円安を受けて、買いが先行して始まった。その後も堅調なNY時間外相場を背景に、買いが優勢堅調なNY相場を眺め、買いが優勢で取引を終了している。
先限は前日129円高の4,955円、出来高12,241枚。

[ドバイ原油]
NY高を受けて、急反発して始まった。その後は円安・ドル高に振れた為替市場を背景に、堅調に推移して取引を終了している。
中心限24年11月限は前日比1,490円高の78,410円、25年8月限は前日比180円高の72,160円、出来高は2,396枚。

[ゴムRSS3]
内外原油相場の上昇を受け、比較的、取引の多い限月が反発して始まる一方、整理売りに押される限月もあるなど、方向感なく始まった。その後は上海相場の軟調を眺め、全般に水準を下げる中、高寄りした限月はプラス圏で取引を終了している。
中心限月24年11月限は前日比0.6円高の328.1円、25年5月限は約定なし、出来高は800枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
判断を誤ることは正常なことだ。それを修正しないのが異常である。
どんなに研究して、細心の注意を払っても、自分の思惑通りいかないのが相場というもの。
判断を間違えた時は、悪あがきせずに自分の非を認めることです。
相場では自分でミスを認め、それを受け入れるしか生き残る道はありません。
ミスをすることが恥なのではなく、ミスを認めないことが恥なのです。

その他情報は、こちらより


2024年6月17日(月)

[金]
NY高を受けて、続伸して始まった。その後は対ユーロでのドル高を背景に、取引中のNY金が軟化したことから売り優勢となり、全般がこの日の安値圏で取引を終了している。
先限は前日比36円安の11,740円、出来高は28,636枚。

[白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後は一時はプラス圏へ切り返したが、対ユーロでのドル高を映したNY白金安になびき、失速して取引を終了している。
先限は前日49円安の4,826円、出来高8,063枚。

[ドバイ原油]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は中国の不動産関連指標が弱い内容だったことを背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
中心限24年11月限は前日比850円安の76,920円、25年8月限は前日比150円高の71,980円、出来高は2,016枚。

[ゴムRSS3]
先週末の上海夜間取引や内外原油相場の下落を受けて、続落して始まった。その後は日中始値近辺でもみ合ったが、株価急落や為替市場の円高・ドル安、上海の一段安を背景に終盤急速に値を下げ、11月限は一時327円30銭と中心限月継続足としては5月27日以来、3週間ぶりの安値を付けて取引を終了している。
中心限月24年11月限は前日比10.8円安の327.5円、25年5月限は約定なし、出来高は1,311枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
始めから損を覚悟で相場せよ、思案しすぎれば時機を失う
値動きのあるものに投資する以上、損を覚悟は当たり前の話です。
やる前からあれこれ考え過ぎると、チャンスを逃しかねません。
株の買い時、売り時は誰にも分からないので、いくら考えても答えは出ません。
自分が儲かる確率が高いと思った時に決断するだけです。


その他情報は、こちらより


2024年6月14日(金)

[金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。日銀の金融政策発表後は、対ドルでの円急落を眺めて大幅に切り返して取引を終了している。
先限は前日比67円高の11,776円、出来高は32,191枚。

[白金]
週末要因の買い戻しから小反発して始まった。その後は円の軟化につれて上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日78円高の4,875円、出来高8,027枚。

[ドバイ原油]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外の下げ渋りを眺めてプラス圏に浮上。午後は日銀の金融政策決定会合後に為替が円安・ドル高に振れ、ドバイ原油は一段高となって取引を終了している。
中心限24年11月限は前日比640円高の77,770円、25年8月限は約定なし、出来高は2,261枚。

[ゴムRSS3]
上海安を受けて、売りが先行して始まった。その後は日中始値近辺でもみ合ったが、上海安が重しとなり、全般がこの日の安値圏で取引を終了している。
中心限月24年11月限は前日比4.7円安の338.1円、25年5月限は約定なし、出来高は1,115枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
野も山も皆一面に弱気なら、阿呆になって相場を買うべし
大成功を望むなら、時には多勢の逆を狙う勇気も必要です。

その他情報は、こちらより


2024年6月13日(木)

[金]
手掛かり材料難から小安く始まった。その後はNY時間外の弱含みにつれて下げ幅を拡大したが、終盤は円の軟化が支えとなって下げ渋って取引を終了している。
先限は前日比22円安の11,709円、出来高は28,334枚。

[白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後もNY相場の一段安を背景に、大幅反落して取引を終了している。
先限は前日70円安の4,797円、出来高は9,964枚。

[ドバイ原油]
円高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外安を眺めて軟調に推移したが、終盤にかけては円相場の緩みを背景に下げ渋って取引を終了している。
中心限24年11月限は前日比240円安の77,130円、25年8月限は前日比0円の71,650円、出来高は10,389枚。

[ゴムRSS3]
決め手となる材料が乏しく、方向感なく始まった。その後は軟調な上海相場を眺めたポジション調整の売りなどに水準を切り下げて取引を終了している。
中心限月24年11月限は前日比7.9円安の343.0円、25年5月限は約定なし、出来高は1,014枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
野菊も咲くまではただの花
相場の面白さは実際にやってみないとわかりません。
時間をかけてやっていくうちに、それが利益に結びついて、
はじめてその醍醐味がわかるものです。

その他情報は、こちらより


2024年6月12日(水)

[金]
ポジション調整の買いを受けて、買いが先行して始まった。その後一時伸び悩む場面も見られたが、終盤は円の軟化を眺めてやや強含んで取引を終了している。
先限は前日比71円高の11,731円、出来高は19,871枚。

[白金]
NY安を受けて、小安く始まった。その後は一進一退が続いたが、終盤はNY相場の持ち直しにつれてプラス圏に浮上して取引を終了している。
先限は前日8円高の4,867円、出来高は8,092枚。

[ドバイ原油]
NY原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外が水準を上げたのに追随し、この日の高値圏で取引を終了している。
中心限24年11月限は前日比820円高の77,370円、25年8月限は約定なし、出来高は10,142枚。

[ゴムRSS3]
上海安を受けて、売りが先行して始まった。その後は徐々に水準を切り上げ、終盤には多くの限月がプラス圏に浮上して取引を終了している。
中心限月24年11月限は前日比4.4円高の350.9円、25年5月限は約定なし、出来高は998枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
年々の間、怠るべからず
相場は日々動いているため、一時たりとも研究を怠ってはいけません。
いつどんな形で現れても、今がチャンスだと思ったらすぐに出動できる心構えでいましょう。

その他情報は、こちらより


2024年6月11日(火)

[金]
前週末の急激な売りが一巡したニューヨーク金先物相場を受けて、買いが先行して始まった。その後は戻り売りに上値を抑えられ、引けにかけては米金利上昇を背景とするNY金相場の弱含みを受け、さらに値を削って取引を終了している。
先限は前日比50円高の11,660円、出来高は24,671枚。

[白金]
手掛かり材料難の中、小動きで始まった。その後はNY白金時間外相場の軟化を眺めて値を沈め、この日の安値圏で取引を終了している。
先限は前日58円安の4,859円、出来高は9,690枚。

[ドバイ原油]
NY原油高を受けて、大幅高で始まった。その後はNY時間外の伸び悩みを眺めて日中始値から水準を切り下げて取引を終了している。
中心限24年11月限は前日比1,370円高の76,550円、25年8月限は前日比330円安の69,440円、出来高は9,837枚。

[ゴムRSS3]
内外原油高を受けて、続伸して始まった。その後は戻り売りが先行し、軟化。連休明けの上海相場が下げに転じたことから、中盤以降は売り優勢に推移し、大きく下落して取引を終了している。
中心限月24年11月限は前日比10.0円安の346.5円、25年5月限は前日比0.0円の355.0円、出来高は1,593枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
値に惚れて売買するのは慎め、大相場についていくべし
相場は値頃の高低より、仕掛けが波に乗っていることが優先。
値に惚れて売買するものではありません。
たとえ値頃が高くても、それが波に乗っている時は、
勇気を出して買い出動すると、必ず利が出るものです。

その他情報は、こちらより


2024年6月10日(月)

[金]
NY金先物相場が米利下げ観測の後退を背景に大幅下落した地合いを受けて、急落して始まった。その後は一時300円超安まで下落。終盤まで売り圧力は弱まらず、この日の安値圏で取引を終了している。
先限は前日比286円安の11,610円、出来高は54,101枚。

[白金]
NY安を受けて、売りが先行してで始まった。その後も地合いは圧迫されて軟調に推移して取引を終了している。
先限は前日128円安の4,917円、出来高は11,230枚。

[ドバイ原油]
NY原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後は取引中のニューヨーク原油(WTI)先物相場が買い戻しに切り返したことから、新たな買いも誘われ、値位置を切り上げて取引を終了している。
中心限24年11月限は前日比950円高の745180円、25年8月限は約定なし、出来高は9,455枚。

[ゴムRSS3]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は利益確定や戻り待ちの売りに押されて軟化した。他限月が株高などに支えられ、底堅く推移する一方、11月限はマイナス圏に沈んで取引を終了している。
中心限月24年11月限は前日比0.7円安の356.5円、25年5月限は約定なし、出来高は1,645枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
人気は熱しやすく、また冷めやすい
相場で成功するなら人気につけと言われますが、人気は熱しやすく冷めやすいので、油断すると人気に置き去りにされます。
そのため、人気の消長をしっかり見極めることが大切です。


その他情報は、こちらより


2024年6月7日(金)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外相場は強含み一時約2週間ぶりに2400ドル台を回復したが、円建て相場は円高・ドル安の進行が圧迫材料となり、上値を抑えられて取引を終了している。
先限は前日比8円高の11,896円、出来高は39,579枚。

[白金]
NY高を受けて、買いが先行してで始まった。その後も堅調に推移して取引を終了している。
先限は前日26円高の5,045円、出来高は6,391枚。

[ドバイ原油]
NY原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後は米雇用統計の発表を控え、積極的に仕掛けるムードは後退し、日中始値を中心にもみ合って取引を終了している。
中心限24年11月限は前日比820円高の74,230円、25年8月限は約定なし、出来高は9,258枚。

[ゴムRSS3]
内外原油高や上海高を受けて、買いが先行して始まった。その後は利食いや戻り待ちの売りに上値を抑えられたが、上海高に支えられて終盤は一段と買われて取引を終了している。
中心限月24年11月限は前日比15.5円高の355.1円、25年5月限は前日比8.3円高の342.3円、出来高は2,190枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
日計足らず、歳計余りあり
小さな利益を長い間コツコツ積み重ねれば、大きな利益につながるということ。

その他情報は、こちらより


2024年6月5日(水)

[金]
NY安や円高を受けて、大幅安で始まった。その後はNY金時間外の戻りを眺めた売方の手じまいなどに下げ幅を縮めて取引を終了している。
先限は前日比97円安の11,715円、出来高は41,248枚。

[白金]
NY安と円高を受けて、売りが先行してで始まった。その後も弱含みに推移して取引を終了している。
先限は前日178円安の4,961円、出来高は17,112枚。

[ドバイ原油]
NY原油安や円高を受けて、大幅安で始まった。その後はNY時間外が下げ渋り、円相場も軟化したため、日中始値から水準を戻して取引を終了している。
中心限24年11月限は前日比720円安の72,450円、25年8月限は前日比180円高の68,260円、出来高は3,367枚。

[ゴムRSS3]
内外原油安や円高を受けて、続落して始まった。その後は上海相場が堅調に推移していることや円が緩んだことから買い優勢となり、終盤にプラス圏へ浮上して取引を終了している。
中心限月24年11月限は前日比1.3円高の332.1円、25年5月限は約定なし、出来高は948枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
憎まれる仕手に提灯をつけよ
憎まれる仕手とは、儲ける相場人のこと。
このような相場人に提灯をつければ儲かるということです。


お知らせ
6/6(木)の更新は、定期的なメンテナンスの関係上お休みいたします。

その他情報は、こちらより


2024年6月4日(火)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後先限の上げ幅が一時100円超に達するなど強含んだが、午後は取引中のNY金相場の上値の重さと円相場の上昇を受け、上げ幅を削って取引を終了している。
先限は前日比56円高の11,812円、出来高は59,351枚。

[白金]
NY安と円高を受けて、売りが先行してで始まった。その後も売り優勢の展開が続き下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日92円安の5,139円、出来高は12,137枚。

[ドバイ原油]
NY原油の急落を受けて、大幅下落して始まった。その後も取引中のWTI安に追随し、大きく水準を切り下げて取引を終了している。
中心限24年11月限は前日比3,110円安の73,170円、25年8月限は約定なし、出来高は4,763枚。

[ゴムRSS3]
円高や内外原油相場の下落を受けて、売りが先行して始まった。その後も原油安や円高に圧迫され、日中始値を挟んで玉次第のもみ合いが続いて取引を終了している。
中心限月24年11月限は前日比5.7円安の330.8円、25年5月限は約定なし、出来高は1,080枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
煮え詰まれば動機づく
底値を極めれば上昇し、天井を極めれば下降する。これが相場の原理です。


その他情報は、こちらより


2024年6月1日(月)

[金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後序盤は下値拾いの買いに下げ渋ったが、終盤にかけてはNY安を映して下げが加速し、この日の安値圏で取引を終了している。
先限は前日比95円安の11,756円、出来高は39,448枚。

[白金]
NYの上伸を受けて、大幅高で始まった。その後午前中は先ぎりの上げ幅が一時100円超に達するなど騰勢を強めたが、後半は伸び悩み、結局は上げ幅を大きく削って取引を終了している。
先限は前日44円高の5,231円、出来高は11,766枚。

[ドバイ原油]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外高を背景に一時切り返すも、戻りは鈍く、再び売り圧力に押されて取引を終了している。
中心限24年10月限は前日比650円安の77,100円、25年7月限は約定なし、出来高は1,850枚。

[ゴムRSS3]
上海安や内外原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後は株高が下値を支える一方、上海安が圧迫要因になり仕掛け難の中、玉の出方次第のもみ合いが続いて取引を終了している。
中心限月24年10月限は前日比5.3円安の336.1円、25年5月限は約定なし、出来高は1,167枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
ニュースは発表された瞬間、古くさいものになる
株式市場の材料は周知された時点で、情報価値はなくなります。
例えば、ある会社で良い決算が発表されても、既に情報を知っている
人たちに先食いされている分、株価の上昇力はなくなっているからです。
逆に悪い決算が予想されている場合、株価はほとんど下がりません。
よい決算が出たからと、その時点で買いに出ても、儲けはほとんど期待
できないのです。

その他情報は、こちらより


2024年5月31日(金)

[金]
NY高を受けて、大幅高で始まった。その後は4月の米個人消費支出(PCE)の発表を控え、様子見ムードが広がり、日中始値を挟み高値圏でのレンジ商いが続いて取引を終了している。
先限は前日比92円高の11,851円、出来高は28,815枚。

[白金]
手掛かり材料難の中、まちまちで始まった。その後はNY白金相場の軟化を背景に、弱含んで取引を終了している。
先限は前日4円安の5,187円、出来高は10,050枚。

[ドバイ原油]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後は決め手となる材料が乏しく、全般は日中始値を挟んでもみ合って取引を終了している。
中心限24年10月限は前日比880円安の77,750円、25年7月限は約定なし、出来高は2,393枚。

[ゴムRSS3]
上海安を受けて、売りが先行して始まった。その後も上海安や株安に圧迫されて下げ幅を広げたが、終盤は空売り筋の手じまいなどにやや下げ渋って取引を終了している。
中心限月24年10月限は前日比5.0円安の341.4円、25年5月限は前日比5.0円安の338.0円、出来高は1,701枚。


いつもありがとうございます。

今月も皆様お疲れさまでした。

以下は、5月度の各コースの獲得利益幅です。

スイングトレード
金標準 ・・・1708円(1000倍)
白金標準 ・・・−841円(500倍)
ドバイ原油 ・・・2760円(50倍)
ゴム(RSS3) ・・・−25.3円(5000倍)
とうもろこし ・・・3220円(50倍)


デイトレード
金標準 ・・・555円(1000倍)
白金標準 ・・・530円(500倍)
ドバイ原油 ・・・2840円(50倍)
ゴム(RSS3) ・・・90.9円(5000倍)


6月度もよろしくお願いします。


本日の相場格言
難平(なんぴん)商い損のもと
本間宗久が難平(ナンピン)を厳しく戒めているように、これには賛否両論あります。
小相場ならともかく、大相場でのリスクはかなり大きいため、おすすめしません。



会員各位
31日(金)はドバイ原油の納会日です。6月3日(月)の日中立会より新甫が発会されます。
ドバイ原油コースの会員様は、6月3日以降に配信される売買サービス時記載の限月に、ご注意下さいますようお願い申し上げます。


*配信先アドレスのご登録は、携帯とPCといったように最大2つまで可能です。
追加アドレスをご希望の方は、お問合せもしくは会員専用メールアドレスよりお知らせ下さいますようお願いいたします。

その他情報は、こちらより


2024年5月30日(木)

[金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後もNY時間外の軟調や円相場の引き締まりで売りが広がり、午後は下げ足を速め急落して取引を終了している。
先限は前日比162円安の11,759円、出来高は37,739枚。

[白金]
NY白金安を受けて、反落して始まった。その後もNY白金時間外安や円上昇を嫌気した売りに押され、大幅下落して取引を終了している。
先限は前日156円安の5,191円、出来高は12,991枚。

[ドバイ原油]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後手掛かり材料難から日中始値付近でのもみ合いとなり、終盤にかけては円相場の引き締まりを眺めて下げ幅を広げて取引を終了している。
中心限24年10月限は前日比780円安の78,630円、25年7月限は約定なし、出来高は2,418枚。

[ゴムRSS3]
上海高と円安を受けて、急騰して始まった。その後高値圏でのもみ合いが続いたが、一方で上海が伸び悩み、為替が円高方向に振れたことから、中盤以降は上げ幅を削って取引を終了している。
中心限月24年10月限は前日比5.9円高の346.4円、25年5月限は約定なし、出来高は1,235枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
汝が成さんと欲する所、これを成し終えるまで人に語る事なかれ
古くから「計り事は宜しく密なることを要す」と言われるように、
相場においても売買の仕掛けを他人に漏らすなということ。
人があることを計画している場合、それが完成しないうちに他言すると
不利になることが少なくないからです。

その他情報は、こちらより


2024年5月29日(水)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は、上げ幅が100円を超えるレベルでおおむね推移したが、終盤に入り、取引中のNY金相場の軟調や為替の円高・ドル安が嫌気され、上げ幅を削って取引を終了している。
先限は前日比53円高の11,921円、出来高は27,214枚。

[白金]
NY白金高を受けて、買いが先行して始まった。その後は追加材料に恵まれず、伸び悩ん取引を終了している。
先限は前日37円高の5,347円、出来高は13,708枚。

[ドバイ原油]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は、新たな手掛かり材料が乏しい中、日中始値を挟んでもみ合って取引を終了している。
中心限24年10月限は前日比1,270円高の79,410円、25年7月限は前日比160円高の71,990円、出来高は2,181枚。

[ゴムRSS3]
上海市場の夜間取引が軟調に終わった流れを受けて、売りが先行して始まった。その後も株安などに圧迫されてマイナス圏でのもみ合いが続いたが、上海相場が切り返したことから、終盤はやや買いが優勢になっ取引を終了している。
中心限月24年11月限は前日比1.2円高の339.8円、25年5月限は約定なし、出来高は595枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
泣く時は泣いて渡れ
相場が反転した時は、大勢の動きに逆らわず、辛抱強く相場に対処していきましょう。

その他情報は、こちらより


2024年5月28日(火)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。休場明けの米市場の動きは決め手を欠き、その後は伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日比27円高の11,868円、出来高は19,654枚。

[白金]
NY白金高を受けて、買いが先行して始まった。その後も堅調に推移したが、終盤に入り勢いを失って取引を終了している。
先限は前日36円高の5,310円、出来高は10,345枚。

[ドバイ原油]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は決め手となる材料が見当たらず、積極的な売り買いが手控えられる中、全般は小幅な値動きにとどまって取引を終了している。
中心限24年10月限は前日比670円高の78,140円、25年7月限は約定なし、出来高は1,705枚。

[ゴムRSS3]
上海高とドバイ原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後は利食いや戻り待ちの売りに伸び悩んだものの、上海が一段高となったことから中盤以降は再び上値を追って取引を終了している。
中心限月24年10月限は前日比4.4円高の339.3円、25年4月限は前日比15.0円高の344.1円、出来高は2,414枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
長保合、嵐の前の静けさぞ、値の居所に心掛けるべし
相場は保ち合いでよく騙されるもので、長期間の保ち合いは特にです。
一般的には、長い保ち合いの場合、相場は買いが優勢といわれますが、
その保ち合いが上部、中段、底値圏なのかをしっかり見極めて進退するべきです。

その他情報は、こちらより


2024年5月27日(月)

[金]
NYの続落を受けて、小幅続落して始まった。その後は米国市場が休場のため様子見ムードが広がる中、小幅往来が続いたが、終盤はポジション調整の買いがやや勝り、小高く取引を終了している。
先限は前日比2円高の11,841円、出来高は22,325枚。

[白金]
NY白金高を受けて、反発して始まった。その後も売方の手じまいを巻き込みながら上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日113円高の5,274円、出来高は10,685枚。

[ドバイ原油]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は米国市場が休日のため積極的な取引が見られず、プラス圏での小幅な値動きとなって取引を終了している。
中心限24年10月限は前日比640円高の77,470円、25年7月限は前日比500円高の71,410円、出来高は1,895枚。

[ゴムRSS3]
内外原油の上昇を受けて、買いが先行して始まった。その後は上海相場の下落からマイナス圏に沈んだが、終盤は株高を背景に切り返し、多くの限月がプラス圏に浮上して取引を終了している。
中心限月24年10月限は前日比3.6円高の334.9円、25年4月限は前日比3.8円安の329.1円、出来高は1,040枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
取らんとすれば先ず与えよ
「100万円儲けた経験は1億円を儲ける経験にはならないが、1000万円損した経験は、
10億円稼ぐ経験になる」とは、ある有名な実業家の言葉。
つまり相場で儲けようとするならば、先に損を経験することで、その後の相場観に多くの
教えをもたらしてくれるということです。

その他情報は、こちらより


2024年5月24日(金)

[金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。売り一巡後はもみ合う展開となったが、終盤にかけてはNY金時間外の上昇を映し、下げ幅を縮めて取引を終了している。
先限は前日比88円安の11,839円、出来高は48,066枚。

[白金]
決め手難から小動きで始まった。その後はNY白金時間外相場の底堅さを背景に、引き締まって取引を終了している。
先限は前日11円高の5,161円、出来高は12,908枚。

[ドバイ原油]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はもみ合ったが、米国の連休を控えた警戒買いで引け間際に値を伸ばして取引を終了している。
中心限24年10月限は前日比400円高の76,830円、25年7月限は約定なし、出来高は1,626枚。

[ゴムRSS3]
上海高を受けて、買いが先行して始まった。その後も上海相場の上昇や為替の円安・ドル高にサポートされて買い優勢に推移して取引を終了している。
中心限月24年10月限は前日比3.4円高の331.3円、25年4月限は前日比12.9円高の332.9円、出来高は1,495枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
取った金、儲けなりとて使うなよ、次の投資に蓄えておけ
相場の成功者の多くは、取引の儲けを膨らませて大成金となります。
つまり儲けたお金をすぐに浪費するのではなく、格言にもある
「常に売買に用いれる資金を用意せよ」の心構えが大切なのです。

その他情報は、こちらより


2024年5月23日(木)

[金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後もNY金時間外の軟化を背景に値位置を沈め、先ぎりの下げ幅は一時250円を超えて取引を終了している。
先限は前日比244円安の11,927円、出来高は64,579枚。

[白金]
NY安を受けて、軟調に始まった。その後もNY白金時間外相場の緩みを背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日133円安の5,150円、出来高は16,229枚。

[ドバイ原油]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外次第となり、安値圏でもみ合って取引を終了している。
中心限24年10月限は前日比690円安の76,430円、25年7月限は前日比140円高の71,240円、出来高は1,390枚。

[ゴムRSS3]
上海高を受けて、買いが先行して始まった。上げ一服後は閑散とした取引の中で一進一退となって取引を終了している。
中心限月24年10月限は前日比1.7円高の327.9円、25年4月限は約定なし、出来高は840枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
どか儲けすれば、どか損する
俗に良い事の後は、悪い事が起こると言われます。つまり相場で勝ったからと言って、
急に取引量を増やしたり、慢心してはならないということ。
大きく儲けると言うのは、裏を返せば、それだけ大きなリスクを取って勝負した結果だといえます。
言い換えれば、プロは必要以上のリスクは取らず、大儲けすることもない代わりに、大損すること
もありません。一方、素人は大儲けする代わりに、大損もするので結局儲からないということです。

その他情報は、こちらより


2024年5月22日(水)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外の軟化を眺め、一時マイナス圏に沈んだが、終盤にかけては再び買いが優勢となり、切り返して取引を終了している。
先限は前日比12円高の12,171円、出来高は39,575枚。

[白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY白金時間外相場の底堅さを受けて堅調に推移して取引を終了している。
先限は前日56円高の5,283円、出来高は14,867枚。

[ドバイ原油]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後もNY時間外が米原油在庫増を受けて下げ幅を広げたため、軟調となり、この日の安値付近で取引を終了している。
中心限24年10月限は前日比640円安の77,120円、25年7月限は約定なし、出来高は1,508枚。

[ゴムRSS3]
方向感なく始まった。その後は狭いレンジでのもみ合いが続いたが、タイの現物相場高に支えられ、終盤にかけてやや買い優勢に推移して取引を終了している。
中心限月24年10月限は前日比1.2円高の326.2円、25年4月限は前日比0.0円の304.0円、出来高は768枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
どの様な巧みな投機でも予想の当たるものは50、外れるものも50、この有利な50の状況を最大限に利用し、不利な50の状態を最小限の損失に食い止めるのが技術である
相場は上がるか下がるかの二分の一の確率のため、
どんなに株が下手でも勝率が5割を大きく割り込むことは稀です。
にもかかわらず、なぜトータルで負けるかというと、負け方(受け身)が下手だからです。
不利な時に最小限の損失で損切りすることは大切です。要は不利な50を最小の損失で
食い止める技術を身につけることです。残りの50は勝手に勝てるのですから。

その他情報は、こちらより


2024年5月21日(火)

[金]
ポジション調整の売りが先行して始まった。その後は、上値の重いNY金に追随し、下げ幅を広げして取引を終了している。
先限は前日比122円安の12,159円、出来高は77,685枚。

[白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後も売りが優勢で、軒並み値位置を切り下げて取引を終了している。
先限は前日195円安の5,227円、出来高は26,073枚。

[ドバイ原油]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後も取引中のWTIが下げ足を速めたのに追随して取引を終了している。
中心限24年10月限は前日比560円安の77,760円、25年7月限は約定なし、出来高は1,602枚。

[ゴムRSS3]
為替市場の円安・ドル高や上海夜間取引の上昇を受けて、買いが先行して始まった。その後は、上海相場が軟化したことなどから戻り売りが出て徐々に水準を下げ、この日の安値圏で取引を終了している。
中心限月24年10月限は前日比3.9円安の325.0円、25年4月限は約定なし、出来高は944枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
天底を待つ心が必勝の道
天底のチャンスを掴むには、それが現れるまで何ヶ月も待ち続ける忍耐力が大切です。


その他情報は、こちらより


2024年5月20日(月)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後も、NY高を眺めた買いに、先限継続足が史上最高値を塗り替えるなど、全般が強含みに推移して取引を終了している。
先限は前日比332円高の12,281円、出来高は91,380枚。

[白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は上げ幅を広げたものの、終盤にかけては利益確定の売りに伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日68円高の5,422円、出来高は24,081枚。

[ドバイ原油]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後、イランのライシ大統領がヘリコプター事故で死亡したと報じられたため、中東情勢不安で取引中のWTIが引き締まり、追随高となって取引を終了している。
中心限24年10月限は前日比670円高の78,320円、25年7月限は約定なし、出来高は1,374枚。

[ゴムRSS3]
先週末の上海夜間取引や原油相場の上昇を受けて、買いが先行して始まった。その後、戻り売りに伸び悩んだが、中盤以降は上海の一段高や株高を眺め、買い優勢に推移して取引を終了している。
中心限月24年10月限は前日比6.9円高の328.9円、25年4月限は前日比5.0円安の304.0円、出来高は1,095枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
天井三日、底百日
上げ相場が人気づいて売り方が出るようになると急激に高騰して天井圏になりますが、その期間は俗に3日と言われます。一方、反落して底をつくと長い保ち合いに入るため、俗に100日と言われるのです。


その他情報は、こちらより


2024年5月17日(金)

[金]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は円の一段安に加え、NY時間外も引き締まったことから買い進まれ、おおむねこの日の高値圏で取引を終了している。
先限は前日比92円高の11,949円、出来高は43,552枚。

[白金]
NY白金高を受けて、買いが先行して始まった。その後も強気の買いが継続し、午後にかけて上げ幅を広げて取引を終了している。
先限は前日61円高の5,354円、出来高は19,354枚。

[ドバイ原油]
NY高や円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の堅調を眺めて一段高となって取引を終了している。
中心限24年10月限は前日比1,650円高の77,650円、25年7月限は約定なし、出来高は2,394枚。

[ゴムRSS3]
円安や内外原油安を受けて、続伸して始まった。その後はもみ合いが続いたが、中盤以降は戻り売りに上値を抑えられて水準を下げ、一部がマイナス圏に沈んで取引を終了している。
中心限月24年10月限は前日比0.5円安の322.0円、25年4月限は約定なし、出来高は1,924枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
天井圏での保合は戻り売り一貫
急騰を示して大天井を作った相場は、保ち合い相場となって幾度か往復するものです。
天井圏で売り場を狙う方法は、これが天井圏での保ち合い相場であることを念頭に入れて、
上げたところを売り、下げて上げたところをまた売ることです。

その他情報は、こちらより



2024年5月16日(木)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は、外為市場での大幅な円高・ドル安が圧迫材料となったほか、取引中のNY金相場も上値が抑えられたことから、次第に利食い売りが強まり、マイナス圏で取引を終了している。
先限は前日比12円安の11,857円、出来高は47,853枚。

[白金]
NY白金高を受けて、買いが先行して始まった。その後は円高が圧迫要因となったことに加えて、前日の急伸を受けた利益確定の売りも出やすく、小幅高で取引を終了している。
先限は前日3円高の5,293円、出来高は22,972枚。

[ドバイ原油]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は為替、取引中ニューヨーク原油(WTI)先物相場とも大きな値動きがなく、日中始値付近で取引を終了している。
中心限24年10月限は前日比1,090円安の76,000円、25年7月限は540円安の70,060、出来高は2,044枚。

[ゴムRSS3]
上海市場の夜間取引での上昇を受けて、買いが先行して始まった。その後は円高・ドル安が重しとなって値を消す場面もあったが、終盤にかけては上海相場につれて一段高となって取引を終了している。
中心限月24年10月限は前日比5.3円高の322.5円、25年4月限は約定なし、出来高は1,363枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
天狗相場買うべからず
「オカメ相場売るべからず」の反対の意味。天狗相場は上げ相場に出ますが、人為的要素があるために長続きしません。
その結果サヤ修正が行われるため、簡単に買うことはできません。


その他情報は、こちらより


2024年5月15日(水)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後も堅調地合いを保ち、1カ月弱ぶりに最高値を更新して取引を終了している。
先限は前日比63円高の11,869円、出来高は38,828枚。

[白金]
NY白金高を受けて、買いが先行して始まった。その後は正午すぎに一時5326円まで買われ、継続足で08年8月以来約16年ぶりの高値を付けて取引を終了している。
先限は前日250円高の5,290円、出来高は31,309枚。

[ドバイ原油]
NY原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後はカナダの山火事拡大に伴う供給懸念でNY時間外が上昇したため、日中始値から下げ幅を縮めて取引を終了している。
中心限24年10月限は前日比490円安の77,090円、25年7月限は780円安の70,600、出来高は9,806枚。

[ゴムRSS3]
先週末からの反発地合いを受けて、買いが先行して始まった。その後もタイの現物高や堅調に推移する株価に支えられ、全般に買い物がちの展開が続いて取引を終了している。
中心限月24年10月限は前日比3.9円高の317.2円、25年4月限は約定なし、出来高は1,481枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
天井売らず、底買わず
初心者の人は、底値買い、天井売りにこだわりますが、その確率は非常に低いものです。
1円でも安く買いたい、高く売りたいと願うのは人情ですが、それにこだわりすぎると買いの
チャンスや利食いのチャンスを逃してしまうことを言っています。

その他情報は、こちらより


2024年5月14日(火)

[金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後は取引中の外国為替相場が円安・ドル高に振れたことに加え、NY金相場も下げ渋ったため値を戻し、おおむねプラス圏で取引を終了している。
先限は前日比8円高の11,806円、出来高は30,118枚。

[白金]
NY白金高を受けて、買いが先行して始まった。その後も取引中の円相場の軟化に支えられ、堅調に推移して取引を終了している。
先限は前日59円高の5,040円、出来高は18,404枚。

[ドバイ原油]
NY原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外や為替市場に大きな値動きがない中、ポジション調整の買いに水準を上げて取引を終了している。
中心限24年10月限は前日比1,140円高の77,580円、25年7月限は約定なし、出来高は9,913枚。

[ゴムRSS3]
上海高や内外原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後は上海高や株高を支えに、日中始値近辺でのもみ合いが続いて取引を終了している。
中心限月24年10月限は前日比5.3円高の313.3円、25年4月限は約定なし、出来高は877枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
店頭に客があふれたら相場の転機
これは逆張り系の格言。
上昇相場が続くと、普段は株に興味を示さなかった人達も
「そんなに儲かるならやってみるか」と市場に押しかけてくるようになります。
ここまでくると相場は過熱状態にあるのは明らかで、
だいたい上昇相場も終わりに近づいているものです。

その他情報は、こちらより


2024年5月13日(月)

[金]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外が軟調に推移したことからじり安となり、マイナス圏で取引を終了している。
先限は前日比18円安の11,798円、出来高は48,802枚。

[白金]
NY白金高を受けて、買いが先行して始まった。その後も買いが継続し、先ぎりは一時4990円と、2014年7月以来約10年ぶりの高値を付けて取引を終了している。
先限は前日56円高の4,981円、出来高は14,803枚。

[ドバイ原油]
NY原油安を受けて、大幅安で始まった。その後はNY時間外を眺め下げ幅を広げたが、売り一巡後は引き戻し、日中始値をやや上回って取引を終了している。
中心限24年10月限は前日比1,270円安の76,440円、25年7月は前日比1,050円安の70,320円、出来高は9,850枚。

[ゴムRSS3]
内外原油安を受けて、続落して始まった。その後は週明けの上海相場の上昇を眺めて切り返したものの、中盤以降は戻り売りに伸び悩み、一部がマイナス圏に沈んで取引を終了している。
中心限月24年10月限は前日比1.8円高の308.0円、25年4月限は約定なし、出来高は771枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
常に売買に用い得べき若干の資金を用意せよ
相場人ならば、いかなる時でもすぐに仕掛けられるよう、
常に最低の資金は用意しておきましょう。

その他情報は、こちらより


2024年5月10日(金)

[金]
NY高を受けて、大幅高で始まった。その後もNY時間外の上伸や為替市場の円安・ドル高を眺めて買いが勢いづき、終盤に先ぎりが200円超となって取引を終了している。
先限は前日比206円高の11,816円、出来高は57,280枚。

[白金]
NY白金高を受けて、買いが先行して始まった。その後もしっかりに推移して取引を終了している。
先限は前日21円高の4,925円、出来高は9,997枚。

[ドバイ原油]
NY原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外が上げ幅を広げたのに追随し、大半がこの日の高値で取引を終了している。
中心限24年10月限は前日比520円高の77,710円、25年7月は約定なし、出来高は9,682枚。

[ゴムRSS3]
上海高を受けて、しっかりに始まった。その後は整理売りに押され、いずれもこの日の安値で取引を終了している。
中心限月24年10月限は前日比3.1円安の305.8円、25年4月限は約定なし、出来高は644枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
つかぬはやめよ
自分がツイていないと感じる時は、少し休んで様子を見るのも手。
チャンスはまた巡ってきます。

その他情報は、こちらより


2024年5月9日(木)

[金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後は動意を欠いたが、取引中のNY時間外が上昇に転じたことや為替市場の円安・ドル高を眺めて買いが優勢となり、プラス圏に切り返して取引を終了している。
先限は前日比42円高の11,581円、出来高は51,690枚。

[白金]
NY白金安を受けて、小安く始まった。その後はNY時間外高などを材料に引き締まり、堅調に推移して取引を終了している。
先限は前日87円高の4,859円、出来高は13,985枚。

[ドバイ原油]
NY原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後も、値を伸ばしNY時間外に追随し、上げ幅を広げて取引を終了している。
中心限24年10月限は前日比140円安の76,110円、25年7月は約定なし、出来高は1,806枚。

[ゴムRSS3]
上海安を受けて、反落して始まった。その後はもみ合い、中盤以降は原油高や円の緩みを背景に水準を上げ、一部限月がプラス圏に浮上して取引を終了している。
中心限月24年10月限は前日比1.9円高の309.8円、25年4月限は約定なし、出来高は857枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
連れが出来たら儲からない
相場を張るのは孤独な作業です。まだ自分の相場勘も持てないような人が、
同じようなレベルの人(連れ)と話をすることで、自分の相場勘も曲げてしまいかねません。

その他情報は、こちらより


2024年5月8日(水)

[金]
のニューヨーク金先物相場と為替市場に強弱観が交錯し決め手を欠いた中、小幅まちまちで始まった。その後、プラス圏に切り返したNY金を眺めて買いが勢いづき、中盤以降は全般にじり高で推移して取引を終了している。
先限は前日比42円高の11,581円、出来高は51,690枚。

[白金]
NY白金相場の上伸を受けて、大幅高で始まった。その後も、強気ムードが継続し、高値圏でもみ合って取引を終了している。
先限は前日87円高の4,859円、出来高は13,985枚。

[ドバイ原油]
NY原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後、為替相場の円安・ドル高を眺めて切り返したが、取引中のWTIが下げ幅を広げたことから、結局、日中始値付近で終了して取引を終了している。
中心限24年10月限は前日比140円安の76,110円、25年7月は約定なし、出来高は1,806枚。

[ゴムRSS3]
上海市場の夜間取引が動意薄で決め手を欠く中、方向性なく始まった。その後ももみ合い、終盤にかけては為替相場の円安・ドル高を眺めた買いが優勢となって取引を終了している。
中心限月24年10月限は前日比1.9円高の309.8円、25年4月限は約定なし、出来高は857枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
小さく生んで大きく育てる
大きな利益より、小さな利益を目指す方がリスクは低くラクに勝ち取れます。
最良の方法は、その利益を積み上げて大きな利益にしていくことです。

その他情報は、こちらより


2024年5月7日(火)

[金]
円高を受けて、下落して始まった。その後は海外金相場などにめぼしい材料がなかったため動意を欠き、日中始値近辺で取引を終了している。
先限は前日比33円安の11,539円、出来高は110,513枚。

[白金]
手じまい売りなどに安寄りして始まった。その後は下値を拾われ一時プラス圏に浮上するも、上値の重さから終盤に再び値を沈めて取引を終了している。
先限は前日8円安の4,772円、出来高は20,049枚。

[ドバイ原油]
NY原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後は決め手難から小幅なレンジでのもみ合いとなって取引を終了している。
中心限24年10月限は前日比510円安の76,250円、25年7月は前日比360円安の69,760円、出来高は2,435枚。

[ゴムRSS3]
上海高を受けて、買いが先行して始まった。その後も株高や上海高に支えられ、買い物がちに推移して取引を終了している。
中心限月24年10月限は前日比5.2円高の307.9円、25年4月限は約定なし、出来高は1,252枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
調子に乗れば落ちる
自分がツイている時にドンドンいくのは悪いことではありません。
しかし、相場が調子づいている時、軽々しく人気に乗って買うと、高値をつかんで損することもあります。
調子に乗っているなと感じる時は、あえて気を引き締めてかかりましょう。

その他情報は、こちらより


2024年5月2日(木)

[金]
NY高を受けて、堅調して始まった。その後は政府・日銀の介入への警戒感から進んだ円高・ドル安が圧迫要因となったほか、大型連休後半を控えて買い手控えムードも強く、結局全限月がマイナス圏で取引を終了している。
先限は前日比59円安の11,572円、出来高は55,800枚。

[白金]
NY白金の反発を受けて、買いが先行して始まった。その後は終盤は円の上昇を眺めた手じまい売りに押され、伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日44円高の4,780円、出来高は14,406枚。

[ドバイ原油]
NY原油安や円高を受けて、大幅安で始まった。その後は中始値付近でもみ合って取引を終了している。
中心限24年10月限は前日比2,580円安の76,760円、25年7月は約定なし、出来高は4,584枚。

[ゴムRSS3]
上海市場が休場で様子見ムードが強く、方向性定まらず始まった。その後も積極的な商いが見送られる中、日中始値近辺で玉の出方次第のもみ合いが続いて取引を終了している。
中心限月24年10月限は前日比0.7円安の302.7円、25年4月限は約定なし、出来高は291枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
足らぬは余る
モノが不足している時は節約するので、最終的にモノが余ってしまうということ。

その他情報は、こちらより


2024年5月1日(水)

[金]
NY市場の下落を受けて、売りが先行して始まった。その後、取引中のNY金が軟調に推移したため値位置を切り下げ、先限の下げ幅は一時100円を超えた。終盤は、日本時間2日未明に予定されている連邦公開市場委員会(FOMC)の声明発表を控え、買い戻す動きもみられ、下げ渋って取引を終了している。
先限は前日比78円安の11,631円、出来高は45,175枚。

[白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後は決め手を欠き、日中始値付近でもみ合って取引を終了している。
先限は前日31円安の4,736円、出来高は9,491枚。

[ドバイ原油]
NY原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後は円相場の軟化を支えに底堅さも見せて取引を終了している。
中心限24年10月限は前日比440円安の79,340円、25年7月は約定なし、出来高は1,765枚。

[ゴムRSS3]
内外原油相場の下落を受けて、売りが先行して始まった。その後、もみ合いが続いたが、終盤は安値拾いの買いに下げ渋って取引を終了している。
中心限月24年10月限は前日比3.6円安の303.4円、25年4月限は約定なし、出来高は531枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
卵が生まれるまで卵を買うな
目先の情報だけで仕掛けるなという意味。
この鶏がもうすぐ卵を産むから、今のうちにその卵を買いませんか?と言われて、卵を買う人はほとんどいません。
しかし、相場の世界では、そんな卵を買う人が多いようです。

その他情報は、こちらより


2024年4月30日(火)

[金]
米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて仕掛けづらく、小動きで始まった。その後は円相場の軟化を映し堅調に推移したが、終盤にかけてはNY時間外が下落したことから売り優勢となり、軒並みマイナス圏で取引を終了している。
先限は前日比26円安の11,709円、出来高は127,584枚。

[白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後も円安を背景に、上げ幅を広げて取引を終了している。
先限は前日126円高の4,767円、出来高は23,155枚。

[ドバイ原油]
NY原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後は円安・ドル高の進行につれて値を戻す場面もあったが、日中始値付近で取引を終了している。
中心限24年9月限は前日比720円安の80,740円、25年6月は約定なし、出来高は4,048枚。

[ゴムRSS3]
祝日取引で上伸した流れを受けて、買いが先行して始まった。その後は株高を支えに日中始値近辺でもみ合ったが、中盤以降は軟調だった上海相場が一段と水準を切り下げたことから上げ幅を縮め、一部限月はマイナス圏に沈んで取引を終了している。
中心限月24年9月限は前日比1.0円高の308.0円、25年4月限は前日比0.0円の301.2円、出来高は1,530枚。


いつもありがとうございます。

今月も皆様お疲れさまでした。

以下は、4月度の各コースの獲得利益幅です。

スイングトレード
金標準 ・・・844円(1000倍)
白金標準 ・・・−715円(500倍)
ドバイ原油 ・・・18000円(50倍)
ゴム(RSS3) ・・・-33.1円(5000倍)
とうもろこし ・・・450円(50倍)


デイトレード
金標準 ・・・676円(1000倍)
白金標準 ・・・344円(500倍)
ドバイ原油 ・・・4770円(50倍)
ゴム(RSS3) ・・・52.7円(5000倍)


5月度もよろしくお願いします。

本日の相場格言
正しい判断は絶望の中から生まれる
相場で何度も失敗を重ね、土壇場に追い込まれると、はじめて人は
相場を真剣に見つめられるようになり、正しい判断が生まれてくるものです。

その他情報は、こちらより


2024年4月26日(金)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後も日銀の政策金利の据え置き発表を受け、外国為替相場が円安・ドル高に振れた中、NY時間外の堅調も加わり上げ幅を拡大し、この日の高値圏で取引を終了している。
先限は前日比125円高の11,735円、出来高は54,716枚。

[白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外と円の軟化を材料に上値を追い、騰勢を強めて取引を終了している。
先限は前日118円高の4,641円、出来高は11,469枚。

[ドバイ原油]
NY原油高を受けて、続伸して始まった。その後はもみ合ったが、中盤以降は為替市場の円安・ドル高やNY時間外の上昇を眺めて水準を切り上げ、上値を追って取引を終了している。
中心限24年9月限は前日比640円高の81,460円、25年6月は前日比110円安の73,100円、出来高は2,151枚。

[ゴムRSS3]
上海安を受けて、続落して始まった。その後日中始値近辺でのもみ合いが続いたが、中盤以降は為替市場の円安・ドル高や株価の上昇を眺めて切り返し、この日の高値圏で取引を終了している。
中心限月24年9月限は前日比4.3円高の307.0円、25年4月限は前日比1.2円高の301.2円、出来高は1,017枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
高下駄履いて米買うな
高下駄を履くのは天候が悪い時。こんな時は買いたい気になるものです。
ゆえに売りに向かわなければならないということです。

その他情報は、こちらより


2024年4月25日(木)

[金]
NY安を受けて、反落して始まった。その後は円安・ドル高水準に振れた為替市場を材料に買いが優勢となり、プラス圏に切り返して取引を終了している。
2月限は前日比15円高の11,609円、新甫4月限は11,610円、出来高は43,312枚。

[白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後も軟調に推移して取引を終了している。
2月限は前日33円安の4,525円、新甫4月限は4,523円、出来高は4,905枚。

[ドバイ原油]
NY原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後はドル安・ユーロ高に振れた為替市場を材料に取引中のWTIが引き締まると、ドバイ原油でも買いが勝りプラス圏に切り返して取引を終了している。
中心限24年9月限は前日比360円高の80,520円、25年6月は約定なし、出来高は1,315枚。

[ゴムRSS3]
上海安を受けて、売りが先行して始まった。その後も株安や上海の一段安に圧迫されて、マイナス圏で推移して取引を終了している。
中心限月24年9月限は前日比4.1円安の302.7円、25年4月限は約定なし、出来高は1,005枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
大利を得んとする時は、小利を争う勿れ
大きな利益を追求するなら、目先の利益に気を奪われないことです。
「大欲は無欲に似たり」に心構えが大切。

その他情報は、こちらより


2024年4月24日(水)

[金]
NY高を受けて、買いが先行してして始まった。その後は落ち着いたが、午後はNY金の引き締まりと円軟化を材料に買いが優勢となり、この日の高値圏で取引を終了している。
先限は前日比127円高の11,594円、出来高は57,651枚。

[白金]
決め手となる材料に乏しく、まちまちで始まった。その後はNY白金相場の下落が一服したことを受け、ポジション調整の買いに自律反発して取引を終了している。
先限は前日19円高の4,558円、出来高は7,656枚。

[ドバイ原油]
NY原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後は伸び悩んだが、午後に入り、取引中のWTI高を眺めて再び買いが勢いづき、水準を引き上げて取引を終了している。
中心限24年9月限は前日比1,040円高の80,160円、25年6月は前日比620円高の72,690円、出来高は1,808枚。

[ゴムRSS3]
上海市場の夜間取引が下落した流れを受けて、売りが先行して始まった。その後も上海安に圧迫されて売り優勢に推移したが、終盤は押し目を拾われ、下げ渋って取引を終了している。
中心限月24年9月限は前日比4.6円安の306.8円、25年3月限は約定なし、出来高は1,283枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
泰山は土壌を譲らず
広い心で人々の意見を取り入れることが大成につながります。
同様に、相場でも時には人の意見を取り入れることで、より広い相場観と成功を手にいれることができます。


その他情報は、こちらより


2024年4月23日(火)

[金]
NY安を受けて、急落して始まった。その後も損失覚悟の売りが広がり、先ぎりは一時348円安まで売られたが、中盤以降は買い戻しの動きが入り、下げ渋って取引を終了している。
先限は前日比306円安の11,467円、出来高は77,674枚。

[白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後も下値探りの動きが続いて取引を終了している。
先限は前日99円安の4,539円、出来高は10,942枚。

[ドバイ原油]
NY原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の堅調に支えられてもみ合い、日中始値をやや上回って取引を終了している。
中心限24年9月限は前日比700円高の79,120円、25年6月は前日比300円高の72,070円、出来高は1,857枚。

[ゴムRSS3]
上海安を受けて、売りが先行して始まった。その後も上海安に圧迫されて日中始値近辺でのもみ合いが続き、この日の安値圏で取引を終了している。
中心限月24年9月限は前日比5.6円安の311.4円、25年3月限は前日比0.0円の310.0円、出来高は879枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
高値おぼえ、安値おぼえ
株価のレンジが大きく変化すると、状況判断が難しくなります。
それは過去の高値・安値が記憶にあることで、再びもとの値に戻るかもしれないという
期待感があるからです。
しかし、これこそ相場の最大の罠。相場は日々変化しています。
過去にこだわることは、失敗のもとです。
過去は過去として考え、今ある姿を冷静に直視して見極めることです。

その他情報は、こちらより


2024年4月22日(月)

[金]
NY高を受けて、続伸して始まった。その後は中東の紛争拡大への過度な警戒感が後退する中、NY時間外が軟調に推移したことを受け、値を消し、後半は下値を模索して取引を終了している。
先限は前日比64円安の11,773円、出来高は63,692枚。

[白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後も買い気が乏しく、じり安地合いをたどって取引を終了している。
先限は前日30円高の4,638円、出来高は7,305枚。

[ドバイ原油]
NY原油の伸び悩みを受けて、大幅安で始まった。その後もNY時間外の下げに追随し、日中始値から大きく水準を引き下げて取引を終了している。
中心限24年9月限は前日比2,040円安の78,420円、25年6月は前日比1,490円安の71,770円、出来高は2,616枚。

[ゴムRSS3]
上海安を受けて、売りが先行して始まった。その後はもみ合いが続いたが、上海相場の切り返しや株価の上昇を眺め、終盤に大きく買われて取引を終了している。
中心限月24年9月限は前日比6.2円高の318.1円、25年3月限は約定なし、出来高は758枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
損玉を決断早く見切ること、これ相場の神仙と知れ
神仙とは神通力のある仙人のこと。損切りの決断は、ある意味、
相場の神の仕事とされています。いつまでもくよくよしていても始まりません。

その他情報は、こちらより


2024年4月19日(金)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はイスラエルによるイランへのミサイル攻撃を材料に急騰し、先ぎりは一時192円高の1万1983円と最高値を更新した。しかし中盤以降は利益確定の動きが強まり、大きく上げ幅を削って取引を終了している。
先限は前日比46円高の11,837円、出来高は94,425枚。

[白金]
連日の弱地合いを受けて、売りが先行して始まった。その後は中東情勢が緊張する中、金相場の急騰につれてプラス圏に切り返して取引を終了している。
先限は前日8円高の4,668円、出来高は9,765枚。

[ドバイ原油]
小安く始まった。その後は中東での紛争拡大懸念を背景にニューヨーク原油(WTI)先物相場が急伸したことから地合いを強め、約定価格を大きく切り上げて取引を終了している。
中心限24年9月限は前日比960円高の80,460円、25年6月は約定なし、出来高は4,643枚。

[ゴムRSS3]
動意を欠いて始まった。その後も玉の出方次第のもみ合いが続いて取引を終了している。
中心限月24年9月限は前日比1.2円高の310.8円、25年3月限は約定なし、出来高は534枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
底保合いは買い一貫で突っ張れ
相場が底値圏に突入したら、微妙な値動きに迷うことなく、買い進むのが成功の秘訣です。

その他情報は、こちらより


2024年4月18日(木)

[金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外相場の下げ渋りを眺め、期先は下げ幅を縮めた。一方、前日先ぎりに対して大幅な逆ざやとなっていた期近はさや修正の動きが強まり、大幅安で取引を終了している。
先限は前日比12円安の11,791円、出来高は67,937枚。

[白金]
NY安を受けて、続落して始まった。その後はNY白金時間外相場の続落を嫌気した売りが出て、下押す展開となって取引を終了している。
先限は前日46円安の4,660円、出来高は11,664枚。

[ドバイ原油]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後は決め手となる材料が乏しく、ポジション調整の売り買いが中心となり、日中始値付近でもみ合って取引を終了している。
中心限24年9月限は前日比1,660円安の79,500円、25年6月は前日比460円安の72,800円、出来高は3,009枚。

[ゴムRSS3]
上海高を受けて、反発して始まった。その後は円高・ドル安や国内原油相場の下落を背景に手じまい売りに押され、一部の限月を除きマイナス圏に沈んで取引を終了している。
中心限月24年9月限は前日比1.9円安の309.6円、25年3月限は約定なし、出来高は941枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
相場は理外の理
相場は必ずしも予想通りに動いてくれません。「理外の理」とは、人の知識や論理を
超えた相場の神髄ともいえます。思惑通りにならないところが相場の面白さでもあるのでしょう。

その他情報は、こちらより


2024年4月17日(水)

[金]
NY高や円安を受けて、続伸して始まった。序盤は軟調だったが、その後はNY時間外の軟調を眺めて値を消し、終盤は円相場の引き締まりもあり、マイナス圏で取引を終了している。
先限は前日比33円安の11,803円、出来高は42,089枚。

[白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後もNY時間外相場の下落になびき下げ幅を広げて取引を終了している。
先限は前日96円安の4,706円、出来高は11,842枚。

[ドバイ原油]
決め手となる材料が乏しい中、日中立ち会いは小動きで始まった。その後はNY時間外が需給緩和懸念を受けて軟化する中、ポジション調整の売りが優勢となり、値位置を切り下げて取引を終了している。
中心限24年9月限は前日比570円安の81,160円、25年6月は約定なし、出来高は2,032枚。

[ゴムRSS3]
上海市場の夜間取引が下落した流れを受けて、売りが先行して始まった。その後も上海安や株安に圧迫され、マイナス圏でのもみ合いが続いて取引を終了している。
中心限月24年9月限は前日比2.8円安の311.5円、25年3月限は前日比1.8円安の310.0円、出来高は744枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
相場は値より日数
相場を考える上で大切なのは値段よりも日数。
一相場あたり約60日を目安に駆け引きすればまず安全とされ、
60日以内は値段にとらわれないことです。

その他情報は、こちらより


2024年4月16日(火)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。序盤は軟調だったが、その後も円の軟調地合いを眺めて水準を引き上げ、先限は終値ベースで最高値を更新して取引を終了している。
先限は前日比153円高の11,836円、出来高は42,106枚。

[白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後も軟調地合いが続いて取引を終了している。
先限は前日32円安の4,802円、出来高は10,246枚。

[ドバイ原油]
NY原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外が中東情勢へのリスク警戒に底堅く推移したことから、上げ幅を広げて取引を終了している。
中心限24年9月限は前日比720円高の81,730円、25年6月は前日比770円安の72,930円、出来高は2,327枚。

[ゴムRSS3]
上海市場の夜間取引が下落した流れを受けて、売りが先行して始まった。その後は、為替市場の円安・ドル高を背景に押し目買いが入って徐々に水準を上げ、多くの限月がプラス圏に浮上して取引を終了している。
中心限月24年9月限は前日比0.7円高の314.3円、25年3月限は約定なし、出来高は949枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
相場は頂上において最も強そうに見え、底値において最も弱く見える
相場は、中段のもみ合いから放れて上昇しはじめると、数日間連続して上がり続けることがあります。
このような状態の時は、相場がさらに上がり続けるような錯覚に陥りがちですが、実は、ここが天井であることがほとんど。逆に底値でも同様のことが言えます。


その他情報は、こちらより


2024年4月15日(月)

[金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。序盤は軟調だったが、その後は円安の進行に支えられ下げ渋って取引を終了している。
先限は前日比79円安の11,683円、出来高は43,135枚。

[白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後も軟調に推移して取引を終了している。
先限は前日78円安の4,834円、出来高は28,846枚。

[ドバイ原油]
NY原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の頭重さを眺めたポジション調整の売りが優勢となり、値位置を切り下げて取引を終了している。
中心限24年9月限は前日比50円高の81,010円、25年6月は前日比1,130円高の73,700円、出来高は2,371枚。

[ゴムRSS3]
先週半ばからの下落地合いを引き継いで、売りが先行して始まった。その後、もみ合いが続いたが、上海相場が持ち直したことから、終盤はやや下げ幅を縮めて取引を終了している。
中心限月24年9月限は前日比2.1円安の313.6円、25年3月限は前日比3.2円安の311.8円、出来高は892枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
相場は一個の人格者
相場はまるで生き物のように、流動的で捉えどころがありません。
それだけに予測が難しく、日々の研究が重要になります。


その他情報は、こちらより


2024年4月12日(金)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY金時間外の上昇を背景に、約定価格を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比265円高の11,762円、出来高は84,718枚。

[白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後も買い優勢の展開で、全限月がこの日の高値で取引を終了している。
先限は前日149円高の4,912円、出来高は21,007枚。

[ドバイ原油]
NY原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後は稼働再開が報じられたため、NY時間外が上昇し、連動してプラス圏に浮上して取引を終了している。
中心限24年9月限は前日比200円高の80,960円、25年6月は前日比400円高の72,570円、出来高は1,622枚。

[ゴムRSS3]
上海安を受けて、売りが先行して始まった。その後も上海安に圧迫されて整理売り優勢に推移して取引を終了している。
中心限月24年9月限は前日比9.6円安の315.7円、25年3月限は約定なし、出来高は1,807枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
相場の仕掛けは極点で
上げ途上、下げ波乱、保ち合いといった相場の見極めと、次の値幅の見込みを緻密に
予測しなければいけません。一旦仕掛けたら、目先の往来相場に惑わされず、予測に
従って辛抱することです。

その他情報は、こちらより


2024年4月11日(木)

[金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後、円相場の軟化を眺めた買いなどにプラスサイドへ浮上したものの、戻りは売られて取引を終了している。
先限は前日比8円安の11,497円、出来高は91,042枚。

[白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後は決め手難から日中始値を挟んでもみ合って取引を終了している。
先限は前日7円安の4,763円、出来高は13,540枚。

[ドバイ原油]
NY原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後は値頃の買いなどが誘われ、下げ幅を縮めて取引を終了している。
中心限24年9月限は前日比1,560円高の80,760円、25年6月は約定なし、出来高は12,898枚。

[ゴムRSS3]
上海市場の夜間取引が下落した流れを受けて、売りが先行して始まった。その後は株安にも圧迫されて日中始値近辺でのもみ合いが続いたが、終盤は原油高を背景に押し目買いが入り、やや下げ幅を縮めて取引を終了している。
中心限月24年9月限は前日比2.4円安の325.3円、25年3月限は約定なし、出来高は685枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
相場に卒業なし
相場には年齢などの制限がないかわりに、ゴールもないということです。


その他情報は、こちらより


2024年4月10日(水)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後も強含みに推移するNY金時間外に追随し、値位置を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比47円高の11,505円、出来高は74,991枚。

[白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は決め手難から日中始値を挟んでもみ合って取引を終了している。
先限は前日20円高の4,770円、出来高は15,191枚。

[ドバイ原油]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後は月の米消費者物価指数(CPI)発表を控えた様子見で買い戻され、日中始値から下げ渋って取引を終了している。
中心限24年9月限は前日比710円安の79,200円、25年6月は約定なし、出来高は11,270枚。

[ゴムRSS3]
内外原油相場の下落を受けて、買いが先行して始まった。その後は上海相場の堅調さを眺めて下げ渋ったものの、株安もあり、中盤以降は水準を下げる展開となって取引を終了している。
中心限月24年9月限は前日比5.3円安の327.7円、25年3月限は約定なし、出来高は1,177枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
相場に寸尺なし
相場の変動は誰にも予測できないと悟ることです。

その他情報は、こちらより


2024年4月9日(火)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY金時間外の上昇に追随し、約定価格を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比73円高の11,458円、出来高は65,288枚。

[白金]
NY白金の反発を受けて、大幅高で始まった。その後も買いが継続し、先ぎりは一時4765円と、継続足で15年2月以来の高値を付けて取引を終了している。
先限は前日242円高の4,750円、出来高は28,097枚。

[ドバイ原油]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は決め手を欠いてもみ合い、日中始値付近で取引を終了している。
中心限24年9月限は前日比670円高の79,910円、25年6月は前日比510円高の72,170円、出来高は11,638枚。

[ゴムRSS3]
上海高と内外原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後は決め手を欠いてもみ合い、日中始値付近で取引を終了している。
中心限月24年9月限は前日比7.5円高の333.0円、25年3月限は約定なし、出来高は1,883枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
相場に過去はないが、明日はある
終わった後で、「あの時…すれば良かった」と後悔しても始まりません。
十分に反省したら、気持ちを切り替えて、次のチャンスを狙って前向きにいきましょう。

その他情報は、こちらより


2024年4月8日(月)

[金]
NY高と円安を受けて、大幅高で始まった。その後も買い優勢の展開が続いて取引を終了している。
先限は前日比306円高の11,385円、出来高は136,084枚。

[白金]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY白金時間外相場の引き締まりを眺めた売方の手じまいなどに底堅く推移して取引を終了している。
先限は前日24円高の4,508円、出来高は9,711枚。

[ドバイ原油]
NY安を受けて、軟調に推移して始まった。その後もNY時間外安を背景に、下げ幅を広げたが、売り一巡後は下げ渋って取引を終了している。
中心限24年9月限は前日比880円安の79,240円、25年6月は前日比30円安の71,660円、出来高は12,611枚。

[ゴムRSS3]
円安を受けて、売りが先行して始まった。その後は全般に売りに押されたが、中盤以降は上海高や株高に支援されて、いずれの限月もプラス圏に浮上して取引を終了している。
中心限月24年9月限は前日比0.3円高の327.6円、25年3月限は約定なし、出来高は3,008枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
相場上の助言をするな、いれるな
相場について他人に助言したり、他人の助言を聞き入れたりしないこと。
万一助言が外れた場合、一生恨まれたり、逆に恨むことになります。
自分が研究して出した結果であれば、後悔はないはずです。

その他情報は、こちらより


2024年4月5日(金)

[金]
NY安を受けて、大幅安で始まった。その後午前はNY時間外の下げ幅拡大と円高進行の中で一段安に落ち込んだが、午後は下値でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比116円安の11,079円、出来高は74,130枚。

[白金]
NY安や円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は下値圏でもみ合って取引を終了している。
先限は前日77円安の4,484円、出来高は14,509枚。

[ドバイ原油]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外が米雇用統計を控えたポジション調整商いでもみ合ったため、日中始値付近で取引を終了している。
中心限24年9月限は前日比900円高の80,120円、25年6月は前日比140円高の71,690円、出来高は11,686枚。

[ゴムRSS3]
円高を受けて、売りが先行して始まった。上海市場が休場で手掛かりに欠ける中、その後も日中始値近辺でのもみ合いが続いたが、期近は買い戻しなどにやや水準を上げて取引を終了している。
中心限月24年9月限は前日比2.1円安の327.3円、25年3月限は約定なし、出来高は465枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
相場に神様仏様なし
相場は時に非情な結果をもたらすことがあるので、常に細心の注意が必要です。
最後に頼れるのは、自分自身だということを忘れないこと。

その他情報は、こちらより


2024年4月4日(木)

[金]
NY高を受けて、買い優勢で始まった。その後は上値試しが続く取引中のNY相場を眺めながら、先ぎりは一時11,234円を付けて、最高値を再び塗り替えた。大引けにかけては失速したものの、終始高値圏でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比64円高の11,195円、出来高は67,870枚。

[白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の上げ一服を受けて騰勢は限定的で取引を終了している。
先限は前日76円高の4,561円、出来高は19,573枚。

[ドバイ原油]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は材料待ちとなってもみ合い、日中始値をやや上回って取引を終了している。
中心限24年9月限は前日比690円高の79,220円、25年6月は約定なし、出来高は1,925枚。

[ゴムRSS3]
上海市場が休場とあって模様眺めムードが強く、動意を欠いて始まった。その後は株高を好感して徐々に水準を上げる展開となって取引を終了している。
中心限月24年9月限は前日比1.5円高の327.3円、25年3月限は約定なし、出来高は434枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
損して休むは上の上
相場で損失を出した時は、失敗引きずってさらに損失を大きくしかねません。
次のチャンスを狙って、一旦仕切りなおしの休養は大切です。


その他情報は、こちらより