AX
本文へスキップ

商品先物取引 売買指針サービス En−Rich

本日の相場CONCEPT

 
  会員専用ページはPC版に掲載しております。
  http://www.e-erich.com/

本日の相場



2020年8月11日(火)

[金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後も下げ幅を拡大するなど軟調推移。後場も利食い売り優勢となり、本日の安値圏で取引を終了している。
先限は前日比159円安の6,841円、出来高は65,441枚。

[白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の軟化を背景とした売りに押され、期先などがマイナス圏に沈んで取引を終了している。
先限は前日比13円安は3,284円、出来高は9,396枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外の堅調を背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
原油先限は前日は400円高の30,300円、出来高は59,964枚。ガソリン先限は前日比80円高の41,670円、出来高は103枚。

[ゴムRSS3]
ポジション調整などの売りが先行して始まった。その後はじり安となり、午後も上海ゴムの下落を眺めて弱含みに推移して取引を終了している。
先限は前日比3.3円安の174.4円、出来高は3,534枚。

[とうもろこし]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後もシカゴ夜間相場高を背景に、しっかりとした推移となって取引を終了している。
先限は前日比100円高の22,750円、出来高は85枚。


いつもありがとうございます。

先物ニュース!
2020年8月11日(日中立会)より委託者証拠金が変更されました。

2020年8月11日(日中取引)〜8月14日(夜間取引)の委託者証拠金額一覧
金(標準) 252,000円
金(ミニ) 25,200円
ゴールドスポット 28,200円
銀 135,000円
白金(標準) 120,000円
白金(ミニ) 24,000円
プラチナスポット 28,200円
パラジウム 524,500円
ゴムRSS3 46,500円
ゴムTSR20 98,500円
とうもろこし 45,500円
一般大豆 80,500円
小豆 55,200円
バージガソリン 300,500円
バージ灯油 254,500円
ドバイ原油 469,000円
バージ軽油 265,500円
中京ローリーガソリン 47,400円
中部ローリー灯油 51,100円
東京コメ 52,000円
新潟コシ 11,250円
秋田こまち 59,160円


8月12日の更新につきまして
システムメンテナンスにより、明日8月12日の更新は遅れます。
ご不便をお掛け致しますがよろしくお願い致します。


本日の相場格言
一文惜しみは天底逃し
買う時は安く、売る時は高く売りたいのが人情というもの。
しかし天底で売買できる確率の低さを考えると非現実的です。
目先のわずかな動きに惑わされて、チャンスを逸してしまう
ことほど残念なことはありません。

その他情報は、こちらより


2020年8月7日(金)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外の上げ一服を背景に、もみ合いとなって取引を終了している。
先限は前日比56円高の7,000円、出来高は65,256枚。

[白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の軟化を眺めた売りに押され、全限月がマイナスサイドで取引を終了している。
先限は前日比24円安は3,297円、出来高は12,820枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外が水準を切り下げるのを背景に、一段安となって取引を終了している。
原油先限は前日は360円安の29,900円、出来高は58,910枚。ガソリン先限は前日比360円安の41,590円、出来高は222枚。

[ゴムRSS3]
夜間取引の強地合いを受けて、買いが先行して始まった。その後は上海相場の伸び悩みや株安を眺めて上げ幅を削り、日中始値を割り込んで取引を終了している。
先限は前日比4.9円高の177.7円、出来高は5,747枚。

[とうもろこし]
決め手材料難のなか、方向感なく始まった。その後は期先限月が小口の売りに押され、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比30円安の22,650円、出来高は62枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
一枚の紙にも裏表
一枚の紙にも裏表があるように、相場でも材料が強材料、弱材料になることがあります。
材料の表裏をよく見極めることが重要です。

その他情報は、こちらより


2020年8月6日(木)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY金時間外の強調地合いを背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比64円高の6,944円、出来高は45,925枚。

[白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外の堅調を背景に、上値を追って取引を終了している。
先限は前日比127円高は3,321円、出来高は8,248枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の方向感を欠いた動きを背景に、もみ合って取引を終了している。
原油先限は前日は490円高の30,260円、出来高は19,840枚。ガソリン先限は前日比450円高の41,950円、出来高は246枚。

[ゴムRSS3]
このところの上昇を受けて、小安く始まった。その後は押し目買いに切り返し、期先中心に堅調に推移して取引を終了している。
先限は前日比2.5円高の172.8円、出来高は5,675枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後は手掛かりに乏しいなか、寄り値近辺でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比30円高の22,680円、出来高は61枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
意地商いは破滅のもと
相場は個人の思惑通りに動かないのが常。
相場の動きに逆らい、意地になって難平を続けても、
冷静な判断を欠くだけで、身の破滅がオチです。
時には意地を通す場面も必要ですが、どんな投資家でも精神的・物理的な限界点を
超えて相場をするのは、限界があることを悟るべきです。

配信先アドレスのご登録は、携帯とPCといったように最大2つまで可能です。
追加アドレスをご希望の方は、お問合せもしくは会員専用メールアドレスよりお知らせ下さいますようお願いいたします。


相場で一時的にマイナスが出てしまうことは、当然ございます。
また、一発で儲けようとすることもかなり無理がございます。
簡単なことのようでとても難しいことではございますが、一番はコツコツ継続することが成功への道へと繋がるのです。
その時々の利益は小さいかもしれませんが、相場で勝ち続けるためには、この小さなものの積み重ねがとても重要なのです。
先々で、きっと大きなものに変わります。


その他情報は、こちらより


2020年8月5日(水)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の上昇一服を背景に上げ幅を縮めたが、午後は高値圏でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比140円高の6,880円、出来高は55,038枚。

[白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の軟化を映して水準を切り下げる場面もあったが、終盤は再び買われ、高値近辺まで値を戻して取引を終了している。
先限は前日比72円高は3,194円、出来高は6,393枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外が動意を欠いたことを背景に、狭いレンジで推移して取引を終了している。
原油先限は前日は290円高の29,770円、出来高は8,045枚。ガソリン先限は前日比260円安の41,500円、出来高は163枚。

[ゴムRSS3]
前日の強調地合いを受けて、買いが先行して始まった。その後は期先2限月は、日中を通してプラス圏で推移して取引を終了している。
先限は前日比1.8円高の170.3円、出来高は3,047枚。

[とうもろこし]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後はシカゴ夜間相場高を背景に、下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比120円安の22,650円、出来高は142枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
余るは足らぬの始まり
過剰生産されたモノは、一般的に希少性や付加価値を失いやすく、
ゼロに近い価値になりやすいものです。
相場を需給関係で判断する時は、この点を忘れないようにしましょう。

その他情報は、こちらより


2020年8月4日(火)

[金]
円相場の軟化を受けて、小幅高で始まった。その後はNY金時間外の堅調地合いを背景に水準を切り上げた。午後は売り買いが交錯してもみ合って取引を終了している。
先限は前日比9円高の6,740円、出来高は50,218枚。

[白金]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の強調地合いを映して上げ幅を拡大したが、終盤は伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日比16円高は3,060円、出来高は4,037枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外が方向感なく推移するのを背景に、もみ合って取引を終了している。
原油12月限は前日は330円高の28,840円、新甫1月限は28,990円、出来高は5,612枚。ガソリン先限は前日比820円高の41,500円、出来高は359枚。

[ゴムRSS3]
上海高や円安を受けて、買いが先行して始まった。買い一巡後は利食いに押されたが、引けにかけて再び買われて取引を終了している。
先限は前日比3.4円高の167.0円、出来高は4,223枚。

[とうもろこし]
決め手材料難を受けて、まちまちで始まった。その後もまちまちな動きとなり、先限は上伸して取引を終了している。
先限は前日比60円高の22,630円、出来高は142枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
当たり屋につかず、曲がり屋に向かえ
当たり屋は利が乗ると程々のところで利食いしてうまく逃げますが、
相場の動きに追随して売買する人は、利食いのタイミングを失い大きな損失を招きがちです。
このことから、常に相場と反対に仕掛けたほうが賢明だということ。

その他情報は、こちらより


2020年8月3日(月)

[金]
NY高や円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は上値を追ったが、NY時間外の上げ一服を背景に、伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日比99円高の6,731円、出来高は50,218枚。

[白金]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の軟化を眺めた売りに押され、上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比16円高は3,060円、出来高は4,037枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外が方向感なく推移するのを背景に、小幅レンジでもみ合って取引を終了している。
原油12月限は前日は330円高の28,840円、新甫1月限は28,990円、出来高は5,612枚。ガソリン先限は前日比820円高の41,500円、出来高は359枚。

[ゴムRSS3]
円の軟化を受けて、買い戻しが先行して始まった。その後は株高や上海ゴム相場の上昇を受けてしっかりに推移し、先ぎりはこの日の高値圏で取引を終了している。
先限は前日比3.4円高の167.0円、出来高は4,223枚。

[とうもろこし]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は米中西部で天候が改善したことを受け、米国での収穫量が増えるとの観測が強まっている。このため積極的な買いは見送られ取引を終了している。
先限は前日比60円高の22,630円、出来高は142枚。


いつもありがとうございます。


※コース名変更のお知らせ

7月27日に東京商品取引所の貴金属、ゴム、農産物市場が日本取引所グループ(JPX)の大阪取引所に移管され、総合取引所が本格的に稼働いたしました。
これに伴い、コースの関連銘柄の商品名をJPXのホームページに合わせ、次のように変更いたしました。

・「東京金」 → 「金標準」
・「東京白金」 → 「白金標準」
・「東京ガソリン」 → 「バージガソリン」
・「東京原油」 → 「ドバイ原油」
・「東京ゴム」 → 「ゴム(RSS3)」
・「東京コーン」 → 「とうもろこし」


本日の相場格言
頭と尻尾はくれてやれ
多くの人が大底で買って天井売りすることを夢見がちですが、
その確率は宝くじに当たるようなもの。
大底買いや天井売りを狙っていると、最良のタイミングを逃してしまうことが多いため、
結局はゆとりのある態度が上手くいくことだと悟ることが肝心です。

その他情報は、こちらより


2020年7月31日(金)

[金]
NY安や円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は新型コロナウイルスの感染拡大を背景に押し目買い優勢となり下げ幅を縮小、本日の高値圏で取引を終了している。
先限は前日比4円安の6,632円、出来高は35,274枚。

[白金]
NY安を受けて、続落して始まった。その後はNY時間外安と円高・株安に圧迫されマイナスサイドで取引を終了している。
先限は前日比72円安は3,044円、出来高は7,552枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後もNY時間外安を背景に、売り優勢で取引を終了している。
原油先限は前日は690円安の28,510円、出来高は9,994枚。ガソリン先限は前日比940円安の40,680円、出来高は357枚。

[ゴムRSS3]
上海安や円高を受けて、売りが先行して始まった。売り一巡後は買い戻しも入り、終盤にかけて下げ渋って取引を終了している。
先限は前日比1.2円安の163.6円、出来高は4,840枚。

[とうもろこし]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は手掛かりに乏しいなか、寄り値近辺でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比70円安の22,570円、出来高は93枚。


いつもありがとうございます。

今月も皆様お疲れさまでした。

以下は、7月度の各コースの獲得利益幅です。

スイングトレード
東京金 ・・・148円(1000倍)
東京白金 ・・・642円(500倍)
東京原油 ・・・430円(50倍)
東京ガソリン ・・・3650円(50倍)
東京ゴム ・・・10.6(5000倍)
東京コーン ・・・520円(50倍)


デイトレード
東京金 ・・・319円(1000倍)
東京白金 ・・・416円(500倍)
東京原油 ・・・1330円(50倍)
東京ガソリン ・・・3670円(50倍)
東京ゴム ・・・16.8円(5000倍)


8月度もよろしくお願いします。

本日の相場格言
上げ基点は買い、上げの極点は売り
相場は、世の中の空気が弱気に転じた時は、底値を打って上昇するものです。
その逆に、世の中が高揚し、高騰しそうに思われる時は、必ず下る傾向にあります。
上昇相場では下ることだけを考え、安値相場では上がることだけを考えましょう。

その他情報は、こちらより


2020年7月230日(木)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の上値の重さを背景に伸び悩み、後場はプラスサイドでもみ合って取引を終了している。
先限は前日比31円高の6,636円、出来高は32,524枚。

[白金]
NY安を受けて、反落して始まった。その後はNY時間外安を背景に、マイナスサイドで取引を終了している。
先限は前日比29円安は3,116円、出来高は3,796枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。買い一巡後は追加材料待ちで、全般に動意を欠いたが、終盤にかけて強含み、大半の限月がこの日の高値で取引を終了している。
原油先限は前日は290円高の28,200円、出来高は4,265枚。ガソリン先限は前日比130円高の41,620円、出来高は56枚。

[ゴムRSS3]
上海高を受けて、買いが先行して始まった。上海高の織り込みが一巡した後は伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日比3.4円高の164.8円、出来高は7,102枚。

[とうもろこし]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後はシカゴ夜間相場の強含みを眺めた買いに水準を切り上げ、一部限月がプラス圏で取引を終了している。
先限は前日比50円安の22,640円、出来高は83枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
商いは急がず時を待て
売買をする時の焦りは禁物。市場はいつでもあります。
もしも仕掛けるタイミングを逃したと思ったら、次のタイミングまで待ちましょう。

その他情報は、こちらより


2020年7月29日(水)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。買い一巡後は手じまいなどの売りに押され上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比15円高の6,605円、出来高は45,662枚。

[白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外高を受けて、堅調に推移して取引を終了している。
先限は前日比25円高は3,145円、出来高は5,832枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY安を受けて、反落して始まった。その後もNY時間外安を背景に、売り優勢で取引を終了している。
原油先限は前日は460円安の28,910円、出来高は5,562枚。ガソリン先限は前日比30円安の41,490円、出来高は175枚。

[ゴムRSS3]
手掛かり材料難の中、小動きで始まった。その後は上海ゴム相場の引き締まりを背景に、午後は買い優勢となって取引を終了している。
先限は前日比0.5円高の161.4円、出来高は3,075枚。

[とうもろこし]
決め手材料難のなか、方向感なく始まった。その後は期先限月が小口の買いに水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比230円高の22,690円、出来高は129枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
上がるものは下がる
相場は天井知らずにいつまでも上がり続けるものではなく、
必ずいつかは下がるもの。
相場を仕掛ける時は、天井を見極めて、
事前に目標設定しておくことが大切です。

その他情報は、こちらより


2020年7月28日(火)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外高を背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比10円高の6,590円、出来高は52,848枚。

[白金]
NY高を受けて、続伸して始まった。その後は利食い売りが膨らみ反落して取引を終了している。
先限は前日比55円安は3,120円、出来高は9,392枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外がドル安を背景に上昇したことを背景に、買い戻し優勢で取引を終了している。
原油先限は前日は500円高の29,370円、出来高は7,778枚。ガソリン先限は前日比720円高の41,520円、出来高は231枚。

[ゴムRSS3]
上海高を受けて、買いが先行して始まった。買い一巡後は戻り売りに押され、上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比2.3円高の160.5円、出来高は3,849枚。

[とうもろこし]
薄商いのなか、小口の買いが先行して始まった。その後はシカゴ夜間相場の下落を背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比10円高の22,460円、出来高は88枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
上がるべき気が尽きれば、自ずから下るところが天性と知れ
上がる理由がほとんどなくなると、そこにネガティブな要因が生まれなくても、
相場を自然に下げる力をはらむのが相場の本質です。

その他情報は、こちらより


2020年7月27日(月)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外高を背景に上げ幅を拡大。後場も堅調に推移し、先限継続足で上場来の高値を大幅に更新して取引を終了している。
先限は前日比183円高の6,580円、出来高は23,431枚。

[白金]
NY高を受けて、買いして始まった。その後もNY時間外高を背景に、終日買い優勢で取引を終了している。
先限は前日比169円高は3,175円、出来高は7,584枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後もNY時間外安や円高を背景に、マイナスサイドで推移して取引を終了している。
原油先限は前日は670円安の28,870円、出来高は5,960枚。ガソリン1月限は前日比660円安の40,660、新甫2月限は40,800円円、出来高は150枚。

[ゴムRSS3]
様子見ムードが強く、方向感を欠いて始まった。その後は円相場の一段の上昇を眺めて売りが優勢となり、軒並みマイナス圏で取引を終了している。
先限は前日比1.4円安の158.2円、出来高は1,682枚。

[とうもろこし]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は先限が小口の売りに押され水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比160円安の22,450円、出来高は120枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
上がり坂あれば下り坂あり
人生は楽あれば苦あり。
良い時もあれば悪い時もあります。
同様に相場においても上がったものは必ず下るというのが鉄則。
処世術と同じで、その転換期を知ることが相場に勝つ秘訣といえます。

その他情報は、こちらより


2020年7月22日(水)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外の堅調を背景に上げ幅を拡大し、買い一巡後は高値圏でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比123円高の6,397円、出来高は52,100枚。

[白金]
NY高を受けて、急伸して始まった。その後はNY時間外の強地合いを眺めて上値を追う場面もあったが、終盤は伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日比112円高は3,006円、出来高は10,470枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は米原油在庫増を嫌気し、NY時間外が上値重く推移したのを背景に、もみ合って取引を終了している。
原油先限は前日は430円高の29,540円、出来高は14,024枚。ガソリン先限は前日比840円高の41,320円、出来高は361枚。

[ゴムRSS3]
前日の堅調地合いを受けて、買いが先行して始まった。その後は商品全般の上昇を背景に、強含みに推移して取引を終了している。
先限は前日比0.6円高の159.6円、出来高は4,921枚。

[とうもろこし]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後はシカゴ夜間相場高を眺めた買いに下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比190円安の22,610円、出来高は256枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
我れ事において後悔せず
宮本武蔵「独行道」に登場する一句。すべては自分の責任で行うという自己責任の
認識がなければ、相場も人生もあやふやなものになりかねません。
自分で決断した以上は、たとえ損を伴う結果になったとしても、後悔は少ないはずです。

会員各位
22日(水)はガソリンの納会日です。27日(月)の日中立会より新甫が発会されます。
ガソリンコースの会員様は、27日以降に配信される売買サービス時記載の限月に、ご注意下さいますようお願い申し上げます。


*配信先アドレスのご登録は、携帯とPCといったように最大2つまで可能です。
追加アドレスをご希望の方は、お問合せもしくは会員専用メールアドレスよりお知らせ下さいますようお願いいたします。

その他情報は、こちらより


2020年7月21日(火)

[金]
NYの上昇を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外の強地合いや円相場の軟化を背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比35円高の6,274円、出来高は21,004枚。

[白金]
NY高を受けて、買い先行して始まった。その後はNY白金時間外の堅調や円の下落を背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比35円高の2,894円、出来高は4,203枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外のじり高歩調を背景に上げ幅を広げ、大半の限月がこの日の高値で取引を終了している。
原油先限は前日は490円高の29,110円、出来高は10,551枚。ガソリン先限は前日比550円高の40,480円、出来高は160枚。

[ゴムRSS3]
上海高を受けて、買いが先行して始まった。その後は期先は、その後も期中中心に買い戻され、大半の限月がこの日の高値で取引を終了している。
先限は前日比3.7円高の159.0円、出来高は3,866枚。

[とうもろこし]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後もシカゴ夜間相場安を眺めた売りに、期先限月が水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比230円安の22,800円、出来高は149枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
割高に売りなく、割安に買いなし
相場は底値近くでは割高、天井近くでは割安に見えるものです。

その他情報は、こちらより


2020年7月20日(月)

[金]
NYの上昇を受けて、買いが先行して始まった。その後は円相場の軟化を背景に水準を切り上げ、午後は高値圏でもみ合いとなって取引を終了している。
先限は前日比30円高の6,239円、出来高は13,751枚。

[白金]
NY高を受けて、買い優勢で始まった。その後は持ち高調整の買いなどが先行し、水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比31円高の2,859円、出来高は3,071枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY原油の下落を受けて、売りが先行して始まった。その後は手掛かり材料難からもみ合う場面もあったが、NY時間外の底堅さや円相場の軟化を受けて上げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日は150円安の28,620円、出来高は4,825枚。ガソリン先限は前日比200円安の39,930円、出来高は112枚。

[ゴムRSS3]
先週末の上海ゴムの軟化を受けて、売り優勢で始まった。その後は期先は、その後も売り優勢の展開に下げ幅を拡大した。一方、期近は買いが先行し、この日の高値圏で取引を終了している。
先限は前日比1.0円安の155.3円、出来高は1,817枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後は円相場の軟化などを背景に堅調に推移する場面も見られたが、午後では限月間でまちまちな動きとなって取引を終了している。
先限は前日比100円高の23,030円、出来高は123枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
若い相場は目をつぶって買え
底値をついて立ち上がった相場は、すでに売りが出尽くし、
上値にシコリがないことから、多少の乱高下はあっても株価は上昇するものです。
このような理由で、若い相場は目をつむって買えと言われるのです。



重要なお知らせ!

総合取引所への移行について

昨年10月に「東京商品取引所(TOCOM)」が 「日本取引所グループ(JPX)」のグループに加わったことを踏まえまして、 本年7月に「日本取引所グループ(JPX)」下の 「大阪取引所(OSE)」へ、 現在東京商品取引所(TOCOM)で上場されているエネルギー市場以外の商品(貴金属市場、ゴム市場、農産物市場)が移管される予定です。

<移管日について>
2020年7月27日(月)
※7月22日(水)の夜間取引は全商品行われません。
※7月23日(木)・24 日(金)は祝日のため、TOCOM・OSEとも休場です。

<移管される商品>
(貴金属)
金、金ミニ、ゴールドスポット、白金、白金ミニ、プラチナスポット、銀、パラジウム

(ゴム)
ゴム(RSS3)、ゴム(TSR20)

(農産物)
コーン、一般大豆、小豆

その他、不足金の解消方法、証拠金の見直し、ゴム相場の開始時間、サーキットブレーカー、などの変更点がございます。

詳細は、各取引会社のホームページ等でご確認ください。

その他情報は、こちらより


2020年7月17日(金)

[金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY金時間外と円相場が小動きで決め手を欠いたことから、始値付近のもみ合いって取引を終了している。
先限は前日比14円安の6,209円、出来高は24,783枚。

[白金]
円安を受けて、小反発して始まった。その後は持ち高調整の買いなどが先行し、水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比25円高の2,828円、出来高は5,533枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の水準切り下げや、為替が円高方向に振れるのを背景に、軟化して取引を終了している。
原油先限は前日は90円安の28,770円、出来高は37,603枚。ガソリン先限は前日比160円安の40,130円、出来高は58枚。

[ゴムRSS3]
手がかり材料待ちの中、小動きで始まった。その後は期近限月が買い戻しなどにしっかりで推移したことを背景に、全般に引き締まって取引を終了している。
先限は前日比0.7円高の156.3円、出来高は3,246枚。

[とうもろこし]
シカゴ高や円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は手掛かりに乏しいなか、寄り値近辺でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比170円高の22,930円、出来高は122枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
論を立て相場の逆を張る人は、論に勝っても相場には負け
相場には理屈で割り切れないことがたくさんあるので、
議論することは意味がありません。
理屈には負けても相場に勝つことを考えなさいということです。

その他情報は、こちらより


2020年7月16日(木)

[金]
決め手材料難から小動きで始まった。その後はNY時間外の軟化を背景に水準を切り下げ、全限月がマイナス圏で取引を終了している。
先限は前日比9円安の6,223円、出来高は19,259枚。

[白金]
NY高を受けて、上伸して始まった。その後はNY時間外の軟調を背景とした売りに押され、大半がこの日の安値で取引を終了している。
先限は前日比18円安の2,803円、出来高は2,521枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外が水準を切り下げるのを背景に、伸び悩んで取引を終了している。
原油先限は前日は80円高の28,860円、出来高は8,843枚。ガソリン先限は前日比60円高の40,290円、出来高は205枚。

[ゴムRSS3]
円高や上海安を受けて、売りが先行して始まった。その後は期先限月が寄り後も弱含みに推移する一方、期近限月は買いが勝り、値位置を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比0.9円安の155.6円、出来高は1,893枚。

[とうもろこし]
円高を受けて、買いが先行して始まった。その後も小口の売りに押され、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比160円安の22,760円、出来高は119枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
連日の続く相場に逆らうな、ついて行くのが儲かる道
相場の上げ下げには素直についていくと、意外とラクに儲かるものです。
相場では体勢に逆らうことは禁物です。

その他情報は、こちらより


2020年7月15日(水)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外と円相場が小動きで決め手を欠く中、もみ合いが続いて取引を終了している。
先限は前日比23円高の6,232円、出来高は21,721枚。

[白金]
小動きで始まった。その後は手掛かり材料難から始値付近で推移して取引を終了している。
先限は前日比2円安の2,821円、出来高は3,452枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は材料難を背景に、小動きで取引を終了している。
原油先限は前日は540円高の28,780円、出来高は14,960枚。ガソリン先限は前日比730円高の40,230円、出来高は176枚。

[ゴムRSS3]
上海ゴムや原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後も株高を背景におおむねしっかりで推移して取引を終了している。
先限は前日比0.2円高の156.5円、出来高は2,624枚。

[とうもろこし]
決め手材料難のなか、方向感なく始まった。その後は薄商いのなか、先限が小口の買いに水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比100円高の22,920円、出来高は148枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
漁師は潮を見る
漁師は潮の流れを見て魚場を探ると言われますが、
投資も同様。相場の流れを見て波に乗らなければなりません。

その他情報は、こちらより


2020年7月14日(火)

[金]
決め手材料難から小動きで始まった。その後はNY時間外の軟調を背景とした売りに押され、2番ぎり以降がマイナス圏で取引を終了している。
先限は前日比5円安の6,209円、出来高は19,368枚。

[白金]
NY安を受けて、反落して始まった。その後はNY時間外の軟化を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比39円安の2,823円、出来高は3,765枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外がいってこいになるのを背景に、もみ合って取引を終了している。
原油先限は前日は550円安の28,240円、出来高は14,670枚。ガソリン先限は前日比820円安の39,500円、出来高は158枚。

[ゴムRSS3]
手掛かり材料難を受けて、小動きで始まった。その後も仕掛け難の中で動意を欠いたが、次第に上海ゴム相場の弱地合いを受けて売りが優勢となって取引を終了している。
先限は前日比0.5円安の156.3円、出来高は2,003枚。

[とうもろこし]
方向感なく始まった。その後も手掛かりに乏しいなか、寄り値近辺でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比60円安の22,820円、出来高は186枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
利は元にあり
大きな利益を得るためには、大きな資金が必要だということ。
資金に余裕をもって参加すれば、いざという時も冷静に対処できます。

その他情報は、こちらより


2020年7月13日(月)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外の堅調地合いを背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比29円高の6,214円、出来高は20,584枚。

[白金]
NY高を受けて、反発して始まった。その後はNY時間外の上伸を眺めて水準を切り上げ、全般がこの日の高値圏で取引を終了している。
先限は前日比50円高の2,862円、出来高は3,025枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はもみ合ったが、終盤にかけては買い意欲が強まり、水準を切り上げて取引を終了している。
原油先限は前日は890円高の28,790円、出来高は75,565枚。ガソリン先限は前日比770円高の40,320円、出来高は186枚。

[ゴムRSS3]
上海高や原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後は株高などを眺めた買いに支えられ、プラス圏でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比1.7円高の156.8円、出来高は1,988枚。

[とうもろこし]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後もシカゴ夜間相場安を背景に、軟調に推移して取引を終了している。
先限は前日比510円安の22,880円、出来高は382枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
利乗せは最後にやられる
深追いや欲張りは禁物という意味。資金に余裕があるからといって下値で買い増して、
さらに大きな儲けを狙おうとすれば、裏目に出ることもあります。十分な注意が必要です。

その他情報は、こちらより


2020年7月10日(金)

[金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY金時間外の軟化や円相場の引き締まりを背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比75円安の6,185円、出来高は27,740枚。

[白金]
NY安を受けて、売り優背で始まった。その後はNY金時間外の軟調地合いや円の上昇を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比90円安の2,812円、出来高は6,285枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY原油の大幅下落を受けて、軒並み売りが先行して始まった。その後はNY原油時間外の水準切り下げや円相場の上昇を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日は950円安の27,900円、出来高は72,366枚。ガソリン先限は前日比420円安の39,550円、出来高は325枚。

[ゴムRSS3]
上海安を受けて、売りが先行して始まった。その後は円相場の上昇、上海相場の軟調地合いを背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比2.5円安の155.1円、出来高は3,308枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、買い優勢で始まった。その後はシカゴ夜間相場の下落と円相場の堅調を背景に、軟調に推移して取引を終了している。
先限は前日比130円安の23,390円、出来高は302枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
理屈に負けて相場に勝て
相場で儲けるためには、理屈を超えることが大切です。

相場には勝った負けたは付き物です。勝ち負けだけで相場をやっているのであれば、そのうち偶然にも一度くらいは大きな利益をだすことも経験されると思います。しかし一度の利益を出すことは誰でも簡単なことではございますが、最終的に資金を増やすことは容易ではございません。相場を投資としてやる以上は、資産を残し財産を築きあげていかなければ意味はありません。
相場の世界では、常に勝ち続け ている投資家は1割もいないといわれています。9割近くの投資家達は1年と経たずに相場の世界から消え去っているのが実情です。
当サイトのシステムでは、目先の利益にはとらわ れず、大切な資産を残していくためにも年間プログラムを取り入れております。当然ながら短期間ではマイナスがでることもあります。しかし長い目で見た場合に、最終的には過去で実証されていますように、必ずといってよいほど年間成績はある平均値以上の結果を残すことが出来ます。
本格的な資産運用としてご紹介させていただいているため、独自のマネーマネジメントを取り入れております。
当たった、ハズれたの相場をやっていても意味はありません。
資産運用として真剣にお考えなのであれば、1ヶ月よりも当然ながら、半年、1年・・・と長期での運用の方が効果もかなり大きくなります。
実際に実感していただくためにも、なるべく長く運用するこ とをお勧めいたします。
そうすることによって、今まで味わったことのない喜びを感じて頂けるはずです。


その他情報は、こちらより


2020年7月9日(木)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外の堅調地合いを背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比59円高の6,260円、出来高は26,799枚。

[白金]
NY高を受けて、続伸して始まった。その後は決め手材料難から始値付近で推移する場面もあったが、大引けにかけて手じまい売りなどに押され、上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比11円高の2,902円、出来高は5,646枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外が方向感なく推移するのを背景に、もみ合って取引を終了している。
原油先限は前日は50円高の28,850円、出来高は74,218枚。ガソリン先限は前日比50円安の39,970円、出来高は174枚。

[ゴムRSS3]
上海高を受けて、買いが先行して始まった。その後は買い一服とともに戻り売りに押されて上げ幅を縮小、大半の限月がこの日の安値で取引を終了している。
先限は前日比0.4円高の157.6円、出来高は2,235枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後は手掛かりに乏しいなか、寄り値近辺でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比80円高の23,520円、出来高は131枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
利食いに迷わば半手仕舞い
利益を出している相場で、全玉手仕舞いするかどうか迷った場合は、
後々の心残りにならないよう、半分だけ利食いして、半分残しておく
のもひとつの手です。

その他情報は、こちらより


2020年7月8日(水)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外と円相場が小動きで決め手を欠いたことから、始値付近でのもみ合いが続いて取引を終了している。
先限は前日比32円高の6,201円、出来高は23,737枚。

[白金]
NY高を受けて、続伸して始まった。その後はNY時間外の堅調地合いを背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比49円高の2,891円、出来高は4,761枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の高下を背景に、小幅レンジでもみ合って取引を終了している。
原油先限は前日は270円高の28,800円、出来高は72,721枚。ガソリン先限は前日比220円高の40,020円、出来高は161枚。

[ゴムRSS3]
様子見ムードが強く、小動きで始まった。その後も円相場、上海ゴム相場ともに動意を欠いたことで商いは見送られ、小幅な値動きにとどまって取引を終了している。
先限は前日比0.2円安の157.2円、出来高は1,941枚。

[とうもろこし]
方向感なく始まった。その後はシカゴ夜間相場の弱含みを背景に、期先限月が水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比40円安の23,440円、出来高は152枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
利食い腰は強く、引かれ腰は弱く
利益が出ている時は、できる限りこの状態を長く保ち続けること。
一方、損をしている時の躊躇は禁物。早く見切りをつけて手仕舞いしましょう。

その他情報は、こちらより


2020年7月7日(火)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外と円相場が小動きで決め手を欠いたことを背景に、始値付近のもみ合いが続いて取引を終了している。
先限は前日比28円高の6,169円、出来高は12,361枚。

[白金]
NY高を受けて、続伸して始まった。その後はNY時間外の堅調地合いを眺めて上げ幅を拡大する場面もあったが、終盤は伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日比27円高の2,842円、出来高は3,156枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
円高を受けて、小反発して始まった。その後はNY時間外が水準を切り下げるのを背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日は370円安の28,530円、出来高は70,789枚。ガソリン先限は前日比290円安の39,800円、出来高は191枚。

[ゴムRSS3]
小幅まちまちで始まった。その後は期先にややまとまった買いが入ったのを機に全般に水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比0.6円高の157.4円、出来高は2,979枚。

[とうもろこし]
中国向け米国産穀物需要の回復期待が高まったことを受けて、買いが先行して始まった。その後は米中対立を背景とした中国への輸出減少懸念などを背景に期先3本はマイナス圏で取引を終了している。
先限は前日比110円安の23,480円、出来高は183枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
利食い急ぐな、損急げ
利食いよりも損切りの方が重要だということ。上げ相場の場合は、一時的に下っても、
儲け幅が多少減るだけで済みますが、損切りできない状態でいると、どんどん損失が
膨らむばかりです。

その他情報は、こちらより


2020年7月6日(月)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外の軟化を背景とした売りに値を消し、期先2限月がマイナス圏に沈んで取引を終了している。
先限は前日比1円安の6,141円、出来高は8,600枚。

[白金]
NY高を受けて、小反発して始まった。その後は円相場の軟化やNY時間外の底堅さを背景に、上げ幅を拡大し取引を終了している。
先限は前日比22円高の2,815円、出来高は2,198枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外の水準切り上げを背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日は410円高の28,900円、出来高は16,074枚。ガソリン先限は前日比1,190円高の40,090円、出来高は404枚。

[ゴムRSS3]
小口のポジション調整で小甘始まった。その後は円相場の軟化を支えに下げ渋り、上海ゴム相場や内外の株高を眺め、終盤にかけて水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比1.2円高の156.8円、出来高は2,612枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後も円相場の弱含みやシカゴ夜間相場高を背景に、堅調に推移して取引を終了している。
先限は前日比370円高の23,590円、出来高は223枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
理屈上手の商い下手
世の中には頭の良い人が沢山いますが、いくら話の筋が通っていたとしても、
生きている経済を相手にしていると、理屈通りには行かないものです。
それは相場の世界でも同じこと。
「予想上手の馬券下手」という競馬の世界にも同じような格言があります。

その他情報は、こちらより


2020年7月3日(金)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は決め手材料難からもみ合ったが、NY金時間外の軟化を背景に上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比26円高の6,142円、出来高は18,777枚。

[白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外の軟調を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比23円安の2,793円、出来高は2,796枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は円相場、NY時間外ともに動意を欠き、狭い範囲でもみ合って取引を終了している。
原油先限は前日は240円高の28,490円、出来高は13,507枚。ガソリン先限は前日比110円安の38,900円、出来高は209枚。

[ゴムRSS3]
小口の買い持ちのポジション調整を受けて、軟調に始まった。売り一巡後は、上海ゴム相場の上昇を眺めて買いが優勢となり、プラス圏で取引を終了している。
先限は前日比0.2円高の155.6円、出来高は2,577枚。

[とうもろこし]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後は手掛かりに欠けるなか、寄り値近辺でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比130円安の23,220円、出来高は396枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
利が乗れば売り重ね、買い増しこそ大事なり
底を買ったつもりが、上げ足のうちに下げ押し目になることがあります。
高値のうちに売っておけば良かったと後悔しがちですが、これこそ絶好の機会と考えるべきです。
買いに利が乗れば買い増して、売り方の踏みが出るまで手仕舞いしないことが肝心です。

その他情報は、こちらより


2020年7月2日(木)

[金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY金時間外の軟調を背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比66円安の6,116円、出来高は33,936枚。

[白金]
NY安を受けて、大幅反落して始まった。その後は持ち高調整の売りなどに押され、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比59円安の2,816円、出来高は7,114枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外の水準切り上げを背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日は270円高の28,250円、出来高は9,368枚。ガソリン先限は前日比240円高の39,010円、出来高は155枚。

[ゴムRSS3]
手掛かりを欠き、小動きで始まった。その後は上海ゴム相場の上昇を眺めて水準を切り上げ、プラス圏でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比1.0円高の155.4円、出来高は3,244枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後は手じまいなど売りが優勢となり、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比40円安の23,350円、出来高は356枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
利食い金には休養を
相場とは不思議なもので、大きく儲かった後は大きく損するものです。
利益で気が大きくなり、売買が荒くなるせいかもしれませんが、
ここで一度冷静になることが大切だといっています。

その他情報は、こちらより


2020年7月1日(水)

[金]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はもみ合ったが、NY時間外の堅調地合いや円の軟化を背景に終盤に上げ幅を拡大し、大半がこの日の高値で取引を終了している。
先限は前日比40円高の6,182円、出来高は29,236枚。

[白金]
円安を受けて、続伸して始まった。その後は円の下落を眺めて水準を切り上げる場面もあったが、大引けにかけて伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日比57円高の2,875円、出来高は6,891枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY原油の上昇を受けて、軒並み買いが先行して始まった。その後はNY時間外の水準切り下げる一方、為替相場は円安・ドル高に振れ、強弱材料が交錯する中で、もみ合って取引を終了している。
原油11月限は前日は120円安の27,770円、新甫12月限は27,980円、出来高は8,237枚。ガソリン先限は前日比20円高の38,770円、出来高は152枚。

[ゴムRSS3]
円安や石油相場の上昇などを受けて、買いが先行して始まった。その後は戻り売りにマイナス圏に沈む場面もあったが、上海ゴム高を支えに切り返し、堅調に推移して取引を終了している。
先限は前日比0.1円安の154.4円、出来高は3,672枚。

[とうもろこし]
シカゴ高や円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は手掛かりに乏しいなか、寄り値近辺でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比600円高の23,390円、出来高は521枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
濫觴(らんしょう)軽んずるなかれ
物事の初めや起源を軽視してはいけないということの喩え。
最初は小さな動きでも、いずれ大きな動きに変わるものだから、
注意を怠らないようにしましょう。

その他情報は、こちらより



2020年6月30日(火)

[金]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はもみ合ったが、NY時間外の堅調地合いや円の軟化を背景に終盤に上げ幅を拡大し、大半がこの日の高値で取引を終了している。
先限は前日比30円高の6,142円、出来高は19,710枚。

[白金]
円安を受けて、続伸して始まった。その後は円の下落を眺めて水準を切り上げる場面もあったが、大引けにかけて伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日比38円高の2,818円、出来高は4,666枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY原油の上昇を受けて、軒並み買いが先行して始まった。その後はNY時間外の水準切り下げる一方、為替相場は円安・ドル高に振れ、強弱材料が交錯する中で、もみ合って取引を終了している。
原油先限は前日は1,290円高の27,770円、出来高は17,118枚。ガソリン先限は前日比1,750円高の38,750円、出来高は304枚。

[ゴムRSS3]
円安や石油相場の上昇などを受けて、買いが先行して始まった。その後は戻り売りにマイナス圏に沈む場面もあったが、上海ゴム高を支えに切り返し、堅調に推移して取引を終了している。
先限は前日比0.5円高の154.5円、出来高は5,618枚。

[とうもろこし]
シカゴ高や円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は手掛かりに乏しいなか、寄り値近辺でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比480円高の22,790円、出来高は388枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
楽々と儲かる時は気を抜くな、千載一遇この時にあり
相場にはいつも大儲けのチャンスがあるわけではありません。
楽々と儲かる時は絶好のチャンスに恵まれているということ。
だからこそ、常に注意を研ぎ澄ませて、このチャンスをつかむ努力をすることが大切です。



今月も皆様お疲れさまでした。


以下は、6月度の各コースの獲得利益幅です。

スイングトレード
東京金 ・・・−138円(1000倍)
東京白金 ・・・552円(500倍)
東京原油 ・・・2300円(50倍)
東京ガソリン ・・・6830円(50倍)
東京ゴム ・・・35.9円(5000倍)
東京コーン ・・・1770円(50倍)

デイトレード
東京金 ・・・609円(1000倍)
東京白金 ・・・456円(500倍)
東京原油 ・・・5820円(50倍)
東京ガソリン ・・・−1460円(50倍)
東京ゴム ・・・28.3円(5000倍)


7月度もよろしくお願いします。

その他情報は、こちらより



2020年6月29日(月)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は決め手材料難から持ち高調整の売り買いが交錯し、高値圏でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比58円高の6,112円、出来高は31,747枚。

[白金]
まちまちで始まった。その後はNY時間外の堅調を背景に水準を切り上げ、全限月がプラス圏で取引を終了している。
先限は前日比26円高の2,780円、出来高は4,346枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後もNY時間外の水準切り下げを背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日は1,290円安の26,480円、出来高は15,695枚。ガソリン先限は前日比2,450円安の37,000円、出来高は392枚。

[ゴムRSS3]
前週末の米株急落を受けて、売りが先行して始まった。その後は円安を背景に、一時プラス圏に浮上する場面もあったが、上海ゴム相場の下落を映して再びマイナス圏に沈んで取引を終了している。
先限は前日比1.2円安の154.0円、出来高は6,117枚。

[とうもろこし]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後も水準を切り下げるなど軟調に推移して取引を終了している。
先限は前日比170円安の22,310円、出来高は201枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
寄引同事は分岐の前兆
同じ寄付と大引の値で終了する時は、相場の転換を意味します。
かなり上げたところで出れば天井、かなり下げたところで出れば底を暗示します。

会員各位
30日(火)は原油の納会日です。7月1日(水)の日中立会より新甫が発会されます。
原油コースの会員様は、7月1日以降に配信される売買サービス時記載の限月に、ご注意下さいますようお願い申し上げます。


*配信先アドレスのご登録は、携帯とPCといったように最大2つまで可能です。
追加アドレスをご希望の方は、お問合せもしくは会員専用メールアドレスよりお知らせ下さいますようお願いいたします。

その他情報は、こちらより


2020年6月26日(金)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の軟化を受けて水準を切り下げ、全限月がマイナス圏で取引を終了している。
4月限は前日比21円安の6,050円、新甫6月限は6,054円、出来高は15,396枚。

[白金]
NYの戻りを受けて、反発して始まった。その後はNY時間外の上値の重さを背景とした売りに押され、水準を切り下げて取引を終了している。
4月限は前日比9円安の2,757円、新甫6月限は2,754円、出来高は2,828枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外が方向感なく推移するのを背景に、もみ合って取引を終了している。
原油先限は前日比960円高の27,770円、出来高は14,128枚。ガソリン12月限は前日比830円高の39,030円、新甫1月限は39,450円、出来高は110枚。

[ゴムRSS3]
週末を控えた小口の手じまい売りに小甘く始まった。その後は上海市場が休場で、手掛かり材料を欠く中、マイナス圏でもみ合う展開が続いて取引を終了している。
先限は前日比2.2円安の155.2円、出来高は3,234枚。

[とうもろこし]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後はマイナス圏でのもみ合いが続いたが、終盤に下値を試す動きが強まり、この日の安値で取引を終了している。
先限は前日比120円安の22,480円、出来高は225枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
善く戦う者は勝ち易きに勝つ者なり
勝つには勝つだけの理由があり、先の見通しがはっきりした時こそ
千載一遇のチャンスとして、生かせる人こそ本当の勝者と言えるでしょう。

その他情報は、こちらより


2020年6月25日(木)

[金]
決め手材料難から小動きで始まった。その後は始値付近でもみ合ったが、NY時間外の戻りを受けた買いが入り、10月きり以外は小幅高で取引を終了している。
先限は前日比6円高の6,071円、出来高は23,489枚。

[白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外の下げ渋りを背景に、下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比70円安の2,766円、出来高は4,328枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY原油の急落を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外が方向感なく推移するのを背景に、もみ合って取引を終了している。
原油先限は前日比1,410円安の26,810円、出来高は18,726枚。ガソリン先限は前日比1,130円安の38,200円、出来高は296枚。

[ゴムRSS3]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後は上海市場が休場で、手掛かり材料を欠く中、マイナス圏でもみ合う展開が続いて取引を終了している。
11月限は前日比2.6円安の154.9円、新甫12月限は157.4円、出来高は3,002枚。

[とうもろこし]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後は手掛かりに欠けるなか、寄り値近辺でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比100円安の22,600円、出来高は98枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
夜明け前がいちばん暗い
絶望の最中にいる時は暗くて当然。でも明けない夜はありません。
どん底にいる時こそ、新しいチャンスの準備期間です。

先物ニュース!!
7月1日営業日(6月30日夜間立会)より対面取引の委
託者証拠金が変更されます。
東京金 228,000円
東京金(ミニ) 22,800円
ゴールドスポット 22,800円
東京白金 180,000円
東京白金(ミニ) 36,000円
プラチナスポット 34,800円
東京銀 110,000円
パラジウム 525,000円
東京ガソリン(バージガソリン) 400,000円
東京灯油(バージ灯油) 475,000円
東京原油(ドバイ原油) 400,000円
軽油(バージ軽油) 295,000円
中京ガソリン(ローリーガソリン) 65,000円
中京灯油(ローリー灯油) 50,000円
ゴムRSS 50,000円
ゴムTSR20 80,000円
とうもろこし 50,000円
一般大豆 80,000円
小豆 70,000円
東京コメ 80,000円
新潟コシ 10,000円
秋田こまち 65,000円

その他情報は、こちらより