商品先物取引 売買指針サービス En-Rich

En-Rich

スイング、デイトレ 相場リアルタイム配信!

金 白金 原油 ガソリン ゴム とうもろこし 大豆

トップページ ごあいさつ サービス概要 過去の実績 マーケット情報 よくある質問 お問い合わせ


 トップページ >  本日の相場
入会お申込み
ログイン 会員専用ページ

無料サービス!ご登録はこちら
会員様の声
サービス概要
過去の実績
本日の相場
マーケット情報
よくある質問
 

先物キャンペーン2018!



2018年5月24日(木)

[東京金]
円高を受けて、続落して始まった。その後も為替市場の円上昇を眺めた手じまいが優勢となり水準を下げて取引を終了している。
先限は前日比24円安の4,550円、出来高は46,744枚。

[東京白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後は円の上昇を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日19円安の3,201円、出来高は8,030枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後は軟調なNY時間外相場や円高を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比240円安の51,770円、出来高は20,521枚。ガソリン先限は前日比350円安の64,550円、出来高は2,905枚。

[東京ゴム]
円の引き締まりを受けて、続落して始まった。その後も特段の材料がない中、整理売りに押される展開となって取引を終了している。
先限は前日比2.7円安の193.8円、出来高は4,625枚。

[東京コーン]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後は円相場の上昇を背景に、大半がマイナスサイドで取引を終了している。
先限は前日比170円安の26,100円、出来高は1,177枚。

いつもありがとうございます。

本日の相場格言
素人は買い、玄人は売り

上げ相場は、素人相場と言われ、大勢で上昇させていくため、
ここで逆らって売らないこと。
一方、玄人相場と言われる、下げ相場は急落して一見有利に見えても、
戻りも激しいのが特徴です。

会員各位
25日(金)はガソリン・ゴムの納会日です。28日(月)の日中立会より新甫が発会されます。
ガソリン・ゴムコースの会員様は、28日以降に配信される売買サービス時記載の限月に、ご注意下さいますようお願い申し上げます。

*配信先アドレスのご登録は、携帯とPCといったように最大2つまで可能です。
追加アドレスをご希望の方は、お問合せもしくは会員専用メールアドレスよりお知らせ下さいますようお願いいたします。

2018年度、初の先物キャンペーン!開催です。

奮ってご参加くださいますようお願い申し上げます。

キャンペーンはこちら。


その他情報は、こちらより。



2018年5月23日(水)

[東京金]
NY高を受けて、小反発して始まった。その後はNY金時間外の軟調と円高を背景に、全限月がマイナスサイドに転じ、この日の安値圏で取引を終了している。
先限は前日比19円安の4,574円、出来高は27,906枚。

[東京白金]
NY高を受けて、続伸して始まった。その後はNY白金時間外安と円高に圧迫され、マイナスサイドに転じて取引を終了している。
先限は前日2円高の3,220円、出来高は12,995枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外が軟化したほか、為替の円高を受け、水準を切り下げて取引を終了している。
原油先限は前日比520円安の51,010円、出来高は19,473枚。ガソリン先限は前日比590円安の64,900円、出来高は2,504枚。

[東京ゴム]
上海相場が夜間取引で上昇したことを受け、その後は上海相場が軟化したほか、為替の円高を背景にマイナスサイドに沈み、大引けにかけて軟調に推移して取引を終了している。
先限は前日比2.5円安の196.5円、出来高は5,830枚。

[東京コーン]
シカゴ相場高を受けて、反発して始まった。その後は円高や上値の重いシカゴ相場を背景に、上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比20円高の26,270円、出来高は678枚。

いつもありがとうございます。

本日の相場格言
商人に系図なし
相場の世界は門地閨閥など一切関係なく、実力次第ですべての人に成功する
チャンスがあるということです。

先物ニュース!!
サーキットブレーカー幅(SCB幅)の変更について
2018 年5月 31 日の夜間立会(2018 年6月1日の清算区域)より、バージガソリン、
バージ灯油及びプラッツドバイ原油のサーキットブレーカー幅(SCB幅)を変更い
たしますのでご連絡いたします。
詳しくはこちらをご覧ください。

2018年度、初の先物キャンペーン!開催です。

奮ってご参加くださいますようお願い申し上げます。

キャンペーンはこちら。


その他情報は、こちらより。



2018年5月22日(火)

[東京金]
NYが前日の東京市場大引け時点を上回ったのを受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外の軟調推移を背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比0円の4,593円、出来高は18,435枚。

[東京白金]
NY高を受けて、反発して始まった。その後はNY時間外の軟化を背景に、上げ幅を縮小する場面もあったが、買い戻しに堅調な地合いを維持し取引を終了している。
先限は前日51円高の3,218円、出来高は9,894枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油安を受けて、反落して始まった。その後はNY時間外が戻り歩調となったほか、円相場が軟化したのを背景に、プラスサイドに切り返す限月が相次いで取引を終了している。
原油先限は前日比80円高の51,530円、出来高は9,162枚。ガソリン先限は前日比30円安の65,490円、出来高は2,222枚。

[東京ゴム]
上海ゴム相場の夜間取引の堅調と原油高を受け、続伸して始まった。買い一巡後は上海の伸び悩みを背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比1.0円安の199.0円、出来高は5,657枚。

[東京コーン]
手じまい売り先行で始まった。その後は取引中のシカゴの軟調を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比250円安の26,250円、出来高は948枚。

いつもありがとうございます。

本日の相場格言
勝機逸すべからず
今がチャンスだと思った時、ここで勝敗を分けるのは勇気と決断力です。

2018年度、初の先物キャンペーン!開催です。

奮ってご参加くださいますようお願い申し上げます。

キャンペーンはこちら。


その他情報は、こちらより。



2018年5月21日(月)

[東京金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外の水準切り下げと、円相場の軟化の綱引きとなり、狭いレンジで推移して取引を終了している。
先限は前日比5円高の4,593円、出来高は19,377枚。

[東京白金]
NY安を受けて、反落して始まった。その後もNY白金時間外の下落を背景に、軟調に推移して取引を終了している。
先限は前日11円安の3,167円、出来高は6,011枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油安を受けて、反落して始まった。その後はNY時間外が戻り歩調となったほか、円相場が軟化したのを背景に、プラスサイドに切り返す限月が相次いで取引を終了している。
原油先限は前日比20円高の51,450円、出来高は15,385枚。ガソリン先限は前日比30円高の65,520円、出来高は2,252枚。

[東京ゴム]
欧米原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後は上海相場高を背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比6.1円高の200.0円、出来高は10,334枚。

[東京コーン]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後もシカゴの上昇と円軟化を背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比570円高の26,500円、出来高は1,493枚。

いつもありがとうございます。

本日はコーンと日経225で利益獲得!!

今後の展開は??


本日の相場格言
順徳の智の源は逆らう勇、その源は待つ仁にあり
相場に順応して売買して利益を出すのが「智」の領分。
相場に逆張りするのが「勇」の領分。
逆張りを成功させるために必要なのが「仁」です。
十分高く、機が熟すまで待つには、忍耐と達観が必要なのです。

2018年度、初の先物キャンペーン!開催です。

奮ってご参加くださいますようお願い申し上げます。

キャンペーンはこちら。


その他情報は、こちらより。



2018年5月18日(金)

[東京金]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は手掛かり材料を欠く中、模様眺めムードが強まり、狭いレンジで推移して取引を終了している。
先限は前日比15円高の4,588円、出来高は21,036枚。

[東京白金]
円安を受けて、反発して始まった。その後もNY時間外の軟調地合いを背景に、上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日8円高の3,178円、出来高は7,238枚。

[東京原油・東京ガソリン]
NY原油高と円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は新規の材料を欠き、投資家の様子見ムードが広がる中、日中始値を挟んで取引を終了している。
原油先限は前日比390円高の51,430円、出来高は21,352枚。ガソリン先限は前日比610円高の65,490円、出来高は2,599枚。

[東京ゴム]
欧米原油高と上海高を受けて、買いが先行して始まった。その後大引けにかけて上海の伸び悩みや円安一服を背景にした利食い売り押され、伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日比4.0円高の193.9円、出来高は6,916枚。

[東京コーン]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後はシカゴが戻りを入れたほか、円安を背景に買われ、全限月がプラス圏に切り返し、この日の高値で取引を終了している。
先限は前日比200円高の25,930円、出来高は884枚。


いつもありがとうございます。

早々のたくさんのお申込み、誠にありがとうございます。

デイトレも
金・白金・原油・ガソリン好調!!

来週以降、注目!?
各銘柄、面白い展開に!


本日の相場格言
需給はあらゆる材料に優先する
相場の値動きを決める一番の要因は需給関係です。
相場を熟考する時は、まず需給関係をチェックすること。
人気や材料はあくまでも二の次です。

2018年度、初の先物キャンペーン!開催です。

奮ってご参加くださいますようお願い申し上げます。

キャンペーンはこちら。



2018年5月17日(木)

[東京金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY金時間外と円相場がともに動意を欠く中、狭いレンジで推移し取引を終了している。
先限は前日比7円安の4,573円、出来高は35,739枚。

[東京白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後もNY安を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日28円安の3,170円、出来高は12,010枚。

[東京原油・東京ガソリン]
NY原油高と円安を受けて、買いが先行して始まった。その後も先高期待から買いが継続し、堅調に推移して取引を終了している。
原油先限は前日比920円高の51,040円、出来高は16,674枚。ガソリン先限は前日比940円高の64,880円、出来高は2,612枚。

[東京ゴム]
欧米原油安と円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は利食い売りに押される場面もあったが、大引けにかけて堅調に推移し取引を終了している。
先限は前日比1.4円高の189.9円、出来高は3,194枚。

[東京コーン]
シカゴ安を受けて、反落して始まった。売り一巡後は最近の堅調地合いを引き継ぐとともに、円安基調やシカゴ相場の戻りを背景に、全限月がプラス圏に切り返し、結局、この日の高値圏で取引を終了している。
先限は前日比90円高の25,730円、出来高は525枚。


いつもありがとうございます。


本日の相場格言
知ったらしまい
かつての相場名人、田附政次郎の言葉。材料は潜んでいるうちは花で、
周知となれば材料の妙味はなくなり、相場にとって無意味なものになってしまうということです。

原油スイング好調!!
今月、すでに15,000円幅。
1枚ベースの利益は、794,000円です!



2018年度、初の先物キャンペーン!開催です。

奮ってご参加くださいますようお願い申し上げます。

キャンペーンはこちら。


その他情報は、こちらより。



2018年5月16日(水)

[東京金]
NY市場の続落を受けて、大幅続落で始まった。その後はNY金時間外と円相場が動意を欠く中、決め手材料難からもみ合いが続いて取引を終了している。
先限は前日比43円安の4,580円、出来高は49,322枚。

[東京白金]
NY安を受けて、続落して始まった。その後は金の軟化に追随し、軟調に推移して取引を終了している。
先限は前日23円安の3,198円、出来高は10,496枚。

[東京原油・東京ガソリン]
NY原油の上昇を受けて、続伸して始まった。その後は戻りを試すNY時間外相場を眺めて、水準を切り上げて取引を終了している。
原油先限は前日比400円高の50,120円、出来高は28,053枚。ガソリン先限は前日比340円高の63,940円、出来高は2,274枚。

[東京ゴム]
原油の上昇などを受けて、買いが先行して始まった。その後は上海相場の軟化を眺め、マイナス圏に沈む場面も見られたが、大引けにかけては原油相場の堅調や上海相場の戻りを背景に再び引き締まり、プラスサイドで取引を終了している。
先限は前日比0.4円高の188.5円、出来高は4,290枚。

[東京コーン]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。買い一巡後はシカゴ相場の上値の重さを眺め、期先にかけて伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日比120円高の25,640円、出来高は613枚。


いつもありがとうございます。


2018年度、初の先物キャンペーン!開催です。

奮ってご参加くださいますようお願い申し上げます。

キャンペーンはこちら。


その他情報は、こちらより。


2018年5月15日(火)

[東京金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY金時間外の軟調と円安、強弱両材料の綱引きとなり、狭いレンジでもみ合って取引を終了している。
先限は前日比11円安の4,623円、出来高は18,928枚。

[東京白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外相場が軟化すると次第に水準を切り下げ、この日の安値圏で取引を終了している。
先限は前日41円安の3,221円、出来高は9,473枚。

[東京原油・東京ガソリン]
NY安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外相場の軟化を背景に、上げ幅を縮小する場面があったものの、午後は堅調に推移して取引を終了している。
原油先限は前日比1,070円高の49,720円、出来高は36,016枚。ガソリン先限は前日比760円高の63,600円、出来高は1,979枚。

[東京ゴム]
上海安を受けて、売りが先行して始まった。その後は上海の値下がりを眺めた売りに押され、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比4.2円安の188.1円、出来高は6,239枚。

[東京コーン]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後はシカゴが堅調に推移したことを背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比290円高の25,520円、出来高は622枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
市場はにわかにその大趨勢を変ずることなし
相場は常に上下変動を繰り返していますが、大局でみれば3カ月~1年間続くもので、
急に軌道を変更することはありません。
よって上下いずれかの波動を見極めたら、天底を突くまで一貫すべきだと説いています。

先物ニュース!
第3回TOCOMリアルトレードコンテストを7月から開催
詳しくはこちらをご覧ください。

その他情報は、こちらより。



2018年5月14日(月)

[東京金]
NY安を受けて、反落して始まった。その後はNY金時間外取引の堅調推移を背景に、やや水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比2円高の4,634円、出来高は19,130枚。

[東京白金]
決め手材料難を受けて、小動きで始まった。その後も決め手を欠き、レンジ内でもみ合って取引を終了している。
先限は前日5円高の3,262円、出来高は7,675枚。

[東京原油・東京ガソリン]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後もNY時間外の軟調推移を背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
原油先限は前日比420円安の48,650円、出来高は33,046枚。ガソリン先限は前日比480円安の62,840円、出来高は1,614枚。

[東京ゴム]
欧米原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後は上海ゴム相場の軟調推移を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比1.1円安の192.3円、出来高は2,813枚。

[東京コーン]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後も軟調なシカゴ相場を背景に、上値が重く取引を終了している。
先限は前日比190円安の25,230円、出来高は1,298枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
鹿を追うものは兎を顧みず
目先の小さな利益に目をくれていては、大きな利益は追求できません。

その他情報は、こちらより。



2018年5月11日(金)

[東京金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外の軟調な動きを背景に、水準を下げる場面もあったが、押し目は拾われ下げ渋って取引を終了している。
先限は前日比6円高の4,632円、出来高は24,250枚。

[東京白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後もおおむね高値圏で推移して取引を終了している。
先限は前日17円高の3,257円、出来高は10,221枚。

[東京原油・東京ガソリン]
NY安と円高を受けて、反落して始まった。その後もNY時間外の軟化を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比290円安の49,070円、出来高は35,060枚。ガソリン先限は前日比260円安の63,320円、出来高は2,274枚。

[東京ゴム]
円高を受けて、2番ぎり以降売りが先行して始まった。その後は週末のポジション調整で買い戻しが優勢となり、おおむねプラスサイドに切り返して取引を終了している。
先限は前日比0.5円高の193.4円、出来高は2,770枚。

[東京コーン]
シカゴ安を受けて、軟調に始まった。その後は円高を背景に、下げ幅を拡大して続いて取引を終了している。
先限は前日比290円安の25,420円、出来高は854枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
三割高下は一応向え
相場の天底の値幅変動は10?20%が一般的。よって、30%も上下するのは
特別なケースが考えられるため、こんな時は売買をすれば成功するという意味です。

その他情報は、こちらより。



2018年5月10日(木)

[東京金]
NY高と円安を受けて、続伸して始まった。その後はNY金時間外相場の上昇を手掛かりに強含みで推移したが、終盤にNY時間外が伸び悩むとやや上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比24円高の4,626円、出来高は87,705枚。

[東京白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY高を背景に、上げ幅をやや拡大して取引を終了している。
先限は前日20円高の3,240円、出来高は62,814枚。

[東京原油・東京ガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外取引が一段高となる中で、午前中は水準を切り上げる動きが続いた。午後は上げ一服感が広がり、高値圏でもみ合って取引を終了している。
原油先限は前日比980円高の49,360円、出来高は78,644枚。ガソリン先限は前日比990円高の63,580円、出来高は8,554枚。

[東京ゴム]
上海高や欧米原油高を受けて、買いが先行して始まった。買い一巡後は整理売りなどに押され、値を沈める場面もみられたが、終盤やや持ち直して取引を終了している。
先限は前日比1.2円高の192.9円、出来高は28,753枚。

[東京コーン]
円の軟化を受けて、上伸して始まった。買い一巡後は様子見ムードが広がり、もみ合いが続いて取引を終了している。
先限は前日比110円高の25,710円、出来高は6,363枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
先んずれば人を制す
「人の後に回れば不利、人の先に出れば有利」を相場に喩えた言葉。
他人が売買するのを見てから売買しても、すでに天底であることが多いもの。
仕掛けは他人より先んじることが重要だと言っています。

本日も原油のスイングで利益獲得!!

その他情報は、こちらより。



2018年5月9日(水)

[東京金]
NY高を受けて、反発して始まった。その後は円安を眺めて水準を切り上げるも、終盤にかけてはNY金時間外の軟調に圧迫され、伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日比13円高の4,602円、出来高は32,320枚。

[東京白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は円安を背景に、反発して取引を終了している。
先限は前日17円高の3,220円、出来高は8,320枚。

[東京原油・東京ガソリン]
NY高を受けて、反発して始まった。その後は円相場の上昇などを背景に、下げ幅を拡大したものの、大引けにかけてはNY時間外の底堅さを背景に下げ渋って取引を終了している。
原油先限は前日比730円高の48,380円、出来高は40,140枚。ガソリン先限は前日比900円高の62,590円、出来高は4,521枚。

[東京ゴム]
決め手材料難を受けて、方向感を欠いて始まった。その後も決め手を欠き、始値付近でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比0.0円の191.7円、出来高は3,628枚。

[東京コーン]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後も円安、シカゴ相場の堅調を背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比370円高の25,600円、出来高は1,107枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
財界の見通しより、相場の足取り
経済界の景気の波は参考にとどめ、相場そのものの足取りをしっかり研究しましょう。
相場の動きは景気の波とは直接関係なく動くものです。

原油スイング、大幅利益獲得!!
今後の動きは・・・!
注目です。


先物ニュース!
5月16日営業日(5月15日夜間立会)より委託者証拠金が変更されます。
平成30年5月中の委託者証拠金額一覧
(5月15日夜間取引より)

東京金 1,000倍 66,000円
東京金(ミニ)  100倍 6,600円
ゴールドスポット   100倍 6,600円
東京白金  500倍 48,000円
東京白金(ミニ)  100倍 9,600円
プラチナスポット   100倍 9,600円
東京銀  10,000倍 30,000円
パラジウム  500倍 80,000円
東京ガソリン(バージガソリン)  50倍 90,000円
東京灯油(バージ灯油)  50倍 90,000円
東京原油(ドバイ原油)  50倍 95,000円
軽油(バージ軽油)  50倍 125,000円
中京ガソリン(ローリーガソリン)  10倍 50,000円
中京灯油(ローリー灯油)  10倍 50,000円
東京ゴム  5,000倍 50,000円
とうもろこし  50倍 45,000円
一般大豆  25倍 55,000円
小豆  80倍 45,000円
東京コメ  200倍 60,000円
大阪コメ  50倍 15,000円
新潟コシ 25倍 15,000円


その他情報は、こちらより。



2018年5月8日(火)

[東京金]
NY高と円高を受けて、強弱材料の綱引きとなり小動きで始まった。その後はNY金時間外の軟調を背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比11円安の4,589円、出来高は18,428枚。

[東京白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後もNY白金時間外安を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日19円安の3,203円、出来高は7,176枚。

[東京原油・東京ガソリン]
NYが買い方の利食いに押され、売りが先行して始まった。その後は円相場の上昇などを背景に、下げ幅を拡大したものの、大引けにかけてはNY時間外の底堅さを背景に下げ渋って取引を終了している。
原油先限は前日比140円安の47,650円、出来高は18,594枚。ガソリン先限は前日比70円安の61,690円、出来高は2,094枚。

[東京ゴム]
円高を受けて、売りが先行して始まった。買い一巡後は再び利食い売りに押され、全限月がマイナスサイドで取引を終了している。
先限は前日比1.8円安の191.7円、出来高は6,070枚。

[東京コーン]
シカゴ安や円高を受けて、売りが先行して始まった。その後はシカゴ相場の軟調地合いを背景に水準を切り下げたが、終盤にかけて下げ渋って取引を終了している。
先限は前日比260円安の25,230円、出来高は976枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
材料はあとから出る
あるレンジで動いていた株が急に上昇や下落する時は、
裏にそれなりの材料が隠れていることが多いようです。
レンジを離れた場合、売買で意地になって難平で対応するのは賢明とは言えません。
最後に隠れていた材料が表面化して、トドメをさされるケースはよくある事です。
実は綺麗ごとばかりでは通用しないのがこの世界。残念ですが、インサイダー取引
をしている人間も少なからず存在していることを忘れないで下さい。

その他情報は、こちらより。



2018年5月7日(月)

[東京金]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY金時間外相場の軟調推移を背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比6円安の4,600円、出来高は26,715枚。

[東京白金]
NY高を受けて、反発して始まった。その後はNY白金時間外高を背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日42円高の3,222円、出来高は13,029枚。

[東京原油・東京ガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外の上伸を背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比1,510円高の47,790円、出来高は22,007枚。ガソリン先限は前日比1,400円高の61,760円、出来高は4,197枚。

[東京ゴム]
円高と欧米原油高の綱引きとなり、まちまちで始まった。その後は上海ゴム相場の急伸を背景に、全限月がプラスサイドに浮上する場面もあったが、引けにかけ期近が軟化して取引を終了している。
先限は前日比1.5円高の193.5円、出来高は10,597枚。

[東京コーン]
決め手材料難から、小動きで始まった。その後はシカゴ相場の下落が重しになり、売り優勢の展開のまま取引を終了している。
先限は前日比80円安の25,490円、出来高は923枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
指値を取り消すな
どんなに優れた相場人でも、最初に決めたことに一切迷いがない人はいません。
ただし、目先の動きにこだわりすぎて、注文や取り消しを繰り返していると、
せっかくのチャンスを失いかねません。
この場合大切なのは、ここを割ったら損切りと決めていた逆指値を取り消すことです。
自分を大損から守ってくれる防波堤を自ら壊してしまう行為は避けたいものです。

その他情報は、こちらより。



2018年5月2日(水)

[東京金]
NY安を受けて、続落して始まった。その後はNY金時間外の戻りを映した買いが入り、プラスサイドに切り返して取引を終了している。
先限は前日比1円高の4,606円、出来高は26,845枚。

[東京白金]
NY安を受けて、続落して始まった。その後はNY白金時間外高を背景に、やや値位置を切り上げて取引を終了している。
先限は前日2円安の3,180円、出来高は12,981枚。

[東京原油・東京ガソリン]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後は円相場の引き締まりなどを背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
原油先限は前日比790円安の46,280円、出来高は15,378枚。ガソリン先限は前日比830円安の60,360円、出来高は3,547枚。

[東京ゴム]
欧米原油安を受け、売りが先行して始まった。その後は円相場の引き締まりを背景に、下値を追う場面もあったが、売り一巡後は値頃の買いなどに下げ渋り、この日の高値圏で取引を終了している。
先限は前日比0.9円安の192.0円、出来高は7,958枚。

[東京コーン]
シカゴ高や円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は大型連休後半を控えポジション整理の商いが中心となり、もみ合いが続いて取引を終了している。
先限は前日比120円高の25,570円、出来高は983枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
小掬い商いは怪我のもと
目先の利益ばかりを考えていては、大相場は仕掛けられません。
相場の位置や上下の目標を決めて仕掛けるべきです。

その他情報は、こちらより。



2018年5月1日(火)

[東京金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY金時間外の軟調推移を背景に、下げ幅を拡大したものの、終盤に買い戻しが入り、下げ渋って取引を終了している。
先限は前日比28円安の4,614円、出来高は28,074枚。

[東京白金]
決め手材料難を受けて、小動きで始まった。その後はNY時間外安を背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日16円安の3,197円、出来高は11,069枚。

[東京原油・東京ガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外の堅調地合いを背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
原油先限は前日比190円安の46,530円、出来高は9,645枚。ガソリン先限は前日比220円安の60,260円、出来高は1,881枚。

[東京ゴム]
欧米原油高を受け、買いが先行して始まった。その後は上海市場が休場となる中、思惑買いが入って上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比1.5円安の185.6円、出来高は12,147枚。

[東京コーン]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後は期近限月が手じまいなどの売りに押される一方、期先限月はプラス圏でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比90円高の25,330円、出来高は1,124枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
心常に道を離れず
これは宮本武蔵「独行道」の言葉。
相場人は常にこの心構えを持ち、相場に一心することです。


その他情報は、こちらより。



2018年4月27日(金)

[東京金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY金時間外の弱地合いを背景に軟調に推移したが、午後は買い戻しが入り下げ渋って取引を終了している。
先限は前日比28円安の4,614円、出来高は28,074枚。

[東京白金]
NY安を受けて、続落して始まった。その後はNY時間外安が背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日16円安の3,197円、出来高は11,069枚。

[東京原油・東京ガソリン]
手掛かり材料難を受けて、小動きで始まった。その後はNY時間外の軟化を背景に、軟調に推移して取引を終了している。
原油先限は前日比190円安の46,530円、出来高は9,645枚。ガソリン先限は前日比220円安の60,260円、出来高は1,881枚。

[東京ゴム]
決め手材料難を受け、小動きで始まった。その後は上海ゴム相場の下落を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比1.5円安の185.6円、出来高は12,147枚。

[東京コーン]
小口のポジション調整を受けて、方向感を欠いて始まった。その後はシカゴ相場の堅調地合いを眺めて買い戻され、総じて引き締まって取引を終了している。
先限は前日比90円高の25,330円、出来高は1,124枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
公衆は常に高値を買い、安値を売る
本間宗久が「灯火の正に消えんとして光増す」と喩えているように、
多勢が一斉に買いに出る時は、すでに天井であることが多いもの。
この流れでうっかり買うと、天井の高値をつかんで大損することになりかねません。
こんな時は売りに出て大儲けをするのが真の相場人。


今月も皆様お疲れさまでした。

以下は、4月度の各コースの獲得利益幅です。

スイングトレード
東京金 ・・・-650円(1000倍)
東京白金 ・・・239円(500倍)
東京原油 ・・・870円(50倍)
東京ガソリン ・・・3,480円(50倍)
東京ゴム ・・・-32.0円(5000倍)
東京コーン ・・・2,040円(50倍)

日経225先物 ・・・480円(ラージ1000倍、ミニ100倍)


デイトレード
東京金 ・・・193円(1000倍)
東京白金 ・・・87円(500倍)
東京原油 ・・・2,200円(50倍)
東京ガソリン ・・・12,540円(50倍)
東京ゴム ・・・-46.5円(5000倍)


では、5月度もよろしくお願いします。

その他情報は、こちらより。



2018年4月26日(木)

[東京金]

円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外、円相場ともに動意に乏しく、レンジ内で推移し取引を終了している。
先限は前日比5円高の4,642円、出来高は88,987枚。

[東京白金]
NY安を受けて、反落して始まった。その後はNY時間外の戻りを背景に下げ幅を縮小する場面もあったが、取引終盤にかけて再び売り直され取引を終了している。
先限は前日37円安の3,213円、出来高は60,720枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高や円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の堅調地合いを背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
原油先限は前日比570円高の46,720円、出来高は83,647枚。ガソリン10月限は前日比360円高の60,710円、新甫11月限は60,480円、出来高は7,586枚。

[東京ゴム]
上海安と円安の強弱両材料を受け、小幅まちまちで始まった。その後は上海相場安を背景に売りが優勢になり、全限月がマイナスサイドに沈んで取引を終了している。
先限は前日比1.1円安の187.1円、出来高は30,103枚。

[東京コーン]
シカゴ高や円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は先ぎりが2万5000円の心理的節目を突破したことで、テクニカルな買いを集め、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比440円高の25,240円、出来高は6,757枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
高下とも五分一割は乗るがよし、中墨過ぎて乗るは馬鹿なり
相場の上下は、5%〜10%程度の値幅なら逆張りより利乗せのほうが成功率は高いとされます。
一方、15%(中墨)の上下相場で売買するのは天底が近いので愚の骨頂ということです。

会員各位
27日(金)は原油の納会日です。5月1日(火)の日中立会より新甫が発会されます。
原油コースの会員様は、5月1日以降に配信される売買サービス時記載の限月に、ご注意下さいますようお願い申し上げます。

*配信先アドレスのご登録は、携帯とPCといったように最大2つまで可能です。
追加アドレスをご希望の方は、お問合せもしくは会員専用メールアドレスよりお知らせ下さいますようお願いいたします。

その他情報は、こちらより。



2018年4月25日(水)

[東京金]
NY高を受けて、続伸して始まった。その後はNY金時間外の軟調を背景に、上げ幅を縮小して取引を終了している。
2月限は前日比6円高の4,636円、新甫4月限は4,637円、出来高は31,928枚。

[東京白金]
NY高を受けて、続伸して始まった。その後はNY時間外の軟調推移を背景に、上げ幅を縮小して取引を終了している。
2月限は前日14円高の3,251円、新甫4月限は3,250円、出来高は12,350枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油安を受けて、反落して始まった。その後もNY時間外の軟調を背景に、弱地合いが継続して取引を終了している。
原油先限は前日比870円安の46,150円、出来高は14,286枚。ガソリン先限は前日比890円安の60,350円、出来高は2,675枚。

[東京ゴム]
上海ゴム相場の堅調を受け、買いが先行して始まった。その後は原油相場の下落を背景に、伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日比0.6円高の188.8円、出来高は10,807枚。

[東京コーン]
手掛かり材料難を受けて、まちまちで始まった。その後はシカゴ相場の堅調を背景に、買いが優勢となって取引を終了している。
先限は前日比200円高の24,800円、出来高は885枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
好機逸すべからず
チャンスを逃してはいけません。機会はそう簡単にやって来ないものです。

その他情報は、こちらより。



2018年4月24日(火)

[東京金]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の戻りを背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比17円高の4,630円、出来高は32,803枚。

[東京白金]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は決め手材料難を背景に、小幅な動きにとどまって取引を終了している。
先限は前日10円高の3,237円、出来高は6,569枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高や円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は円安基調の継続、NY時間外の堅調地合いを背景に上げ幅を拡大して、期中以降はこの日の高値で取引を終了している。
原油先限は前日比1,190円高の47,020円、出来高は15,756枚。ガソリン先限は前日比960円高の61,240円、出来高は3,103枚。

[東京ゴム]
円安を受け、小幅続伸して始まった。その後は上海相場安を背景に、値を消す限月が相次いで取引を終了している。
9月限は前日比0.9円安の187.9円、新甫10月限は187.6円、出来高は10,015枚。

[東京コーン]
シカゴ高や円安を受けて、買いが先行して始まった。その後も上げ幅を拡大するなど堅調に推移して取引を終了している。
先限は前日比220円高の24,600円、出来高は989枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
「これがどん底だ」などと言っていられる間は、どん底にはなっていない
これはシェイクスピア「リア王」の一節。相場にも同じことが言えます。
株が少し下がるとすぐに底だという人がいますが、そんなことを言っている間は、
まだ余裕や希望がある証拠。本当にどん底の時は、そんな言葉も出てこなくなります。

会員各位
25日(水)はガソリンの納会日です。26日(木)の日中立会より新甫が発会されます。
ガソリンコースの会員様は、26日以降に配信される売買サービス時記載の限月に、ご注意下さいますようお願い申し上げます。


*配信先アドレスのご登録は、携帯とPCといったように最大2つまで可能です。
追加アドレスをご希望の方は、お問合せもしくは会員専用メールアドレスよりお知らせ下さいますようお願いいたします。

その他情報は、こちらより。



2018年4月23日(月)

[東京金]
NY安を受けて、続落して始まった。その後はNY金時間外と為替がともに動意を欠く中、決め手材料難から狭いレンジで推移し取引を終了している。
先限は前日比21円安の4,613円、出来高は27,594枚。

[東京白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後は決め手材料難を背景に、始まり値付近で取引を終了している。
先限は前日26円安の3,227円、出来高は7,029枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後は手掛かり材料が見当たらない中、狭いレンジで推移し取引を終了している。
原油先限は前日比260円高の45,830円、出来高は10,756枚。ガソリン先限は前日比20円安の60,280円、出来高は2,717枚。

[東京ゴム]
上海安を受け、売りが先行して始まった。その後は上海相場の底堅さを背景に、プラスサイドに浮上し取引を終了している。
先限は前日比1.7円高の188.8円、出来高は3,169枚。

[東京コーン]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後は下げ渋る場面もあったが、引けにかけて再び軟化して取引を終了している。
先限は前日比180円安の24,380円、出来高は901枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
罫線屋足を引き引き足を出し
相場は決して罫線(チャート)では分からないと言う意味。
つまり、ファンダメンタルズとテクニカル両方が必要だということです。

会員各位
本日23日(月)はゴムの納会日です。明日24日(火)の日中立会より新甫が発会されます。
ゴムコースの会員様は、24日以降に配信される売買サービス時記載の限月に、ご注意下さいますようお願い申し上げます。
また、明日24日(火)は金・白金の納会日です。25日(水)の日中立会より新甫が発会されます。
金・白金コースの会員様は、25日以降に配信される売買サービス時記載の限月に、ご注意下さいますようお願い申し上げます。


*配信先アドレスのご登録は、携帯とPCといったように最大2つまで可能です。
追加アドレスをご希望の方は、お問合せもしくは会員専用メールアドレスよりお知らせ下さいますようお願いいたします。

その他情報は、こちらより。



2018年4月20日(金)

[東京金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY金時間外が軟調に推移する半面、円相場が下落し、強弱両材料の綱引きからもみ合って取引を終了している。
先限は前日比24円安の4,634円、出来高は36,983枚。

[東京白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後は円安を背景に、下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日37円安の3,253円、出来高は12,263枚。

[東京原油・東京ガソリン]
まちまちで始まった。その後は円相場の下落を受けて全限月がプラスサイドに切り返す場面があったものの、NY時間外相場の軟調を背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
原油先限は前日比20円安の45,570円、出来高は13,588枚。ガソリン先限は前日比250円安の60,300円、出来高は2,409枚。

[東京ゴム]
上海ゴム相場の夜間取引での堅調推移を受け、買いが先行して始まった。その後は上海相場の上げ幅縮小を背景に、伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日比0.0円の187.1円、出来高は6,095枚。

[東京コーン]
シカゴと円相場が動意を欠いたことを受けて、小動きで始まった。その後は取引中のシカゴ相場が引き緩んだ一方、円相場は軟化し、強弱両材料の綱引きから前日終値近辺でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比30円安の24,560円、出来高は951枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
金言耳に逆らう
その人のためになる言葉ほど、素直に聞き入れられないもの。
特に損をしている時こそ、人のアドバイスを受け入れるゆとりを持ちたいものです。

その他情報は、こちらより。



2018年4月19日(木)

[東京金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY相場の堅調推移や円安を背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比29円高の4,658円、出来高は40,255枚。

[東京白金]
NY高を受けて、続伸して始まった。その後はNY時間外の強地合いや円相場の下落を背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日30円高の3,290円、出来高は11,532枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の堅調推移や円の緩みを背景に、再び買われ取引を終了している。
原油先限は前日比980円高の45,590円、出来高は14,574枚。ガソリン先限は前日比940円高の60,550円、出来高は2,558枚。

[東京ゴム]
上海相場の夜間取引での堅調地合いや原油相場の上昇を受け、買いが先行して始まった。その後は上海相場の急伸を背景に、大引けにかけて上値を追って取引を終了している。
先限は前日比4.8円高の187.1円、出来高は6,767枚。

[東京コーン]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後も円の緩みを背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比250円高の24,590円、出来高は1,407枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
今日の一針、明日の十針
今日の一針を怠ると、ほころびが大きくなり十針も縫わなくてはなりません。
相場で仕掛ける時、仕切る時にも、その一瞬を怠ると、後で後悔するということ。

配信先アドレスのご登録は、携帯とPCといったように最大2つまで可能です。
追加アドレスをご希望の方は、お問合せもしくは会員専用メールアドレスよりお知らせ下さいますようお願いいたします。


相場で一時的にマイナスが出てしまうことは、当然ございます。
また、一発で儲けようとすることもかなり無理がございます。
簡単なことのようでとても難しいことではございますが、一番はコツコツ継続することが成功への道へと繋がるのです。
その時々の利益は小さいかもしれませんが、相場で勝ち続けるためには、この小さなものの積み重ねがとても重要なのです。
先々で、きっと大きなものに変わります。


その他情報は、こちらより。



2018年4月18日(水)

[東京金]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は円安とNY時間外の軟化からもみ合いが続いたが、終盤はNY金時間外が値を戻したためやや買われて取引を終了している。
先限は前日比8円高の4,629円、出来高は94,766枚。

[東京白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。ニューヨーク高と円安を背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日40円高の3,260円、出来高は60,810枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外が堅調に推移したほか、円相場が軟化したことを背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比600円高の44,610円、出来高は82,451枚。ガソリン先限は前日比920円高の59,610円、出来高は7,766枚。

[東京ゴム]
上海ゴム相場の夜間取引での堅調推移を受けて、買いが先行して始まった。その後は上海相場高や円の軟化を背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比2.1円高の182.3円、出来高は31,406枚。

[東京コーン]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後は円相場が軟化したほか、取引中のシカゴ相場が強含んだことから、全限月がプラス圏に浮上して取引を終了している。
先限は前日比70円高の24,340円、出来高は6,565枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
急に儲けようと思うべからず
短期間で儲けようとして慌てても、目先の高安に惑わされるだけ。
結局、損につながるだけです。

その他情報は、こちらより。



2018年4月17日(火)

[東京金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は円高を背景に、マイナスサイドに沈んで取引を終了している。
先限は前日比3円安の4,621円、出来高は25,200枚。

[東京白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。売り一巡後は下げ幅を縮小し、一部限月がプラスサイドで取引を終了している。
先限は前日3円安の3,220円、出来高は6,466枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後は新規材料難を背景に、もみ合って取引を終了している。
原油先限は前日比110円安の44,010円、出来高は8,725枚。ガソリン先限は前日比70円高の58,690円、出来高は1,804枚。

[東京ゴム]
安値拾いの買いなどを受けて、反発して始まった。その後は中国の国内総生産発表を受け、水準を切り上げる場面もあったが、大引けにかけて戻りを売られ伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日比1.0円高の180.2円、出来高は4,499枚。

[東京コーン]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後は円高を背景に、軟調に推移して取引を終了している。
先限は前日比90円安の24,270円、出来高は1,522枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
木は庭に植えず、山に植えよ
庭に植えた木は、日々眺めるのでその成長が感じられないものですが、
めったに行かない山に植えておけば、行ったころには予想外に成長しているものです。
相場も同じで、日々の上下に一喜一憂せず、しばらく忘れるくらいの余裕を持つことです。

その他情報は、こちらより。



2018年4月16日(月)

[東京金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は小幅円高に振れたため頭重くなり、上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比9円高の4,624円、出来高は36,670枚。

[東京白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は円高を背景に、軟調に推移して取引を終了している。
先限は前日6円安の3,223円、出来高は7,179枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外が下落し、為替も円高に振れたため、概ねマイナスサイドで取引を終了している。
原油先限は前日比240円安の44,120円、出来高は12,502枚。ガソリン先限は前日比480円安の58,620円、出来高は2,274枚。

[東京ゴム]
上海高を受け、続伸して始まった。その後は上海の軟調や為替の円高を背景に、全限月がマイナスサイドに沈んで取引を終了している。
先限は前日比5.6円安の179.2円、出来高は6,076枚。

[東京コーン]
手掛かり材料難を受けて、小動きで始まった。その後は円相場の引き締まりを背景に、売りがやや優勢となり取引を終了している。
3月限は前日比30円安の24,260円、新甫5月限は24,360円、出来高は502枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
機会は其の来るや処女の如く、去るや脱兎の如し
チャンスは忍び足で訪れ、去る時はアッという間。
これをしっかりつかまえることは、なかなか難しいものです。
相場を仕掛ける時も同じで、細心の注意が必要です。

その他情報は、こちらより。



2018年4月13日(金)

[東京金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後は円安を背景に、やや下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比16円安の4,615円、出来高は42,366枚。

[東京白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後も円安を背景に、堅調地合いを維持して取引を終了している。
先限は前日22円高の3,229円、出来高は8,930枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後は売買に決め手を欠き、方向感を欠いて取引を終了している。
原油先限は前日比30円安の44,360円、出来高は17,936枚。ガソリン先限は前日比40円安の59,100円、出来高は1,654枚。

[東京ゴム]
上海安を受け、売りが先行して始まった。その後は上海相場の戻りと円相場の軟化を背景に、買い優勢で推移し取引を終了している。
先限は前日比1.8円高の184.8円、出来高は4,549枚。

[東京コーン]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は一段の円安進行を背景に、高値圏でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比150円高の24,290円、出来高は774枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
堪忍五両、思案十両
何事も腹を立てたところで、良い事はありません。
しばらく辛抱していれば展望が開けるでしょう。
さらに熟考すればさらに利益につながるということです。

その他情報は、こちらより。



2018年4月12日(木)

[東京金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はもみ合いとなったが、NY金時間外の値下がりを背景に、上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比15円高の4,631円、出来高は71,640枚。

[東京白金]
円高を受けて、続落して始まった。その後はNY白金時間外相場安を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日20円安の3,207円、出来高は10,378枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外と円相場が小動きとなり、決め手難からもみ合って取引を終了している。
原油先限は前日比970円高の44,390円、出来高は34,746枚。ガソリン先限は前日比940円高の59,140円、出来高は2,944枚。

[東京ゴム]
欧米原油高を受け、買いが先行して始まった。その後は上海相場の軟化を背景に、2番ぎり以降はマイナスサイドに沈んだ。売り一巡後は再び買い戻され、軒並み切り返し取引を終了している。
先限は前日比1.1円高の183.0円、出来高は5,066枚。

[東京コーン]
シカゴ安と円の引き締まりを受けて、売りが先行して始まった。その後は手掛かり材料難でもみ合いとなったが、取引終盤にかけて買い戻しが入り、水準をやや切り上げ取引を終了している。
先限は前日比120円安の24,140円、出来高は493枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
考えの裏が本街道
相場を予測するのは難しいもので、時には思惑が裏目に出ることもあるということです。

会員各位
13日(金)はコーンの納会日です。16日(月)の日中立会より新甫が発会されます。
コーンコースの会員様は、16日以降に配信される売買サービス時記載の限月に、ご注意下さいますようお願い申し上げます。

*配信先アドレスのご登録は、携帯とPCといったように最大2つまで可能です。
追加アドレスをご希望の方は、お問合せもしくは会員専用メールアドレスよりお知らせ下さいますようお願いいたします。

その他情報は、こちらより。



2018年4月11日(水)

[東京金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外相場の堅調を背景に、終盤にかけて水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比36円高の4,616円、出来高は36,663枚。

[東京白金]
NY安を受けて、反落して始まった。その後もNY白金時間外安を背景に、売りが優勢となり取引を終了している。
先限は前日10円安の3,227円、出来高は11,429枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外が伸び悩んだことや、円相場の引き締まりを背景に、伸び悩んで取引を終了している。
原油先限は前日比660円高の43,420円、出来高は33,782枚。ガソリン先限は前日比560円高の58,200円、出来高は2,532枚。

[東京ゴム]
上海高を受け、買いが先行して始まった。その後は戻り待ちの売りが出て値を削り、結局全限月がマイナス圏で取引を終了している。
先限は前日比1.6円安の181.9円、出来高は4,999枚。

[東京コーン]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。売り一巡後は取引中のシカゴ相場が強含みとなり、期近は買い戻しにプラス圏へ浮上し取引を終了している。
先限は前日比90円安の24,260円、出来高は462枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
兜町は明日もある
相場市場は常にあります。だから、売買に焦ることなく、
じっくり準備をしてから相場に臨みましょう。

先物ニュース!
貴金属及び一般大豆の2019年4月限の納会日等について
2019年5月1日の新天皇の即位に伴い、2019年4月30日、5月1日及び5月2日は、一部又は全ての日が休祝日になる可能性があります。これを踏まえ、貴金属及び一般大豆の2019年4月限は、納会日(取引最終日)及び受渡日等を変更いたします。なお、2019年4月30日が平日(営業日)となった場合であっても、本変更を実施いたしますので、その旨ご留意ください。
詳しくはこちらをご覧ください。

その他情報は、こちらより。



2018年4月10日(火)

[東京金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外安と円安が交錯し、もみ合いが続いて取引を終了している。
先限は前日比7円高の4,580円、出来高は22,836枚。

[東京白金]
NY高を受けて、続伸して始まった。その後はNY白金時間外の堅調推移を背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日50円高の3,237円、出来高は14,602枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外の堅調、円相場の軟化を背景に上げ幅を拡大、この日の高値圏で取引を終了している。
原油先限は前日比1,070円高の42,760円、出来高は31,462枚。ガソリン先限は前日比1,150円高の57,640円、出来高は2,157枚。

[東京ゴム]
上海高を受け、買いが先行して始まった。その後は休場明けとなる上海市場のしっかりした展開などに支えられ、強地合いが続いて取引を終了している。
先限は前日比2.2円高の183.5円、出来高は6,150枚。

[東京コーン]
小幅まちまちで始まった。その後も上海相場高や円相場の軟化を背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比200円高の24,350円、出来高は517枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
金なる木は水では生きぬ、汗をやらねば枯れていく
投資は、ただ相場を張り続けるだけでなく、日々の研究も欠かせない作業です。
そのためには、研究資料を集めるためにコストをかけることも忘れてはいけません。

その他情報は、こちらより。



2018年4月9日(月)

[東京金]
NY高を受けて、続伸して始まった。その後はNY金時間外取引が軟調に推移していることを背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比2円高の4,573円、出来高は29,510枚。

[東京白金]
NY高を受けて、続伸して始まった。その後はNY白金時間外高を背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日37円高の3,187円、出来高は9,162枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外、円相場ともに動意を欠き、小幅レンジで推移したまま取引を終了している。
原油先限は前日比330円安の41,690円、出来高は29,510枚。ガソリン先限は前日比30円安の56,490円、出来高は2,124枚。

[東京ゴム]
円高を受け、小反落して始まった。その後は休場明けとなる上海市場のしっかりした展開などに支えられ、強地合いが続いて取引を終了している。
先限は前日比2.0円高の181.3円、出来高は6,420枚。

[東京コーン]
小幅まちまちで始まった。その後はシカゴ相場の堅調推移を背景に、買いが勝って取引を終了している。
先限は前日比160円高の24,150円、出来高は659枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
勝って兜の緒を締めよ
勝っても驕ることなく、さらに気持ちを引き締めて損失を回避しましょう。

その他情報は、こちらより。



2018年4月6日(金)

[東京金]
NY高と円の軟化を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外の堅調になびき強含みで推移したが、午後に入ると手じまい売りなどに伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日比12円高の4,571円、出来高は104,434枚。

[東京白金]
NY高を受けて、反発して始まった。その後週末を控えて、買い戻しが優勢になり取引を終了している。
先限は前日5円高の3,150円、出来高は60,016枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外や為替の動きを背景に、プラスサイドに浮上するなど、一進一退を繰り返し、結局、始値付近で取引を終了している。
原油先限は前日比160円安の42,020円、出来高は78,111枚。ガソリン先限は前日比460円安の56,520円、出来高は7,490枚。

[東京ゴム]
夜間取引の堅調地合いを受け、買いが先行して始まった。その後も週末要因の買いなどが継続し、大引けにかけて水準を切り上げ取引を終了している。
先限は前日比3.0円高の179.3円、出来高は33,035枚。

[東京コーン]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後も円相場の弱含みを眺めた買いなどにより、堅調な推移で取引を終了している。
先限は前日比350円高の23,990円、出来高は6,954枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
買いの落城の安峠、阿呆となりて買いの種蒔け
買い方が損をして投げが終わったところは相場の底になりますが、
まだ投げが続いている場合は、さらに下値を期待してしまうあまり、
買う決断がつきにくいものです。
こんな時に勇気を出して買えば、利益につながると、この言葉は説いています。

先物ニュース!
2018年3月の概況等について
2018年3月の全商品合計一日平均取引高は108,595枚、前月比15.3%減少、前年
同月比16.8%増加
詳しくはこちらをご覧ください。

その他情報は、こちらより。



2018年4月5日(木)

[東京金]
NY高と円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外の軟調を背景に、マイナスサイドに沈んで取引を終了している。
先限は前日比2円安の4,559円、出来高は34,064枚。

[東京白金]
NY安を受けて、続落して始まった。その後もNY白金時間外取引安を背景に、軟調に推移して取引を終了している。
先限は前日27円安の3,145円、出来高は15,609枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後はもみ合う場面があったものの、円安を背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
原油先限は前日比530円高の42,180円、出来高は15,338枚。ガソリン先限は前日比400円高の56,980円、出来高は2,302枚。

[東京ゴム]
最近の軟調地合いを受け、売りが先行して始まった。その後は上海市場が休場で手掛かり材料難を背景に、整理売りに押され、大引けにかけて水準を切り下げ取引を終了している。
先限は前日比3.3円安の176.3円、出来高は6,330枚。

[東京コーン]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後下げ幅を拡大する場面もあったが、終盤はシカゴ相場の戻りを背景に小戻し、始値付近で取引を終了している。
先限は前日比310円安の23,640円、出来高は1,834枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
株を買うより時を買え
銘柄よりも売買のタイミングが重要だという格言。たとえ優良企業の株でも、
買う時期が悪ければダメですし、優良とは言えない企業株でも、買う時期次
第で利益になるということです。

その他情報は、こちらより。



2018年4月4日(水)

[東京金]
NY安と円安を受けて、小動きで始まった。その後は手掛かり材料難の中、もみ合いが続いたが、大引けにかけてNY時間外の下げ渋りや円相場の軟化を背景にやや買いが優勢となり取引を終了している。
先限は前日比6円高の4,561円、出来高は105,307枚。

[東京白金]
NY安を受けて、続落して始まった。その後もNY白金時間外取引安を背景に、軟調に推移して取引を終了している。
先限は前日30円安の3,172円、出来高は58,656枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高や円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間が軟調に推移したことから、買い一巡後は伸び悩んで取引を終了している。
原油先限は前日比320円高の41,650円、出来高は75,755枚。ガソリン先限は前日比380円高の56,580円、出来高は7,251枚。

[東京ゴム]
円の軟化を受け、買いが先行して始まった。買い一巡後は上海ゴム相場の下落を背景に、マイナスサイドに沈む限月が相次いで取引を終了している。
先限は前日比0.5円安の179.6円、出来高は33,060枚。

[東京コーン]
シカゴ高や円の軟化を受けて、買いが先行して始まった。買い一巡後は取引中のシカゴ相場の頭重さを背景に、伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日比10円高の23,950円、出来高は6,935枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
勝つことのみを知りて負けることを知らざれば、害その身に至る
徳川家康の遺訓。
相場の世界は、負け方の上手い人が最終的に利益を上げると言われます。
つまり、すべての勝敗は、ただ儲けることよりも、損切りや資金管理力によ
って決まるということです。

その他情報は、こちらより。



2018年4月3日(火)

[東京金]
NY相場高を受けて、買いが先行して始まった。その後NY金時間外の軟調地合いを背景に、上げ幅を縮小したが、午後は総じてもみ合って取引を終了している。
先限は前日比21円高の4,555円、出来高は105,625枚。

[東京白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY白金時間外取引安を背景に、マイナスサイドで取引を終了している。
先限は前日15円安の3,202円、出来高は57,093枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外と円相場が動意を欠き、決め手難からもみ合いが続いて取引を終了している。
原油先限は前日比1,370円安の41,330円、出来高は74,621枚。ガソリン先限は前日比1,440円安の56,200円、出来高は7,170枚。

[東京ゴム]
円高を受け、売りが先行して始まった。その後は上海ゴム相場の底堅さを背景に、下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比1.5円安の180.1円、出来高は32,430枚。

[東京コーン]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は決め手材料を欠き、狭いレンジで推移し取引を終了している。
先限は前日比250円安の23,940円、出来高は6,763枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
買い遅れる時はただ買い場を待つべし
出遅れた時は、焦らず押し目を待つことです。
ただ株価は一度上昇トレンドに入ると、下がりにくいものですが、
どんな株でも必ず押しは入ります。
飛びついて買う必要はありませんが、利食いを早くするなど
工夫は必要です。

その他情報は、こちらより。



2018年4月2日(月)

[東京金]
NY相場と為替がともに動意を欠く中、まちまちに始まった。その後NY金時間外相場の堅調推移を背景に、水準を切り上げたが、買い一巡後は伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日比4円高の4,534円、出来高は10,860枚。

[東京白金]
方向感を欠いて始まった。その後は引き締まる場面もあったが、引けにかけてNY時間外相場の軟化を背景に、期先がマイナスサイドに沈んで取引を終了している。
先限は前日1円安の3,217円、出来高は6,744枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米市場のイースター休場を受けて、方向感を欠いて始まった。その後はNY時間外取引相場の堅調推移を背景に、おおむね引き締まって取引を終了している。
原油8月限は前日比30円高の43,050円、新甫9月限は42,700円、出来高は4,227枚。ガソリン先限は前日比20円高の57,640円、出来高は903枚。

[東京ゴム]
最近の強地合いをを受け、先ぎりが堅調に始まった。その後は買方のポジション調整が優勢となる中、上海相場安を眺めた売りが先行し取引を終了している。
先限は前日比2.4円安の181.6円、出来高は9,350枚。

[東京コーン]
前週の強地合いを受けて、買いが先行して始まった。買い一巡後は、利益確定などの売りが先行し、マイナス圏での取引が相次いで取引を終了している。
先限は前日比110円安の24,190円、出来高は1,010枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
買いは安い日、安い時に限り、売りは高い日、高い時に限る
相場の世界は、刻一刻と変化しているため、時には機敏さが重要です。
だからといって目先の動きにとらわれ過ぎるのは危険。
事前に目標を設定しておき、チャンスが来たら、思い切った買いか、
潔い売りの姿勢が大きな利益につながります。


相場には勝った負けたは付き物です。勝ち負けだけで相場をやっているのであれば、そのうち偶然にも一度くらいは大きな利益をだすことも経験されると思います。しかし一度の利益を出すことは誰でも簡単なことではございますが、最終的に資金を増やすことは容易ではございません。相場を投資としてやる以上は、資産を残し財産を築きあげていかなければ意味はありません。
相場の世界では、常に勝ち続け ている投資家は1割もいないといわれています。9割近くの投資家達は1年と経たずに相場の世界から消え去っているのが実情です。
当サイトのシステムでは、目先の利益にはとらわ れず、大切な資産を残していくためにも年間プログラムを取り入れております。当然ながら短期間ではマイナスがでることもあります。しかし長い目で見た場合に、最終的には過去で実証されていますように、必ずといってよいほど年間成績はある平均値以上の結果を残すことが出来ます。
本格的な資産運用としてご紹介させていただいているため、独自のマネーマネジメントを取り入れております。
当たった、ハズれたの相場をやっていても意味はありません。
資産運用として真剣にお考えなのであれば、1ヶ月よりも当然ながら、半年、1年・・・と長期での運用の方が効果もかなり大きくなります。
実際に実感していただくためにも、なるべく長く運用するこ とをお勧めいたします。
そうすることによって、今まで味わったことのない喜びを感じて頂けるはずです。


その他情報は、こちらより。



2018年3月30日(金)

[東京金]
NY安を受けて、続落して始まった。その後も円相場の引き締まりを背景に、軟調に推移して取引を終了している。
先限は前日比6円安の4,530円、出来高は108,422枚。

[東京白金]
NY安を受けて、反落して始まった。その後はNY時間外取引を背景に、マイナスサイドで推移して取引を終了している。
先限は前日12円安の3,218円、出来高は55,576枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後は当ぎり納会を控えてポジション調整の買いが強まったことを背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比280円高の43,020円、出来高は80,391枚。ガソリン先限は前日比160円高の57,620円、出来高は7,252枚。

[東京ゴム]
最近の強地合いを受け、買いが先行して始まった。その後は円相場の引き締まりを背景に、マイナスサイドに沈む場面もあったが、終盤は上海相場の上昇に追随して切り返し取引を終了している。
先限は前日比2.0円高の184.0円、出来高は32,073枚。

[東京コーン]
シカゴ高を受けて、続伸して始まった。その後は円相場の引き締まりを背景に、伸び悩む場面もあったが、下値は買い戻しに支えられて取引を終了している。
先限は前日比700円高の24,300円、出来高は7,157枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
買い米を一度に買うは無分別、二度に買うべし、三度に買うべし
相場を仕掛ける時、一度に資金を全投入するのは賢明とは言えません。
あくまでもリスクは分散するのが基本。少しずつ何回かに分けて仕掛けることです。

今月も皆様お疲れさまでした。

以下は、3月度の各コースの獲得利益幅です。

スイングトレード
東京金 ・・・0円(1000倍)
東京白金 ・・・47円(500倍)
東京原油 ・・・0円(50倍)
東京ガソリン ・・・4,800円(50倍)
東京ゴム ・・・-15.9円(5000倍)
東京コーン ・・・2,170円(50倍)

日経225先物 ・・・-1,870円(ラージ1000倍、ミニ100倍)


デイトレード
東京金 ・・・171円(1000倍)
東京白金 ・・・57円(500倍)
東京原油 ・・・4,200円(50倍)
東京ガソリン ・・・6,180円(50倍)
東京ゴム ・・・-5.4円(5000倍)


では、4月度もよろしくお願いします。

その他情報は、こちらより。



2018年3月29日(木)

[東京金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外取引相場の戻り基調と円相場の引き締まりの強弱両材料が綱引きとなり、もみ合う場面もあったが、引けにかけてNY金時間外が伸び悩むと、円の上昇に頭を抑えられ、水準を切り下げ取引を終了している。
先限は前日比16円安の4,536円、出来高は108,421枚。

[東京白金]
円相場の下落を受けて、反発して始まった。その後は円が引き締まったことを背景に、上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日2円高の3,230円、出来高は54,622枚。

[東京原油・東京ガソリン]
円相場の下落を受けて、買いが先行して始まった。その後NY時間外は下げ渋ったが、円相場の引き締まりを背景に、上げ幅を縮小して取引を終了している。
原油先限は前日比460円高の42,740円、出来高は80,603枚。ガソリン先限は前日比300円高の57,460円、出来高は7,377枚。

[東京ゴム]
円相場の下落を受け、買いが先行して始まった。その後は円相場が引き締まる中、上海の軟化を背景に、水準を切り下げる場面もあったが、おおむね底堅く推移して取引を終了している。
先限は前日比1.8円高の182.0円、出来高は31,196枚。

[東京コーン]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はシカゴの底堅い動きを背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比240円高の23,600円、出来高は7,190枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
女賢しうて牛売り損なう
利口な女性ほど、目先の利益に冷静さを失って損をするという例え。
相場も同様に、目先にとらわれると大局を見失い、大きな損失を招くことになります。

会員各位
30日(金)は原油の納会日です。4月2日(月)の日中立会より新甫が発会されます。
原油コースの会員様は、4月2日以降に配信される売買サービス時記載の限月に、ご注意下さいますようお願い申し上げます。

*配信先アドレスのご登録は、携帯とPCといったように最大2つまで可能です。
追加アドレスをご希望の方は、お問合せもしくは会員専用メールアドレスよりお知らせ下さいますようお願いいたします。

その他情報は、こちらより。



2018年3月28日(水)

[東京金]
NY安と円高を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY金時間外相場の戻りと円の軟化を背景に、下げ幅を縮めた場面もあったが、引けにかけてNY時間外が軟化したことから、始値付近まで値を下げ取引を終了している。
先限は前日比35円安の4,552円、出来高は34,990枚。

[東京白金]
NY安と円高を眺めて、反落して始まった。その後はNY白金時間外の戻りを背景に、下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日42円安の3,228円、出来高は16,744枚。

[東京原油・東京ガソリン]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後もNY時間外取引の軟調地合いを背景に、売方優勢で取引を終了している。
原油先限は前日比450円安の42,280円、出来高は9,960枚。ガソリン先限は前日比680円安の57,160円、出来高は2,380枚。

[東京ゴム]
上海相場が夜間取引で下落したことを受け、売りが先行して始まった。その後は始値付近でもみ合ったが、円の引き緩みと上海の下げ渋りを背景に、切り返して取引を終了している。
先限は前日比1.1円高の180.2円、出来高は12,769枚。

[東京コーン]
まちまちで始まった。その後は米農務省による29日の統計発表を控え、見送りムードが強い中で決め手を欠き、狭いレンジで推移して取引を終了している。
先限は前日比40円高の23,360円、出来高は210枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
オカメ相場に売るべからず
オカメは鼻が低いことから、当先のサヤが期央から低いことを指します。
一般的にオカメ相場は下げ相場に出現しやすく、人為的な要素が大きいと言われます。
人為的なものは長続きせず、結果サヤの修正が行われることから、簡単に売ることが
難しくなります。


先物ニュース!
4月2日営業日(3月30日夜間立会)より委託者証拠金が変更されます。
平成30年4月中の委託者証拠金額一覧

東京金 1,000倍 66,000円
東京金(ミニ)  100倍 6,600円
ゴールドスポット   100倍 6,600円
東京白金  500倍 48,000円
東京白金(ミニ)  100倍 9,600円
プラチナスポット   100倍 9,600円
東京銀  10,000倍 30,000円
パラジウム  500倍 95,000円
東京ガソリン(バージガソリン)  50倍 90,000円
東京灯油(バージ灯油)  50倍 90,000円
東京原油(ドバイ原油)  50倍 95,000円
軽油(バージ軽油)  50倍 125,000円
中京ガソリン(ローリーガソリン)  10倍 50,000円
中京灯油(ローリー灯油)  10倍 50,000円
東京ゴム  5,000倍 50,000円
とうもろこし  50倍 40,000円
一般大豆  25倍 55,000円
小豆  80倍 45,000円
東京コメ  200倍 60,000円
大阪コメ  50倍 20,000円
新潟コシ 25倍 10,000円


その他情報は、こちらより。



2018年3月27日(火)

[東京金]
前日のニューヨーク金先物相場が米欧とロシアの対立に対する警戒感から、安全資産として買われた流れを引き継ぎ、買いが先行して始まった。その後は円相場が軟調に支援され推、地合いを引き締めて取引を終了している。
先限は前日比54円高の4,587円、出来高は39,251枚。

[東京白金]
NY高と円下落を眺めて、反発して始まった。その後も円安進行を背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日60円高の3,270円、出来高は10,902枚。

[東京原油・東京ガソリン]
円安などを受けて、総じて続伸して始まった。その後はNY時間外取引の上昇や円相場の軟調を背景に地合いを引き締めた。午後では手仕舞い売りもでもみ合となって取引を終了している。
原油先限は前日比240円高の42,730円、出来高は7,105枚。ガソリン先限は前日比280円高の57,840円、出来高は1,664枚。

[東京ゴム]
上海夜間取引の反発や円相場の下落を受け、買いが先行して始まった。その後は株価急反発による市場ムードの改善や上海ゴム高が支えとなり、地合いを引き締めて取引を終了している。
8月限は前日比2.9円高の179.4円、新甫9月限は終値179.1円、出来高は9,262枚。

[東京コーン]
シカゴ相場の下落を受けて、総じて売り優勢で始まった。売り一巡後は円相場の軟化を背景に、下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比90円安の23,320円、出来高は447枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
思い上がりは下り坂
相場に限らず、人生においても、人は自分が頂点を極めたと思った瞬間に、
向上心が失せて進歩が止まりがちです。特に相場において、思い上がった
心は命取りになるということです


先物ニュース

中国、原油先物が上場 人民元建て
国際指標に育成目指す

中国で26日、人民元建ての原油先物が上場し、取引を開始した。2017年に世界最大の原油輸入国になった中国は、自国の需要動向を国際価格に反映することを狙う。原油取引の大半がドル建ての現状に、くさびを打ち込む思惑もある。

 原油先物が上場したのは上海先物取引所傘下の「上海国際エネルギー取引所」。式典には李強・上海市党委書記や劉士余・証券監督管理委員会主席が出席した。取引は午前9時(日本時間午前10時)、カウントダウンに合わせて始まった。

 中国は市場参加者の厚みを増すため、海外投資家の誘致に本腰を入れる。取引に加わる外国企業を税制優遇、個人に対しても3年にわたり所得税を課税しない。すでに20近い外国企業が参入を申請したもようだ。

 現物での受け渡しも可能にし、実需家の取引参加にも期待を示す。今後も投資家の声を聞き入れて制度を整備し、元建て原油先物を国際指標の一角に育成したい考え。

 世界の原油取引は米国のWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)、欧州の北海ブレントが指標となってきた。中国は原油輸入国として台頭しているにもかかわらず、欧米主導で価格が決まることに不満を抱いてきた。自国での原油先物の上場で、既存の秩序に一石を投じる。

 貿易摩擦が激しくなっている米国をけん制する狙いも透ける。中国は2012年ごろから原油先物の上場準備を開始。15年には秒読みとの観測も出たが、延期になった経緯がある。上場が決まったのは2月上旬だが、「米国が中国に対する警戒を強めるのは承知のうえで取引開始に踏み切った」(先物会社)との指摘が多い。


その他情報は、こちらより。


2018年3月26日(月)

[東京金]
NY高を受け、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外相場の軟化を背景に、上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比28円高の4,533円、出来高は43,158枚。

[東京白金]
NY安を受けて、続落して始まった。その後もNY安を背景に、軟調に推移して取引を終了している。
先限は前日13円安の3,210円、出来高は14,540枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高を受けて、買いが先行して始まった。買い一巡後はNY時間外取引の軟化を背景に、伸び悩んで取引を終了している。
原油先限は前日比470円高の42,490円、出来高は11,651枚。ガソリン9月限は前日比770円高の58,000円、新甫10月限は57,560円、出来高は2,841枚。

[東京ゴム]
上海安を受け、続落して始まった。その後は円相場がやや引き緩む中、上海相場の下げ渋りを背景に、期先3限月が切り返し取引を終了している。
先限は前日比2.0円高の176.5円、出来高は5,948枚。

[東京コーン]
シカゴ相場と円相場が動意を欠いたことを受けて、小幅まちまちで始まった。その後は堅調なシカゴと円相場の軟化を背景に、堅調に推移して取引を終了している。
先限は前日比80円高の23,410円、出来高は1,893枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
大取りよりも小取り(大掴みよりも小掴み)
大相場を狙うことは大切ですが、そのチャンスは滅多にあるものではありません。
それゆえに、小相場こそ大切すること。コツコツ貯めていればいずれ大きな資産になります。

会員各位
本日はゴムの納会日です。明日27日(火)の日中立会より新甫が発会されます。
ゴムコースの会員様は、明日以降に配信される売買サービス時記載の限月に、ご注意下さいますようお願い申し上げます。

*配信先アドレスのご登録は、携帯とPCといったように最大2つまで可能です。
追加アドレスをご希望の方は、お問合せもしくは会員専用メールアドレスよりお知らせ下さいますようお願いいたします。

その他情報は、こちらより。



2018年3月23日(金)

[東京金]
円の上昇を受け、売りが先行して始まった。その後はNY時間外が上伸したことから下げ幅を縮小し、午後はマイナスサイドでもみ合って取引を終了している。
先限は前日比13円安の4,505円、出来高は33,957枚。

[東京白金]
NY安と円高を受けて、反落して始まった。その後もNY安と円高を背景に、マイナスサイドで推移して取引を終了している。
先限は前日47円安の3,230円、出来高は13,606枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外相場の上昇を背景に、下げ幅を縮小したものの、大引けにかけて日経平均株価が一段安となったこともあり、頭重い展開が続いて取引を終了している。
原油先限は前日比520円安の42,020円、出来高は10,981枚。ガソリン先限は前日比90円安の57,230円、出来高は3,095枚。

[東京ゴム]
円高や上海夜間取引の軟調を受け、売りが先行して始まった。その後も円相場の上昇と上海相場の急落を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比12.8円安の174.5円、出来高は13,950枚。

[東京コーン]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は決め手材料に乏しい中、狭いレンジで推移し取引を終了している。
先限は前日比210円安の23,330円、出来高は867枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
大上放れ、大下放れは相場につけ
これはテクニカルで言うブレイクアウト手法。
長らくチャート上の節目を前に揉み合っていた相場が抵抗帯を抜けると、
動きが加速するので、それにつけと言うことです。

その他情報は、こちらより。



2018年3月22日(木)

[東京金]
NY高を受け、続伸して始まった。その後は円相場が引き締まりを背景に、上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比31円高の4,518円、出来高は33,782枚。

[東京白金]
NY高を受けて、続伸して始まった。その後はNY時間外高を受けてプラスサイドで推移したものの、買い気は盛り上がらず上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日6円高の3,270円、出来高は10,705枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後は円相場が引き締まる中、NY時間外相場の頭重さを背景に上げ一服となり、始値付近でもみ合って取引を終了している。
原油先限は前日比1,510円高の42,540円、出来高は14,676枚。ガソリン先限は前日比1,400円高の57,320円、出来高は3,009枚。

[東京ゴム]
欧米原油高を受け、反発して始まった。その後は上海ゴム相場の底堅さと、円相場の緩みを眺めて上伸したが、引けにかけて上海相場が軟化すると、一部はマイナス圏に沈んで取引を終了している。
先限は前日比0.3円高の187.3円、出来高は3,853枚。

[東京コーン]
決め手材料難から、小動きに始まった。その後はシカゴ相場の底堅さを背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比170円高の23,540円、出来高は697枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
大相場、小相場見分け肝要なり、損も利益も此処に始まる
その相場が大相場か小相場かを判断するためには、
需給関係、人気、仕手関係などの要素を観察することです。
そして大相場と判断したらチャンス到来。
すかさずその波に乗りましょう。


会員各位
23日(金)はガソリンの納会日です。26日(月)の日中立会より新甫が発会されます。
ガソリンコースの会員様は、26日以降に配信される売買サービス時記載の限月に、ご注意下さいますようお願い申し上げます。

*配信先アドレスのご登録は、携帯とPCといったように最大2つまで可能です。
追加アドレスをご希望の方は、お問合せもしくは会員専用メールアドレスよりお知らせ下さいますようお願いいたします。

その他情報は、こちらより。



2018年3月20日(火)

[東京金]
NY高と円の軟化を受け、買いが先行して始まった。その後は円相場がさらに下落したことを背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比48円高の4,487円、出来高は28,768枚。

[東京白金]
NY高と円安を受けて、反発して始まった。その後はNY時間外高と円安を背景に、プラスサイドで推移し取引を終了している。
先限は前日52円高の3,264円、出来高は12,604枚。

[東京原油・東京ガソリン]
円の軟化を受けて、買いが先行して始まった。その後も円が軟調に推移した上、NY時間外が水準を切り上げたことを背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比510円高の41,030円、出来高は9,175枚。ガソリン先限は前日比720円高の55,920円、出来高は2,321枚。

[東京ゴム]
円安を受け、買いが先行して始まった。その後は上海が下落したことを背景に、下げに転じて取引を終了している。
先限は前日比4.0円安の187.0円、出来高は7,174枚。

[東京コーン]
円の軟化を受けて、買いが先行して始まった。その後も円安基調を背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比250円高の23,370円、出来高は1,138枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
枝先に行かねば熟柿は食えぬ
良い思いをするためには、危険を恐れずに困難にも立ち向かわなければなりません。
相場はリスクがつきまとうかわりに、富を得るチャンスも大きいことを意味しています。

その他情報は、こちらより。



2018年3月19日(月)

[東京金]
NY安を受け、売りが先行して始まった。その後はNY金時間外取引相場の軟調推移と、円相場の引き締まりを背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比52円安の4,439円、出来高は33,157枚。

[東京白金]
NY安を受けて、続落して始まった。その後はNY白金時間外取引安を背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日52円安の3,212円、出来高は13,296枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高と円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外取引の緩みや円の引き締まりを背景に、伸び悩んで取引を終了している。
原油先限は前日比320円高の40,520円、出来高は6,859枚。ガソリン先限は前日比10円安の55,200円、出来高は2,078枚。

[東京ゴム]
上海相場が夜間取引で軟化したことを受け、売りが先行して始まった。その後は上海が下げ幅を広げたことを背景に、軟調に推移して取引を終了している。
先限は前日比0.8円安の191.0円、出来高は4,192枚。

[東京コーン]
シカゴ安、売りが先行して始まった。その後はシカゴがさらに下落したことを背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比530円安の23,120円、出来高は1,787枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
運鈍根三つのみでは財積めず、勤と倹の二うん忘れるな
相場で大儲けをしても、これを浪費してしまってはすべてが台無し。
さらに勤倹、貯蓄でその儲けを守り立てていくことが大切だと説いています。

その他情報は、こちらより。



2018年3月16日(金)

[東京金]
NY安を受け、売りが先行して始まった。その後は円の引き締まりを眺め背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比33円安の4,477円、出来高は37,050枚。

[東京白金]
NY安を受けて、続落して始まった。その後は円の上昇を背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日20円安の3,264円、出来高は12,881枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高と円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は円相場の引き締まりを背景に、上げ幅を縮小して取引を終了している。
原油先限は前日比130円高の40,200円、出来高は7,023枚。ガソリン先限は前日比120円高の55,210円、出来高は1,431枚。

[東京ゴム]
上海安を受け、売りが先行して始まった。その後は上海時間外の下落と円の引き締まりを背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比3.4円安の191.8円、出来高は4,343枚。

[東京コーン]
円の緩みを受けて、買いが先行して始まった。その後は円の引き締まりが重しとなって軟化する場面もあったが、シカゴの堅調地合いを背景に、引き締まって取引を終了している。
先限は前日比80円高の23,650円、出来高は769枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
売るべし、買うべし、休むべし
「休むもまた相場」と言われ、年中売買するのは好ましくありません。
売買してその建玉を手仕舞いしたら、少し休養して再度相場の動向を観察しましょう。
ちなみにここで言う「休む」とは、ポジションを持ちながら休むことではありません。


配信先アドレスのご登録は、携帯とPCといったように最大2つまで可能です。
追加アドレスをご希望の方は、お問合せもしくは会員専用メールアドレスよりお知らせ下さいますようお願いいたします。


相場で一時的にマイナスが出てしまうことは、当然ございます。
また、一発で儲けようとすることもかなり無理がございます。
簡単なことのようでとても難しいことではございますが、一番はコツコツ継続することが成功への道へと繋がるのです。
その時々の利益は小さいかもしれませんが、相場で勝ち続けるためには、この小さなものの積み重ねがとても重要なのです。
先々で、きっと大きなものに変わります。

その他情報は、こちらより。



2018年3月15日(木)

[東京金]
NY安と円高を受け、売りが先行して始まった。その後はNY時間外と円相場ともに小動きで手掛かりを欠き、小幅レンジでもみ合って取引を終了している。
先限は前日比30円安の4,510円、出来高は26,290枚。

[東京白金]
NY安と円の引き締まりを受けて、売りが先行して始まった。その後もNY白金時間外の頭重さと円高を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日41円安の3,294円、出来高は9,771枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高と円高の強弱材料より、小動きで始まった。円の一段の上昇から一時、軒並みマイナス圏で推移したが、その後、一部限月は買い戻され取引を終了している。
原油先限は前日比70円安の40,070円、出来高は7,204枚。ガソリン先限は前日比30円高の55,090円、出来高は1,732枚。

[東京ゴム]
上海安と円高を受け、反落して始まった。その後も円高を材料に売り優勢の展開が続いたが、引けにかけて上海が上げ幅を広げたことを背景に、プラスサイドに浮上し取引を終了している。
先限は前日比0.5円高の195.2円、出来高は4,634枚。

[東京コーン]
シカゴ安と円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は円相場の一段の上昇を背景に、安値圏でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比180円安の23,570円、出来高は866枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
売りは迅速、買いは悠然
下落相場のスピードは早く短く、上昇相場は長いとされるのが一般的。
そのため、売りの場合はグズグズしていると、仕掛けの機会を逃してしまいます。
一方、上げは下げより期間が長いとされているため、チャンスを見極めてから仕
掛けても遅くはありません。

その他情報は、こちらより。



2018年3月14日(水)

[東京金]
NY高を受け、買いが先行して始まった。その後もNY金時間外相場の底堅さを背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比19円高の4,540円、出来高は28,885枚。

[東京白金]
決め手材料難より、小動きで始まった。その後はNY白金時間外相場高を背景に、堅調に推移して取引を終了している。
先限は前日9円高の3,325円、出来高は8,156枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油安と円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は株安などを背景にリスク回避ムードが広がる中、軟調に推移し取引を終了している。
原油先限は前日比240円安の40,140円、出来高は12,668枚。ガソリン先限は前日比160円安の55,060円、出来高は2,147枚。

[東京ゴム]
上海ゴム相場が夜間取引で堅調に推移したことを受け、買いが先行して始まった。その後は上海相場の軟化を背景に伸び悩む場面もあったが、大引けにかけて再び買われ、この日の高値圏で取引を終了している。
先限は前日比2.4円高の194.7円、出来高は5,446枚。

[東京コーン]
シカゴ高と円高を受けて、方向性を欠いて始まった。その後は円相場の引き締まりを背景に、当ぎりを除き水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比30円安の23,750円、出来高は1,168枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
売りたい強気、買いたい弱気

相場中にありがちな自己矛盾状態を戒める言葉。例えば買う前に相場が上昇すると、
本心では買いたいと思いながらも、もう一度下げを期待しがちです。
それが高じてますます弱気な相場観に陥ってしまう、人間の心の弱さを表しています。

その他情報は、こちらより。



2018年3月13日(火)

[東京金]
円の上昇を受け、売りが先行して始まった。その後は円の引き緩みやNY金時間外相場の戻りを背景に、大引けにかけて下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比4円安の4,521円、出来高は21,240枚。

[東京白金]
小幅まちまちで始まった。その後はNY白金時間外相場の戻りと円の緩みを背景に、値を戻して取引を終了している。
先限は前日1円高の3,316円、出来高は6,152枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油安と円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は軟調な地合いが続いたが、NY時間外がやや値を戻す中、円の引き緩みを背景に、引けにかけて下げ幅を縮小して取引を終了している。
原油先限は前日比310円安の40,380円、出来高は24,554枚。ガソリン先限は前日比230円安の55,220円、出来高は2,827枚。

[東京ゴム]
円相場の上昇を受け、小反落して始まった。その後は円の緩みと上海ゴム相場の綱引きで、手じまい売りがやや勝って取引を終了している。
先限は前日比0.4円安の192.3円、出来高は4,390枚。

[東京コーン]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後はシカゴ相場の底堅さを背景に下げ渋り、円が軟化したこともあって切り返す限月が相次いで取引を終了している。
先限は前日比0円の23,780円、出来高は1,063枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
売り方で引かされる間は長けれど、下る相場は早きものなり
相場は上げの期間より下げの期間が短いのが一般的。
ここが天井だと見込んで売りに出たのに、逆に相場が動いた時、
天井までは長く感じられるものです。
ここを辛抱していると、やがて天井を打って下がります。
上がりが急激であればあるほど、また下げも急激です。

その他情報は、こちらより。



2018年3月12日(月)

[東京金]
NY高を受け、買いが先行して始まった。その後は円相場の引き締まりを背景に、上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比14円高の4,525円、出来高は108,286枚。

[東京白金]
NY高を受けて、続伸して始まった。その後は為替相場の円高基調を背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日44円高の3,315円、出来高は48,124枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高と円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は円の引き締まりを背景に、伸び悩んで取引を終了している。
原油先限は前日比1,070円高の40,690円、出来高は82,810枚。ガソリン先限は前日比620円高の55,450円、出来高は8,371枚。

[東京ゴム]
欧米原油高や円の下落を受け、買いが先行して始まった。その後は円の引き締まりが上値を抑え、もみ合いが続いて取引を終了している。
先限は前日比2.9円高の192.7円、出来高は30,420枚。

[東京コーン]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はシカゴ相場の底堅さを背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比180円高の23,780円、出来高は7,296枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
羨むは失敗を招く
勝負は表裏一体。勝負の世界で勝つことは知っていても、
負けることを知らなければ、生き残れません。
相場の動きを読むには、まず心を静かに保つことです。

その他情報は、こちらより。



2018年3月9日(金)

[東京金]
NY安を受け、続落して始まった。その後は米朝首脳会談が開催されるとの報道を受けて円が下落する中、プラスサイドに切り返したが、円の軟化が一服すると値を消して取引を終了している。
先限は前日比1円安の4,511円、出来高は24,738枚。

[東京白金]
円相場の下落を受けて、反発して始まった。その後は円の下落とNY白金時間外の堅調を背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日18円高の3,271円、出来高は9,714枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油安を受けて、続落して始まった。その後米朝首脳会談開催の発表を背景に株高や円安が進む中、リスク選好の買いが入り、プラス圏に切り返したが買い一巡後はNY時間外の軟化や、円安一服を背景に、再び値を消す限月が相次いで取引を終了している。
原油先限は前日比10円安の39,620円、出来高は24,019枚。ガソリン先限は前日比70円安の55,830円、出来高は2,417枚。

[東京ゴム]
円相場の軟化を受け、小幅高で始まった。その後は米朝首脳会談が開催されるとの報を受け、円安が進む中でリスク選好の買いが入り、一段高となった。しかし、買い一巡後は上海ゴム相場安を眺め、マイナスサイドに沈む限月が相次いで取引を終了している。
先限は前日比1.9円安の189.8円、出来高は6,057枚。

[東京コーン]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後は米朝首脳会談に関する報道を背景とした円の軟化から一段高となり高値を付けた。午後も高値近辺でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比390円高の23,600円、出来高は2,508枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
疑わしきは何もするな
目先に懐疑的な材料があったり、視界が不透明な時は、相場を冷静に見る事が大切です。
とくに損をした場合の焦りは禁物。そういう時は相場に手を出さず、休養するのが得策です。

相場には勝った負けたは付き物です。勝ち負けだけで相場をやっているのであれば、そのうち偶然にも一度くらいは大きな利益をだすことも経験されると思います。しかし一度の利益を出すことは誰でも簡単なことではございますが、最終的に資金を増やすことは容易ではございません。相場を投資としてやる以上は、資産を残し財産を築きあげていかなければ意味はありません。
相場の世界では、常に勝ち続け ている投資家は1割もいないといわれています。9割近くの投資家達は1年と経たずに相場の世界から消え去っているのが実情です。
当サイトのシステムでは、目先の利益にはとらわ れず、大切な資産を残していくためにも年間プログラムを取り入れております。当然ながら短期間ではマイナスがでることもあります。しかし長い目で見た場合に、最終的には過去で実証されていますように、必ずといってよいほど年間成績はある平均値以上の結果を残すことが出来ます。
本格的な資産運用としてご紹介させていただいているため、独自のマネーマネジメントを取り入れております。
当たった、ハズれたの相場をやっていても意味はありません。
資産運用として真剣にお考えなのであれば、1ヶ月よりも当然ながら、半年、1年・・・と長期での運用の方が効果もかなり大きくなります。
実際に実感していただくためにも、なるべく長く運用するこ とをお勧めいたします。
そうすることによって、今まで味わったことのない喜びを感じて頂けるはずです。


その他情報は、こちらより。



2018年3月8日(木)

[東京金]
NY安を受け、反落して始まった。その後はNY時間外の底堅さを背景に水準を切り上げ、プラスサイドに浮上する限月も出たが、引けにかけて円が引き締まったことから、値を沈め取引を終了している。
先限は前日比6円安の4,512円、出来高は18,489枚。

[東京白金]
NY安を受けて、続落して始まった。その後はNY時間外取引安を背景に、終始マイナスサイドで取引を終了している。
先限は前日29円安の3,253円、出来高は10,819枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油安を受けて、売りが先行して始まった。売り一巡後は、もみ合う場面もあったが、NY時間外が軟化したことを背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比300円安の39,630円、出来高は26,874枚。ガソリン先限は前日比500円安の55,900円、出来高は2,237枚。

[東京ゴム]
欧米原油安を受け、続落して始まった。その後は円の引き締まりと上海の伸び悩みを背景に、上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比0.1円安の191.7円、出来高は4,399枚。

[東京コーン]
手掛かり材料難から、小動きで始まった。その後は先高観が強い中、需給報告を控え、各限月とも買われて取引を終了している。
先限は前日比300円高の23,210円、出来高は1,352枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
浮き沈み七度
相場で成功をおさめるために必要なのは忍耐力。
失敗に挫けることなく、大成功するまで、ひたすら頑張ることです。

その他情報は、こちらより。



2018年3月7日(水)

[東京金]
NY高を受け、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外取引相場が軟調に推移したことを背景に、上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比9円高の4,518円、出来高は38,862枚。

[東京白金]
NY高と円上昇の強弱材料が綱引きとなり、動意を欠いて始まった。その後はNY相場の軟化を背景に、下げ幅を拡大してして取引を終了している。
先限は前日15円安の3,282円、出来高は11,659枚。

[東京原油・東京ガソリン]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は決め手を欠き、おおむね日中始値付近でもみ合って取引を終了している。
原油先限は前日比590円安の39,930円、出来高は26,479枚。ガソリン先限は前日比660円安の55,400円、出来高は2,544枚。

[東京ゴム]
円の引き締まりを受け、売りが先行して始まった。売り一巡後は、小戻す場面もあったが、上海相場の下落を背景に、再び日中始値付近まで値を下げ取引を終了している。
先限は前日比2.2円安の191.8円、出来高は4,083枚。

[東京コーン]
決め手材料難の中、動意を欠いて始まった。その後もみ合いが続いたが、大引けにかけて買いがやや勝って取引を終了している。
先限は前日比40円高の22,910円、出来高は420枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
陰陽は循環する
易の思想では陰と陽の互いが互いを生み、二つが対立しながら解け合い、
世界を作っていくと考えられ、男女、生死、善悪、光闇の永久の循環の中
に調和しながら動いています。
これは相場の根本原則でもあり、天低の把握こそが重要であるといえます。

先物ニュース!
2018年2月の概況等について

2018年2月の全商品合計一日平均取引高は128,185枚、前月比1.8%減少
詳しくはこちらをご覧ください。

その他情報は、こちらより。



2018年3月6日(火)

[東京金]
円の軟化を受け、買いが先行して始まった。その後はNY時間外取引が底堅く推移したことを背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比15円高の4,509円、出来高は28,263枚。

[東京白金]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は円安を受けた買いを背景に、小幅続伸して取引を終了している。
先限は前日3円高の3,297円、出来高は9,963枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高と円安を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外取引の上昇を背景に、堅調に推移して取引を終了している。
原油先限は前日比1,040円高の40,520円、出来高は15,034枚。ガソリン先限は前日比1,090円高の56,060円、出来高は2,373枚。

[東京ゴム]
上海相場の夜間取引の軟調地合いを受け、反落して始まった。売り一巡後は、円相場の軟化を背景に切り返し、プラス圏に浮上する限月が相次いだが、引けにかけて伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日比0.1円高の194.0円、出来高は5,981枚。

[東京コーン]
シカゴ高と円安を受けて、買いが先行して始まった。買い一巡後は様子見ムードが広がる中、もみ合って取引を終了している。
先限は前日比130円高の22,870円、出来高は697枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
何時にても相場は動くものぞかし、保合時も心許すな
相場は動機づいて来ると間髪を入れないものです。
保合時も油断することなく、日々の足取りを注視してください。

配信先アドレスのご登録は、携帯とPCといったように最大2つまで可能です。
追加アドレスをご希望の方は、お問合せもしくは会員専用メールアドレスよりお知らせ下さいますようお願いいたします。


相場で一時的にマイナスが出てしまうことは、当然ございます。
また、一発で儲けようとすることもかなり無理がございます。
簡単なことのようでとても難しいことではございますが、一番はコツコツ継続することが成功への道へと繋がるのです。
その時々の利益は小さいかもしれませんが、相場で勝ち続けるためには、この小さなものの積み重ねがとても重要なのです。
先々で、きっと大きなものに変わります。

その他情報は、こちらより。



2018年3月5日(月)

[東京金]
NY高を受け、買いが先行して始まった。その後は堅調なNY金時間外取引を背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比20円高の4,494円、出来高は33,745枚。

[東京白金]
円高を受けて、続落して始まった。その後はNY時間外取引高を背景に、プラスサイドに浮上する限月が相次いで取引を終了している。
先限は前日7円高の3,294円、出来高は14,911枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後は決め手材料を欠く中、狭いレンジで推移して取引を終了している。
原油先限は前日比460円高の39,480円、出来高は10,140枚。ガソリン先限は前日比460円高の54,970円、出来高は3,615枚。

[東京ゴム]
円の引き締まりを受けて、売りが先行して始まった。売り一巡後は上海ゴム相場の底堅さを背景に、全限月がプラスサイドに切り返し、引けにかけて堅調に推移して取引を終了している。
先限は前日比2.4円高の193.9円、出来高は9,197枚。

[東京コーン]
シカゴ安と円の引き締まりを受けて、売りが先行して始まった。その後はシカゴ相場の底堅さを背景に、プラスサイドに切り返す限月が相次いで取引を終了している。
先限は前日比30円安の22,740円、出来高は695枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
一生涯の機会はその機会の存在中に利用すべし
相場には、常に儲かる機会があるわけではありません。
何十年、相場を張っていても、本当に儲かる機会はほんのわずか。
だからこそ、今こそチャンスだと思ったら、迷わず全力を注ぎましょう。


その他情報は、こちらより。



2018年3月2日(金)

[東京金]
円高を受け、売りが先行して始まった。その後も手じまい売り圧力が強まる中、弱含みで推移して取引を終了している。
先限は前日比24円安の4,474円、出来高は129,735枚。

[東京白金]
NY安と円高を受けて、続落して始まった。その後はNY白金時間外安を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日69円安の3,287円、出来高は49,961枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油安と円高を受けて、下落して始まった。その後もNY時間外の軟調、東証株価の大幅下落、円相場の一段高を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比880円安の39,020円、出来高は80,532枚。ガソリン先限は前日比1,030円安の54,510円、出来高は3,760枚。

[東京ゴム]
欧米原油安と円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は午前中は上海ゴム相場の軟調地合いを眺めて水準を切り下げる場面もみられたが、下値では買い拾う動きがみられ、午後は下げ渋って取引を終了している。
先限は前日比1.3円安の192.5円、出来高は9,459枚。

[東京コーン]
円の上昇を受けて、軟調に始まった。その後はシカゴ相場の堅調地合いを背景に買い戻され、先ぎりを除きプラスサイドに浮上して取引を終了している。
先限は前日比150円安の22,780円、出来高は1,173枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
一割、二割は世の変動、三割以上は人の変動
相場の値幅が経済的要素で変動するのは、約二割。三割以上になると仕手、
人為相場のために反動が伴います。三割以上動いたら、そこが天井、もしくは
底と見て対処しましょう。

その他情報は、こちらより。



2018年3月1日(木)

[東京金]
円相場の上昇を受け、売りが先行して始まった。その後はNY時間外の軟化を背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比28円安の4,498円、出来高は44,435枚。

[東京白金]
NY安を受けて、続落して始まった。その後は金の下落と円相場の上昇を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日20円安の3,356円、出来高は13,783枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油安と円高を受けて、下落して始まった。その後はNY時間外安を背景に、軟調に推移して取引を終了している。
原油7月限は前日比1,230円安の40,150円、新甫8月限は39,900円、出来高は12,174枚。ガソリン先限は前日比1,280円安の55,540円、出来高は3,760枚。

[東京ゴム]
上海ゴム相場が夜間取引で堅調に推移したことを受けて、買いが先行して始まった。その後は上海相場の軟化を背景に、売りが優勢となり、全限月がマイナスサイドに沈んで取引を終了している。
先限は前日比1.3円安の192.5円、出来高は9,459枚。

[東京コーン]
シカゴ高を受けて、続伸して始まった。その後はシカゴの軟調推移を背景に、おおむね水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比150円安の22,780円、出来高は1,173枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
一葉落ちて天下の秋を知る
物事のちょっとした前兆から大勢が読み取れるように、
相場でも小さな材料から体勢を判断することが肝心といえます。

その他情報は、こちらより。



2018年2月28日(水)

[東京金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY金時間外の上値の重さや円相場の引き締まりを背景に、売りが優勢となり取引を終了している。
先限は前日比42円安の4,526円、出来高は50,366枚。

[東京白金]
NY安を受けて、続落して始まった。その後はNY時間外取引の軟調推移や円の戻りを背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日59円安の3,376円、出来高は19,342枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外相場の軟化や円の引き締まりを背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
原油先月限は前日比560円安の41,380円、出来高は8,843枚。ガソリン先限は前日比320円安の56,820円、出来高は1,675枚。

[東京ゴム]
欧米原油安や上海夜間取引の軟調地合いを受けて、売りが先行して始まった。その後は上海ゴムの戻りを眺めて切り返し、一時は全限月がプラスサイドへ浮上したものの、終盤は円の引き締まりが重しになり、伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日比0.0円の193.8円、出来高は14,8156枚。

[東京コーン]
円の軟化を受けて、買い先行して始まった。その後は決め手になる材料に乏しく、日中始値付近でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比70円高の22,930円、出来高は660枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
急ぐは負け、待つは機あり
相場の上がり下がりを急ぐとのは失敗のもと。
チャンスの到来を冷静に待ち、仕掛け場を大切にすることです。

今月も皆様お疲れさまでした。

以下は、2月度の各コースの獲得利益幅です。

スイングトレード
東京金 ・・・0円(1000倍)
東京白金 ・・・0円(500倍)
東京原油 ・・・0円(50倍)
東京ガソリン ・・・5,790円(50倍)
東京ゴム ・・・0円(5000倍)
東京コーン ・・・1,410円(50倍)


日経225先物 ・・・0円(ラージ1000倍、ミニ100倍)

デイトレード
東京金 ・・・200円(1000倍)
東京白金 ・・・99円(500倍)
東京原油 ・・・-1650円(50倍)
東京ガソリン ・・・7,820円(50倍)
東京ゴム ・・・38.7円(5000倍)


では、3月度もよろしくお願いします。

その他情報は、こちらより。



2018年2月27日(火)

[東京金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY金時間外の戻りを背景にプラス圏に浮上した場面もあったが、引けにかけてNY時間外が軟化したことから、マイナスサイドで取引を終了している。
先限は前日比11円安の4,568円、出来高は29,135枚。

[東京白金]
NY安を受けて、反落して始まった。その後はNY白金時間外高を背景に切り返す局面もあったが、NYの軟化を受け、全般に値を消して取引を終了している。
先限は前日10円安の3,435円、出来高は10,589枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高や円の軟化を受けて、買いが先行して始まった。その後は為替、NY時間外ともに小動きで決め手を欠く中、買方のポジション調整で上げ幅を縮小して取引を終了している。
原油先月限は前日比30円安の41,940円、出来高は7,944枚。ガソリン先限は前日比250円高の57,140円、出来高は2,219枚。

[東京ゴム]
欧米原油高や円の軟化を受けて、買いが先行して始まった。その後は買い玉の手じまいに水準を切り下げ取引を終了している。
先限は前日比0.0円の193.8円、出来高は13,146枚。

[東京コーン]
シカゴ高や円の軟化を受けて、続伸して始まった。その後は円相場が上昇したことを背景に、利益確定の売りが優勢となって取引を終了している。
先限は前日比50円安の22,860円、出来高は627枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
医者上手にかかり上手
どんな名医にかかっても、病人である本人が医者の言うとおりにしなければ、
病気を治すことはできません。
相場でも同様に、せっかく良いアドバイスを受けても、それを聞き流しているようでは、
良い結果は得られないということです。

会員各位
28日(水)は原油の納会日です。3月1日(木)の日中立会より新甫が発会されます。
原油コースの会員様は、3月1日以降に配信される売買サービス時記載の限月に、ご注意下さいますようお願い申し上げます。

*配信先アドレスのご登録は、携帯とPCといったように最大2つまで可能です。
追加アドレスをご希望の方は、お問合せもしくは会員専用メールアドレスよりお知らせ下さいますようお願いいたします。

その他情報は、こちらより。



2018年2月26日(月)

[東京金]
NYと円相場が先週末とほぼ同水準だったことより、小幅まちまちで始まった。その後はNY金時間外の上昇を背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
12月限は前日比19円高の4,581円、新甫2月限は4,579円、出来高は31,855枚。

[東京白金]
NY安を受けて、反落して始まった。その後はNY白金時間外高を背景に、切り返してして取引を終了している。
12月限は前日16円高の3,447円、新甫2月限は3,445円、出来高は8,916枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後は円相場が堅調に推移したことを背景に、上値を抑えられ取引を終了している。
原油先月限は前日比620円高の41,970円、出来高は9,934枚。ガソリン8月限は前日比960円高の57,420円、新甫9月限は56,890円、出来高は2,993枚。

[東京ゴム]
欧米原油高や夜間上海の堅調推移を受けて、買いが先行して始まった。その後も上海の底堅さを背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比5.2円高の193.8円、出来高は14,195枚。

[東京コーン]
決め手を欠き、小動きで始まった。その後は堅調なシカゴ相場を背景に、全般に水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比80円高の22,910円、出来高は1,201枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
砂(いさご)長じて巌となる
小さな砂が長い年月をかけて大きな石に成長するように、
相場においても小さい利益を重ねることが、結果大きな利益につながります。

相場には勝った負けたは付き物です。勝ち負けだけで相場をやっているのであれば、そのうち偶然にも一度くらいは大きな利益をだすことも経験されると思います。しかし一度の利益を出すことは誰でも簡単なことではございますが、最終的に資金を増やすことは容易ではございません。相場を投資としてやる以上は、資産を残し財産を築きあげていかなければ意味はありません。
相場の世界では、常に勝ち続け ている投資家は1割もいないといわれています。9割近くの投資家達は1年と経たずに相場の世界から消え去っているのが実情です。
当サイトのシステムでは、目先の利益にはとらわ れず、大切な資産を残していくためにも年間プログラムを取り入れております。当然ながら短期間ではマイナスがでることもあります。しかし長い目で見た場合に、最終的には過去で実証されていますように、必ずといってよいほど年間成績はある平均値以上の結果を残すことが出来ます。
本格的な資産運用としてご紹介させていただいているため、独自のマネーマネジメントを取り入れております。
当たった、ハズれたの相場をやっていても意味はありません。
資産運用として真剣にお考えなのであれば、1ヶ月よりも当然ながら、半年、1年・・・と長期での運用の方が効果もかなり大きくなります。
実際に実感していただくためにも、なるべく長く運用するこ とをお勧めいたします。
そうすることによって、今まで味わったことのない喜びを感じて頂けるはずです。


その他情報は、こちらより。



2018年2月23日(金)

[東京金]
NY高と円高の強弱両材料より、小動きに始まった。その後は大引けにかけてNY時間外相場の頭重さを背景に、マイナスサイドに沈む限月が相次いで取引を終了している。
先限は前日比0円の4,562円、出来高は28,669
枚。

[東京白金]
NY高を受けて、小幅上伸して始まった。その後はNY時間外高を背景に、小反発して取引を終了している。
先限は前日9円高の3,431円、出来高は6,966枚。

[東京原油・東京ガソリン]
NY高を受けて、、買いが先行して始まった。その後もおNY時間外の強含みや円の緩みを背景に、堅調に推移して取引を終了している。
原油先月限は前日比670円高の41,350円、出来高は8,744枚。ガソリン先限は前日比510円高の56,460円、出来高は2,251枚。

[東京ゴム]
欧米原油たかや夜間上海の堅調推移を受けて、買いが先行して始まった。その後も上海高と円の緩みを背景に、プラスサイドで取引を終了している。
7月限は前日比3.1円高の188.2円、新甫8月限は188.6円、出来高は11,190枚。

[東京コーン]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後期先は利食い売りに伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日比50円高の22,830円、出来高は1,439枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
幾回敗れるも、断じて我が成功を疑うこと勿れ
相場に最も必要なのが忍耐力といわれます。数回敗れたくらいで諦めず、
何よりも自分の成功を信じ続けてひたすら継続する姿勢が問われています。

その他情報は、こちらより。



2018年2月22日(木)

[東京金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外相場の軟化や円の引き締まりを背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比28円安の4,562円、出来高は40,518枚。

[東京白金]
NY安を受けて、下落して始まった。その後はNY時間外安や円の上昇を背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日30円安の3,422円、出来高は10,156枚。

[東京原油・東京ガソリン]
決め手になる材料から、小動きに始まった。その後はNY時間外取引相場の軟化や円の引き締まりを背景に、値位置を切り下げて取引を終了している。
原油先月限は前日比80円安の40,680円、出来高は7,101枚。ガソリン先限は前日比190円安の55,950円、出来高は1,726枚。

[東京ゴム]
円相場の引き締まりを受けて、売りが先行して始まった。その後はゴム独自の材料が見当たらない中、全般に狭いレンジで推移し取引を終了している。
先限は前日比0.9円安の185.1円、出来高は3,371枚。

[東京コーン]
手がかり材料難から、小動きで始まった。その後は高値圏で推移するシカゴ相場を背景に、値位置を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比70円高の22,780円、出来高は1,234枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
危ない橋も一度は渡れ
長い人生の中には自分の成長のために、危険な橋を渡ってでも乗り越えなければ
いけいない局面があります。それは相場においても同じ。
投機が危険だからと手をこまねていては、進歩がないだけでなく、
せっかくのチャンスさえ失ってしまいます。

会員各位
23日(金)は金・白金・ガソリンの納会日です。26日(月)の日中立会より新甫が発会されます。
金・白金・ガソリンコースの会員様は、26日以降に配信される売買サービス時記載の限月に、ご注意下さいますようお願い申し上げます。

*配信先アドレスのご登録は、携帯とPCといったように最大2つまで可能です。
追加アドレスをご希望の方は、お問合せもしくは会員専用メールアドレスよりお知らせ下さいますようお願いいたします。

その他情報は、こちらより。



2018年2月21日(水)

[東京金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後は円の軟化を背景に、下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比7円安の4,590円、出来高は38,862枚。

[東京白金]
円の下落を受けて、小反発して始まった。その後は円相場の下落とNY時間外安の強弱材料の綱引きとなり、方向感が定まらず取引を終了している。
先限は前日3円高の3,452円、出来高は9,938枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油安と円相場の軟化の強弱材料の綱引きから、小動きに始まった。その後はNY時間外の水準切り下げを背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先月限は前日比120円安の40,760円、出来高は7,983枚。ガソリン先限は前日比220円安の56,140円、出来高は2,992枚。

[東京ゴム]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は円安基調を背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比2.2円高の186.0円、出来高は4,284枚。

[東京コーン]
円相場の軟化を受けて、買いが先行して始まった。その後も円の引き緩みを背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比100円高の22,710円、出来高は1,380枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
当たり外れは世のならい
勝負事は、勝つか負けるかのどちらかでしかないため、その都度、
有頂天になったり、落ち込んだりするのはナンセンスであるということ。
驕らず、落胆せず、どんな時も平常心を保つことを忘れないようにしましょう。

会員各位
22日(木)はゴムの納会日です。23日(金)の日中立会より新甫が発会されます。
ゴムコースの会員様は、23日以降に配信される売買サービス時記載の限月に、ご注意下さいますようお願い申し上げます。

*配信先アドレスのご登録は、携帯とPCといったように最大2つまで可能です。
追加アドレスをご希望の方は、お問合せもしくは会員専用メールアドレスよりお知らせ下さいますようお願いいたします。

その他情報は、こちらより。



2018年2月20日(火)

[東京金]
円の軟化を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外が弱含みで推移したことを背景に、マイナスサイドに沈んで取引を終了している。
先限は前日比9円安の4,597円、出来高は22,997枚。

[東京白金]
NY安を受けて、反落して始まった。その後はNY時間外白金相場の下落を背景に、地合いを圧迫して取引を終了している。
先限は前日19円安の3,449円、出来高は7,975枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油の堅調推移や円相場の軟化を受けて、買いが先行して始まった。その後は戻り売りに押され、マイナスサイドに沈む場面もあったが、円安基調を支援材料に大引けにかけて引き締まって取引を終了している。
原油先月限は前日比240円高の40,880円、出来高は7,572枚。ガソリン先限は前日比120円安の56,360円、出来高は2,324枚。

[東京ゴム]
円の軟化を受けて、買いが先行して始まった。その後は中国などの海外市場が休場で手掛かり材料に乏しい中、もみ合いが続いて取引を終了している。
先限は前日比1.2円高の183.8円、出来高は3,397枚。

[東京コーン]
手掛かり材料から、小動きで始まった。その後も商いは盛り上がらず、一進一退が続いて取引を終了している。
先限は前日比60円高の22,610円、出来高は1,356枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
上げにつれ買い玉細くすべし
今あるポジションを更に買い増していくことを「ピラミッティング」といい、
よく使われる手法です。
買い増しをする時に逆三角形(最初の株数より多く買うこと)にすると、
利益が最初に買った僅かな株に支えられることになるために不安定で、
思惑に反して相場が下がるとすぐに利益が減ることになります。
逆に、上がるにつれて買う株数を少なくすれば、安定的な三角形となり、
多少値下がりしても利益が減るリスクを軽減できます。

その他情報は、こちらより。



2018年2月19日(月)

[東京金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後は円相場が引き緩んだことを背景に、下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比1円安の4,606円、出来高は35,697枚。

[東京白金]
NY高を受けて、反発して始まった。その後はNY時間外高や円安を背景に、プラスサイドで取引を終了している。
先限は前日39円高の3,468円、出来高は11,179枚。

[東京原油・東京ガソリン]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の堅調地合いと、円の緩みを背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先月限は前日比870円高の40,640円、出来高は10,526枚。ガソリン先限は前日比550円高の56,480円、出来高は3,663枚。

[東京ゴム]
円の軟化を受けて、買いが先行して始まった。その後はもみ合う場面もあったが、引けにかけて為替が円安に振れたことを背景に、全限月がプラスサイドで取引を終了している。
先限は前日比1.1円高の182.6円、出来高は4,420枚。

[東京コーン]
円の軟化を受けて、買いが先行して始まった。その後は為替が円安方向に振れたことを背景に、プラスサイドで取引を終了している。
先限は前日比20円高の22,550円、出来高は1,306枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
商い仕掛ける時、先ず損金を積むべし
売買をする時は、損を最小限にとどめたいと思うのが人の心。
そのため、常に最悪の状況を考え、どの程度の損金なら可能かを想定して、
資金を用意しておきましょう。
そうすれば、思惑と逆の動きになってもパニックになる心配がありません。

相場で一時的にマイナスが出てしまうことは、当然ございます。
また、一発で儲けようとすることもかなり無理がございます。
簡単なことのようでとても難しいことではございますが、一番はコツコツ継続することが成功への道へと繋がるのです。
その時々の利益は小さいかもしれませんが、相場で勝ち続けるためには、この小さなものの積み重ねがとても重要なのです。
先々で、きっと大きなものに変わります。


その他情報は、こちらより。



2018年2月16日(金)

[東京金]
NY安と円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は下げ渋る場面もみられたが、午後に急速に円高が進んだことから売り直され取引を終了している。
先限は前日比22円安の4,607円、出来高は38,719枚。

[東京白金]
NY安と円の引き締まりを受けて、反発して始まった。その後NY時間外安と円の引き締まりを背景に、概ね小反落で取引を終了している。
先限は前日8円安の3,429円、出来高は10,427枚。

[東京原油・東京ガソリン]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後はやや下げ渋る場面もあったが、午後は円相場の一段の上昇を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先月限は前日比670円安の39,770円、出来高は15,960枚。ガソリン先限は前日比1,140円安の55,930円、出来高は5,184枚。

[東京ゴム]
円の上昇を受けて、売りが先行して始まった。その後も円相場の一段高に伴い下げ幅を拡大、終盤は利食い買いに下げ渋って取引を終了している。
先限は前日比4.5円安の181.5円、出来高は7,307枚。

[東京コーン]
シカゴ高と円高を受けて、小動きで始まった。その後は円相場の上昇を背景に、軟調に推移して取引を終了している。
1月限は前日比50円安の22,360円、先限は22,530円、出来高は421枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
上がる理も時至らねば上がらない、理を非に曲げて相場にしたがえ
上がる理由が客観的に正当にみえても、相場がその理由を
材料にして上がるかは、時と場合によります。
相場のことは相場に聞くこと。つまり、自分の考えに固執せず、
相場に従うのが正しいという戒めを込めています。

その他情報は、こちらより。



2018年2月15日(木)

[東京金]
NY高を受けて、反発して始まった。その後はNY時間外相場が小動きで推移する中、円高基調継続への警戒感から戻り売りに押され、水準を切り下げ取引を終了している。
先限は前日比40円高の4,629円、出来高は76,566枚。

[東京白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外高を背景に、堅調に推移して取引を終了している。
先限は前日66円高の3,437円、出来高は20,424枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外取引が堅調に推移したことを背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先月限は前日比1,230円高の40,440円、出来高は24,075枚。ガソリン先限は前日比1,020円安の57,070円、出来高は4,935枚。

[東京ゴム]
欧米原油高を受けて、反発して始まった。その後は円高基調を背景に、戻り売りに押され、上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比1.7円高の186.0円、出来高は4,235枚。

[東京コーン]
手掛かり材料難より、方向感なく始まった。その後は買いがやや優勢となり、期先限月を中心に水準を切り上げ取引を終了している。
先限は前日比70円高の22,410円、出来高は304枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
上がり坂の悪材料は買い、下がり坂の好材料は売り
上げ相場が続いている時に、悪材料が出ても下りにくく、逆に下げ相場が続いている時は、
好材料が出ても反発しにくいという、相場には容易に読めない流れがあります。
上がり坂か下がり坂かを冷静に判断し、
その流れを見極めるには経験が必要だということです。

その他情報は、こちらより。



2018年2月14日(水)

[東京金]
円の引き締まりを受けて、売りが先行して始まった。その後は円の上昇を背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比16円安の4,589円、出来高は38,315枚。

[東京白金]
NY安と円の上昇を受けて、続落して始まった。その後は円高進行を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日21円安の3,371円、出来高は12,880枚。

[東京原油・東京ガソリン]
円の引き締まりを受けて、売りが先行して始まった。その後は決め手になる材料が乏しく、ポジション整理の売り買いが中心で、方向性を欠いて取引を終了している。
原油先月限は前日比340円安の39,210円、出来高は30,704枚。ガソリン先限は前日比310円安の56,050円、出来高は3,791枚。

[東京ゴム]
円の引き締まりを受けて、売りが先行して始まった。その後は円高や上海相場の上値の重さを背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比5.0円安の184.3円、出来高は7,426枚。

[東京コーン]
手掛かり材料難より、方向感なく始まった。その後はシカゴ相場の軟調や円の引き締まりを背景に、期先中心に値位置を切り下げ取引を終了している。
先限は前日比100円安の22,340円、出来高は382枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
論に負けても実に勝つ
世の中には議論を好む人はたくさんいますが、相場では儲けることが目的なので、
時には理屈に負けることも大切だということです。

会員各位
15日(木)は東京コーンの納会日です。16日(金)の日中立会より新甫が発会されます。
東京コーンコースの会員様は、16日以降に配信される売買サービス時記載の限月に、ご注意下さいますようお願い申し上げます。

*配信先アドレスのご登録は、携帯とPCといったように最大2つまで可能です。
追加アドレスをご希望の方は、お問合せもしくは会員専用メールアドレスよりお知らせ下さいますようお願いいたします。

その他情報は、こちらより。



2018年2月13日(火)

[東京金]
NY高を受けて、反発して始まった。その後はNY時間外の堅調と円相場の上昇の綱引きで、もみ合いとなったが、引けにかけて円高圧力に押され、マイナスサイドに沈んで取引を終了している。
先限は前日比3円安の4,605円、出来高は52,658枚。

[東京白金]
NY安と円高を受けて、続落して始まった。その後はNY時間外の戻りを背景に下げ幅を縮小する場面もあったが、円高に頭を押さえられ取引を終了している。
先限は前日14円安の3,392円、出来高は18,871枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後もNY時間外の軟調や、為替相場の円高進行を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先月限は前日比1,270円安の39,550円、出来高は32,725枚。ガソリン先限は前日比1,170円安の56,360円、出来高は5,207枚。

[東京ゴム]
利益確定の買いを受けて、反発して始まった。その後は上海相場の頭重さと、円相場の上昇を背景に、軟調に推移したが、上海相場が戻りに転じると安値からは値を戻して取引を終了している。
先限は前日比0.1円高の189.3円、出来高は5,182枚。

[東京コーン]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後は決め手になる材料が乏しく、狭いレンジで推移したが、引けにかけて為替が円高に振れたことから、マイナスサイドに沈んで取引を終了している。
先限は前日比40円安の22,440円、出来高は378枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
六十日で一思案
相場は特別な材料がない限り、およそ60日で天底を繰り返すものです。
そのため、一度底をついた相場は60日先を天井の目安に考え、その時の
事情を加味しつつ計画を練ることが肝心です。

その他情報は、こちらより。



2018年2月9日(金)

[東京金]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外取引の軟調地合いと円の引き緩みで方向性がつかみづらく、日中始値付近でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比9円安の4,608円、出来高は50,277枚。

[東京白金]
NY安と円高を受けて、続落して始まった。その後は円の軟化を背景に、下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日39円安の3,406円、出来高は16,196枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油安と円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は円の緩みを眺めた買いを背景に、下げ幅を縮小して取引を終了している。
原油先月限は前日比920円安の40,820円、出来高は35,168枚。ガソリン先限は前日比950円安の57,530円、出来高は3,780枚。

[東京ゴム]
欧米原油安と円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は材料難から、弱気売りなど全般に軟調推移して取引を終了している。
先限は前日比3.1円安の189.2円、出来高は5,469枚。

[東京コーン]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後はめぼしい材料が見当たらず、日中始値近辺でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比50円安の22,480円、出来高は545枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
利根、気根、黄金
大事を成し遂げるためには、天性、忍耐、資産の「三こん」が必要だということ。

配信先アドレスのご登録は、携帯とPCといったように最大2つまで可能です。
追加アドレスをご希望の方は、お問合せもしくは会員専用メールアドレスよりお知らせ下さいますようお願いいたします。


その他情報は、こちらより。



2018年2月8日(木)

[東京金]
NY安を受けて、続落して始まった。その後はNY時間外の軟調推移を背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比39円安の4,617円、出来高は121,500枚。

[東京白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後もNY時間外の軟調推移を背景に、マイナスサイドで取引を終了している。
先限は前日25円安の3,445円、出来高は48,156枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外の水準切り下げを背景に、軟調に推移したが、引けにかけてNY時間外が戻したことから、下げ幅を縮小して取引を終了している。
原油先月限は前日比1,000円安の41,740円、出来高は94,613枚。ガソリン先限は前日比970円安の58,480円、出来高は10,845枚。

[東京ゴム]
欧米原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後は上海が軟調に推移したことを背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比3.2円安の192.3円、出来高は28,943枚。

[東京コーン]
シカゴ、為替ともに動意を欠く中、小動きで始まった。その後はシカゴの頭重い展開を背景に、おおむねマイナスサイドに沈んで取引を終了している。
先限は前日比50円安の22,530円、出来高は7,484枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
理屈に当たり、相場にはずれる
相場の世界では、しばしば理屈を越えたことが起こるため、
理屈倒れにならないよう注意が必要です。
好材料が出たから相場は上がるだろうと思っていても、
完全に予想が外れることもあります。
それほど相場を形成する要因は複雑だということです。

その他情報は、こちらより。



2018年2月7日(水)

[東京金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外が下げ渋ったものの、円相場の引き締まりが材料としてやや勝り、小幅ながら下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比35円安の4,656円、出来高は60,761枚。

[東京白金]
円の安を受けて、買いが先行して始まった。その後は決め手材料難を背景に、小幅まちまちで取引を終了している。
先限は前日7円安の3,470円、出来高は13,930枚。

[東京原油・東京ガソリン]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は円相場の引き締まりを背景に、上げ幅を縮小して取引を終了している。
原油先月限は前日比340円高の42,740円、出来高は28,345枚。ガソリン先限は前日比330円高の59,450円、出来高は3,344枚。

[東京ゴム]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は上海相場が動意を欠く中、ポジション調整が中心となり、小幅な値動きにとどまって取引を終了している。
先限は前日比1.8円高の195.5円、出来高は4,885枚。

[東京コーン]
シカゴ高や円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はシカゴ相場は底堅く推移したが、円相場の引き締まりを背景に、期中と期先が上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比240円高の22,580円、出来高は452枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
利食い千人力
利益は手仕舞いして初めて本当の利益になります。
チャンス次第で、心機一転、いつでも利食いすることが可能なことから、
千人力にも等しい力として喩えられています。

先物ニュース!
2018年1月の概況等について
2018年1月の全商品合計一日平均取引高は130,591枚、前月比33.1%増加
詳しくはこちらをご覧ください。

その他情報は、こちらより。



2018年2月6日(火)

[東京金]
円の上昇を受けて、売りが先行して始まった。その後も軟調に推移したが、株価急落で安全資産としての金に関心が向かう中、NY金先物相場の上昇を支えに下げ渋り、結局は小幅安で取引を終了している。
先限は前日比5円安の4,691円、出来高は54,448枚。

[東京白金]
円の上昇を受けて、反落して始まった。その後は円の上昇を背景に、地合いを圧迫して取引を終了している。
先限は前日13円安の3,477円、出来高は14,721枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油安と円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は株価をにらみながら下値を探り、約1カ月半ぶりの安値(4万2200円)まで下落した。終盤はテクニカルな買いに支えられ、安値からは値を戻し取引を終了している。
原油先月限は前日比1,150円安の42,400円、出来高は24,049枚。ガソリン先限は前日比1,070円安の59,120円、出来高は3,726枚。

[東京ゴム]
欧米原油安と円高を受けて、売りが先行して始まった。その後も上海相場の下落が下押し材料として意識され、下値を探る動きが続いて取引を終了している。
先限は前日比3.0円安の193.7円、出来高は8,015枚。

[東京コーン]
シカゴ安や円高を受けて、売りが先行して始まった。その後も売り優勢の展開が続いたが、円が伸び悩んだため、引けにかけて下げ渋って取引を終了している。
先限は前日比240円安の22,340円、出来高は595枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
利食い極楽、損地獄は背中合わせ
利食いは極楽、損は地獄。利益が出たからといって油断すれば、
損失を招くこともあり、儲けと損は常に背中合わせの状態にあるということです。

その他情報は、こちらより。



2018年2月5日(月)

[東京金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY金時間外市場の軟調推移を背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比41円安の4,696円、出来高は48,268枚。

[東京白金]
NY安を受けて、反落して始まった。その後はNY時間外安を背景に、マイナスサイドで推移し取引を終了している。
先限は前日39円安の3,490円、出来高は14,408枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後も軟調に推移するNY時間外や円の引き締まりを背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先月限は前日比1,170円安の43,5500円、出来高は14,464枚。ガソリン先限は前日比1,100円安の60,190円、出来高は3,253枚。

[東京ゴム]
上海ゴム相場が夜間取引で軟化したことを受けて、売りが先行して始まった。その後は上海相場の底堅さを背景に、下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比0.2円安の196.7円、出来高は8,577枚。

[東京コーン]
手掛かり材料難よりポジション整理の商いが中心で始まった。その後はシカゴ相場の軟調や円相場の引き締まりを背景に、期先は値位置を切り下げ取引を終了している。
先限は前日比60円安の22,580円、出来高は411枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
両建ては損からはずせ
両建てとは、同じ銘柄で買いと信用売りを同時に行うことです。
両建てをした場合、損を確定するより、利益を確定する方が気分が良いため、
利益が出ている方を処分したくなるものです。
しかし、後先考えずに、これをすると手元に残る株は含み損だらけになってしまいます。
この格言通り、トレンドに正しく乗っている方を残し、損失の方を先に切るのが理論的に
は正しい選択と言うことになります。

その他情報は、こちらより。



2018年2月2日(金)

[東京金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外が小動きとなる中、円相場の軟化を背景に、やや上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比23円高の4,737円、出来高は36,812枚。

[東京白金]
円の軟化を受けて、上伸して始まった。その後は決め手難から、小動きに推移してして取引を終了している。
先限は前日31円高の3,529円、出来高は13,268枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高を受けて、買いが先行して始まった。買い一巡後は寄り値付近まで押し戻される場面もあったが、引けにかけては円相場の軟化を背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先月限は前日比720円高の44,720円、出来高は11,083枚。ガソリン先限は前日比920円高の61,290円、出来高は2,594枚。

[東京ゴム]
決め手となる材料難を受けて、まちまちで始まった。その後は上海ゴム相場の堅調や、円相場の軟化を背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比3.4円高の196.9円、出来高は12,889枚。

[東京コーン]
ポジション整理の商いが中心で始まった。その後は円相場の軟化を背景に、おおむね水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比30円高の22,640円、出来高は380枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
利運は大胆に通せ
一旦チャンス到来したら、思い切ってその機会に投じる心構えが大切。
早く手仕舞いしてしまえば、どんなにいいチャンスを仕掛けても大きな
勝利は得られません。

その他情報は、こちらより。



2018年2月1日(木)

[東京金]
NY高と円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外、円とも動意を欠き、手掛かり難から狭い値幅での動きになって取引を終了している。
先限は前日比32円高の4,714円、出来高は42,527枚。

[東京白金]
NY高と円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY白金時間外の軟化を背景に、上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日2円安の3,498円、出来高は12,695枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高と円安を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外取引の底堅さを背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
原油6月限は前日比880円安の44,350円、新甫7月限は44,000円、出来高は12,587枚。ガソリン先限は前日比800円高の60,370円、出来高は2,252枚。

[東京ゴム]
欧米原油高と円安を受けて、買いが先行して始まった。買い一巡後は伸び悩み、上海ゴム相場の下落を背景に、上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比0.6円高の193.5円、出来高は13,229枚。

[東京コーン]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は円相場の一段の軟化を背景に、堅調に推移して取引を終了している。
先限は前日比150円高の22,610円、出来高は447枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
利があれば何処から来るか金の蛇、我も我もと買いの行列
株式投資は、安い時に買って高い時に売れば儲かります。
しかし、株価の安い時は、必然的に景気が悪く、企業業績も悪いので、
株を積極的に買おうとする人は多くありません。
逆に景気が良くなって、誰々が株で儲かったという話を聞くと、
我も我もと株を買おうとする人が増えます。
上昇初期の段階であれば、この勢いに乗るのは相場の鉄則ですが、
普段は株をやらない一般大衆が参加してくると危険信号です。
本来、株は上がれば上がるほど、価格リスクも同時に上昇するからです。

相場には勝った負けたは付き物です。勝ち負けだけで相場をやっているのであれば、そのうち偶然にも一度くらいは大きな利益をだすことも経験されると思います。しかし一度の利益を出すことは誰でも簡単なことではございますが、最終的に資金を増やすことは容易ではございません。相場を投資としてやる以上は、資産を残し財産を築きあげていかなければ意味はありません。
相場の世界では、常に勝ち続け ている投資家は1割もいないといわれています。9割近くの投資家達は1年と経たずに相場の世界から消え去っているのが実情です。
当サイトのシステムでは、目先の利益にはとらわ れず、大切な資産を残していくためにも年間プログラムを取り入れております。当然ながら短期間ではマイナスがでることもあります。しかし長い目で見た場合に、最終的には過去で実証されていますように、必ずといってよいほど年間成績はある平均値以上の結果を残すことが出来ます。
本格的な資産運用としてご紹介させていただいているため、独自のマネーマネジメントを取り入れております。
当たった、ハズれたの相場をやっていても意味はありません。
資産運用として真剣にお考えなのであれば、1ヶ月よりも当然ながら、半年、1年・・・と長期での運用の方が効果もかなり大きくなります。
実際に実感していただくためにも、なるべく長く運用するこ とをお勧めいたします。
そうすることによって、今まで味わったことのない喜びを感じて頂けるはずです。


その他情報は、こちらより。



2018年1月31日(水)

[東京金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外と円が動意を欠き、狭いレンジで推移していたが、引けにかけてNYが水準を切り上げたため、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比27円高の4,682円、出来高は50,398枚。

[東京白金]
NY高を受けて、反発して始まった。その後は金の反発に連れ、プラスサイドで推移し取引を終了している。
先限は前日22円高の3,500円、出来高は17,233枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外取引の方向感が定まらず、マイナスサイドでもみ合って取引を終了している。
原油先限は前日比330円安の43,470円、出来高は13,409枚。ガソリン先限は前日比290円安の59,570円、出来高は3,914枚。

[東京ゴム]
欧米原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後は上海ゴムが軟調に推移したことを背景に、水準を切り下げ取引を終了している。
先限は前日比2.6円安の192.9円、出来高は14,868枚。

[東京コーン]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後もシカゴ相場の底堅さを背景に、しっかりで推移して取引を終了している。
先限は前日比70円高の22,460円、出来高は440枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
楽々と儲かる時は気を抜くな、千載一遇この時にあり
相場にはいつも大儲けのチャンスがあるわけではありません。
楽々と儲かる時は絶好のチャンスに恵まれているということ。
だからこそ、常に注意を研ぎ澄ませて、このチャンスをつかむ努力をすることが大切です。

今月も皆様お疲れさまでした。

以下は、1月度の各コースの獲得利益幅です。

スイングトレード
東京金 ・・・-157円(1000倍)
東京白金 ・・・242円(500倍)
東京原油 ・・・-2,710円(50倍)
東京ガソリン ・・・2,970円(50倍)
東京ゴム ・・・13.0円(5000倍)
東京コーン ・・・-660円(50倍)


日経225先物 ・・・-430円(ラージ1000倍、ミニ100倍)

デイトレード
東京金 ・・・117円(1000倍)
東京白金 ・・・206円(500倍)
東京原油 ・・・20円(50倍)
東京ガソリン ・・・8,100円(50倍)
東京ゴム ・・・28.8円(5000倍)


では、2月度もよろしくお願いします。

その他情報は、こちらより。



2018年1月30日(火)

[東京金]
NY安を受けて、続落して始まった。その後は円相場の上昇やNY金時間外取引相場の下落を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比53円安の4,655円、出来高は59,530枚。

[東京白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後も弱気の売りに水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日48円安の3,478円、出来高は17,257枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外が軟調に推移する中、円相場の上昇、日経平均株価の急落などを眺背景に、水準を切り下げ全限月がこの日の安値で取引を終了している。
原油先限は前日比1,000円安の43,800円、出来高は13,216枚。ガソリン先限は前日比1,330円安の59,860円、出来高は3,959枚。

[東京ゴム]
手掛かり難を受けて、小動きで始まった。その後は上海ゴム安を受けて、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比2.6円安の195.5円、出来高は14,913枚。

[東京コーン]
追加材料待ちの中、まちまちで始まった。その後は円相場の上昇が圧迫材料として意識される中、月末要因の手じまい売りなどが勝り、じり安となって取引を終了している。
先限は前日比0円の22,390円、出来高は404枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
世の中は九分が十分
100%の利益をすべて得ようとすると、チャンスを逃して思わぬ損につながるもの。
あまり欲張らずに利益の90%あれば十分と考えることです。

その他情報は、こちらより。



2018年1月29日(月)

[東京金]
NY安や円高を受けて、軒並み続落して始まった。その後はNY相場の軟調と円の緩みの強弱材料が綱引きとなり、狭いレンジでもみ合って取引を終了している。
先限は前日比35円安の4,708円、出来高は48,959枚。

[東京白金]
円高を受けて、続落して始まった。その後は下値を追ったが、午後はやや値を戻して取引を終了している。
先限は前日28円安の3,526円、出来高は13,043枚。

[東京原油・東京ガソリン]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後下値を追う場面もあったが、売り一巡後は取引中のニューヨーク原油(WTI)相場の堅調推移を映し、大引けにかけてプラス圏に引き締まる限月が相次いで取引を終了している。
原油先限は前日比30円高の44,800円、出来高は7,108枚。ガソリン8月限は前日比60円安の61,190円、出来高は2,453枚。

[東京ゴム]
円高を受けて、軒並み急落して始まった。その後は先ぎりが197円ちょうどを付け、継続足で昨年12月1日以来、約2カ月ぶりの安値に沈むなど下値を追ったが、大引けにかけて円相場の軟化を眺めやや値を戻して取引を終了している。
先限は前日比7.0円安の198.1円、出来高は15,829枚。

[東京コーン]
シカゴは上昇したものの、円高を受けて売りが先行して始まった。売り一巡後は円相場の軟化を受けて下げ渋り、期先3限月がプラス圏に浮上して取引を終了している。
先限は前日比20円高の22,390円、出来高は385枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
良き投機は即ち良き投資なり
投資は安全で、投機は危険だと思われがちですが、用意周到にされた
投機はそれほど危険なものではありません。つまり投機は投資に通ずるということ。


ゴム急落で利益幅拡大!

スイング、デイトレ好調。

昨年の不調もなんのその。
白金、スイング、デイトレ絶好調!



その他情報は、こちらより。


2018年1月26日(金)

[東京金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外の戻りを背景に、軒並み下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比19円安の4,743円、出来高は47,982枚。

[東京白金]
NY安を受けて、反発して始まった。その後も円の引き締まりを背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日21円安の3,554円、出来高は12,675枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後は円相場の引き締まりを背景に、軟調地合いで取引を終了している。
原油先限は前日比230円安の44,770円、出来高は9,297枚。ガソリン7月限は前日比60円安の61,240円、新甫8月限は61,250円、出来高は1,633枚。

[東京ゴム]
手掛かり材料難から、方向感なく始まった。その後は全般に引き締まる場面もあったが、引けにかけては、円相場の上昇が重しとなり、水準を切り下げて取引を終了している。
6月限は前日比0.9円高の204.6円、新甫7月限は205.1円、出来高は7,730枚。

[東京コーン]
手掛かり材料難から、方向感なく始まった。その後はシカゴ相場の堅調と円相場の引き締まりの強弱材料の綱引きが続き、全般に狭いレンジでもみ合って取引を終了している。
先限は前日比30円高の22,370円、出来高は421枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
予は二年後を思慮せずしては、かつて生きたことはない
ナポレオンの言葉。ナポレオンは常に2年先を考え行動したということですが、
5年・10年先を考えて戦略をたてることは投資でも大切なことです。


その他商品情報は、こちらより。




2018年1月25日(木)

[東京金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外相場が水準を切り上げたことを背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比31円高の4,762円、出来高は43,377枚。

[東京白金]
NY高を受けて、上伸して始まった。その後もNY時間外の堅調地合いを背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日29円高の3,575円、出来高は14,581枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高を受けて、続伸して始まった。その後はNY時間外相場高を背景に、底堅く推移して取引を終了している。
原油先限は前日比20円高の45,000円、出来高は11,937枚。ガソリン先限は前日比170円高の61,300円、出来高は2,347枚。

[東京ゴム]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は上海ゴム相場の底堅さを背景に、下げ渋って取引を終了している。
先限は前日比0.4円安の203.7円、出来高は5,337枚。

[東京コーン]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後は円相場の引き締まりを背景に、先ぎりを中心に上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比20円高の22,340円、出来高は544枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
よい銘柄だけ残せば、利益は自然に生まれる

多くの投資家は、利益が出ている株から売り、損失が出ている株を売りたがりません。
つまり、自分の間違いや損失は簡単には受け入れたくないので、頭で分かっていても
逆の行動をとってしまいがちです。
だからこそ、注意しましょうという戒めが込められた言葉。


会員各位
25日(木)はガソリン・ゴムの納会日です。26日(金)の日中立会より新甫が発会されます。
ガソリン・ゴムコースの会員様は、26日以降に配信される売買サービス時記載の限月に、ご注意下さいますようお願い申し上げます。

*配信先アドレスのご登録は、携帯とPCといったように最大2つまで可能です。
追加アドレスをご希望の方は、お問合せもしくは会員専用メールアドレスよりお知らせ下さいますようお願いいたします。

その他情報は、こちらより。



2018年1月24日(水)

[東京金]
円だを受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外が動意を欠く中、円相場の上昇を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比16円安の4,731円、出来高は39,635枚。

[東京白金]
NY安を受けて、反落して始まった。その後はNY相場の底堅さを背景に、堅調に推移し取引を終了している。
先限は前日7円高の3,546円、出来高は15,516枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高と円高の強弱両材料を受けて、小幅まちまちで始まった。その後はNY時間外の頭重さと円の上昇を背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
原油先限は前日比140円安の44,980円、出来高は10,868枚。ガソリン先限は前日比170円安の61,130円、出来高は1,868枚。

[東京ゴム]
上海安や円高を受けて、続落して始まった。その後も円の引き締まりを背景に、下げ幅を拡大した取引を終了している。
先限は前日比2.5円安の204.1円、出来高は6,905枚。

[東京コーン]
シカゴ安と円高を受けて、売りが先行して始まった。その後も円相場の引き締まりを背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比110円安の22,320円、出来高は389枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
指を惜しんで掌(たなごころ)を失う
小さな損をいつまでも悔やんでいると、結局は大きな損を招いてしまうということ。
つまり、その時々の的確な対処が大切です。

その他情報は、こちらより。



2018年1月23日(火)

[東京金]
円の軟化を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の上昇を背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比13円高の4,747円、出来高は28,159枚。

[東京白金]
NY安を受けて、反落して始まった。その後はNY時間外安を背景に、マイナスサイドで推移し取引を終了している。
先限は前日64円安の3,539円、出来高は20,341枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高と円の軟化を受けて、買いが先行して始まった。その後は円相場はやや引き締まったが、NY時間外の底堅さを背景に、堅調地合いを維持して取引を終了している。
原油先限は前日比360円高の45,120円、出来高は8,422枚。ガソリン先限は前日比340円高の61,300円、出来高は1,626枚。

[東京ゴム]
決め手材料難の中、まちまちで始まった。その後は上海ゴム相場の水準切り下げを背景に、期近中心に整理売りが先行して取引を終了している。
先限は前日比2.6円安の206.6円、出来高は5,569枚。

[東京コーン]
円相場の軟化を受けて、続伸して始まった。その後はシカゴが下落したことを背景に、引けにかけてマイナスサイドに沈んで取引を終了している。
先限は前日比90円安の22,430円、出来高は1,235枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
山高ければ谷深し
山が高ければ高いほど、谷が深くなるのは、相場も同じ。
急騰後は必ず急落すると心得ておきましょう。

その他情報は、こちらより。



2018年1月22日(月)

[東京金]
NY高を受けて、総じて買いが先行して始まった。その後はNY相場の下落を背景に複数限月がマイナスサイドに沈むなど、軟調に推移して取引を終了している。
先限は前日比2円安の4,734円、出来高は20,730枚。

[東京白金]
NY高を受けて、軒並み続伸して始まった。その後はNY相場の堅調を背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日39円高の3,603円、出来高は13,317枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高と為替の円高といった強弱感が交錯して、まちまちで始まった。その後は寒波による需要増加の思惑から灯油やガソリンがしっかり推移する中、中東産原油もつれて強含んで取引を終了している。
原油先限は前日比160円高の44,760円、出来高は12,903枚。ガソリン先限は前日比230円高の60,960円、出来高は2,258枚。

[東京ゴム]
決め手となる材料が乏しい中、ポジション整理の売り買いが中心になっって、まちまちで始まった。その後も円相場の軟化と上海相場の引き緩みの強弱材料が綱引きとなり、狭いレンジで推移して取引を終了している。
先限は前日比0.0円安の209.2円、出来高は3,953枚。

[東京コーン]
シカゴ高を受けて、軒並み買いが先行して始まった。その後は取引中のシカゴの強地合いや円相場の軟化を眺め、総じて水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比160円高の22,520円、出来高は842枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
休むほど相場の極意は他になし
相場人は休むことを忘れてつい深追いしてしまいがちです。
時に相場を休むことこそ、成功への近道です。


月末に向けて、
面白い動きも!

大きく動く銘柄もあり!?

注目は、〇〇〇。





2018年1月19日(金)

[東京金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY相場の戻り歩調を背景に、下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比3円安の4,736円、出来高は29,873枚。

[東京白金]
NY高を受けて、続伸して始まった。その後は頭は重く、上げ幅を抑えられて取引を終了している。
先限は前日9円高の3,564円、出来高は14,372枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油安を受けて、下落して始まった。その後もNY時間外の弱含みや円の引き締まりを背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比660円安の44,600円、出来高は13,963枚。ガソリン先限は前日比820円安の60,730円、出来高は23,611枚。

[東京ゴム]
上海安や円高を受けて、売りが先行して始まった。その後も上海相場の弱含み、円相場の一段の上昇を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比2.8円安の209.2円、出来高は4,908枚。

[東京コーン]
シカゴ安を受けて、小反落して始まった。その後はシカゴの堅調推移を背景に、切り返す限月が相次いで取引を終了している。
先限は前日比40円高の22,360円、出来高は729枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
安値圏での悪材料発表は買い
大底値になるのは悪材料が積み重なり、買い気も低い沈滞ムードの時。
そんな時は売り方の買い戻しが先行して相場が上がりやすくなります。
つまり、「売り材料出尽くし」で強気買いが入りやすくなるということです。

その他情報は、こちらより。



2018年1月18日(木)

[東京金]
NY安と円安を受けて、小幅まちまちで始まった。その後はNY金時間外相場の軟化を背景に、4月きり以降がマイナスサイドに沈んで取引を終了している。
先限は前日比2円安の4,739円、出来高は29,436枚。

[東京白金]
NY高と円の軟化を受けて、続伸して始まった。その後はNY白金時間外が軟調に推移したことを背景に、上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日15円高の3,555円、出来高は12,189枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高と円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は円相場の引き締まり、NY時間外取引の軟化を背景に、上げ幅を縮小して取引を終了している。
原油先限は前日比290円高の45,260円、出来高は16,691枚。ガソリン先限は前日比400円高の61,550円、出来高は2,630枚。

[東京ゴム]
円安を受けて、小反発して始まった。その後は上海ゴム相場の水準切り上げを背景に、堅調に推移して取引を終了している。
先限は前日比2.5円高の212.0円、出来高は4,837枚。

[東京コーン]
シカゴ高と円安を受けて、買いが先行して始まった。その後もシカゴの底堅い展開を背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比320円高の22,320円、出来高は1,125枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
安くとも高値覚えで買い建てるな、時の事情を深く考えよ
安いからといって飛びつくのは失敗のもと。
安い時は安いだけの理由があるので、
まだまだ下値になる可能性もあるということです。
状況に応じた冷静な判断が必要です。

相場には勝った負けたは付き物です。勝ち負けだけで相場をやっているのであれば、そのうち偶然にも一度くらいは大きな利益をだすことも経験されると思います。しかし一度の利益を出すことは誰でも簡単なことではございますが、最終的に資金を増やすことは容易ではございません。相場を投資としてやる以上は、資産を残し財産を築きあげていかなければ意味はありません。
相場の世界では、常に勝ち続け ている投資家は1割もいないといわれています。9割近くの投資家達は1年と経たずに相場の世界から消え去っているのが実情です。
当サイトのシステムでは、目先の利益にはとらわ れず、大切な資産を残していくためにも年間プログラムを取り入れております。当然ながら短期間ではマイナスがでることもあります。しかし長い目で見た場合に、最終的には過去で実証されていますように、必ずといってよいほど年間成績はある平均値以上の結果を残すことが出来ます。
本格的な資産運用としてご紹介させていただいているため、独自のマネーマネジメントを取り入れております。
当たった、ハズれたの相場をやっていても意味はありません。
資産運用として真剣にお考えなのであれば、1ヶ月よりも当然ながら、半年、1年・・・と長期での運用の方が効果もかなり大きくなります。
実際に実感していただくためにも、なるべく長く運用するこ とをお勧めいたします。
そうすることによって、今まで味わったことのない喜びを感じて頂けるはずです。


その他情報は、こちらより。



2018年1月17日(水)

[東京金]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は円相場の引き緩みを背景に、下げ幅を縮めたものの、NY時間外が軟調に推移したことから、全限月がマイナスサイドで取引を終了している。
先限は前日比24円安の4,741円、出来高は42,329枚。

[東京白金]
円の引き締まりを受けて、反落して始まった。その後はNY時間外の戻りを背景に一時水準を切り上げたが、再びNY時間外が軟化したことから、上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日4円高の3,540円、出来高は18,072枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油安と円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は円相場の軟化を背景に、やや下げ幅を縮めて取引を終了している。
原油先限は前日比510円安の44,970円、出来高は29,919枚。ガソリン先限は前日比500円安の61,150円、出来高は2,038枚。

[東京ゴム]
欧米原油安と円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は上海ゴム相場の頭重さに圧迫されたことを背景に、軟調に推移して取引を終了している。
先限は前日比3.4円安の209.5円、出来高は7,904枚。

[東京コーン]
シカゴ高と円高を受けて、期近安の期先高て始まった。その後は目立った材料がない中でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比60円安の22,000円、出来高は446枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
戻り待ちに戻りなし
相場が下降した場合、戻ったら売ろうと待ち構えていると、
なぜか相場は戻らないものです。
戻りを待っているうちに、売る機会を逃さないように注意しましょう。

その他情報は、こちらより。



2018年1月16日(火)

[東京金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後は円相場の軟化を背景に、下げ渋って取引を終了している。
先限は前日比6円安の4,765円、出来高は26,959枚。

[東京白金]
NY安を受けて、反落して始まった。その後は下値で買いがみられたことを背景に、下げは限定的で取引を終了している。
先限は前日12円安の3,536円、出来高は8,087枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後は円相場の軟化を背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
原油先限は前日比190円高の45,480円、出来高は28,001枚。ガソリン先限は前日比230円高の61,650円、出来高は1,881枚。

[東京ゴム]
円相場の引き締まりを受けて、買いが先行して始まった。その後は上海ゴム相場の下落が重しとなり、終盤にかけて下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比1.9円安の212.9円、出来高は5,300枚。

[東京コーン]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後はシカゴ相場の堅調推移や円の軟化を背景に、全限月がプラス圏に浮上したものの、大引けにかけて期先中心に再び値を消して取引を終了している。
先限は前日比20円安の22,060円、出来高は695枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
保合中の売買は一瞬で決せよ
相場の保ち合い時には、迷いが生じがちですが、
底上げ軌道に入った保ち合いは逆に買うべきです。
天井に到達しない相場は、まだ上昇する可能性があるため、
決断する勇気が成功へとつながる鍵です。

配信先アドレスのご登録は、携帯とPCといったように最大2つまで可能です。
追加アドレスをご希望の方は、お問合せもしくは会員専用メールアドレスよりお知らせ下さいますようお願いいたします。


相場で一時的にマイナスが出てしまうことは、当然ございます。
また、一発で儲けようとすることもかなり無理がございます。
簡単なことのようでとても難しいことではございますが、一番はコツコツ継続することが成功への道へと繋がるのです。
その時々の利益は小さいかもしれませんが、相場で勝ち続けるためには、この小さなものの積み重ねがとても重要なのです。
先々で、きっと大きなものに変わります。

その他情報は、こちらより。



2018年1月15日(月)

[東京金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外高を背景に、引けにかけて上げ幅を拡大、この日の高値圏で取引を終了している。
先限は前日比30円高の4,771円、出来高は42,598枚。

[東京白金]
小幅まちまちで始まった。その後はNY時間外相場の切り返しを背景に、引けにかけ水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日18円高の3,548円、出来高は19,165枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後は米欧相場の先高期待と円相場の引き締まりの強弱両材料が綱引きとなる中、もみ合ったまま取引を終了している。
原油先限は前日比460円高の45,290円、出来高は36,023枚。ガソリン先限は前日比330円高の61,420円、出来高は2,544枚。

[東京ゴム]
円相場の引き締まりを受けて、小反落して始まった。その後は上海相場の堅調地合いを背景に買われ、全限月がプラスサイドに浮上して取引を終了している。
先限は前日比4.3円高の214.8円、出来高は9,180枚。

[東京コーン]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後は円高基調を背景に、軟調に推移して取引を終了している。
先限は前日比120円安の22,080円、出来高は515枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
保合相場で大玉の仕掛けは禁物
中間の保ち合い相場は、本当の上げ下げ相場ではなく、小幅に振幅するため
大玉売買は現金です。この売買はその動きの中ですぐ処置しなければ、後に
損失を招くことになりかねません。

先物ニュース!
2017年12月の概況及び 2017年年間取引高について
2017年12月の全商品合計一日平均取引高は98,097枚、前月比4.3%増加
詳しくはこちらをご覧ください。

年末年始限定-先物キャンペーン!
その他情報は、こちらより。



2018年1月12日(金)

[東京金]
円の上昇を受けて、反落して始まった。その後は堅調なNY時間外を背景に、軒並みプラスサイドに浮上して取引を終了している。
先限は前日比16円高の4,741円、出来高は33,341枚。

[東京白金]
NY高を受けて、続伸して始まった。その後はNY時間外取引の堅調な展開を背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日52円高の3,530円、出来高は15,181枚。

[東京原油・東京ガソリン]
円高を受けて、売りが先行して始まった。売り一巡後はポジション整理の買いに支えられる場面もあったが、NY時間外の軟化を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比390円安の44,830円、出来高は28,811枚。ガソリン先限は前日比440円安の61,090円、出来高は2,087枚。

[東京ゴム]
欧米原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後は週末を控え、利益確定の買いが優勢となり、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比3.6円高の210.5円、出来高は6,595枚。

[東京コーン]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後はシカゴ相場と為替がともに動意を欠く中、狭いレンジで推移し取引を終了している。
先限は前日比50円安の22,200円、出来高は295枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
儲けて破産した者はない
森鴎外の小説『高瀬舟』に、こんな一節があります。
「庄兵衞は只漠然と、人の一生といふやうな事を思つて見た。人は身に病があると、
此病がなかつたらと思ふ。其日其日の食がないと、食つて行かれたらと思ふ。
萬一の時に備へる蓄がないと、少しでも蓄があつたらと思ふ。蓄があつても、
又其蓄がもつと多かつたらと思ふ。此の如くに先から先へと考へて見れば、
人はどこまで往つて踏み止まることが出來るものやら分からない」。
つまりこの格言は、己の分をわきまえて、
あまり欲張るべきではないと説いています。

1月度 総じてスイング好調
特に225、白金、ゴム、ガソリンが好調な出だし!!
来週以降面白い展開に!
注目は○○!



同システムでは、厚張りを守り、複数コースでの運用を行うことで資産を順調に増やすことが可能です。
複数での運用は資産を守りながら、利益を追求できます。

大チャンス!

メール限定でお送りした特別プレゼント枠に空きが出ました!
今回の募集は2名だけです。


★特別プレゼントの内容★
☆ご新規・ご継続/全コース☆
1ヶ月コース…3割引
3ヶ月コース…3割引
6ヶ月コース…4割引
12ヶ月コース…5割引


募集枠はすぐになくなりますのでご希望の方はお問合せしてからご応募ください。
尚、ご入金先着順とし、キャンペーン終了日の15日までといたします。

*プレゼント枠に達し次第、現行のキャンペーンが適用となります。

年末年始限定-先物キャンペーン!
その他情報は、こちらより。



2018年1月11日(木)

[東京金]
円の上昇を受けて、続落して始まった。その後はNY時間外の戻りを背景に、水準を切り上げ全限月がプラスサイドに浮上して取引を終了している。
先限は前日比11円高の4,725円、出来高は49,493枚。

[東京白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後も円の軟化などを背景に、買いが継続し取引を終了している。
先限は前日28円高の3,478円、出来高は15,956枚。

[東京原油・東京ガソリン]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は円の上昇の一服、NY時間外の底堅い動きを背景に、下げ幅を縮小して取引を終了している。
原油先限は前日比280円安の45,220円、出来高は24,789枚。ガソリン先限は前日比130円安の61,530円、出来高は2,410枚。

[東京ゴム]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は上海相場の水準切り上げを背景に、下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比0.5円安の206.9円、出来高は3,837枚。

[東京コーン]
円高を受けて、下落して始まった。その後は円の軟化やシカゴの下げ渋りを背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比20円高の22,250円、出来高は345枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
目に強変を見て心に強変の淵に沈むことなかれ、ただ心に売りを含むべし
江戸時代に米相場で成功した滋雲斎牛田権三郎の著書『三猿金泉秘録』の一言。
三猿とは「見(猿)ざる、聞か(猿)ざる、言は(猿)ざる」で、ここでの言葉は「見ざる」のこと。
相場が上昇して大商いになると、つい強気になりがちですが、そういう時こそ冷静な姿勢が
必要と説いています。


同システムでは、厚張りを守り、複数コースでの運用を行うことで資産を順調に増やすことが可能です。
複数での運用は資産を守りながら、利益を追求できます。


大チャンス!

メール限定でお送りした特別プレゼント枠に空きが出ました!
今回の募集は2名だけです。


★特別プレゼントの内容★
☆ご新規・ご継続/全コース☆
1ヶ月コース…3割引
3ヶ月コース…3割引
6ヶ月コース…4割引
12ヶ月コース…5割引


募集枠はすぐになくなりますのでご希望の方はお問合せしてからご応募ください。
尚、ご入金先着順とし、キャンペーン終了日の15日までといたします。

*プレゼント枠に達し次第、現行のキャンペーンが適用となります。

年末年始限定-先物キャンペーン!
その他情報は、こちらより。



2018年1月10日(水)

[東京金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後は円相場の引き締まりやNY時間外安を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比49円安の4,714円、出来高は82,192枚。

[東京白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後は円高一服を受けて下げ一服となったが、ドル建て現物相場の戻りが売られたことを受けて軟調となって取引を終了している。
先限は前日36円安の3,450円、出来高は44,734枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後は円相場の上昇を背景に、上げ幅を縮小して取引を終了している。
原油先限は前日比500円高の45,500円、出来高は105,846枚。ガソリン先限は前日比390円高の61,660円、出来高は11,479枚。

[東京ゴム]
欧米原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後上海ゴム相場の底堅さを背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比1.5円高の207.4円、出来高は23,594枚。

[東京コーン]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後はめぼしい材料が見当たらない中、日中始値付近でのもみ合いが続いて取引を終了している。
先限は前日比40円高の22,230円、出来高は8,798枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
目先戦は大怪我のもと
目先相場での仕掛けは禁物。
多勢の方向に従って売買の肩張りに仕掛けるべきです。
見込み通りに上昇したら欲を出さずに利食いし、見込みが外れたら見切りするなど、
相場の動きをじっくり観察することです。


年末年始限定-先物キャンペーン!
その他情報は、こちらより。



2018年1月9日(火)

[東京金]
円相場の緩みを受けて、続伸して始まった。その後はNY時間外の軟化と円相場の引き締まりを背景に、下落して取引を終了している。
先限は前日比17円安の4,763円、出来高は82,148枚。

[東京白金]
円の軟化とNY高を受けて、続伸して始まった。その後はNY時間外の下落と円の引き締まりを背景に、水準を切り下げ、一部はマイナスサイドに沈んで取引を終了している。
先限は前日0円の3,486円、出来高は44,905枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高を受けて、続伸して始まった。その後は円相場の引き締まりを眺背景に上げ幅を縮小し、期近2限月がマイナスサイドに沈んで取引を終了している。
原油先限は前日比40円高の45,000円、出来高は105,946枚。ガソリン先限は前日比310円安の61,270円、出来高は11,275枚。

[東京ゴム]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後上海相場の軟調を背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比1.1円高の205.9円、出来高は23,805枚。

[東京コーン]
シカゴ安を受けて、反落して始まった。その後は上海ゴム相場の底堅さを背景に、おおむねしっかりに推移して取引を終了している。
先限は前日比20円安の22,190円、出来高は8,833枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
麦わら帽子は冬に買え
ウォール街の有名な格言で、「人が注目する前に買え」と言うことです。
言うのは簡単ですが実際は難しいもの。
だから、他人と違うことをする勇気を持ちなさいという教えでもあるのです。

年末年始限定-先物キャンペーン!
その他情報は、こちらより。



2018年1月5日(金)

[東京金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は円相場の軟化を背景に、やや水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比50円高の4,780円、出来高は83,034枚。

[東京白金]
NY高を受けて、続伸して始まった。その後は円相場の軟化を背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日59円高の3,486円、出来高は45,768枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高と円安を受けて、小高く始まった。その後は利益確定の売りが優勢となり、軒並みマイナス圏に沈んだが、円相場の一段の軟化を背景に、次第に水準を切り上げ取引を終了している。
原油先限は前日比10円高の44,960円、出来高は106,122枚。ガソリン先限は前日比10円安の61,580円、出来高は10,938枚。

[東京ゴム]
決め手材料を受けて、小動きで始まった。その後上海相場の軟調を背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比2.1円安の204.8円、出来高は23,939枚。

[東京コーン]
シカゴ安を受けて、反落して始まった。その後は円相場の軟化を背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比30円高の22,210円、出来高は8,840枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
三日待つべし
日々動きを眺めていた相場に売買のチャンスが到来したら、
心がはやるのは当然です。
しかし、こんな時でも三日待って相場の動きをさらに観察すべきです。

年末年始限定-先物キャンペーン!
その他情報は、こちらより。



2018年1月4日(木)


あけましておめでとうございます!

旧年中は格別のお引立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

お陰様で新たなるステップにたつことができました。
本年も、当サイトのモットーである「お客様の資産が豊かに!お客様とのご縁を大切に!」を合い言葉に更に前進する決意です。


皆様にさらにご満足いただけるよう、本年もスタッフ一同頑張りますので従来同様のご愛顧、ご支援を賜りますようよろしくお願いいたします。


引き続き、先物キャンペーンを開催しております。
ご参加まだの方はお待ち申し上げます。



[東京金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は利食い売りをこなしながら堅調に推移したことを背景に、6営業日続伸して取引を終了している。
先限は前日比45円高の4,730円、出来高は86,983枚。

[東京白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY白金時間外安を背景に、上げ幅を縮縮小して取引を終了している。
先限は前日61円高の3,427円、出来高は51,825枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高を受けて、続伸して始まった。その後はNY時間外取引の上昇が一服したことから、高値付近でもみ合って取引を終了している。
原油5月限は前日比880円高の45,210円、新甫6月限は44,950円、出来高は106,302枚。ガソリン先限は前日比740円高の61,590円、出来高は10,941枚。

[東京ゴム]
決め手材料難を受けて、ポジション整理の買いが先行して始まった。買い一巡後は決め手を欠き、狭い値幅でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比0.2円高の206.9円、出来高は23,721枚。

[東京コーン]
決め手難を受けて、方向感を欠いて始まった。その後はシカゴが底堅く推移したことを背景に、水準をやや切り上げて取引を終了している。
先限は前日比170円高の22,180円、出来高は8,905枚。

本日の相場格言
見切りを早まるとも、断じて遅らすなかれ
相場の流れが変わったと感じたら、素早く見切りすること。
決して遅らせてはいけません。



年末年始限定-先物キャンペーン!
その他情報は、こちらより。



2017年12月29日(金)


いつもありがとうございます。


2017年度も無事終了となります。

今年は、ガソリンと日経225先物がかなり好調でした。
単一コースで数千万円単位で増やされていた方もいらっしゃるようです。

商品相場全コースの年間総合利益
10,274,000円

日経225先物の年間総合利益
9,280,000円

全コース年間総合利益
19,554,000円



2018年度は大発会直前にシステムメンテナンスを実施しますので、各コースよりパワーアップしたパフォーマンスが期待できます。
是非ともご期待ください!



以下は、12月度の獲得利益幅です。

スイングトレード
東京金 ・・・222 (1000倍)
東京白金 ・・・-448 (500倍)
東京原油 ・・・3,990 (50倍)
東京ガソリン ・・・5,350 (50倍)
東京ゴム ・・・7.6 (5000倍)
東京コーン ・・・480 (50倍)

日経225先物 ・・・630 (ラージ1000倍、ミニ100倍)


デイトレード
東京金 ・・・75 (1000倍)
東京白金 ・・・323 (500倍)
東京原油 ・・・3,810 (50倍)
東京ガソリン ・・・6,190 (50倍)
東京ゴム ・・・6.1 (5000倍)




本年中のご愛顧に心より御礼申し上げますとともに、来年も変わらぬお引き立てのほどよろしくお願い申し上げます。

皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。



その他情報は、こちらより。



2017年12月28日(木)

[東京金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY相場の水準切り上げを背景に、上げ幅を拡大したが、大引けにかけて為替の円高基調を眺め伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日比26円高の4,677円、出来高は43,827枚。

[東京白金]
NY高を受けて、小反発して始まった。その後もNY白金時間外取引高を受けて、買い優勢で取引を終了している。
先限は前日9円高の3,360円、出来高は15,604枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高を受けて、上伸して始まった。その後はNY時間外がしっかりしていることから、堅調に推移したが、終盤にかけて為替相場が円高に振れたことを背景に、一部の限月はマイナスサイドに沈んで取引を終了している。
原油先限は前日比20円高の44,030円、出来高は10,311枚。ガソリン先限は前日比80円高の60,520円、出来高は2,754枚。

[東京ゴム]
上海安を受けて、売りが先行して始まった。その後は円相場の上昇を眺めた売りに押され、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比2.2円安の209.6円、出来高は9,512枚。

[東京コーン]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後は年末を控えて様子見ムードが強まる中、狭い範囲での動きが続いて取引を終了している。
先限は前日比70円高の22,060円、出来高は773枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
まだ早いが遅くなる
相場は常に動いています。チャンスと思った時に行動をしなければ、
せっかくの仕掛けや仕切りのタイミングを見失いかねません。

年末年始限定-先物キャンペーン!のお知らせ

ご好評の先物キャンペーンを開催させていただきます。
2018年へ向けてのビッグチャンスを掴み取りましょう!!


年末年始限定-先物キャンペーン!



2017年12月27日(水)

[東京金]
NY高を受けて、続伸して始まった。その後はNY時間外相場と為替がともに動意を欠く中、手掛かり材料難からもみ合いが続いて取引を終了している。
先限は前日比5円高の4,651円、出来高は24,803枚。

[東京白金]
利食い売りを受けて、反落して始まった。その後は決め手難から、小幅な値幅きを繰り返し取引を終了している。
先限は前日8円安の3,351円、出来高は7,514枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高を受けて、上伸して始まった。その後はNY時間外取引、円相場ともに動意を欠く中、伸び悩んで取引を終了している。
原油先限は前日比790円高の44,010円、出来高は13,448枚。ガソリン先限は前日比690円高の60,440円、出来高は2,454枚。

[東京ゴム]
上海の夜間堅調推移を受けて、買いが先行して始まった。その後は年末年始を控え、最近の上昇の後を受けた利食い売りが膨らみ、上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比0.3円安の211.8円、出来高は8,803枚。

[東京コーン]
シカゴ円相場が動意を欠いたことを受けて、小動きで始まった。その後も決め手となる材料が見当たらず、方向感の定まらない展開が続いて取引を終了している。
先限は前日比30円高の21,990円、出来高は519枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
蒔かぬ種は生えぬ
「飴で腹は張らぬ」の同類後。いくらかの相場資金と知識はあっても、
実際に相場に参加しなければ1円の利益にもなりません。
チャンスと思える時に種を蒔くことです。

朗報!
メール限定で一部の方だけにお送りしましたクリスマス特別プレゼントですが、各コース2名ずつ枠に空きがございます。

★ご新規・ご継続/全コース
1ヶ月コース…3割引
3ヶ月コース…3割引
6ヶ月コース…4割引
12ヶ月コース…5割引


早い者勝ちですので、ご参加希望の方は今すぐお申込みを!

年一度だけの特別プレゼントです!

入会お申込み



2017年12月26日(火)

[東京金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外高を背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
10月限は前日比27円高の4,647円、新甫12月限は4,646円、出来高は20,526枚。

[東京白金]
NY高を受けて、続伸して始まった。その後もNY白金時間外の強地合いを背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
10月限は前日30円高の3,358円、新甫12月限は3,359円、出来高は8,169枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高を受けて、続伸して始まった。その後はNY時間外取引と為替がともに動意を欠く中、もみ合いが続いて取引を終了している。
原油先限は前日比90円高の43,220円、出来高は4,908枚。ガソリン6月限は前日比140円高の59,660円、新甫7月限は59,750円、出来高は846枚。

[東京ゴム]
上海高を受けて、続伸して始まった。その後は上海相場の水準切り上げを背景に、上げ幅を広げたが、大引けにかけて利食い売りに伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日比3.7円高の212.1円、出来高は12,240枚。

[東京コーン]
整理売りを受けて、売りが先行して始まった。その後はシカゴ相場がクリスマスで休場の上、円相場も動意を欠いたことから、狭いレンジで推移して取引を終了している。
先限は前日比10円安の21,960円、出来高は561枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
マーケットの動きをコントロールすることは出来ないが、マーケットに対して自分がどう反応するかは自分でコントロールすることが出来る
当たり前の事ですが忘れがちなことです。
巨大なマーケットのように、自分がコントロールできないものを相手にするときは、
自分をコントロールして折り合いをつけるしかありません。
自分でコントロールできないものに期待して、自分が何もしないのは神様に
ひたすらお願いしているのと同じです。


朗報!
メール限定で一部の方だけにお送りしましたクリスマス特別プレゼントですが、各コース2名ずつ枠に空きがございます。

★ご新規・ご継続/全コース
1ヶ月コース…3割引
3ヶ月コース…3割引
6ヶ月コース…4割引
12ヶ月コース…5割引


早い者勝ちですので、ご参加希望の方は今すぐお申込みを!

年一度だけの特別プレゼントです!

入会お申込み




2017年12月25日(月)

[東京金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は海外市場がクリスマスで休場のため模様眺め気分が強まる中、利食い売りに押され、上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比11円高の4,620円、出来高は22,301枚。

[東京白金]
NY高を受けて、小反発して始まった。その後は買い持ちの手じまいを背景に、上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日3円安の3,328円、出来高は6,536枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後は米欧市場がクリスマス休暇となり、様子見ムードが強いことを背景に、上げ幅を縮小して取引を終了している。
原油先限は前日比150円高の43,130円、出来高は6,916枚。ガソリン先限は前日比0円の59,520円、出来高は1,892枚。

[東京ゴム]
欧米原油の堅調推移を受けて、買いが先行して始まった。その後は主要生産国による輸出削減策が先週末決定したことが伝わり、高寄り後も堅調に推移して取引を終了している。
5月限は前日比4.2円高の207.6円、新甫6月限は208.4円、出来高は6,495枚。

[東京コーン]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後はシカゴがクリスマスで休場となる中、調整売りが優勢となり軟調に推移して取引を終了している。
先限は前日比0円の21,970円、出来高は928枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
迷わば休むべし相場は常にあり、決すれば進むべし機は瞬間に去る
迷いを引きずりながら中途半端に行動するのは失敗のもと。
少しでも迷った時は一歩下がってさらに機会を待つべきです。
しかし、行くと決めたら迷わず進むこと。
迷っている間にチャンスは過ぎ去ってしまいます。


朗報!
メール限定で一部の方だけにお送りしましたクリスマス特別プレゼントですが、各コース2名ずつ枠に空きがございます。

★ご新規・ご継続/全コース
1ヶ月コース…3割引
3ヶ月コース…3割引
6ヶ月コース…4割引
12ヶ月コース…5割引


早い者勝ちですので、ご参加希望の方は今すぐお申込みを!

年一度だけの特別プレゼントです!

入会お申込み




2017年12月22日(金)

[東京金]
NY高を受けて、続伸して始まった。その後はNY相場の軟化を受けてマイナス圏に沈む限月が相次いだが、NYの戻りを背景に持ち直し取引を終了している。
先限は前日比1円高の4,609円、出来高は17,920枚。

[東京白金]
NY安を受けて、反落して始まった。その後はNY時間外の緩みを背景に、売り優勢で取引を終了している。
先限は前日11円安の3,331円、出来高は12,851枚。

[東京原油・東京ガソリン]
様子見ムードの中、小動きで始まった。その後はNY時間外の軟化を背景に、引けにかけて上げ幅を縮小して取引を終了している。
原油先限は前日比190円高の42,980円、出来高は9,239枚。ガソリン先限は前日比170円高の59,520円、出来高は1,741枚。

[東京ゴム]
上海安を受けて、売りが先行して始まった。その後も上海の軟調を背景に、買い玉の手じまいが先行して取引を終了している。
先限は前日比3.0円安の203.4円、出来高は5,387枚。

[東京コーン]
シカゴ高を受けて、続伸して始まった。その後はシカゴ、円相場がともに小動きとなる中、狭いレンジで推移して取引を終了している。
先限は前日比100円高の21,970円、出来高は1,639枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
下手に出て黄金を得るが上手なり、相場上手に大儲けなし
相場は、小手先の器用さだけでできるものではありません。
腹を据えて天底を見極め、チャンスを待ち続ける辛抱強さがなければ、大儲けはできないのです。

会員各位
25日(月)はガソリン・金・白金の納会日です。26日(火)の日中立会より新甫が発会されます。
ガソリン・金・白金コースの会員様は、26日以降に配信される売買サービス時記載の限月に、ご注意下さいますようお願い申し上げます。


*配信先アドレスのご登録は、携帯とPCといったように最大2つまで可能です。
追加アドレスをご希望の方は、お問合せもしくは会員専用メールアドレスよりお知らせ下さいますようお願いいたします。

年末年始限定-先物キャンペーン!のお知らせ

ご好評の先物キャンペーンを開催させていただきます。
2018年へ向けてのビッグチャンスを掴み取りましょう!!


年末年始限定-先物キャンペーン!



2017年12月21日(木)

[東京金]
NY高と円安を受けて、続伸して始まった。その後はNY時間外、円相場ともに動意に乏しく、小幅レンジでもみ合って取引を終了している。
先限は前日比26円高の4,608円、出来高は30,143枚。

[東京白金]
NY高と円安を受けて、続伸して始まった。その後はNY時間外の下落を背景に、上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日27円高の3,342円、出来高は12,039枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高と円の軟化を受けて、買いが先行して始まった。買い一巡後は決め手材料を欠く中、伸び悩んで取引を終了している。
原油先限は前日比400円高の42,790円、出来高は9,569枚。ガソリン先限は前日比380円高の58,350円、出来高は1,874枚。

[東京ゴム]
上海安を受けて、売りが先行して始まった。その後は円相場の引き緩みと上海安の綱引きとなり、小幅な値動きで取引を終了している。
先限は前日比1.5円安の206.4円、出来高は3,564枚。

[東京コーン]
シカゴ高を受けて、続伸して始まった。その後はシカゴ、円相場がともに動意を欠く中、小幅レンジでもみ合って取引を終了している。
先限は前日比140円高の21,870円、出来高は1,158枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
兵は勝つことを貴び、久しきを貴ばず
孫子の『兵法』にある言葉。戦争は勝つことが大事で、
長期戦や泥沼化は避けろということです。
相場でも儲けることが大事で、短期必勝を目指すべきです。

会員各位
22日(金)はゴムの納会日です。25日(月)の日中立会より新甫が発会されます。
ゴムコースの会員様は、25日以降に配信される売買サービス時記載の限月に、ご注意下さいますようお願い申し上げます。


*配信先アドレスのご登録は、携帯とPCといったように最大2つまで可能です。
追加アドレスをご希望の方は、お問合せもしくは会員専用メールアドレスよりお知らせ下さいますようお願いいたします。

年末年始限定-先物キャンペーン!のお知らせ

ご好評の先物キャンペーンを開催させていただきます。
2018年へ向けてのビッグチャンスを掴み取りましょう!!


年末年始限定-先物キャンペーン!



2017年12月20日(水)

[東京金]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外取引相場の堅調推移を背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比14円高の4,582円、出来高は18,357枚。

[東京白金]
NY高や円安を受けて、続伸して始まった。その後は手じまいなどの売りに伸び悩み、もみ合いが続いて取引を終了している。
先限は前日12円高の3,315円、出来高は12,212枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高と円の軟化を受けて、続伸して始まった。その後も円相場の一段の下落を背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
原油先限は前日比590円高の42,390円、出来高は9,039枚。ガソリン先限は前日比610円高の58,970円、出来高は1,604枚。

[東京ゴム]
欧米原油高と円の軟化を受けて、買いが先行して始まった。その後は決め手材料を欠く中、狭い範囲の値動きを繰り返し取引を終了している。
先限は前日比0.9円高の207.9円、出来高は2,569枚。

[東京コーン]
シカゴ高と円安を受けて、上伸して始まった。その後もシカゴ相場の堅調、円安を背景に、底堅く推移して取引を終了している。
先限は前日比160円高の21,730円、出来高は1,442枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
分別も思案もいらぬ買い場は人の捨てたる米くずれなり
相場を仕掛ける場合、理外の理が当然とはいえ、多少の思慮分別は必要です。
例外的に思慮分別が不要なマーケットは、多勢がその株は価値がないと見く
びってしまった場合です。
そのような時はただ同然に売りまくられ、驚くような安値が出たりするものです。

年末年始限定-先物キャンペーン!のお知らせ

ご好評の先物キャンペーンを開催させていただきます。
2018年へ向けてのビッグチャンスを掴み取りましょう!!


年末年始限定-先物キャンペーン!



2017年12月19日(火)

[東京金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は決め手を欠きもみ合ったが、引けにかけてNY時間外が上伸したことを背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比28円高の4,568円、出来高は20,601枚。

[東京白金]
NY高の上昇を受けて、大幅上伸して始まった。その後はNY時間外相場の堅調推移を背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日49円高の3,303円、出来高は15,027枚。

[東京原油・東京ガソリン]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外の戻りを背景に切り返し、おおむねプラスサイドで取引を終了している。
原油先限は前日比50円高の41,800円、出来高は7,328枚。ガソリン先限は前日比10円安の58,360円、出来高は1,792枚。

[東京ゴム]
上海の軟化を受けて、売りが先行して始まった。その後は上海相場の頭重い展開を背景に、やや下げ幅を広げて取引を終了している。
先限は前日比2.0円安の207.0円、出来高は2,719枚。

[東京コーン]
シカゴの下げ渋りを受けて、上伸して始まった。その後はシカゴ、円相場とも小動きとなる中、もみ合いが続いて取引を終了している。
先限は前日比0円の21,570円、出来高は1,292枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
ブルおベアも儲けることは可能だが、ホッグは決して儲けない
欧米では、強気はブル(雄牛)、弱気はベア(熊)と喩えられます。
せっかちに動き回り、小手先の投資をしたり、深追いすることをホッグ(豚)と言い、
一分の得にもならない様子を表しています。


年末年始限定-先物キャンペーン!のお知らせ

大変遅くなりましたが、ご好評の先物キャンペーンを開催させていただきます。
2018年へ向けてのビッグチャンスを掴み取りましょう!!


年末年始限定-先物キャンペーン!

その他商品情報は、こちらより。



2017年12月18日(月)

[東京金]
円相場の軟化を受けて、買いが先行して始まった。買い一巡後は売りが優勢となる場面もあったが、引けにかけてNY時間外取引の戻りを眺めて値を戻してを終了している。
先限は前日比20円高の4,540円、出来高は18,907枚。

[東京白金]
NY市場の上昇を受けて、軒並み反発して始まった。その後はNY白金時間外取引の堅調を背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日70円高の3,254円、出来高は10,734枚。

[東京原油・東京ガソリン]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外相場の続伸を背景に、堅調に推移して取引を終了している。
原油先限は前日比280円高の41,750円、出来高は8,276枚。ガソリン先限は前日比240円高の58,370円、出来高は1,922枚。

[東京ゴム]
前日の上海ゴム相場の堅調や円安を受けて、軒並み買いが先行して始まった。買い一巡後は上海相場が水準を切り下げたことから、上げ一服となって取引を終了している。
先限は前日比4.2円高の209.0円、出来高は6,128枚。

[東京コーン]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後は一部限月がプラス圏に浮上する場面もあったが、大引けにかけシカゴの軟化を眺め、再びマイナス圏に沈んで取引を終了している。
11月限は前日比90円安の21,450円、新甫1月限は21,570円、出来高は681枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
不手合で金が減ったと悔やむな、預けてあると思い済むなり
相場が反対に動いて損をしても、くよくよ悩まないこと。
相場に預けていると思うことで気が楽になります。


年末年始限定-先物キャンペーン!のお知らせ

大変遅くなりましたが、ご好評の先物キャンペーンを開催させていただきます。
2018年へ向けてのビッグチャンスを掴み取りましょう!!


年末年始限定-先物キャンペーン!


その他商品情報は、こちらより。



2017年12月15日(金)

[東京金]
円の引き締まりを受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外、円相場ともに小動きで手掛かりを欠き、レンジ内で取引を終了している。
先限は前日比26円安の4,520円、出来高は20,057枚。

[東京白金]
NY安と円の上昇を受けて、反落して始まった。その後はNY白金時間外の軟調を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日41円安の3,184円、出来高は10,871枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高を受けて、反発して始まった。その後はNY時間外相場と円相場が小幅な動きにとどまる中、もみ合いが続いて取引を終了している。
原油先限は前日比300円高の41,470円、出来高は9,425枚。ガソリン先限は前日比280円高の58,130円、出来高は1,950枚。

[東京ゴム]
決め手難から、方向感なく始まった。その後も決め手となる材料が見当たらない中、狭い範囲での動きが続いて取引を終了している。
先限は前日比0.5円安の204.8円、出来高は2,437枚。

[東京コーン]
シカゴ安と円高を受けて、売りが先行して始まった。その後はシカゴ相場の頭重さを背景に、やや水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比220円安の21,540円、出来高は615枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
不時に向え
相場が突発材料で激変する場合は、後に必ず元の値段に戻ります。
突発材料で高くなったら売り、安くなったら買わなければなりません。

先物ニュース!
2018年1月5日より第2回TOCOMリアルトレードコンテストを開催

株式会社東京商品取引所は、2018年1月5日から3月30日まで、商品先物市場における取引の活性化、商品先物市場への参入促進等を目的に、「第2回TOCOMリアルトレードコンテスト」(以下、コンテスト)」を開催します。

このコンテストの第1回は、公設の取引所が開催して現実の取引成績を競うコンテストとしては日本初めての試みとして、2017年6月19日から8月31日までの間実施しました。商品先物取引業者15社、これらに口座を開設している委託者約200名が参加し、優勝者の利益率296.37%(この場合は元本を100%とした場合の最終資産の大きさ)を筆頭に、個人投資家ら多くの参加者が利益を上げたことが示されました。

前回同様、第2回コンテストでも、成績優秀者には賞品として金貨を贈呈するほか、当社が開催するセミナー等にご登壇いただき、講師としてトレード手法についてお話しいただく機会も設ける予定です。

詳しくはこちらをご覧ください。

その他商品情報は、こちらより。



2017年12月14日(木)

[東京金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外取引相場が堅調に推移したことから、一段高となる場面がみられたが、午後はプラス圏でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比25円高の4,546円、出来高は26,669枚。

[東京白金]
NY高を受けて、反発して始まった。その後はNY時間外高を受けて、買い優勢となり取引を終了している。
先限は前日17円高の3,225円、出来高は12,946枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油安と円高を受けて、売りが先行して始まった。その後も円相場の引き締まりを背景に下げ幅を拡大したが、午後に入ると様子見ムードが広がりもみ合って取引を終了している。
原油先限は前日比1,120円安の41,170円、出来高は18,338枚。ガソリン先限は前日比1,020円安の57,850円、出来高は3,006枚。

[東京ゴム]
欧米原油安と円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は円相場の引き締まりや上海ゴム相場の軟化を背景に、値を消して取引を終了している。
先限は前日比1.1円高の205.3円、出来高は4,451枚。

[東京コーン]
シカゴ安を受けて、続落して始まった。その後は上海ゴム相場が上昇したため、急速に切り返した。午後は買いが一服し、若干伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日比20円安の21,760円、出来高は348枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
吹き値待ちに吹き値なし
吹き値とは吹くように相場が上がることですが、そこで売り逃げようと思っても、
そんなチャンスはなかなか現れないのが現実。
吹き値待ちとは、損益がでている時に急反発を願う投資家心理の表れであり、
売るチャンスの難しさを喩えています。

その他商品情報は、こちらより。



2017年12月13日(水)

[東京金]
決め手材料難から、小動きに始まった。その後は円相場の引き締まりを背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比8円安の4,521円、出来高は19,710枚。

[東京白金]
NY安を受けて、続落して始まった。その後は円高とNY時間外取引の頭重さを背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日44円安の3,208円、出来高は12,103枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油安を受けて、売りが先行して始まった。売り一巡後は、めぼしい材料が見当たらず、期先限月を中心に日中始値近辺でもみ合って取引を終了している。
原油先限は前日比1,080円安の42,290円、出来高は39,456枚。ガソリン先限は前日比1,020円高の58,870円、出来高は3,009枚。

[東京ゴム]
決め手材料難から、小幅まちまちに始まった。その後は円相場の引き締まりや上海ゴム相場の軟化を背景に、値を消して取引を終了している。
先限は前日比0.2円高の204.2円、出来高は6,448枚。

[東京コーン]
シカゴ安を受けて、続落して始まった。その後は取引中のシカゴの上昇を背景に、期先限月を中心に下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比60円安の21,780円、出来高は624枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
百年に九十九年の高安は三割超えぬものと知るべし
一般的に相場の天底の値幅は、一波動約1割〜2割。3割を超えるのは100年に
一度あるかないか珍事であるので、この場合は速やかに逆行すべきです。
つまり、上昇波動であれば売り、下降波動であれば買いましょう。


その他商品情報は、こちらより。



2017年12月12日(火)

[東京金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY相場の戻りを背景に、下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比20円安の4,529円、出来高は21,800枚。

[東京白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。売り一巡後は小戻し、この日の高値圏で取引を終了している。
先限は前日比10円安の3,252円、出来高は5,681枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY原油時間外取引の水準切り上げを背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比1,180円高の43,370円、出来高は39,734枚。ガソリン先限は前日比1,280円高の59,890円、出来高は3,055枚。

[東京ゴム]
欧米原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後は上海相場が小幅な値動きにとどまったことを背景に、狭いレンジで推移して取引を終了している。
先限は前日比1.0円高の204.0円、出来高は3,011枚。

[東京コーン]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後はシカゴ、為替相場ともに小動きで決め手を欠き、狭いレンジで推移し取引を終了している。
先限は前日比110円安の21,840円、出来高は334枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
一粒万倍、努力から
僅かな利益も積もり積もれば大きくなります。
相場を張る場合は、最初から一攫千金を夢見るのではなく、
小さな利益を積み重ねる心構えが大切です。

ドバイ原油 デイトレ・スイングともに利益獲得!!
このまま上がり続けるのか?それとも?
今後も注目です!


その他商品情報は、こちらより。



2017年12月11日(月)

[東京金]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は決め手材料難から、狭いレンジでもみ合って取引を終了している。
先限は前日比5円高の4,549円、出来高は21,628枚。

[東京白金]
NY安を受けて、反落して始まった。その後は決め手材料難から、もみ合いが続いて取引を終了している。
先限は前日比13円安の3,262円、出来高は10,579枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外取引と為替が動意を欠く中、もみ合いが続いて取引を終了している。
原油先限は前日比480円高の42,190円、出来高は35,584枚。ガソリン先限は前日比440円高の58,610円、出来高は2,771枚。

[東京ゴム]
円安や欧米原油高を受けて、反発して始まった。その後は上げ幅を拡大する場面もあったが、大引けにかけて上海相場の軟化を背景に、全限月がマイナスサイドに引き緩んで取引を終了している。
先限は前日比1.1円安の203.0円、出来高は3,927枚。

[東京コーン]
シカゴの頭重さを受けて、売りが先行して始まった。その後はシカゴ相場と為替がともに動意を欠いたことから、決め手材料難でもみ合いが続いて取引を終了している。
先限は前日比100円高の21,950円、出来高は528枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
評価益は益と思うな、しかし評価損は実損である
取引を終了するまでは、評価損益は仮の損益に過ぎません。
投資家は評価益が出ている銘柄は、いつでも利食いできると油断する傾向がありますが、
利益を手にするまでは油断禁物。
一方、評価損を抱えている場合は、いつかは買値に戻る、売らなければ損は確定しないと、
損失を受け入れることを拒否しがちです。
含み損は、今後も成長する可能性もあるし、資金が固定され機会損失を投資家に与えるため、実損とみなすことは賢明です。

先物ニュース!
TOCOMリアルトレードコンテスト」が開催されます!
概要
主催 東京商品取引所(TOCOM)
対象者(コンテスト参加者)
コンテスト参加企業にて取引を行う委託者
※セミプロやプログラムによる自動売買を含む
取引対象商品
当社の全上場商品(先物取引及びオプション取引)
※大阪堂島商品取引所での取引に係る証拠金及び損益は除いて評価します。
評価対象期間
2018年1月5日から2018年3月30日
(エントリーは2017年12月7日から2018年2月末まで)
※2018年1月4日 16:30(夜間取引)~2018年3月30日 15:15(日中取引)まで。途中、各月15日時点、月末時点の成績(20位まで)を中間報告として公表します。
表彰等
優秀賞
実施期間におけるパフォーマンスの高い上位10名を表彰。
1位から3位までは金貨及びクリスタルトロフィー等の賞品を授与。
4位から10までは賞状を授与

詳しい情報はこちらをご覧ください。

その他商品情報は、こちらより。



2017年12月8日(金)

[東京金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外取引の下げ渋りと円軟化を背景に、下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比2円安の4,544円、出来高は38,136枚。

[東京白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後は円軟化とNY白金時間外取引の戻りを背景に、プラスサイドで取引を終了している。
先限は前日比12円高の3,275円、出来高は11,346枚。

[東京原油・東京ガソリン]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外取引の堅調推移や円相場の一段の軟化を背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比800円高の41,710円、出来高は32,818枚。ガソリン先限は前日比670円高の58,170円、出来高は2,079枚。

[東京ゴム]
上海安を受けて、売りが先行して始まった。その後は上海相場の上伸を背景に、下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比2.9円安の204.1円、出来高は6,614枚。

[東京コーン]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後は円相場の軟化を背景に、プラスサイドで取引を終了している。
先限は前日比80円高の21,850円、出来高は658枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
万人が呆れ果てたる値が出れば、それが高下の界なり
多勢の予想していた値段よりもはるかに高くなった場合は、そこが天井。
逆に安くなった場合は、そこが底であるということ。

先物ニュース!
2017年11月の概況等について
2017年11月の全商品合計一日平均取引高は 94,032 枚、前月比 5.5%増加
詳しくはこちらをご覧ください

その他商品情報は、こちらより。



2017年12月7日(木)

[東京金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はもみ合いが続いたが、取引終盤にNY時間外取引が下げ足を速め、つれて水準を切り下げ、この日の安値圏で取引を終了している。
先限は前日比13円安の4,546円、出来高は28,177枚。

[東京白金]
NY安を受けて、続落して始まった。その後もNY安を背景に、軟調に推移して取引を終了している。
先限は前日比46円安の3,263円、出来高は18,221枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後は相場の軟化を背景に、下げ渋って取引を終了している。
原油先限は前日比640円安の40,910円、出来高は35,114枚。ガソリン先限は前日比680円安の57,500円、出来高は2,959枚。

[東京ゴム]
欧米原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後は円相場が軟化したことを背景に、買い戻しが強まり、全限月がプラスサイドで取引を終了している。
先限は前日比1.8円高の207.0円、出来高は5,324枚。

[東京コーン]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後は円相場の軟化を支えに下げ渋り、先ぎりはプラス圏に浮上して取引を終了している。
先限は前日比50円高の21,770円、出来高は406枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
腹立て売り、腹立て買い、決してすべからず
損をしたことに腹を立てて、取り返そうとしてすぐに仕掛けても、
冷静さを欠いた判断では、損の上塗りを招くだけです。
こんな時は一旦休んで、戦略を練り直して出直すべきです。

その他商品情報は、こちらより。



2017年12月6日(水)

[東京金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後は円相場の引き締まりを背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比46円安の4,559円、出来高は46,496枚。

[東京白金]
NY安を受けて、続落して始まった。その後は円高が重しとなり、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比49円安の3,309円、出来高は18,792枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後は円相場の引き締まりを背景に、上げ幅を縮小して取引を終了している。
原油先限は前日比130円高の41,550円、出来高は14,222枚。ガソリン先限は前日比40円高の58,180円、出来高は1,484枚。

[東京ゴム]
上海夜間の軟調を受けて、売りが先行して始まった。その後は手掛かり材料難から、期先限月を中心に日中始値近辺でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比4.2円安の205.2円、出来高は8,744枚。

[東京コーン]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後はシカゴ相場の堅調推移を背景に、下げ渋って取引を終了している。
先限は前日比30円安の21,720円、出来高は511枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
初めを慎め
本間宗久が本間戦術の冒頭で「商いは踏み出し大切なり」と言っているように、
相場においても初めが大切だということ。


今日12/6(水)の経済指標
09:30
(豪) 7-9月期GDP (前期比) +0.8%(前回) +0.7%(予想) +0.6%(結果)
(豪) 7-9月期GDP (前年比) +1.8%(前回) +3.0%(予想) +2.8%(結果)
22:15
(米) 11月ADP全国雇用者数 +23.5万人(前回) +19.0万人(予想)
22:30
(米) 7-9月期非農業部門労働生産性・確報 (前期比年率) +3.0%(前回) +3.3%(予想)
22:30
(米) 7-9月期単位労働コスト・確報 (前期比年率) +0.5%(前回) +0.2%(予想)

12/5(火)の経済指標の結果

09:30
(豪) 10月小売売上高 (前月比) 0.0%(前回) +0.3%(予想) +0.5%(結果)
09:30
(豪) 7-9月期経常収支 -96億AUD(前回) -90億AUD(予想) -91億AUD(結果)
12:30
(豪) RBAキャッシュターゲット 1.50%(前回) 1.50%(結果)
18:30
(英) 11月サービス業PMI 55.6(前回) 55.0(予想) 53.8(結果)
19:00
(ユーロ圏) 10月小売売上高 (前月比) +0.7%(前回) -0.7%(予想) -1.1%(結果)
22:30
(米) 10月貿易収支 -435.0億USD(前回) -475.0億USD(予想) -487.0億USD(結果)
24:00
(米) 11月ISM非製造業景況指数 60.1(前回) 59.0(予想) 57.4(結果)

相場には勝った負けたは付き物です。勝ち負けだけで相場をやっているのであれば、そのうち偶然にも一度くらいは大きな利益をだすことも経験されると思います。しかし一度の利益を出すことは誰でも簡単なことではございますが、最終的に資金を増やすことは容易ではございません。相場を投資としてやる以上は、資産を残し財産を築きあげていかなければ意味はありません。
相場の世界では、常に勝ち続け ている投資家は1割もいないといわれています。9割近くの投資家達は1年と経たずに相場の世界から消え去っているのが実情です。
当サイトのシステムでは、目先の利益にはとらわ れず、大切な資産を残していくためにも年間プログラムを取り入れております。当然ながら短期間ではマイナスがでることもあります。しかし長い目で見た場合に、最終的には過去で実証されていますように、必ずといってよいほど年間成績はある平均値以上の結果を残すことが出来ます。
本格的な資産運用としてご紹介させていただいているため、独自のマネーマネジメントを取り入れております。
当たった、ハズれたの相場をやっていても意味はありません。
資産運用として真剣にお考えなのであれば、1ヶ月よりも当然ながら、半年、1年・・・と長期での運用の方が効果もかなり大きくなります。
実際に実感していただくためにも、なるべく長く運用するこ とをお勧めいたします。
そうすることによって、今まで味わったことのない喜びを感じて頂けるはずです。


その他商品情報は、こちらより。



2017年12月5日(火)

[東京金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外取引、為替相場ともに動意を欠き、狭いレンジで推移して取引を終了している。
先限は前日比6円安の4,605円、出来高は19,892枚。

[東京白金]
NY安と円高を受けて、続落して始まった。その後は決め手難から、始値を挟んでもみ合って取引を終了している。
先限は前日比31円安の3,358円、出来高は10,472枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油安と円高を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外取引、円相場とも小動きとなり、マイナス圏でのもみ合いが続いて取引を終了している。
原油先限は前日比680円安の41,420円、出来高は13,172枚。ガソリン先限は前日比690円安の58,140円、出来高は2,455枚。

[東京ゴム]
上海高と円高を受けて、方向性を欠いて始まった。その後は上海の軟化を背景に、上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比0.1円高の209.4円、出来高は7,936枚。

[東京コーン]
シカゴ安と円高を受けて、売りが先行して始まった。その後はシカゴの軟調を背景に、小幅ながら水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比80円安の21,750円、出来高は767枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
売買を急げば急ぐほど損をする、とくと休んで手を変えて見よ
勘に頼るだけのせっかちな売買は損のもとです。相場を仕掛けるには、
注意深い観察と研究が欠かせません。
時にはじっくり休んで様々な角度から相場を眺めることも必要です。

その他商品情報は、こちらより。



2017年12月4日(月)

[東京金]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外取引、円相場ともに小動きで決め手を欠き、狭いレンジで推移して取引を終了している。
先限は前日比9円高の4,611円、出来高は24,722枚。

[東京白金]
NY安を受けて、続落して始まった。その後もNY白金時間外取引の軟調を背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比17円安の3,389円、出来高は7,962枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高と円の軟化を受けて、続伸して始まった。買い一巡後はNY時間外取引が軟調に推移したことを背景に、上げ幅をやや縮小して取引を終了している。
原油先限は前日比500円高の42,100円、出来高は17,342枚。ガソリン先限は前日比270円高の58,830円、出来高は3,544枚。

[東京ゴム]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後も円が軟調に推移する中、上海相場の上昇を背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比5.8円高の209.3円、出来高は14,669枚。

[東京コーン]
シカゴ高と円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はシカゴの堅調さを背景に、期先を中心に上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比220円高の21,830円、出来高は924枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
始めから損を覚悟で相場せよ、思案しすぎれば時機を失う
値動きのあるものに投資する以上、損を覚悟は当たり前の話です。
やる前からあれこれ考え過ぎると、チャンスを逃しかねません。
株の買い時、売り時は誰にも分からないので、いくら考えても答えは出ません。
自分が儲かる確率が高いと思った時に決断するだけです。

配信先アドレスのご登録は、携帯とPCといったように最大2つまで可能です。
追加アドレスをご希望の方は、お問合せもしくは会員専用メールアドレスよりお知らせ下さいますようお願いいたします。


相場で一時的にマイナスが出てしまうことは、当然ございます。
また、一発で儲けようとすることもかなり無理がございます。
簡単なことのようでとても難しいことではございますが、一番はコツコツ継続することが成功への道へと繋がるのです。
その時々の利益は小さいかもしれませんが、相場で勝ち続けるためには、この小さなものの積み重ねがとても重要なのです。
先々で、きっと大きなものに変わります。

その他商品情報は、こちらより。



2017年12月1日(金)

[東京金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外取引相場の頭重い展開を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比13円安の4,602円、出来高は35,409枚。

[東京白金]
円相場の軟化を受けて、続伸して始まった。その後はNY白金時間外取引の軟化を背景に、引き緩んで取引を終了している。
先限は前日比3円安の3,406円、出来高は6,322枚。

[東京原油・東京ガソリン]
円安を受けて、続伸して始まった。その後もNY時間外取引の底堅さを背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
原油4月限は前日比110円高の41,810円、新甫5月限は41,600円、出来高は16,319枚。ガソリン先限は前日比90円高の58,560円、出来高は3,357枚。

[東京ゴム]
上海夜間の頭重さを受けて、売りが先行して始まった。その後は決め手材料が乏しい中、もみ合いが続いて取引を終了している。
先限は前日比5.2円高の203.5円、出来高は9,564枚。

[東京コーン]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は上海ゴム相場の上伸を背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比120円高の21,610円、出来高は719枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
登り百日、下げ十日
これは、相場が下降局面に入った時の、その下げ足の早さを言っています。
上げ相場は物色買いと利食いの繰り返しで、上昇に時間がかかります。
一方、天井に入ると手仕舞い売りを控えているため、不測の悪材料であっという間に
下がるケースもあるということです。


お知らせ
11月中を予定しておりましたキャンペーンですが、予定を変更して12月初旬に開催させていただきます。
よろしくお願いいたします。



その他商品情報は、こちらより。



2017年11月30日(木)

[東京金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後は決め手材料難から動意を欠いたが、終盤は円の緩みを背景に、小幅ながら値を戻して取引を終了している。
先限は前日比17円安の4,615円、出来高は107,402枚。

[東京白金]
NY安を受けて、反落して始まった。その後はNY白金時間外取引高を背景に、下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比1円高の3,409円、出来高は55,486枚。

[東京原油・東京ガソリン]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外取引の底堅さや円安進行を背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
原油先限は前日比170円高の41,700円、出来高は121,586枚。ガソリン先限は前日比130円高の58,470円、出来高は11,893枚。

[東京ゴム]
上海夜間の頭重さを受けて、売りが先行して始まった。その後は決め手材料が乏しい中、もみ合いが続いて取引を終了している。
先限は前日比1.2円安の198.3円、出来高は25,925枚。

[東京コーン]
シカゴ高と円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は円相場の緩みを背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比230円高の21,490円、出来高は11,132枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
上り坂の悪材料は買い、下り坂の好材料は売り
この格言はトレンドに逆らう売買の愚かさを戒めると同時に、
売買のポイントも的確に指示しています。
上昇トレンドの時は多少の悪材料が出ても、良い押し目になり、
逆に下落トレンドの時は好材料が出て上げても、それが売りの急所になります。
トレンドとは理屈ではなく、そういうものなのです。


お知らせ
11月中を予定しておりましたキャンペーンですが、予定を変更して12月初旬に開催させていただきます。
よろしくお願いいたします


今月も皆様お疲れさまでした。

以下は、11月度の各コースの獲得利益幅です。

スイングトレード
東京金 ・・・-174円(1000倍)
東京白金 ・・・-470円(500倍)
東京原油 ・・・-500円(50倍)
東京ガソリン ・・・7,670円(50倍)
東京ゴム ・・・7.9円(5000倍)
東京コーン ・・・-1,780円(50倍)

日経225先物 ・・・2,940円(ラージ1000倍、ミニ100倍)


デイトレード
東京金 ・・・-32円(1000倍)
東京白金 ・・・401円(500倍)
東京原油 ・・・2,660円(50倍)
東京ガソリン ・・・4,510円(50倍)
東京ゴム ・・・37.3円(5000倍)


では、12月度もよろしくお願いします。

その他商品情報は、こちらより。