商品先物取引 売買指針サービス En-Rich

En-Rich

スイング、デイトレ 相場リアルタイム配信!

金 白金 原油 ガソリン ゴム とうもろこし 大豆

トップページ ごあいさつ サービス概要 過去の実績 マーケット情報 よくある質問 お問い合わせ


 トップページ >  本日の相場
入会お申込み
ログイン 会員専用ページ

無料サービス!ご登録はこちら
会員様の声
サービス概要
過去の実績
本日の相場
マーケット情報
よくある質問
 


2020年7月9日(木)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外の堅調地合いを背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比59円高の6,260円、出来高は26,799枚。

[白金]
NY高を受けて、続伸して始まった。その後は決め手材料難から始値付近で推移する場面もあったが、大引けにかけて手じまい売りなどに押され、上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比11円高の2,902円、出来高は5,646枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外が方向感なく推移するのを背景に、もみ合って取引を終了している。
原油先限は前日は50円高の28,850円、出来高は74,218枚。ガソリン先限は前日比50円安の39,970円、出来高は174枚。

[ゴムRSS3]
上海高を受けて、買いが先行して始まった。その後は買い一服とともに戻り売りに押されて上げ幅を縮小、大半の限月がこの日の安値で取引を終了している。
先限は前日比0.4円高の157.6円、出来高は2,235枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後は手掛かりに乏しいなか、寄り値近辺でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比80円高の23,520円、出来高は131枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
利食いに迷わば半手仕舞い
利益を出している相場で、全玉手仕舞いするかどうか迷った場合は、
後々の心残りにならないよう、半分だけ利食いして、半分残しておく
のもひとつの手です。

その他情報は、こちらより



2020年7月8日(水)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外と円相場が小動きで決め手を欠いたことから、始値付近でのもみ合いが続いて取引を終了している。
先限は前日比32円高の6,201円、出来高は23,737枚。

[白金]
NY高を受けて、続伸して始まった。その後はNY時間外の堅調地合いを背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比49円高の2,891円、出来高は4,761枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の高下を背景に、小幅レンジでもみ合って取引を終了している。
原油先限は前日は270円高の28,800円、出来高は72,721枚。ガソリン先限は前日比220円高の40,020円、出来高は161枚。

[ゴムRSS3]
様子見ムードが強く、小動きで始まった。その後も円相場、上海ゴム相場ともに動意を欠いたことで商いは見送られ、小幅な値動きにとどまって取引を終了している。
先限は前日比0.2円安の157.2円、出来高は1,941枚。

[とうもろこし]
方向感なく始まった。その後はシカゴ夜間相場の弱含みを背景に、期先限月が水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比40円安の23,440円、出来高は152枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
利食い腰は強く、引かれ腰は弱く
利益が出ている時は、できる限りこの状態を長く保ち続けること。
一方、損をしている時の躊躇は禁物。早く見切りをつけて手仕舞いしましょう。

その他情報は、こちらより



2020年7月7日(火)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外と円相場が小動きで決め手を欠いたことを背景に、始値付近のもみ合いが続いて取引を終了している。
先限は前日比28円高の6,169円、出来高は12,361枚。

[白金]
NY高を受けて、続伸して始まった。その後はNY時間外の堅調地合いを眺めて上げ幅を拡大する場面もあったが、終盤は伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日比27円高の2,842円、出来高は3,156枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
円高を受けて、小反発して始まった。その後はNY時間外が水準を切り下げるのを背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日は370円安の28,530円、出来高は70,789枚。ガソリン先限は前日比290円安の39,800円、出来高は191枚。

[ゴムRSS3]
小幅まちまちで始まった。その後は期先にややまとまった買いが入ったのを機に全般に水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比0.6円高の157.4円、出来高は2,979枚。

[とうもろこし]
中国向け米国産穀物需要の回復期待が高まったことを受けて、買いが先行して始まった。その後は米中対立を背景とした中国への輸出減少懸念などを背景に期先3本はマイナス圏で取引を終了している。
先限は前日比110円安の23,480円、出来高は183枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
利食い急ぐな、損急げ
利食いよりも損切りの方が重要だということ。上げ相場の場合は、一時的に下っても、
儲け幅が多少減るだけで済みますが、損切りできない状態でいると、どんどん損失が
膨らむばかりです。

その他情報は、こちらより



2020年7月6日(月)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外の軟化を背景とした売りに値を消し、期先2限月がマイナス圏に沈んで取引を終了している。
先限は前日比1円安の6,141円、出来高は8,600枚。

[白金]
NY高を受けて、小反発して始まった。その後は円相場の軟化やNY時間外の底堅さを背景に、上げ幅を拡大し取引を終了している。
先限は前日比22円高の2,815円、出来高は2,198枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外の水準切り上げを背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日は410円高の28,900円、出来高は16,074枚。ガソリン先限は前日比1,190円高の40,090円、出来高は404枚。

[ゴムRSS3]
小口のポジション調整で小甘始まった。その後は円相場の軟化を支えに下げ渋り、上海ゴム相場や内外の株高を眺め、終盤にかけて水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比1.2円高の156.8円、出来高は2,612枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後も円相場の弱含みやシカゴ夜間相場高を背景に、堅調に推移して取引を終了している。
先限は前日比370円高の23,590円、出来高は223枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
理屈上手の商い下手
世の中には頭の良い人が沢山いますが、いくら話の筋が通っていたとしても、
生きている経済を相手にしていると、理屈通りには行かないものです。
それは相場の世界でも同じこと。
「予想上手の馬券下手」という競馬の世界にも同じような格言があります。

その他情報は、こちらより



2020年7月3日(金)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は決め手材料難からもみ合ったが、NY金時間外の軟化を背景に上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比26円高の6,142円、出来高は18,777枚。

[白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外の軟調を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比23円安の2,793円、出来高は2,796枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は円相場、NY時間外ともに動意を欠き、狭い範囲でもみ合って取引を終了している。
原油先限は前日は240円高の28,490円、出来高は13,507枚。ガソリン先限は前日比110円安の38,900円、出来高は209枚。

[ゴムRSS3]
小口の買い持ちのポジション調整を受けて、軟調に始まった。売り一巡後は、上海ゴム相場の上昇を眺めて買いが優勢となり、プラス圏で取引を終了している。
先限は前日比0.2円高の155.6円、出来高は2,577枚。

[とうもろこし]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後は手掛かりに欠けるなか、寄り値近辺でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比130円安の23,220円、出来高は396枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
利が乗れば売り重ね、買い増しこそ大事なり
底を買ったつもりが、上げ足のうちに下げ押し目になることがあります。
高値のうちに売っておけば良かったと後悔しがちですが、これこそ絶好の機会と考えるべきです。
買いに利が乗れば買い増して、売り方の踏みが出るまで手仕舞いしないことが肝心です。

その他情報は、こちらより



2020年7月2日(木)

[金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY金時間外の軟調を背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比66円安の6,116円、出来高は33,936枚。

[白金]
NY安を受けて、大幅反落して始まった。その後は持ち高調整の売りなどに押され、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比59円安の2,816円、出来高は7,114枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外の水準切り上げを背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日は270円高の28,250円、出来高は9,368枚。ガソリン先限は前日比240円高の39,010円、出来高は155枚。

[ゴムRSS3]
手掛かりを欠き、小動きで始まった。その後は上海ゴム相場の上昇を眺めて水準を切り上げ、プラス圏でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比1.0円高の155.4円、出来高は3,244枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後は手じまいなど売りが優勢となり、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比40円安の23,350円、出来高は356枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
利食い金には休養を
相場とは不思議なもので、大きく儲かった後は大きく損するものです。
利益で気が大きくなり、売買が荒くなるせいかもしれませんが、
ここで一度冷静になることが大切だといっています。

その他情報は、こちらより



2020年7月1日(水)

[金]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はもみ合ったが、NY時間外の堅調地合いや円の軟化を背景に終盤に上げ幅を拡大し、大半がこの日の高値で取引を終了している。
先限は前日比40円高の6,182円、出来高は29,236枚。

[白金]
円安を受けて、続伸して始まった。その後は円の下落を眺めて水準を切り上げる場面もあったが、大引けにかけて伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日比57円高の2,875円、出来高は6,891枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY原油の上昇を受けて、軒並み買いが先行して始まった。その後はNY時間外の水準切り下げる一方、為替相場は円安・ドル高に振れ、強弱材料が交錯する中で、もみ合って取引を終了している。
原油11月限は前日は120円安の27,770円、新甫12月限は27,980円、出来高は8,237枚。ガソリン先限は前日比20円高の38,770円、出来高は152枚。

[ゴムRSS3]
円安や石油相場の上昇などを受けて、買いが先行して始まった。その後は戻り売りにマイナス圏に沈む場面もあったが、上海ゴム高を支えに切り返し、堅調に推移して取引を終了している。
先限は前日比0.1円安の154.4円、出来高は3,672枚。

[とうもろこし]
シカゴ高や円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は手掛かりに乏しいなか、寄り値近辺でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比600円高の23,390円、出来高は521枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
濫觴(らんしょう)軽んずるなかれ
物事の初めや起源を軽視してはいけないということの喩え。
最初は小さな動きでも、いずれ大きな動きに変わるものだから、
注意を怠らないようにしましょう。

その他情報は、こちらより



2020年6月30日(火)

[金]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はもみ合ったが、NY時間外の堅調地合いや円の軟化を背景に終盤に上げ幅を拡大し、大半がこの日の高値で取引を終了している。
先限は前日比30円高の6,142円、出来高は19,710枚。

[白金]
円安を受けて、続伸して始まった。その後は円の下落を眺めて水準を切り上げる場面もあったが、大引けにかけて伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日比38円高の2,818円、出来高は4,666枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY原油の上昇を受けて、軒並み買いが先行して始まった。その後はNY時間外の水準切り下げる一方、為替相場は円安・ドル高に振れ、強弱材料が交錯する中で、もみ合って取引を終了している。
原油先限は前日は1,290円高の27,770円、出来高は17,118枚。ガソリン先限は前日比1,750円高の38,750円、出来高は304枚。

[ゴムRSS3]
円安や石油相場の上昇などを受けて、買いが先行して始まった。その後は戻り売りにマイナス圏に沈む場面もあったが、上海ゴム高を支えに切り返し、堅調に推移して取引を終了している。
先限は前日比0.5円高の154.5円、出来高は5,618枚。

[とうもろこし]
シカゴ高や円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は手掛かりに乏しいなか、寄り値近辺でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比480円高の22,790円、出来高は388枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
楽々と儲かる時は気を抜くな、千載一遇この時にあり
相場にはいつも大儲けのチャンスがあるわけではありません。
楽々と儲かる時は絶好のチャンスに恵まれているということ。
だからこそ、常に注意を研ぎ澄ませて、このチャンスをつかむ努力をすることが大切です。



今月も皆様お疲れさまでした。


以下は、6月度の各コースの獲得利益幅です。

スイングトレード
東京金 ・・・-138円(1000倍)
東京白金 ・・・552円(500倍)
東京原油 ・・・2300円(50倍)
東京ガソリン ・・・6830円(50倍)
東京ゴム ・・・35.9円(5000倍)
東京コーン ・・・1770円(50倍)


デイトレード
東京金 ・・・609円(1000倍)
東京白金 ・・・456円(500倍)
東京原油 ・・・5820円(50倍)
東京ガソリン ・・・-1460円(50倍)
東京ゴム ・・・28.3円(5000倍
)


7月度もよろしくお願いします。


その他情報は、こちらより



2020年6月29日(月)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は決め手材料難から持ち高調整の売り買いが交錯し、高値圏でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比58円高の6,112円、出来高は31,747枚。

[白金]
まちまちで始まった。その後はNY時間外の堅調を背景に水準を切り上げ、全限月がプラス圏で取引を終了している。
先限は前日比26円高の2,780円、出来高は4,346枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後もNY時間外の水準切り下げを背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日は1,290円安の26,480円、出来高は15,695枚。ガソリン先限は前日比2,450円安の37,000円、出来高は392枚。

[ゴムRSS3]
前週末の米株急落を受けて、売りが先行して始まった。その後は円安を背景に、一時プラス圏に浮上する場面もあったが、上海ゴム相場の下落を映して再びマイナス圏に沈んで取引を終了している。
先限は前日比1.2円安の154.0円、出来高は6,117枚。

[とうもろこし]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後も水準を切り下げるなど軟調に推移して取引を終了している。
先限は前日比170円安の22,310円、出来高は201枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
寄引同事は分岐の前兆
同じ寄付と大引の値で終了する時は、相場の転換を意味します。
かなり上げたところで出れば天井、かなり下げたところで出れば底を暗示します。

会員各位
30日(火)は原油の納会日です。7月1日(水)の日中立会より新甫が発会されます。
原油コースの会員様は、7月1日以降に配信される売買サービス時記載の限月に、ご注意下さいますようお願い申し上げます。


*配信先アドレスのご登録は、携帯とPCといったように最大2つまで可能です。
追加アドレスをご希望の方は、お問合せもしくは会員専用メールアドレスよりお知らせ下さいますようお願いいたします。

その他情報は、こちらより



2020年6月26日(金)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の軟化を受けて水準を切り下げ、全限月がマイナス圏で取引を終了している。
4月限は前日比21円安の6,050円、新甫6月限は6,054円、出来高は15,396枚。

[白金]
NYの戻りを受けて、反発して始まった。その後はNY時間外の上値の重さを背景とした売りに押され、水準を切り下げて取引を終了している。
4月限は前日比9円安の2,757円、新甫6月限は2,754円、出来高は2,828枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外が方向感なく推移するのを背景に、もみ合って取引を終了している。
原油先限は前日比960円高の27,770円、出来高は14,128枚。ガソリン12月限は前日比830円高の39,030円、新甫1月限は39,450円、出来高は110枚。

[ゴムRSS3]
週末を控えた小口の手じまい売りに小甘く始まった。その後は上海市場が休場で、手掛かり材料を欠く中、マイナス圏でもみ合う展開が続いて取引を終了している。
先限は前日比2.2円安の155.2円、出来高は3,234枚。

[とうもろこし]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後はマイナス圏でのもみ合いが続いたが、終盤に下値を試す動きが強まり、この日の安値で取引を終了している。
先限は前日比120円安の22,480円、出来高は225枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
善く戦う者は勝ち易きに勝つ者なり
勝つには勝つだけの理由があり、先の見通しがはっきりした時こそ
千載一遇のチャンスとして、生かせる人こそ本当の勝者と言えるでしょう。

その他情報は、こちらより



2020年6月25日(木)

[金]
決め手材料難から小動きで始まった。その後は始値付近でもみ合ったが、NY時間外の戻りを受けた買いが入り、10月きり以外は小幅高で取引を終了している。
先限は前日比6円高の6,071円、出来高は23,489枚。

[白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外の下げ渋りを背景に、下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比70円安の2,766円、出来高は4,328枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY原油の急落を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外が方向感なく推移するのを背景に、もみ合って取引を終了している。
原油先限は前日比1,410円安の26,810円、出来高は18,726枚。ガソリン先限は前日比1,130円安の38,200円、出来高は296枚。

[ゴムRSS3]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後は上海市場が休場で、手掛かり材料を欠く中、マイナス圏でもみ合う展開が続いて取引を終了している。
11月限は前日比2.6円安の154.9円、新甫12月限は157.4円、出来高は3,002枚。

[とうもろこし]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後は手掛かりに欠けるなか、寄り値近辺でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比100円安の22,600円、出来高は98枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
夜明け前がいちばん暗い
絶望の最中にいる時は暗くて当然。でも明けない夜はありません。
どん底にいる時こそ、新しいチャンスの準備期間です。

先物ニュース!!
7月1日営業日(6月30日夜間立会)より対面取引の委託者証拠金が変更されます。

東京金 1,000倍 228,000円
東京金(ミニ)  100倍 22,800円
ゴールドスポット   100倍 22,800円
東京白金  500倍 180,000円
東京白金(ミニ)  100倍 36,000円
プラチナスポット   100倍 34,800円
東京銀  10,000倍 110,000円
パラジウム  500倍 525,000円
東京ガソリン(バージガソリン)  50倍 400,000円
東京灯油(バージ灯油)  50倍 475,000円
東京原油(ドバイ原油)  50倍 400,000円
軽油(バージ軽油)  50倍 295,000円
中京ガソリン(ローリーガソリン)  10倍 65,000円
中京灯油(ローリー灯油)  10倍 50,000円
ゴムRSS  5,000倍 50,000円
ゴムTSR20 5,000倍 80,000円
とうもろこし  50倍 50,000円
一般大豆  25倍 80,000円
小豆  80倍 70,000円
東京コメ  200倍 80,000円
新潟コシ  25倍 10,000円
秋田こまち 204倍 20,000円


その他情報は、こちらより



2020年6月24日(水)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外の強地合いを受けて上げ幅を拡大し、午後は高値圏でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比27円高の6,065円、出来高は23,753枚。

[白金]
NY高を受けて、続伸して始まった。その後もNY時間外の底堅さを眺めて堅調に推移したが、終盤は持ち高調整の売り買いが交錯して取引を終了している。
先限は前日比26円高の2,836円、出来高は2,791枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外が方向感なく推移するのを背景に、もみ合って取引を終了している。
原油先限は前日比380円安の28,220円、出来高は6,814枚。ガソリン先限は前日比280円安の39,330円、出来高は206枚。

[ゴムRSS3]
円の上昇を受けて、売りが先行して始まった。その後一時プラス圏に浮上する場面もみられたが、上海ゴム相場の軟化が響き、結局マイナス圏で取引を終了している。
先限は前日比0.3円安の157.5円、出来高は2,016枚。

[とうもろこし]
決め手材料難のなか、方向感なく始まった。その後も薄商いのなか、寄り値近辺でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比40円高の22,700円、出来高は105枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
善く戦う者は、これを勢いに求めて、人に責(もと)めず
孫子の兵法の言葉。戦のうまい者は、まず勢いに乗ることを重視し、
兵に過度の期待をしない。
相場にも上昇・下降トレンドがあり、これに勢いが加わると、
理屈を超えて止めることは出来ません。
相場も形を変えた戦と同様、勢いに乗ることは重要です。

その他情報は、こちらより



2020年6月23日(火)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外の堅調を背景に、上げ幅を拡大したが、NY時間外が下げに転じた終盤は伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日比20円高の6,038円、出来高は21,576枚。

[白金]
NY高を受けて、続伸して始まった。その後はNY時間外の軟化を眺めた売りに押され、当ぎりはマイナス圏に沈んで取引を終了している。
先限は前日比7円高の2,810円、出来高は3,915枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外が利食い売りに水準を切り下げるのを背景に、上げ幅を縮小して取引を終了している。
原油先限は前日比870円高の28,600円、出来高は15,567枚。ガソリン先限は前日比690円高の39,610円、出来高は270枚。

[ゴムRSS3]
まちまちで始まった。その後は先ぎりはプラス圏で寄り付いた後、米中関係への懸念で上海ゴム相場が下げたことなどから、午前中はやや弱含みに推移。しかし、その後は値を戻し、ほぼ横ばい圏で取引を終了している。
先限は前日比0.1円高の157.8円、出来高は1,842枚。

[とうもろこし]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後もシカゴ夜間相場安を眺めた売りに期先限月が水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比190円安の22,660円、出来高は131枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
良い手を指そうとするよりは、悪い手を指さないよう自戒する
これは、将棋の大山康晴名人の言葉。将棋でも、相場でも、
戦いは大きなミスをした方が必ず負けるということです。

その他情報は、こちらより



2020年6月22日(月)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外の強地合いを受けて上げ幅を拡大したが、午後はNY時間外の上値の重さを背景に、伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日比68円高の6,018円、出来高は25,014枚。

[白金]
NY高を受けて、上伸して始まった。その後決め手材料難からプラス圏でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比31円高の2,803円、出来高は3,889枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外が水準を切り下げるのを背景に、マイナス圏に沈んで取引を終了している。
原油先限は前日比250円安の27,730円、出来高は8,455枚。ガソリン先限は前日比110円安の38,9200円、出来高は213枚。

[ゴムRSS3]
独自の手がかり材料に乏しく、小動きで始まった。その後先ぎりは小口の買いに引き締まったが、上値は売られ、マイナス圏に沈んで取引を終了している。
先限は前日比0.5円安の157.7円、出来高は1,904枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後は手掛かり材料難のなか、寄り値近辺でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比80円高の22,850円、出来高は175枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
幽霊と相場は淋しい方に出る
相場の方向は、多くの人の思惑の逆に向かう傾向があり、
それがまるで人気のないところに現れる幽霊に似ているという喩え。

その他情報は、こちらより



2020年6月19日(金)

[金]
NY市場の下落を受けて、売り優勢で始まった。その後はNY時間外の上伸を背景に、プラス圏に浮上する限月が相次ぐなど、水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比8円高の5,950円、出来高は16,973枚。

[白金]
NY安を受けて、続落して始まった。その後はめ手難からもみ合ったが、大引けにかけてNY時間外の戻りを眺めた買いにより地合いを引き締め、期先2限月が小幅高で取引を終了している。
先限は前日比7円高の2,772円、出来高は2,513枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY原油の上昇を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の堅調に支援されて、上げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比1,080円高の27,980円、出来高は18,829枚。ガソリン先限は前日比850円高の39,030円、出来高は203枚。

[ゴムRSS3]
円相場の軟化や石油相場の堅調などを受けて、総じて買い優勢で始まった。その後期近は、来週24日の6月当ぎり納会を控えた買い持ちのポジション調整で軟調に推移していたが、上海ゴム相場の上昇が支えとなって水準を切り上げ、全限月がプラス圏で取引を終了している。
先限は前日比1.4円高の158.2円、出来高は2,079枚。

[とうもろこし]
決め手材料難のなか、方向感なく始まった。その後も寄り値近辺で小幅な値動きとなって取引を終了している。
先限は前日比30円高の22,770円、出来高は162枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
安くとも高値覚えで買い建てるな、時の事情を深く考えよ
2000年のITバブルの頃、1株5000円だったある銘柄は、ITバブル崩壊後に300円まで暴落しました。
当時この暴落を誰にも予想できるはずはありません。そのため、この銘柄が5000円から節目で下るたびに買う人もいれば、逆に300円だった株が数百円値上りした時に、安易に空売りして大怪我した人もいます。
つまり、明らかに時の状況が変化しているのに、過去の株価にこだわって安易な売買をしてはいけないということです。


スイング
動きのある、白金、原油、ゴムが好調!
白金は今月の獲得利益幅は400円を突破!
原油も大きく利益を伸ばし、
年間獲得利益幅50,000円を突破!

保合い相場の金は、結果は出ず。
今後の動向次第、要注目。



その他情報は、こちらより


2020年6月18日(木)

[金]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外の軟化を受けて水準を切り下げたが、終盤はNY時間外の戻りを背景に引き戻して取引を終了している。
先限は前日比20円安の5,942円、出来高は15,260枚。

[白金]
NY安や円の上昇を受けて、反落して始まった。その後はNY時間外の軟調を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比35円安の2,765円、出来高は2,686枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外が方向感を欠いたことから、狭いレンジでもみ合って取引を終了している。
原油先限は前日比540円安の26,900円、出来高は12,252枚。ガソリン先限は前日比210円安の38,180円、出来高は312枚。

[ゴムRSS3]
円相場の上昇や米株式の下落などを受けて、売りが先行して始まった。その後午前は、円高、上海ゴム安を背景に、全般は弱含みで推移したが、後半は買い戻しに下げ渋り、7、8月きりはプラス圏で取引を終了している。
先限は前日比0.4円安の156.8円、出来高は1,487枚。

[とうもろこし]
シカゴ相場が上昇したが、為替が円高に振れたことを受けて、方向感なく始まった。その後も手掛かり材料に乏しいなか、玉次第での動きとなって取引を終了している。
先限は前日比80円高の22,740円、出来高は165枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
休むも相場
常に売ったり、買ったりする回転売買は失敗のもとです。
相場には上げか、下げか判断に迷う場面があります。
そんな時は、次の相場展開を待つつもりで相場を休む姿勢も必要です。

その他情報は、こちらより



2020年6月17日(水)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後NY金時間外の軟化を受けて下落する場面もあったが、午後は持ち高調整の買いなどが入り、期先3限月がプラス圏で取引を終了している。
先限は前日比10円高の5,962円、出来高は17,416枚。

[白金]
NY高を受けて、続伸して始まった。その後はNY時間外の軟調を背景とした売りに押されたが、午後は下げ渋って取引を終了している。
先限は前日比4円高の2,800円、出来高は3,657枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外が米原油在庫増などを背景に水準を切り下げたため、一時は軒並みマイナス圏に沈んだ。その後は、NY時間外の下げ幅縮小を眺めて値を戻して取引を終了している。
原油先限は前日比110円安の27,440円、出来高は8,210枚。ガソリン先限は前日比230円安の38,390円、出来高は282枚。

[ゴムRSS3]
円高や上海安を受けて、売りが先行して始まった。その後も株安や円の引き締まりが上値を圧迫、手じまい売り優勢の展開が続いて取引を終了している。
先限は前日比0.4円安の157.4円、出来高は2,056枚。

[とうもろこし]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後もシカゴ夜間相場安や円相場の引き締まりを背景に、期先限月が水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比290円高の22,660円、出来高は160枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
休むは勝気のうち
天井近くになった相場は利食いで急落しがちです。
運悪く損益が生じた場合は、手仕舞いしてしばらく休み、
次のチャンスに備えましょう。

その他情報は、こちらより



2020年6月16日(火)

[金]
NY高と円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外の戻りを受けて水準を切り上げたが、終盤はNY時間外の上値の重さを背景に上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比20円高の5,952円、出来高は22,950枚。

[白金]
NY高や円の下落を受けて、急反落して始まった。その後はNY時間外の強地合いを背景に、堅調に推移して取引を終了している。
先限は前日比79円安の2,796円、出来高は5,561枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後も円安、日経平均株価の急伸などを背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比2,050円高の27,550円、出来高は24,717枚。ガソリン先限は前日比1,800円高の38,620円、出来高は262枚。

[ゴムRSS3]
物色買いに、買いが先行して始まった。その後も株の上伸、円相場の軟化を背景に、高値圏でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比3.3円高の157.6円、出来高は2,000枚。

[とうもろこし]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後もシカゴ夜間相場の堅調を背景、水準を切り上げて取引を終了している。
5月限は前日比290円高の22,600円、新甫7月限は22,740円、出来高は167枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
休むとはただの休みと思うなよ、次の仕掛けのもととなるなり
相場を「休む」ことの大切さを説いているのがこの格言。
相場は「買い」ばかりでなく、売りや見送りして休むことが成功への鍵です。
つまり、時には売買を離れて、次のチャンスをつかむ戦略を練る時間も
必要だということです。

その他情報は、こちらより



2020年6月15日(月)

[金]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は上値が重く、NY時間外が軟化に転じると売りに押され、全限月がマイナス圏で取引を終了している。
先限は前日比15円高の5,963円、出来高は21,269枚。

[白金]
NY安を受けて、続落して始まった。その後はNY時間外の軟調を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比48円安の2,803円、出来高は8,618枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外が水準を切り下げる中、円相場の上昇を背景に軒並みマイナス圏に沈み、軟調のまま取引を終了している。
原油先限は前日比1,720円安の25,790円、出来高は44,264枚。ガソリン先限は前日比1,280円安の37,270円、出来高は382枚。

[ゴムRSS3]
ポジション調整などで、売りが先行して始まった。その後も新型コロナウイルスの感染「第2波」への警戒感から、株価や上海ゴム相場が下げ幅を拡大する中で、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比1.0円安の159.0円、出来高は4,210枚。

[とうもろこし]
米国の豊作が予想されていることを受けて、期先限月が下落して始まった。その後は米国の期末在庫が事前予想を下回ったことや、乾燥した天候が作物の生育に影響を与えるのではとの懸念が下支え材料となり、下げ幅は限定的に取引を終了している。
先限は前日比110円高の22,550円、出来高は123枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
物の景気というものは我が智力強ければ必ず見ゆる所なり
宮本武蔵の「五輪の書」の一節。相場の研究を重ねて努力を惜しまなければ、
自信がつき、いずれ天底を把握することが出来ると信じられるものです。

その他情報は、こちらより



2020年6月12日(金)

[金]
円安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY金時間外の軟調を背景に下げ幅を拡大したが、午後はNY時間外の引き締まりや円の軟化を受けて切り返し、全限月がプラスサイドで取引を終了している。
先限は前日比15円高の5,963円、出来高は21,269枚。

[白金]
NY安や円の引き締まりを受けて、大幅続落して始まった。その後下値を追う場面もあったが、NY時間外の戻りや円の緩みを背景に、下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比48円安の2,803円、出来高は8,618枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY原油の急落を受けて、売りが先行して始まった。その後も軟調なNY時間外を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比1,720円安の25,790円、出来高は44,264枚。ガソリン先限は前日比1,280円安の37,270円、出来高は382枚。

[ゴムRSS3]
上海安を受けて、売りが先行して始まった。売り一巡後は株価の下げ渋りや円相場の軟化を背景に買い戻され、終盤にかけて下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比1.0円安の159.0円、出来高は4,210枚。

[とうもろこし]
シカゴ高と円高を受けて、方向感無く始まった。その後は円相場の軟化を眺めた買いに水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比110円高の22,550円、出来高は123枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
最も上手のすることはだんだん見えて間の抜けざる所なり
宮本武蔵の「五輪の書」の一節。目先の利益に心を奪われているようでは、
大きな成功は望めません。大局的に天底を見極めるよう努めれば、次第
に見えてくるので間が抜けないものであるということ。

その他情報は、こちらより



2020年6月11日(木)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外の上値の重さを眺めて水準を切り下げ、一部限月がマイナスサイドに沈んで取引を終了している。
先限は前日比5円高の5,948円、出来高は20,886枚。

[白金]
円の引き締まりを受けて、売りが先行して始まった。その後は決め手材料難から始値付近でもみ合ったが、終盤はNY時間外安を背景に下げ幅を広げ、全般がこの日の安値圏で取引を終了している。
先限は前日比62円安の2,851円、出来高は3,640枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、小反発して始まった。その後はNY時間外が反落し、水準を切り下げるのを眺めてマイナス圏に沈み、終盤に下げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比630円安の27,510円、出来高は77,021枚。ガソリン先限は前日比810円安の38,550円、出来高は233枚。

[ゴムRSS3]
様子見ムードを受けて、小口の整理売りが先行し安寄りして始まった。その後は急落した日経平均株価や軟調な上海ゴム相場を眺めて水準を切り下げ、期先限月はこの日の安値圏で取引を終了している。
先限は前日比03.0円安の160.0円、出来高は2,766枚。

[とうもろこし]
シカゴ安や円高を受けて、売りが先行して始まった。その後も水準を切り下げるなど軟調に推移して取引を終了している。
先限は前日比280円安の22,440円、出来高は201枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
保合相場に慣れて体勢を見誤るな
相場が長い保ち合い状態に入ると、つい油断して大勢を見誤るものです。
このような時こそ、慎重に大勢を検討すべきであると言っています。

その他情報は、こちらより



2020年6月10日(水)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外の堅調を受けて上げ幅を拡大したが、午後は伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日比38円高の5,943円、出来高は14,324枚。

[白金]
まちまちで始まった。その後はNYの上伸を眺めた買いが入り、当ぎりと期先3限月はプラス圏で取引を終了している。
先限は前日比13円高の2,913円、出来高は2,993枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外が下げ止まり後に方向感なく推移するのを背景に、安値圏でもみ合って取引を終了している。
原油先限は前日比410円安の28,140円、出来高は82,063枚。ガソリン先限は前日比160円高の39,360円、出来高は518枚。

[ゴムRSS3]
小幅まちまちで始まった。その後は株価の下げ渋りなどを背景に、期近限月は買い戻しが勝って取引を終了している。
先限は前日比0.1円高の163.0円、出来高は3,692枚。

[とうもろこし]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後は商いのなか、寄り値近辺で推移して取引を終了している。
先限は前日比110円安の22,720円、出来高は140枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
保ち合いのとき、慰みに商い仕掛まじきこと
本間宗久の『相場三昧伝』には、「相場保ち合いの時うっかり慰みに商い仕掛くることあり、
はなはだ宜しからず、慎むべきなり」とあります。
相場が保合いの時、暇にまかせて、買いや空売りを仕掛けてしまうことがあります。
そんな時に相場が急反転すると、泥沼の長期戦になりかねません。
宗久は『商いは踏み出し大切なり。踏み出し悪しき時は決して手違いになるなり』と、
最初の仕掛けのタイミングの重要性を説いています。
つまり機会を忍耐強く待ち、機会が来たら果敢に仕掛けるのがトレードの神髄です。

その他情報は、こちらより



2020年6月9日(火)

[金]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外の軟化や円の引き締まりを背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比59円安の5,905円、出来高は18,916枚。

[白金]
円の引き締まりを受けて、小幅続落して始まった。その後はNY時間外の堅調を眺めて切り返す場面もあったが、NY時間外が下落に転じたことから売り圧力に押され、全限月がマイナス圏で取引を終了している。
先限は前日比3円安の2,900円、出来高は3,343枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外が方向感なく推移する中、為替相場の円高を背景にじりじりと値を下げて取引を終了している。
原油先限は前日比1,460円安の28,550円、出来高は96,510枚。ガソリン先限は前日比440円安の39,200円、出来高は358枚。

[ゴムRSS3]
前日の強地合いを受けて、小幅続伸して始まった。その後は円の引き締まりや株安、原油安を眺めた買方の手じまいが優勢となり、マイナスサイドに沈んで取引を終了している。
先限は前日比1.1円安の162.9円、出来高は3,720枚。

[とうもろこし]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後も円の引き締まりを眺めた売りなどにより水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比290円安の22,830円、出来高は289枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
戻り待ちに戻りなし
「押し目待ちに押し目なし」の反対語。
一般的に相場が上昇する時は、出来高も大きくなります。
それが下落トレンドに変わると、高値で買った人達は全員含み損を抱えます。
そして、押し目と勘違いした人達が次々に買いを入れますが、
今度は下落トレンドなので、この人達も直ぐに含み損を抱えることになります。
これを繰り返して、まさに戻り待ちに戻りなしの展開になっていきます。

その他情報は、こちらより



2020年6月8日(月)

[金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY金時間外の戻りを背景に、下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比29円安の5,964円、出来高は27,971枚。

[白金]
NY安を受けて、反落して始まった。その後はNY時間外の上伸を背景に、引き戻して取引を終了している。
先限は前日比21円安の2,903円、出来高は5,355枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外が上値重く推移するのを背景に、もみ合って取引を終了している。
原油先限は前日比1,660円高の30,010円、出来高は92,192枚。ガソリン先限は前日比2,210円高の39,640円、出来高は734枚。

[ゴムRSS3]
原油高、円相場の下落を受けて、買いが先行して始まった。その後は値を削り、終盤は寄り値付近でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比4.5円高の164.0円、出来高は6,349枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後は手掛かり材料難のなか、寄り値近辺でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比160円高の23,120円、出来高は208枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
もうはまだなり
「まだはもうなり」の反対語。
相場ももう天井近くだと思って売ると、もう一段階高がある。
逆にもう底だと思って買うと、下げ止まらないことがあります。
目先の動きに惑わされず、大局をつかむことが大切です。

その他情報は、こちらより



2020年6月5日(金)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は始値近辺でもみ合ったが、終盤はNY時間外の軟化を背景に、上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比28円高の5,993円、出来高は6,629枚。

[白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の堅調地合いを背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比35円高の2,924円、出来高は1,698枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外が水準を切り上げ、為替相場が円安に振れたのを背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比1,010円高の28,350円、出来高は67,231枚。ガソリン先限は前日比1,160円高の37,430円、出来高は297枚。

[ゴムRSS3]
上海安を受けて、売りが先行して始まった。その後も原油相場の軟調地合いや上海ゴム相場の一段安を背景に、安値圏で取引を終了している。
先限は前日比5.1円高の159.5円、出来高は5,623枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後も上げ幅を拡大するなど堅調に推移して取引を終了している。
先限は前日比350円高の22,960円、出来高は125枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
目出たくも春を迎えむ心なら、引かれ玉に餅を食わすな
新年は心身ともに清々しい気持ちで迎えたいものです。
そのため損失が出ている場合は、年内中に潔く見切りをつけてしまうのもひとつ。
新たな気持ちで新年を迎え、心機一転、チャンス到来に備えましょう。

その他情報は、こちらより



2020年6月4日(木)

[金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY金時間外の軟調、円相場の軟化と強弱両材料が交錯し、もみ合って取引を終了している。
先限は前日44円安の5,965円、出来高は24,760枚。

[白金]
NY安を受けて、小幅続落して始まった。その後はレンジ内でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比8円安の2,889円、出来高は2,304枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後もNY時間外が水準を切り下げるのを背景に、軟調に推移して取引を終了している。
原油先限は前日比570円安の27,340円、出来高は22,756枚。ガソリン先限は前日比1,080円高の36,270円、出来高は367枚。

[ゴムRSS3]
上海安を受けて、売りが先行して始まった。その後も原油相場の軟調地合いや上海ゴム相場の一段安を背景に、安値圏で取引を終了している。
先限は前日比2.6円安の154.4円、出来高は3,998枚。

[とうもろこし]
決め手材料難のなか、小動きで始まった。その後は薄商いのなか、期先限月がやや水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比30円安の22,610円、出来高は57枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
目先観で投資するな
目先の損得にこだわると失敗を招きます。
中でも、相場で2、3度成功した経験がある人は要注意。
このような人は味をしめて目先観で相場を張りがちです。

その他情報は、こちらより



2020年6月3日(水)

[金]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の軟化や円の上昇を背景に、マイナス圏に沈む限月が相次いで取引を終了している。
先限は前日5円安の6,009円、出来高は23,576枚。

[白金]
NY安を受けて、反落して始まった。その後はNY時間外の軟調や円の引き締まりを背景とした売りに押され、全限月がマイナス圏で取引を終了している。
先限は前日比12円安の2,897円、出来高は4,058枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外が水準を切り上げるのを背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比1,250円高の27,910円、出来高は20,567枚。ガソリン先限は前日比1,190円高の37,350円、出来高は501枚。

[ゴムRSS3]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後も期中限月以降は、上海ゴムや原油、株価の上昇を背景に強気買いが続いて取引を終了している。
先限は前日比1.7円高の157.0円、出来高は3,930枚。

[とうもろこし]
シカゴ高や円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はシカゴ夜間相場の弱含みを眺めた売りなどにより、伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日比60円高の22,640円、出来高は107枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
無駄使いする金あれば相場せよ、長者になれる真の近道
相場で大儲けしたいなら、無駄遣いをしてはいけません。
無駄使いできるお金があるなら、相場のために貯めて資金にすべきだと言うことです。

その他情報は、こちらより



2020年6月2日(火)

[金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY金時間外の軟調、円相場の軟化と強弱両材料が交錯する中、全限月が小幅安で取引を終了している。
先限は前日6円安の6,014円、出来高は12,945枚。

[白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の軟化を受けて上げ幅を縮小したが、午後は水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比20円高の2,909円、出来高は4,291枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
株高を受けて、買いが先行して始まった。その語はNY時間外が水準を切り上げるのを背景に、堅調に推移して取引を終了している。
原油先限は前日比60円高の26,660円、出来高は14,551枚。ガソリン先限は前日比210円高の36,160円、出来高は236枚。

[ゴムRSS3]
様子見ムードを受けて、小動きで始まった。その後は上海ゴム相場の上昇を背景に買いが入り、堅調に推移したが、一方で期近限月はポジション調整とみられる売りに押され、値を沈めて取引を終了している。
先限は前日比1.0円高の155.3円、出来高は3,894枚。

[とうもろこし]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後は薄商いのなか、先限が下げ幅をやや縮小して取引を終了している。
先限は前日比140円安の22,580円、出来高は139枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
三月またがり六十日
相場は「六十日で一思案」と言われ、一波動の平均は約60日とされています。
そして30日にまたがって60日となることが多いようです。

その他情報は、こちらより



2020年6月1日(金)

[金]
NY市場の上昇や円安を受けて、軒並み買いが先行して始まった。その後は伸び悩んだが、午後ではNY時間外の堅調地合いを背景に上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日87円高の6,020円、出来高は24,328枚。

[白金]
NY高と円安を受けて、反発して始まった。その後はNY時間外の堅調を背景に地合いを引き締め、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比58円高の2,889円、出来高は3,069枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
前週末のNY原油の上伸を受けて、買いが先行して始まった。買い一巡後はNY時間外の上げ幅縮小や円相場の引き締まりを背景に、総じて伸び悩んで取引を終了している。
原油10月限は前日比1,030円高の26,260円、新甫11月限は26,600円、出来高は18,427枚。ガソリン先限は前日比830円高の35,950円、出来高は388枚。

[ゴムRSS3]
前週末の軟調地合いを引き継いで、売り優勢で始まった。売り一巡後は上海ゴム相場や株価の堅調を背景に切り返し、大半がこの日の高値で取引を終了している。
先限は前日比0.8円高の154.3円、出来高は7,999枚。

[とうもろこし]
シカゴ安と円高といった強弱感が交錯して、方向感なく始まった。その後も薄商いのなか、玉次第での動きとなって取引を終了している。
先限は前日比20円安の22,720円、出来高は140枚。


いつもありがとうございます。

6月
先ずはデイトレードが好調発進!

週末にかけて注目の○○○。

お楽しみに!



本日の相場格言
三日先を知れば長者
三日先のことなど誰にもわかりません。
それがわかれば誰でも億万長者になれます。


その他情報は、こちらより



2020年5月29日(金)

[金]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外の伸び悩みや円高の進行を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比46円安の5,933円、出来高は16,528枚。

[白金]
NY安や円の上昇を受けて、下落して始まった。その後は決め手材料難からもみ合ったが、NY時間外の軟調や円の上昇を背景に下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比36円安の2,831円、出来高は4,692枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の軟化や円相場の引き締まりを背景に、上げ幅を縮小して取引を終了している。
原油先限は前日比450円高の25,230円、出来高は12,232枚。ガソリン先限は前日比220円高の35,120円、出来高は361枚。

[ゴムRSS3]
週末を控えて積極的な取引が手控えられ、小動きで始まった。その後は上海ゴムの軟化を背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比0.1円安の153.5円、出来高は3,483枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後も上げ幅を拡大するなど堅調に推移して取引を終了している。
先限は前日比440円高の22,740円、出来高は263枚。


いつもありがとうございます。

今月も皆様お疲れさまでした。

各コース、結果はまちまち。
スイングは引き続き全勝利!


以下は、5月度の各コースの獲得利益幅です。

スイングトレード
東京金 ・・・232円(1000倍)
東京白金 ・・・186円(500倍)
東京原油 ・・・5880円(50倍)
東京ガソリン ・・・6570円(50倍)
東京ゴム ・・・14.7円(5000倍)
東京コーン ・・・1240円(50倍)


デイトレード
東京金 ・・・-13円(1000倍)
東京白金 ・・・403円(500倍)
東京原油 ・・・4860円(50倍)
東京ガソリン ・・・1630円(50倍)
東京ゴム ・・・16.8円(5000倍)


6月度もよろしくお願いします。

本日の相場格言
見切り千両、損切り万両
相場をやる上で、損失は絶対避けられない必要経費のようなものです。
損失が出たらいつまでも執着せずに、潔く損切りすべきです。
損失の大小には投資家の力量も問われますが、損を食い止めるのに
最も重要なことです。

その他情報は、こちらより



2020年5月28日(木)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外の堅調地合いを受けて上げ幅を拡大し、この日の高値圏で取引を終了している。
先限は前日比72円高の5,979円、出来高は19,777枚。

[白金]
決め手材料難から小動きで始まった。その後は閑散な商いの中を持ち高調整の売り買いが交錯して取引を終了している。
先限は前日比4円安の2,867円、出来高は3,272枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外が方向感なく推移するのを背景に、もみ合って取引を終了している。
原油先限は前日比1,020円安の24,780円、出来高は19,631枚。ガソリン先限は前日比1,200円安の34,900円、出来高は241枚。

[ゴムRSS3]
上海安を受けて、売りが先行して始まった。その後は上海の持ち直しになびいて下げ渋ったが、米中の対立懸念から原油相場の上値が重く、終盤は弱含みに推移して取引を終了している。
先限は前日比0.4円安の153.6円、出来高は2,018枚。

[とうもろこし]
シカゴ高と円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は薄商いのなか、先限がやや水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比100円高の22,300円、出来高は43枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
待ちて逃すは良し、苛立ちて損するなかれ
じっくり研究することなく、焦って手を出すのは損のもと。市場は常にあります。
仕掛けや仕切りのタイミングをしっかり捉えて慎重に行動しましょう。

その他情報は、こちらより



2020年5月27日(水)

[金]
NY安と円高を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY金時間外の軟化を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比100円安の5,907円、出来高は27,471枚。

[白金]
NY安や円の上昇を受けて、大幅反落して始まった。その後は持ち高調整の買いなどが入り、下げ渋って取引を終了している。
先限は前日比43円安の2,871円、出来高は4,959枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はレンジ内でもみ合ったが、終盤はNY時間外の水準切り下げを背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比500円安の25,800円、出来高は11,780枚。ガソリン先限は前日比400円安の36,100円、出来高は193枚。

[ゴムRSS3]
様子見ムードが強く、小幅まちまちで始まった。その後は上値の重さを眺めて売りが優勢となり、マイナス圏で推移して取引を終了している。
先限は前日比0.6円安の154.0円、出来高は2,442枚。

[とうもろこし]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は期先限月が小口の売りに水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比120円安の22,200円、出来高は96枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
まだはもうなり
多勢がこの相場はまだまだ高いという時は、既に天井近くであるため、
迷わず利食いすること。まだまだ弱いという時も、この反対を狙うことです。

その他情報は、こちらより



2020年5月26日(火)

[金]
持ち高調整の売りなどに押され、小幅続落して始まった。その後はNY時間外の戻りや円相場の軟化を受けて切り返し、全限月がプラス圏で取引を終了している。
先限は前日比21円高の6,007円、出来高は9,442枚。

[白金]
NYの水準切り上げを受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の堅調や円の緩みを背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比65円高の2,914円、出来高は4,590枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外が水準を切り上げるのを背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比500円高の26,300円、出来高は10,454枚。ガソリン11月限は前日比850円高の36,000円、新甫12月限は36,500円、出来高は194枚。

[ゴムRSS3]
ポジション調整の売りに小安く始まった。その後は株高や円相場の軟化を眺めた強気の買いに切り返し取引を終了している。
10月限は前日比0.6円安の152.3円、新甫11月限は154.6円、出来高は3,388枚。

[とうもろこし]
シカゴ市場が休場で手掛かりを欠くなか、方向感なく始まった。その後も薄商いのなか、寄り値近辺で小幅な値動きとなって取引を終了している。
先限は前日比50円安の22,320円、出来高は80枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
負ける人は、なんとか負け金を払える余裕があるから負けるのである
‘雀聖’と呼ばれた阿佐田哲也の一節。
余裕があり過ぎると人は緊張感をなくし、勘が鈍くなることがあります。
ウォール街の格言にも『人の一生に投機をしてはならない時が二度ある。
投機をする余裕のない時と、余裕のある時がそれだ』とあります。

その他情報は、こちらより



2020年5月25日(月)

[金]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は軟調なNY時間外を背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比6円安の5,986円、出来高は14,490枚。

[白金]
NY高や円の軟化を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外安を背景に当ぎりがマイナス圏に転じるなど値を削ったが、値頃買いなどが入り、全限月がプラス圏で取引を終了している。
先限は前日比24円高の2,849円、出来高は4,576枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外が水準を切り上げるのを背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比850円高の25,800円、出来高は13,007枚。ガソリン先限は前日比840円高の35,150円、出来高は222枚。

[ゴムRSS3]
円相場の軟化を受けて、買いが先行して始まった。その後午前中はおおむねプラス圏で推移したが、期近限月は当ぎり納会に絡む小口の整理売りに押され、マイナス圏で取引を終了している。
先限は前日比1.4円高の152.9円、出来高は1,677枚。

[とうもろこし]
円安を受けて、買い先行で始まった。その後は薄商いのなか、寄り値近辺での推移となって取引を終了している。
先限は前日比160円高の22,370円、出来高は41枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
マーケットでトレードする正しい方法は一つではない。自分がどんな人間なのかを知り、自分にとって心地よい投資手法を採用すればいい。
『マーケットの魔術師』のスティーブ・コーエンは、自分の個性に合った
トレーディング・スタイルをとることが極めて重要だといっています。
まずは、何が儲かるかではなく、何が自分に向いているかを見極める
ことが一番大切なことです。


会員各位
25日(月)はガソリン・ゴムの納会日です。26日(火)の日中立会より新甫が発会されます。
ガソリン・ゴムコースの会員様は、26日以降に配信される売買サービス時記載の限月に、ご注意下さいますようお願い申し上げます。


*配信先アドレスのご登録は、携帯とPCといったように最大2つまで可能です。
追加アドレスをご希望の方は、お問合せもしくは会員専用メールアドレスよりお知らせ下さいますようお願いいたします。

その他情報は、こちらより



2020年5月22日(金)

[金]
NY安を受けて、軒並み売りが先行して始まった。その後は概ね軟調に推移した後、引けにかけて押し目買いがみられ、下げ幅を縮小させて取引を終了している。
先限は前日比27円安の5,992円、出来高は24,382枚。

[白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後は下げ渋る場面もあったが、NY時間外の軟化を眺め、再び売りに押されて取引を終了している。
先限は前日比45円安の2,825円、出来高は8,908枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後は中国が全国人民代表大会(全人代)で今年の経済成長目標の公表を見送り、NY原油時間外の失望売りが膨らむのを眺め、下げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比1,730円安の24,950円、出来高は37,143枚。ガソリン先限は前日比1,290円安の34,310円、出来高は588枚。

[ゴムRSS3]
上海ゴムの下落を受けて、売りが先行して始まった。その後も円ジリ高や上海ゴム相場の下げ幅拡大を眺めて、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比4.0円安の151.5円、出来高は3,687枚。

[とうもろこし]
シカゴ安を受けて、売り先行で始まった。その後も水準を切り下げるなど軟調に推移して取引を終了している。
先限は前日比260円安の22,210円、出来高は130枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
褒められる仕手は全盛の極み、人より先に提灯を消せ

褒められる仕手とは相場の天底にある人のこと。
この人に提灯をつけたら素早く逃げましょう。
とんだ振るい落としに引っかかる可能性があります。


引き続き、
ゴム、とうもろこしのスイングも好調!




その他情報は、こちらより



2020年5月21日(木)

[金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後もNY金時間外の軟調を映して下げ幅を拡大し、期先を中心にこの日の安値圏で取引を終了している。
先限は前日比43円安の6,019円、出来高は14,667枚。

[白金]
NY高を受けて、続伸して始まった。その後はNY時間外の軟化を受けて水準を切り下げ、全限月がマイナス圏で取引を終了している。
先限は前日比11円安の2,870円、出来高は6,640枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の引き締まりや為替相場の円安を背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比1,540円高の26,680円、出来高は31,541枚。ガソリン先限は前日比1,390円高の35,600円、出来高は293枚。

[ゴムRSS3]
原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後も上海ゴム相場の上昇を背景に上げ幅を拡大した。ただ、午後は上海ゴム相場の軟化を背景に、値を消す限月が相次いで取引を終了している。
先限は前日比0.6円高の155.5円、出来高は3,609枚。

[とうもろこし]
決め手材料難のなか、方向感なく始まった。その後も薄商いのなか、玉次第での動きとなって取引を終了している。
先限は前日比40円高の22,470円、出来高は116枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
下手な難平(なんぴん)、怪我のもと
難平の難は損のことで、平は平均化するということ。
勝った銘柄が値下がりした場合、さらに買い増すことによって、
平均の買いコストを下げ、次の上昇時に利食いしやすくする行為のことを言います。
しかし、難平はトレンドに逆らう行為のため、そのタイミングを間違えると損失が拡大
することもあり、非常に危険です。

その他情報は、こちらより



2020年5月20日(水)

[金]
NY高と円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外の強地合いを受けて上げ幅を広げたが、買いが一巡すると値を削って取引を終了している。
先限は前日比59円安の6,062円、出来高は20,504枚。

[白金]
NY高や円の軟化を受けて、急伸して始まった。その後もNY時間外の上昇を背景に、堅調に推移して取引を終了している。
先限は前日比83円高の2,881円、出来高は6,878枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後は決め手を欠き、安値圏でもみ合って取引を終了している。
原油先限は前日比180円安の25,140円、出来高は11,527枚。ガソリン先限は前日比310円安の34,210円、出来高は202枚。

[ゴムRSS3]
米株安と円相場軟化の強弱材料を受けて、小動きで始まった。その後は値頃の買いに上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比1.2円高の154.9円、出来高は1,835枚。

[とうもろこし]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は薄商いのなか、先限が小口の売りに押され、上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比120円高の22,430円、出来高は84枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
踏んだらしまい、投げたらしまい
相場において重要なのは、踏み(売り方が損をして買い戻すこと)か、
投げ(買い方が損をして投げ出すこと)の見極めです。
踏みが出尽くしたら天井、投げが出尽くしたら底と言われます。

その他情報は、こちらより



2020年5月19日(火)

[金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY金時間外の戻りを受けて下げ渋る場面もあったが、引けにかけて再び売り直され、10月きり以降はこの日の安値圏で取引を終了している。
先限は前日比81円安の6,003円、出来高は39,859枚。

[白金]
NY高や円相場の軟化を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の軟化を背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比27円高の2,798円、出来高は7,001枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NYの急伸を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外が利食い売りに値を消すのを背景に、上げ幅を縮小して取引を終了している。
原油先限は前日比1,080円高の25,320円、出来高は27,230枚。ガソリン先限は前日比1,050円高の34,520円、出来高は379枚。

[ゴムRSS3]
原油高を受けて、上伸して始まった。その後も上海ゴム相場の強地合いにも支えられ、水準を切り上げた。ただ、午後に入ると買い一服感が広がり、上値を重くして取引を終了している。
先限は前日比2.3円高の153.7円、出来高は2,049枚。

[とうもろこし]
決め手材料難のなか、方向感なく始まった。その後は期先限月が小口の売りに押され、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比120円安の22,310円、出来高は141枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
降ると見ば積もらぬうちに払えかえし雪に折れぬ青柳の糸
相場を仕掛ける前に、相場が思惑と反対に動いた時のことを考えて、
損金額を設定して逆指値をしておくこと。
そうすれば、現実にその通りになってもリスクを回避できます。

その他情報は、こちらより



2020年5月18日(月)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外の強地合いを受けて上げ幅を拡大し、この日の高値圏で取引を終了している。
先限は前日比102円高の6,084円、出来高は32,450枚。

[白金]
NY高を受けて、大幅続伸して始まった。その後もNY時間外の堅調地合いを背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比129円高の2,771円、出来高は9,419枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外が水準を切り上げるのを背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比810円高の24,240円、出来高は62,854枚。ガソリン先限は前日比680円高の33,470円、出来高は276枚。

[ゴムRSS3]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後は一時引き締まる場面もあったが、新型コロナウイルスによる景気回復の遅れや米中関係の悪化などへの警戒感が根強く、マイナス圏に沈み、以降も軟調に推移して取引を終了している。
先限は前日比1.6円安の151.4円、出来高は1,956枚。

[とうもろこし]
小口の売りを受けて、売りが先行して始まった。その後はシカゴ相場がショートカバーで上昇したことを背景に、買い優勢で推移して取引を終了している。
先限は前日比140円高の22,430円、出来高は56枚。


いつもありがとうございます。

金、白金は本日急騰。
スイングは大幅利益です!
朝からお喜びのお言葉をたくさんたくさん頂戴しております。

先週のシステムは買いサイン。
売りたくても売りは厳禁!
怖いところでも断固買い!でした。

金スイング
月間獲得利益幅は、290円
白金スイング
月間獲得利益幅は、280円

今後も面白いことあります。
乞うご期待!



本日の相場格言
二日新甫(しんぼ)は荒れる
古くから言い伝えられているジンクス。

その他情報は、こちらより



2020年5月15日(金)

[金]
NY高市場の上昇と円安を受けて、軒並み買いが先行して始まった。その後は伸び悩んだが、終盤にかけてはNY金時間外の上伸を背景に地合いを強め、先限はこの日の高値で取引を終了している。
先限は前日比94円高の5,982円、出来高は26,540枚。

[白金]
決め手材料難から売り買いが交錯して、まちまちで始まった。その後はもみ合いで推移したが、午後ではNY時間外の堅調を受けて地合いを引き締めて取引を終了している。
先限は前日比41円高の2,642円、出来高は3,069枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY原油の急反発を受けて、軒並み上伸して始まった。その後はNY原油時間外取引のが水準を切り上げたのを眺めて地合いを引き締めて、上げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比1,600円高の23,430円、出来高は66,140枚。ガソリン先限は前日比1,380円高の32,790円、出来高は326枚。

[ゴムRSS3]
週末を控えたポジション調整で、方向感を欠いて始まった。その後は上海ゴム相場の底堅い地合いを眺めた買い戻しに引き締まり、午後も買いが継続し、先限はこの日の高値で取引を終了している。
先限は前日比1.9円高の153.0円、出来高は1,160枚。

[とうもろこし]
シカゴ安と円安の強弱感が交錯して、方向感なく始まった。その後は小口の買いに期先限月が水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比130円高の22,290円、出来高は120枚。


いつもありがとうございます。

5月
スイングは好調継続

ゴムは年間獲得利益200円幅突破!
白金は、2000円幅突破!

現在動きのある金、原油は、さらに利益拡大し、
金は、年間利益2000円幅を大きくクリア!
原油は、年間利益あっさりと40,000円幅の大台を突破!


今月も皆様よりお喜びのお言葉をたくさん頂戴しております。
誠にありがとうございます。

システムの動向を見る限り、

過去最高利益更新するコースもありか!!

乞うご期待。




本日の相場格言
覆水盆に返らず
一度したことは取り返しがつかないことの喩えで、相場においては、慎重かつ迅速な判断が大切だということです。


その他情報は、こちらより



2020年5月14日(木)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外の上げ一服を背景に、伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日比16円高の5,888円、出来高は16,764枚。

[白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外の頭重さを眺めて一段安となったが、終盤は安値を拾う動きもあって取引を終了している。
先限は前日比33円高の2,601円、出来高は4,004枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は円高に振れるのを眺めて軟化。終盤は、英国産標準油種の北海ブレント先物期近がマイナスからプラスに転じたことなどを背景に、期近3限月がプラス圏に浮上して取引を終了している。
原油先限は前日比340円安の21,830円、出来高は64,358枚。ガソリン先限は前日比650円安の31,410円、出来高は165枚。

[ゴムRSS3]
米国株が下落したことを受けて、小幅続落して始まった。その後も上海ゴム相場の下落や円相場の引き締まりを眺めた売りに押される展開となり、結局この日の安値圏で取引を終了している。
先限は前日比1.0円安の151.1円、出来高は1,314枚。

[とうもろこし]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後も小口の売りに押され、やや水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比180円安の22,160円、出来高は109枚。


いつもありがとうございます。

相場で一時的にマイナスが出てしまうことは、当然ございます。
また、一発で儲けようとすることもかなり無理がございます。
簡単なことのようでとても難しいことではございますが、一番はコツコツ継続することが成功への道へと繋がるのです。
その時々の利益は小さいかもしれませんが、相場で勝ち続けるためには、この小さなものの積み重ねがとても重要なのです。
先々で、きっと大きなものに変わります。


本日の相場格言
風林火山
武田信玄の旗印として有名な言葉ですが、原文は「ソノ疾キコト風ノゴトク、ソノ徐カナルコト
林ノゴトク、侵掠スルコト火ノゴトク、動カザルコト山ノゴトシ」(孫子の『兵法』)。
この4文字が表しているのは、風・火の部分の「動」 林・山の「静」の使い分けです。
つまり、相場において、逆境の時は、「静」を貫き、再びチャンスが巡ってきたら、
躊躇せず「動」に転ずることと解釈できます。

その他情報は、こちらより



2020年5月13日(水)

[金]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外の堅調を背景に切り返す場面もあったが、買い一巡後は売りに押され、2番ぎり以降が小幅ながらマイナス圏で取引を終了している。
先限は前日比1円安の5,872円、出来高は11,819枚。

[白金]
NY安や円の上昇を受けて、続落して始まった。その後はNY時間外の戻りを背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比6円高の2,634円、出来高は3,444枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外、円相場とも方向感なく推移するのを背景に、もみ合って取引を終了している。
原油先限は前日比440円安の22,170円、出来高は60,904枚。ガソリン先限は前日比400円安の32,060円、出来高は232枚。

[ゴムRSS3]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は上海ゴム相場の下落も重なって軟調に推移した。午後は買い戻しの動きがみられたが上値は重く、結局全限月がマイナス圏で取引を終了している。
先限は前日比0.2円安の152.1円、出来高は1,950枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後は手掛かりに欠けるなか、玉次第での動きとなって取引を終了している。
先限は前日比20円高の22,340円、出来高は155枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
人の行く裏道に道あり花の山
花見の時は人が大勢いくより所よりも、人があまり行かない裏山にこそ美しい
花の山があったりするものです。
相場も同じで、人気の少ない方につくのが鉄則です。

その他情報は、こちらより



2020年5月12日(火)

[金]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は上げ幅を縮小する場面もあったが、NY時間外の戻りを受けて水準を切り上げ、総じて始値付近で取引を終了している。
先限は前日比16円高の5,873円、出来高は13,529枚。

[白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外の軟調を映して下値を追ったが、終盤は下げ渋って取引を終了している。
先限は前日比15円安の2,628円、出来高は3,465枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後は円高を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比790円安の22,610円、出来高は65,910枚。ガソリン先限は前日比690円安の32,460円、出来高は232枚。

[ゴムRSS3]
円の軟化を受けて、続伸して始まった。その後は円の引き締まりや上海ゴムの下げを背景に売り優勢の展開となり、結局はマイナスサイドで取引を終了している。
先限は前日比0.5円安の152.3円、出来高は1,921枚。

[とうもろこし]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は円相場の引き締まりを眺めた売りなどに押され、期先限月が軟化して取引を終了している。
先限は前日比160円安の22,320円、出来高は218枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
久しく動かざりし相場が動き始めたる時はこれを売るなかれ
長期間、保ち合っていた相場が動き始めると、ほぼ上昇する傾向にあります。
ここで決して売らないようにしましょう。

その他情報は、こちらより



2020年5月11日(月)

[金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY金時間外の下げ渋りを映して切り返す場面もあったが、午後は閑散な商いの中、NY時間外の軟調を受け、マイナス圏に沈んで取引を終了している。
先限は前日比2円安の5,857円、出来高は17,395枚。

[白金]
NY高や円相場の軟化を受けて、続伸して始まった。その後はNY時間外の堅調を背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比30円高の2,643円、出来高は4,305枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外、円相場とも方向感なく推移するのを背景に、もみ合って取引を終了している。
原油先限は前日比400円高の23,400円、出来高は17,210枚。ガソリン先限は前日比100円高の33,150円、出来高は404枚。

[ゴムRSS3]
原油高、円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は上海ゴムの上昇を支えに強含んだものの、終盤は手じまいなどの売りに値を削って取引を終了している。
先限は前日比0.1円高の152.8円、出来高は2,239枚。

[とうもろこし]
シカゴ高や円安を受けて、買いが先行して始まった。その後もシカゴ夜間相場高を背景に、堅調に推移して取引を終了している。
先限は前日比300円高の22,480円、出来高は183枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
必勝法はないが、多勝法はある
投資の必勝法など存在しません。なぜなら、負けを100%排除することは
決してできないからです。ですが相場で勝率をあげることは可能です。

その他情報は、こちらより



2020年5月8日(金)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY金の堅調地合いを受けて水準を切り上げたが、午後は手じまい売りに押され上げ幅を削って取引を終了している。
先限は前日比89円高の5,859円、出来高は19,516枚。

[白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外の上伸を背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比63円高の2,613円、出来高は3,954枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
方向感が乏しく、まちまちで始まった。その後はNY時間外の堅調地合いを背景に水準を切り上げ、全限月がプラスサイドで取引を終了している。
原油先限は前日比350円高の23,000円、出来高は22,724枚。ガソリン先限は前日比1,130円高の33,050円、出来高は585枚。

[ゴムRSS3]
方向感が乏しく、先ぎりは小幅高で始まった。その後はポジション調整の売りに軟化したが、株高を背景に買い直され、プラスサイドで取引を終了している。
先限は前日比0.4円高の152.7円、出来高は3,732枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後も上げ幅を拡大するなど堅調に推移して取引を終了している。
先限は前日比550円高の22,180円、出来高は273枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
万人が万人ながら強気なら、たわけになりて売るべし
多勢の逆を狙ってこそ大成功の可能性があるということ。
同意語に「野も山も皆一面に弱気なら、阿呆になりて相場を買うべし」。

その他情報は、こちらより



2020年5月7日(木)

[金]
円高を受けて、続落して始まった。その後はNY時間外の戻りを受けて一時切り返したが、買い一巡後は再び水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比13円安の5,770円、出来高は18,339枚。

[白金]
NY安や円相場の引き締まりを受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外の上伸を背景に、下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比20円安の2,550円、出来高は4,525枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外が方向感なく推移するのを背景に、限られた値幅で上下して取引を終了している。
原油9限は前日比580円高の22,650円、出来高は21,516枚。ガソリン先限は前日比1,520円高の31,920円、出来高は564枚。

[ゴムRSS3]
欧米原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後は上海ゴム相場の上昇を支援に一段高となり、大引けにかけてはプラス圏でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比3.5円高の152.3円、出来高は4,078枚。

[とうもろこし]
シカゴ安や円高を受けて、売りが先行して始まった。その後も期先限月が水準を切り下げるなど弱含みでの推移となって取引を終了している。
先限は前日比250円安の21,630円、出来高は137枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
バラを切るごとく売るべし
どうせバラをもらうなら、満開よりも八分咲きのほうが長く楽しめて嬉しいものです。
相場も同じ。八分目ぐらいで利食いして、実現益を手にすることが賢明だとされます。

その他情報は、こちらより



2020年5月1日(金)

[金]
NY市場の下落を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY金時間外の軟化や円相場の引き締まりを受けて、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比90円安の5,783円、出来高は24,947枚。

[白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外の軟調地合いと円ジリ高を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比66円安の2,570円、出来高は6,277枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY原油の上伸を受けて、軒並み買いが先行して始まった。その後はNY時間外が水準を切り上げるのを背景に上げ幅を拡大する場面も見られたが、買いが一巡した後は利食い売りに押されて上げ幅を縮小して取引を終了している。
原油9限は前日比1,090円高の21,570円、新甫10月限は22,070円、出来高は33,386枚。ガソリン先限は前日比990円高の30,400円、出来高は392枚。

[ゴムRSS3]
まちまちで始まった。その後は円相場の上昇、株式相場の下落を背景に地合いを緩め、この日の安値圏で取引を終了している。
先限は前日比1.8円安の148.8円、出来高は3,000枚。

[とうもろこし]
シカゴの上昇を受けて、期先は高寄りして始まった。その後はシカゴ夜間相場の弱含みを背景に、軟調に推移して取引を終了している。
先限は前日比270円高の21,880円、出来高は198枚。


いつもありがとうございます。


スイング、デイトレ好調継続!

金、白金、ガソリン、原油、ゴム、とうもろこしのスイングは、1~4月は負けなし全勝。

白金スイングは年間獲得利益幅、2000円突破も目前!

金スイングは2000円突破、原油スイングは40000円突破!
1枚ベースの利益額はともに、200万円超え。


連日皆様よりお喜びのお言葉を頂戴いたしております。
誠にありがとうございます。



本日の相場格言
早耳の早倒れ
早耳は、昔は役に立っても、情報網が発達した今日ではあまり効果がありません。
早耳であると思っていたら、すでに遅耳だったということもあるからです。


その他情報は、こちらより



2020年4月30日(木)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外の上げ一服を眺めて伸び悩んだものの、大引けにかけては引き締まって取引を終了している。
先限は前日比42円高の5,873円、出来高は16,002枚。

[白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の堅調地合いを背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比86円高の2,636円、出来高は5,544枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NYの急伸を受けて、買い先行して始まった。その後もNY時間外が水準を切り上げるのを背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比1,780円高の20,480円、出来高は34,450枚。ガソリン先限は前日比2,410円高の29,410円、出来高は467枚。

[ゴムRSS3]
NYの急伸を受けて、反発して始まった。その後は月末要因からのポジション調整もあり、全般は上値が重く取引を終了している。
先限は前日比0.0円の150.6円、出来高は6,483枚。

[とうもろこし]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は期中限月が小口の売りに水準を切り下げる一方、期先限月はシカゴ夜間相場高を眺めた買いにしっかりとした推移となって取引を終了している。
先限は前日比190円高の21,610円、出来高は232枚。


いつもありがとうございます。

今月も皆様お疲れさまでした。

4月も完全勝利!
先月に引き続き、連戦連勝。
特にスイング各銘柄は大幅利益獲得。
5月以降も注目です!



以下は、4月度の各コースの獲得利益幅です。

スイングトレード
東京金 ・・・570円(1000倍)
東京白金 ・・・341円(500倍)
東京原油 ・・・5050円(50倍)
東京ガソリン ・・・15320円(50倍)
東京ゴム ・・・53.5円(5000倍)
東京コーン ・・・2700円(50倍)

デイトレード
東京金 ・・・1028円(1000倍)
東京白金 ・・・742円(500倍)
東京原油 ・・・18290円(50倍)
東京ガソリン ・・・12920円(50倍)
東京ゴム ・・・25.8円(5000倍)

5月度もよろしくお願いします。


本日の相場格言
初押しは買い、初戻りは売り
相場は上がり始めの押しは絶好の買い、下げ始めの戻りは絶好の売り場面と、
三段高下の原則に基づいています。

その他情報は、こちらより



2020年4月28日(火)

[金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY金の軟調を廃棄絵に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比97円安の5,831円、出来高は20,680枚。

[白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY白金時間外安を背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比52円安の2,550円、出来高は3,851枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NYの急反落を受けて、売り先行して始まった。その後もNY時間外が水準を切り下げるのを背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比1,110円安の18,700円、出来高は18,895枚。ガソリン先限は前日比1,600円安の27,000円、出来高は318枚。

[ゴムRSS3]
決め手材料難の中、まちまちで始まった。その後は午前中は株価や上海ゴム相場の下落を眺めて軟調に推移した。しかし、下値ではポジション調整などの買いもみられ、午後は下げ渋って取引を終了している。
先限は前日比0.9円安の150.6円、出来高は4,598枚。

[とうもろこし]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後も水準を切り下げるなど軟調な展開で取引を終了している。
先限は前日比290円安の21,420円、出来高は523枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
初め半分
何事も初めが肝心。相場でも始める前に方向性や目標を決めておくことが大切です。

その他情報は、こちらより



2020年4月27日(月)

[金]
NY安と円高を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY金時間外の戻り一服や為替相場の円高を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
2月限は前日比16円安の5,931円、新甫4月限は5,928円、出来高は15,700枚。

[白金]
まちまちで始まった。その後はNY白金時間外の上伸を背景に、全限月がプラス圏に浮上して取引を終了している。
2月限は前日比24円高の2,604円、新甫4月は2,602円、出来高は3,372枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買い先行して始まった。その後はNY時間外の水準切り下げを眺めて軟化。午後には、日銀金融政策決定会合の結果公表後、円高が進行したことから、下げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比690円安の19,810円、出来高は9,432枚。ガソリン10月限は前日比1,150円安の28,600円、新甫11月限は28,600円、出来高は314枚。

[ゴムRSS3]
小口のポジション調整売りが先行し、総じて軟調に始まった。その後は強弱材料が交錯する中で決め手を欠き、寄り値を挟み、もみ合いが続いて取引を終了している。
先限は前日比0.0円の151.5円、出来高は2,353枚。

[とうもろこし]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後もシカゴ夜間相場の下落や円相場の強含みを背景に、軟調に推移して取引を終了している。
先限は前日比420円安の21,710円、出来高は300枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
売買の気の安らかな安楽商い、福徳円満な駆け引きと知れ
あまり自分の目標にこだわらず、ある程度利が乗ったら、
それ以上欲張らずに利食いするのが福徳円満な駆け引きだということ。

その他情報は、こちらより



2020年4月24日(金)

[金]
NY高を受けて、続伸して始まった。その後はNY金時間外の上げ一服を背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比4円安の5,947円、出来高は18,741枚。

[白金]
NY高を受けて、続伸して始まった。その後はNY時間外の軟調を背景とした売りに押され、全限月がマイナス圏で取引を終了している。
先限は前日比9円安の2,580円、出来高は4,395枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高と円高の両材料の綱引きを受けて、方向感を欠いて始まった。その後はNY時間外が水準を切り下げる中円相場の堅調地合いを映して軟化、2番ぎり以降はこの日の安値圏で取引を終了している。
原油先限は前日比830円安の20,500円、出来高は32,951枚。ガソリン先限は前日比20円安の28,930円、出来高は284枚。

[ゴムRSS3]
手掛かり材料が乏しく、まちまちで始まった。その後は株価の軟調を眺めて手じまい売りが強まり、10月きりはこの日の安値で取引を終了している。
9月限は前日比2.0円安の150.0円、新甫10月限は151.5円、出来高は2,549枚。

[とうもろこし]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は買い戻しの動きなどにより水準を切り上げ、一部限月がプラス圏に浮上して取引を終了している。
先限は前日比50円高の22,130円、出来高は217枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
判断を誤ることは正常なことだ。それを修正しないのが異常である。
どんなに研究して、細心の注意を払っても、自分の思惑通りいかないのが相場というもの。
判断を間違えた時は、悪あがきせずに自分の非を認めることです。
相場では自分でミスを認め、それを受け入れるしか生き残る道はありません。
ミスをすることが恥なのではなく、ミスを認めないことが恥なのです。

その他情報は、こちらより



2020年4月23日(木)

[金]
NY高と円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外の強地合いを背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比141円高の5,951円、出来高は22,800枚。

[白金]
NY高や円の下落を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY白金時間外の堅調な動きを背景に、上値を追って取引を終了している。
先限は前日比108円高の2,589円、出来高は4,259枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外の堅調地合いを背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
原油先限は前日比5,090円高の21,330円、出来高は53,778枚。ガソリン先限は前日比3,650円高の28,950円、出来高は667枚。

[ゴムRSS3]
内外原油相場の上昇、米株高を映した買い戻しを受けて、買いが先行して始まった。その後も上海ゴム高を支えに水準を切り上げ、先ぎりはこの日の高値で取引を終了している。
先限は前日比4.3円高の152.0円、出来高は2,358枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後は期先限月が手じまいなどの売りに押され、高値から外れて取引を終了している。
先限は前日比450円高の22,080円、出来高は394枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
野も山も皆一面に弱気なら、阿呆になって相場を買うべし
大成功を望むなら、時には多勢の逆を狙う勇気も必要です。


会員各位
24日(金)はガソリン・金・白金の納会日です。27日(月)の日中立会より新甫が発会されます。
ガソリン・金・白金コースの会員様は、27日以降に配信される売買サービス時記載の限月に、ご注意下さいますようお願い申し上げます。

*配信先アドレスのご登録は、携帯とPCといったように最大2つまで可能です。
追加アドレスをご希望の方は、お問合せもしくは会員専用メールアドレスよりお知らせ下さいますようお願いいたします。

その他情報は、こちらより



2020年4月22日(水)

[金]
NY安と円の軟化の強弱材料を受けて、まちまちで始まった。その後はもみ合ったが、午後に入り、NY金時間外の戻り一服や円相場の上昇を背景に水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比23円安の5,810円、出来高は26,190枚。

[白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY白金時間外の上伸を映して下げ渋る場面もあったが、終盤は再び売りが優勢になって取引を終了している。
先限は前日比76円安の2,481円、出来高は7,942枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NYの急落を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外の戻りを眺めて下げ渋る局面もあったが、円の引き締まりや世界的な供給過剰懸念を背景に売られ、安値を付けて取引を終了している。
原油先限は前日比7,190円安の16,240円、出来高は111,606枚。ガソリン先限は前日比7,750円安の25,300円、出来高は1,123枚。

[ゴムRSS3]
NY原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後も上海ゴム安や円の上昇を背景に、マイナスサイドで取引を終了している。
先限は前日比2.9円安の147.7円、出来高は4,646枚。

[とうもろこし]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後も手じまいなどの売りに押され下げ幅を拡大てして取引を終了している。
先限は前日比750円安の21,630円、出来高は638枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
野菊も咲くまではただの花
相場の面白さは実際にやってみないとわかりません。
時間をかけてやっていくうちに、それが利益に結びついて、
はじめてその醍醐味がわかるものです。


会員各位
23日(木)はゴムの納会日です。24日(金)の日中立会より新甫が発会されます。
ゴムコースの会員様は、24日以降に配信される売買サービス時記載の限月に、ご注意下さいますようお願い申し上げます。


*配信先アドレスのご登録は、携帯とPCといったように最大2つまで可能です。
追加アドレスをご希望の方は、お問合せもしくは会員専用メールアドレスよりお知らせ下さいますようお願いいたします。

その他情報は、こちらより



2020年4月21日(火)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は円高を背景に、水準を切り下げ当ぎりがマイナスサイドに沈んで取引を終了している。
先限は前日比29円高の5,833円、出来高は16,878枚。

[白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY白金時間外の軟調な動きや円の引き締まりを背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比28円安の2,557円、出来高は3,867枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NYの急落を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外が急速に水準を切り上げるのを背景に値を戻し、一時は先ぎりがプラス圏に浮上したが、為替相場が円高に振れたこともあり、引けにかけては再び売られ取引を終了している。
原油先限は前日比660円安の23,430円、出来高は20,006枚。ガソリン先限は前日比1,090円安の33,050円、出来高は550枚。

[ゴムRSS3]
NY原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後は下げ渋る場面もみられたが、上海ゴムの下落や円の上昇が重しとなり、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比4.3円安の150.6円、出来高は2,987枚。

[とうもろこし]
原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後も期先限月が水準を切り下げるなど軟調な推移となって取引を終了している。
先限は前日比340円安の22,380円、出来高は334枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
年々の間、怠るべからず
相場は日々動いているため、一時たりとも研究を怠ってはいけません。
いつどんな形で現れても、今がチャンスだと思ったらすぐに出動できる心構えでいましょう。

その他情報は、こちらより



2020年4月20日(月)

[金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY金時間外の下げ一服や円相場の軟化を背景に、下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比13円安の5,804円、出来高は23,750枚。

[白金]
NY安を受けて、続落して始まった。その後はNY時間外の戻りや円の緩みを眺めて水準を切り上げ、当ぎりがプラス圏に浮上して取引を終了している。
先限は前日比10円安の2,585円、出来高は4,267枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NYの急落を受けて、売りが先行して始まった。その後もNY時間外が水準を切り下げるのを背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比1,110円安の24,090円、出来高は18,992枚。ガソリン先限は前日比840円安の34,140円、出来高は215枚。

[ゴムRSS3]
原油安と欧米株高の強弱材料が綱引きする中、小動きで始まった。その後は目先の下値の底堅さを踏まえた値頃の買いが優勢となり、水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比1.0円高の154.9円、出来高は2,391枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後も期先限月が上げ幅を拡大するなどしっかりとした推移となって取引を終了している。
先限は前日比140円高の22,720円、出来高は187枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
値に惚れて売買するのは慎め、大相場についていくべし
相場は値頃の高低より、仕掛けが波に乗っていることが優先。
値に惚れて売買するものではありません。
たとえ値頃が高くても、それが波に乗っている時は、
勇気を出して買い出動すると、必ず利が出るものです。

その他情報は、こちらより



2020年4月17日(金)

[金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY金時間外の軟調や円相場の引き締まりを受け、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比124円安の5,817円、出来高は25,905枚。

[白金]
NY市場は続落したものの、円安を受けて買いが先行して始まった。その後はNY時間外の戻り一服や円相場の引き締まりを背景に地合いを崩し、マイナスサイドに沈んで取引を終了している。
先限は前日比49円安の2,595円、出来高は4,529枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の伸び悩み、為替相場が円高・ドル安に振れるのを眺め、上値重く推移して取引を終了している。
原油先限は前日比550円高の25,200円、出来高は14,102枚。ガソリン先限は前日比170円高の34,980円、出来高は189枚。

[ゴムRSS3]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は上海ゴムや日経平均株価の上昇を背景に、堅調に推移して取引を終了している。
先限は前日比2.7円高の153.9円、出来高は2,725枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後はシカゴ時間外取引の続伸を背景に、堅調に推移して取引を終了している。
先限は前日比180円高の22,580円、出来高は109枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
忍の一字は衆妙(しゅうみょう)の門
忍耐は優れた人物に至る道であるという意味。相場が外れると動揺してしまい、先の展望を見失いがちですが、これを我慢すれば良い展望が開けてくると言っています。


デイトレ、スイング全銘柄絶好調!
先月のコロナショックでの大利益の流れを引き継ぎ、好調継続。

特に貴金属、金、白金は大利益獲得。
金の月間獲得利益幅、400円超。
白金は、200円超。



その他情報は、こちらより



2020年4月16日(木)

[金]
NY安を受けて、続落して始まった。その後はNY金時間外の戻りや円相場の軟化を背景に下げ幅を縮め、期中以降の4限月がプラス圏に浮上して取引を終了している。
先限は前日比13円高の5,941円、出来高は21,075枚。

[白金]
NY安を受け、売りが先行して始まった。その後はNY時間外の上伸や円の緩みを手掛かりに値位置を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比24円安の2,644円、出来高は4,614枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外の戻りや円安を背景に、プラス圏へ浮上する場面もあったが、買い一巡後はNY時間外がだれるのを眺め、軟化して取引を終了している。
原油先限は前日比310円安の24,650円、出来高は18,324枚。ガソリン先限は前日比440円安の34,810円、出来高は231枚。

[ゴムRSS3]
原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後は午前中は円相場の軟化を背景に下げ渋る場面もみられたが、午後は円の軟化が一服する中、上海ゴム安を受けた売りが再び強まって取引を終了している。
先限は前日比1.1円安の151.2円、出来高は1,973枚。

[とうもろこし]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後は手掛かりに欠けるなか、寄り値近辺でもみ合って取引を終了している。
3月限は前日比130円安の22,420円、新甫5月限は22,400円、出来高は220枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
人気は熱しやすく、また冷めやすい
相場で成功するなら人気につけと言われますが、人気は熱しやすく冷めやすいので、
油断すると人気に置き去りにされます。
そのため、人気の消長をしっかり見極めることが大切です。

その他情報は、こちらより



2020年4月15日(水)

[金]
NY安と円高を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY金時間外の値下がり一服を背景に、下げ渋って取引を終了している。
先限は前日比32円安の5,928円、出来高は22,323枚。

[白金]
NY高を受け、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の堅調地合いに支えられ、期先を中心に始値付近でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比49円高の2,658円、出来高は8,342枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外が水準を切り下げるのを背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比1,420円安の24,960円、出来高は22,637枚。ガソリン先限は前日比980円安の35,250円、出来高は247枚。

[ゴムRSS3]
様子見ムードを受けて、小動きで始まった。その後は上海ゴム相場の上昇などを受けたポジション調整の買いが強まり、堅調に推移して取引を終了している。
先限は前日比0.9円高の152.3円、出来高は1,727枚。

[とうもろこし]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後は先限が手じまいなどの売りに押され、軟調に推移して取引を終了している。
先限は前日比180円安の22,550円、出来高は373枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
二百十日の前後ろ
立春から210日前後になると、台風の接近などで農作物への影響が懸念されます。
この時期は注意が必要です。

その他情報は、こちらより



2020年4月14日(火)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外の強地合いを映して上げ幅を拡大したが、終盤はNY時間外の上げ一服を受けて伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日比117円高の5,960円、出来高は26,018枚。

[白金]
NY高を受け、反発して始まった。その後はNY時間外の上伸を背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比39円高の2,619円、出来高は4,500枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
まちまちで始まった。その後はNY時間外の堅調な地合いを背景に、4番きりの7月きりがプラス圏に浮上したが、全体的には方向感なく推移して取引を終了している。
原油先限は前日比820円高の26,380円、出来高は19,895枚。ガソリン先限は前日比230円高の36,230円、出来高は222枚。

[ゴムRSS3]
原油安を受けて、続落して始まった。その後は円相場が引き締まる一方で取引中の原油相場が持ち直すなど、強弱両材料が交錯したことから、方向感を欠いて取引を終了している。
先限は前日比0.4円安の151.4円、出来高は2,772枚。

[とうもろこし]
円の上昇を受けて、売りが先行して始まった。その後は原油相場が堅調に推移したことや、株価の上昇を眺めて水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比120円安の22,730円、出来高は156枚。


いつもありがとうございます。

会員各位
15日(水)はコーンの納会日です。16日(木)の日中立会より新甫が発会されます。
コーンコースの会員様は、16日以降に配信される売買サービス時記載の限月に、ご注意下さいますようお願い申し上げます。


*配信先アドレスのご登録は、携帯とPCといったように最大2つまで可能です。
追加アドレスをご希望の方は、お問合せもしくは会員専用メールアドレスよりお知らせ下さいますようお願いいたします。

本日の相場格言
日計足らず、歳計余りあり
小さな利益を長い間コツコツ積み重ねれば、大きな利益につながるということ。

その他情報は、こちらより



2020年4月13日(月)

[金]
NY高を受けて、続伸して始まった。その後はNY金時間外の軟調や円の上昇を受けて水準を切り下げ、全限月がマイナス圏で取引を終了している。
先限は前日比11円安の5,843円、出来高は10,975枚。

[白金]
円の引き締まりを受け、売りが先行して始まった。その後はYの軟化や円の上昇を眺めて下げ幅を拡大したが、大引けにかけて下げ渋って取引を終了している。
先限は前日比12円安の2,580円、出来高は2,779枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外が上昇したことを背景に、プラス圏に浮上した。買い一巡後はNY時間外に追随する形で戻り売りに押されて再び下落、この日の安値圏で取引を終了している。
原油先限は前日比740円安の25,560円、出来高は78,209枚。ガソリン先限は前日比0円の36,000円、出来高は383枚。

[ゴムRSS3]
原油安を受けて、続落して始まった。その後は円相場が引き締まる一方で取引中の原油相場が持ち直すなど、強弱両材料が交錯したことから、方向感を欠いて取引を終了している。
先限は前日比1.2円安の151.8円、出来高は1,935枚。

[とうもろこし]
夜間立ち合いの地合いを受けて、買いが先行して始まった。その後は円相場の強含みを眺めた売りに押され、伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日比50円高の22,850円、出来高は93枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
憎まれる仕手に提灯をつけよ
憎まれる仕手とは、儲ける相場人のこと。
このような相場人に提灯をつければ儲かるということです。

その他情報は、こちらより



2020年4月10日(金)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は決め手になる材料を欠く中、始値付近でのもみ合いが続いて取引を終了している。
先限は前日比77円高の5,854円、出来高は24,277枚。

[白金]
NY高を受け、上伸して始まった。その後は手掛かり材料難から売り買いが交錯したものの、大引けにかけて水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比54円高の2,592円、出来高は3,741枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY安を受けて、続落して始まった。その後は20カ国・地域(G20)エネルギー相会合での減産合意期待などを背景に切り返し、プラス圏を維持して取引を終了している。
原油先限は前日比730円高の26,300円、出来高は54,874枚。ガソリン先限は前日比720円高の36,000円、出来高は231枚。

[ゴムRSS3]
円高と原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後は中東産原油が切り返す中、上海ゴム相場の堅調地合いを眺めて下げ渋り、期近は一時プラス圏に浮上して取引を終了している。
先限は前日比1.5円安の153.0円、出来高は2,203枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後は手掛かり難のなか、寄り値近辺での推移となって取引を終了している。
先限は前日比80円高の22,800円、出来高は52枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
煮え詰まれば動機づく
底値を極めれば上昇し、天井を極めれば下降する。これが相場の原理です。

その他情報は、こちらより



2020年4月9日(木)

[金]
決め手になる材料を欠いたことから、まちまちで始まった。その後はNY時間外の戻りを受けて水準を切り上げ、当ぎりと期先3限月がプラス圏で取引を終了している。
先限は前日比22円高の5,777円、出来高は11,348枚。

[白金]
NYの戻りを受け、反発して始まった。その後は閑散な商いの中を手掛かり材料難から売り買いが交錯して取引を終了している。
先限は前日比23円高の2,538円、出来高は3,156枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、小幅高で始まった。その後はNY時間外が水準を切り下げるのを背景に、マイナス圏に沈んで取引を終了している。
原油先限は前日比670円安の25,570円、出来高は61,188枚。ガソリン先限は前日比140円安の35,280円、出来高は146枚。

[ゴムRSS3]
欧米原油高を受けて、買いが先行して始まった。買い一巡後は利食いなどの売りに押されて伸び悩む場面もみられたが、終盤は再び買いが強まって取引を終了している。
先限は前日比3.2円高の154.5円、出来高は2,300枚。

[とうもろこし]
決め手材料難のなか、方向感なく始まった。その後は小口の売りに押され、期先限月が水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比190円安の22,720円、出来高は108枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
ニュースは発表された瞬間、古くさいものになる
株式市場の材料は周知された時点で、情報価値はなくなります。
例えば、ある会社で良い決算が発表されても、既に情報を知っている
人たちに先食いされている分、株価の上昇力はなくなっているからです。
逆に悪い決算が予想されている場合、株価はほとんど下がりません。
よい決算が出たからと、その時点で買いに出ても、儲けはほとんど期待
できないのです。

先物ニュース!

2020年3月の概況について
2020年3月の全商品1日平均取引高は167,431枚、前月比62.6%増


詳しくはこちらをご覧ください。

その他情報は、こちらより



2020年4月8日(水)

[金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY金時間外の底堅さや円相場の軟化を背景に、下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比27円安の5,755円、出来高は20,917枚。

[白金]
NYの軟化を受け、売りが先行して始まった。その後はNY時間外の下げ一服や円の緩みを背景に、下値を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比28円安の2,515円、出来高は4,146枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後は方向感を欠いたNY時間外を背景に、先ぎりは1000円幅でもみ合って取引を終了している。
原油先限は前日比360円安の26,240円、出来高は84,667枚。ガソリン先限は前日比700円安の35,420円、出来高は214枚。

[ゴムRSS3]
欧米原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後は円相場の軟化、上海ゴム相場の堅調地合いを眺めて徐々に買いが優勢となり、全限月がプラス圏に浮上し取引を終了している。
先限は前日比2.5円高の151.3円、出来高は3,227枚。

[とうもろこし]
シカゴ高と円高を受けて、方向感なく始まった。その後は薄商いのなか、先限がやや水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比0円の22,910円、出来高は134枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
難平(なんぴん)商い損のもと
本間宗久が難平(ナンピン)を厳しく戒めているように、これには賛否両論あります。
小相場ならともかく、大相場でのリスクはかなり大きいため、おすすめしません。

その他情報は、こちらより



2020年4月7日(火)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外の上げ一服を背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比94円高の5,782円、出来高は28,495枚。

[白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の伸び悩みを背景に、上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比8円高の2,543円、出来高は4,874枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NYの急落を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外が方向感を欠いたことから、ポジション調整中心の商いとなって取引を終了している。
原油先限は前日比100円高の26,600円、出来高は69,472枚。ガソリン先限は前日比360円安の36,120円、出来高は210枚。

[ゴムRSS3]
欧米市場で株式相場が大幅高となったことを受けて、買いが先行して始まった。その後は大半の限月がマイナス圏に沈んだが、上海ゴム相場の堅調地合いを支えに期先中心に買い戻され、5、6月きりを除き、プラス圏で取引を終了している。
先限は前日比1.9円高の148.8円、出来高は3,267枚。

[とうもろこし]
決め手材料難のなか、方向感なく始まった。その後も薄商いのなか、小幅な値動きにとどまって取引を終了している。
先限は前日比30円安の22,910円、出来高は66枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
汝が成さんと欲する所、これを成し終えるまで人に語る事なかれ
古くから「計り事は宜しく密なることを要す」と言われるように、
相場においても売買の仕掛けを他人に漏らすなということ。
人があることを計画している場合、それが完成しないうちに他言すると
不利になることが少なくないからです。

その他情報は、こちらより



2020年4月6日(月)

[金]
NY高と円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外の堅調地合いや円の軟化を受けて上げ幅を拡大し、この日の高値圏で取引を終了している。
先限は前日比133円高の5,688円、出来高は20,212枚。

[白金]
NYの戻りや円の軟化を受けて、小幅続伸して始まった。その後はNY時間外の戻りや円の緩みを眺めていったん水準を切り上げたが、買い一巡後は伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日比75円高の2,535円、出来高は6,141枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外が水準を切り上げる中、円安を背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比2,360円高の26,500円、出来高は30,102枚。ガソリン先限は前日比1,630円高の36,480円、出来高は382枚。

[ゴムRSS3]
円安やNY原油の急伸を受けて、続伸して始まった。その後は戻り売りに上げ幅を削り、当ぎりは一時マイナス圏に転じる場面もあったが、午後は新型コロナウイルスへの過度な警戒感が後退し、株価が急伸したため、買い直されて取引を終了している。
先限は前日比2.6円高の146.9円、出来高は2,318枚。

[とうもろこし]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後も円の弱含みを眺めた買いに期先限月が水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比200円高の22,940円、出来高は237枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
泣く時は泣いて渡れ
相場が反転した時は、大勢の動きに逆らわず、辛抱強く相場に対処していきましょう。

その他情報は、こちらより



2020年4月3日(金)

[金]
NY高と円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外の軟化を背景に、伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日比123円高の5,555円、出来高は18,407枚。

[白金]
円の軟化を受けて、上昇して始まった。その後はNYの軟調を背景に、上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比5円高の2,460円、出来高は3,803枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、続伸して始まった。その後はNY時間外が利益確定売りなどに水準を切り下げるのを背景に、上げ幅を縮小して取引を終了している。
原油先限は前日比170円安の24,140円、出来高は29,638枚。ガソリン先限は前日比120円安の34,850円、出来高は584枚。

[ゴムRSS3]
円安やNY原油の急伸を受けて、買いが先行して始まった。買い一服後も、上海ゴム相場の上昇を支えにプラス圏でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比3.7円高の144.3円、出来高は3,494枚。

[とうもろこし]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は薄商いのなか、寄り値近辺での推移となって取引を終了している。
先限は前日比170円高の22,740円、出来高は113枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
長保合、嵐の前の静けさぞ、値の居所に心掛けるべし
相場は保ち合いでよく騙されるもので、長期間の保ち合いは特にです。
一般的には、長い保ち合いの場合、相場は買いが優勢といわれますが、
その保ち合いが上部、中段、底値圏なのかをしっかり見極めて進退するべきです。

その他情報は、こちらより


2020年4月2日(木)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外の上げ一服を背景にいったんマイナス圏に沈んだが、大引けにかけて水準を切り上げ、期近は小幅高で取引を終了している。
先限は前日比18円安の5,432円、出来高は16,865枚。

[白金]
NY安を受けて、続落して始まった。その後はNY時間外の軟調を映して下値を追う場面もあったが、午後はNY時間外が戻りを見せたことから買いが入り、期先3限月がプラス圏に浮上して取引を終了している。
先限は前日比5円高の2,455円、出来高は4,760枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外が水準を切り上げたのを背景に、下げ幅を縮小して取引を終了している。
原油先限は前日比710円高の24,310円、出来高は24,310枚。ガソリン先限は前日比1,450円高の34,970円、出来高は314枚。

[ゴムRSS3]
弱気売りが先行して始まった。その後もマイナス圏でもみ合ったが、終盤は円相場の軟化や上海ゴム相場の切り返しを背景に下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比0.9円安の140.6円、出来高は4,436枚。

[とうもろこし]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後は薄商いのなか、寄り値近辺でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比250円安の22,570円、出来高は181枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
取らんとすれば先ず与えよ
「100万円儲けた経験は1億円を儲ける経験にはならないが、1000万円損した経験は、
10億円稼ぐ経験になる」とは、ある有名な実業家の言葉。
つまり相場で儲けようとするならば、先に損を経験することで、その後の相場観に多くの
教えをもたらしてくれるということです。

その他情報は、こちらより


2020年4月1日(水)

[金]
NYの大幅下落と円高を受けて、軒並み売りが先行して始まった。その後はNY時間外の戻り、円相場の上昇と強弱両材料が交錯する中で売り買いが交錯し、マイナス圏でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比140円安の5,450円、出来高は23,154枚。

[白金]
NY安を受けて、売り優勢で始まった。その後はNY時間外の軟化と円高を背景に、軟調に推移して取引を終了している。
先限は前日比56円安の2,450円、出来高は4,387枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY原油の下落を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外の軟調地合いを背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
原油8月限は前日比1,780円安の23,000円、新甫9月限は終値23,600円、出来高は28,936枚。ガソリン先限は前日比350円安の33,520円、出来高は297枚。

[ゴムRSS3]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後午前中は円の軟化を背景に下げ幅を縮小する場面も見られたが、午後では上海ゴムの下落と円高進行を受けて軒並み地合いを崩し、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比3.7円安の141.5円、出来高は4,824枚。

[とうもろこし]
シカゴ安を受けて、売り優勢で始まった。その後は小口の売りに押され、期先限月が水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比180円安の22,820円、出来高は89枚。


いつもありがとうございます。


4月も出だし好調!!

デイトレ、スイング各コース好調発進。

貴金属、石油は絶好調!

1月~3月のシステムの動向を見り限り、

今後、過去最高利益更新のコースもありか!!

その他情報は、こちらより


2020年3月31日(火)

[金]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後円相場の一段の軟化を受けて上げ幅を拡大したものの、大引けにかけてNY時間外の軟調を背景に水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比24円高の5,590円、出来高は15,137枚。

[白金]
NY高や円の緩みを受けて、反発して始まった。その後はNY時間外の戻りや円の緩みを眺めて上値を追う場面もあったが、終盤は売りに押され、一部限月はマイナス圏で取引を終了している。
先限は前日比61円高の2,506円、出来高は5,182枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の上昇を背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
原油先限は前日比910円高の24,780円、出来高は29,139枚。ガソリン先限は前日比40円安の33,870円、出来高は528枚。

[ゴムRSS3]
円の軟化を受けて、反発して始まった。その後午前中は円の軟化や上海ゴム相場の上昇を支えに堅調に推移したが、午後は戻り売りに押され伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日比1.0円高の145.2円、出来高は4,974枚。

[とうもろこし]
シカゴ安と円安を受けて、、方向感なく始まった。その後は円相場の軟化やシカゴ夜間相場の強含みを背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比130円高の23,000円、出来高は120枚。


いつもありがとうございます。

今月も皆様お疲れさまでした。

3月はスイング、デイトレ
すべて大勝利!

連日会員様よりたくさんのお喜びの
お言葉を頂戴しております。

システムフル稼働中!

4月相場も面白くなります。

リアルタイム配信にご参加まだの方は、
お早めに!



以下は、3月度の各コースの獲得利益幅です。

スイングトレード
東京金 ・・・1423円(1000倍)
東京白金 ・・・1019円(500倍)
東京原油 ・・・25110円(50倍)
東京ガソリン ・・・22370円(50倍)
東京ゴム ・・・49.2円(5000倍)
東京コーン ・・・2700円(50倍)


デイトレード
東京金 ・・・1241円(1000倍)
東京白金 ・・・1527円(500倍)
東京原油 ・・・25060円(50倍)
東京ガソリン ・・・17470円(50倍)
東京ゴム ・・・110.1円(5000倍)

4月度もよろしくお願いします。


本日の相場格言。
どか儲けすれば、どか損する
俗に良い事の後は、悪い事が起こると言われます。つまり相場で勝ったからと言って、
急に取引量を増やしたり、慢心してはならないということ。
大きく儲けると言うのは、裏を返せば、それだけ大きなリスクを取って勝負した結果だといえます。
言い換えれば、プロは必要以上のリスクは取らず、大儲けすることもない代わりに、大損すること
もありません。一方、素人は大儲けする代わりに、大損もするので結局儲からないということです。

その他情報は、こちらより